全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


札幌ベビースリング交流会フクロキタキツネ 代表 西川明子です。

当サークルは2004年5月より、10年以上、

札幌市内近郊地域にて、ベビー用スリングの使い方の基礎と応用の情報をお伝えする

交流会を開催しております。


近年は、交流会へ日程が合わなかったり、お出かけが大変な方のために

出張講習、個人レッスンもしておりますので、ぜひご用命下さい。

なお、

ベビー用スリングユーザーだけではなく、

赤ちゃんを抱っこやおんぶをすることのコツについてのサポートもしております。

特にスリングを持っている方だけではなく、

関心のある方ならどなたでもご参加いただけますので、

ぜひお気軽にご参加ください。

スリングはこ自分の体やライフスタイルに合ったものを選ぶ必要があります。

まだお持ちでない方には、ぜひ一度ご参加になってから検討されますようオススメいたします。


さて、このところ、「抱っこひもからの赤ちゃんの落下事故」の報道がございます。

以前から、抱っこひも、おんぶひも、スリングなどから、

何らかの要因で不慮の事故として赤ちゃんを落下させてしまうということは

少数でもあったかと思いますが、

近年のこの事故の多さについては、大変心配しているところです。

これについては、

ここ数年、大変人気の外国製抱っこひもをお使いの方に特に多いと言われています。

わたしも、長女(四歳)の産後ぐらいから、その抱っこひもをお使いの方が増えてきまして、

その形状、構造、お使いになっている方の赤ちゃんの位置などから、

いつか健康被害や事故が起こるのではないかと直感的に心配していたのですが、

単純で片方かけのスリングのような構造ではなく、

大変がっちりした構造で、一見、とても安全でだっこする人も赤ちゃんも楽で快適のようにみえます。

おそらく、よくお使いになるママの体型にフィットしたものをお使いだったり、

密着するようによく調整をされてからご利用になっている方はとても快適かもしれません。


ところが、多くの方は、赤ちゃんの位置が素手でだっこするよりも、

すごく下がっており、「赤ちゃんの頭の位置が抱っこしている人の胸ぐらい」

「赤ちゃんのおしりの位置が、抱っこしている人の腰かそれより下」

の方がとても多いです。


もし、バッグや買い物袋などを持つときに、そこの部分がすごく地面に近くなるように

持っていたらとても重く感じませんか?

赤ちゃんを素手で「縦に」だっこするときには、

だいたい、赤ちゃんの胸とだっこする人の胸が合わさっている位置で、

赤ちゃんのおしりの位置がだっこするひとのおへそより同じか上にきているはずです。

いちどやってみてください。


素手で抱っこするときに自分の体から隙間を開けて、低い位置では抱っこしないものです。

しかし、抱っこひもやおんぶひもを使うと、どうしてもそうなっている方が多いです。

もしかしたらお使いの商品の構造上、仕方ないのかもしれません。

スリングを正しく使えていない方も、密着が取れていないのをよく見ます。

先日出展したママさんイベントでも、

せっかくスリングをお使いなのに、

なんと横抱きで赤ちゃんの位置が、お母さんの股より下に来ていました。

いつか落下させないかと心配だったのと、絶対に抱っこしているママは楽じゃないだろうと思いました。


スリング交流会では、主にスリングという種類のだっこひもの使い方をお伝えしていますが、

その内容は、お手持ちの抱っこひもやおんぶひもを今より何倍も活用できる

コツが詰まっています。

ぜひ、一度参加してみてください。

なお、写真はわたしが取材協力させていただいた新聞記事です。

全国的にテレビのニュース、新聞などで報道されている内容は、

ほぼ同様の注意点です。


これから抱っこひもやおんぶひもをお使いになる方は、

ぜひご自身の体やライフスタイルに合ったものをお選びいただけたらと思っています。

北海道では、札幌ベビースリング交流会フクロキタキツネが

長年の育児や活動経験をもとに、アドバイスいたします。


お気軽にお問い合わせくださいませ。


【お問い合わせ先】札幌ベビースリング交流会フクロキタキツネ 代表 西川暁子

◆電話 080-7008-9041




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事