ふくしま夢絵本

すべて表示

「綿毛にのって」の収益が寄付されました

イメージ 1

2014年に亡くなった元中学教諭・三本杉祐輝先生の「命の詩」と写真のコラボ詩集「綿毛にのって」の収益金が、福島県内の児童養護施設などへ贈られました。
これまでの寄付の総額は、850万円にも上りました。
絵本「トントンのようちえん」もご購入いただきました。
福島の子ども達への温かいご支援に心から感謝申し上げます。

イメージ 2

6/8付、福島民友新聞掲載の写真は、詩集を監修した兵庫県の会社社長、木南一志さんが、福島市の児童養護施設「青葉学園」を訪問された際の写真です。
市民写真家のYさんのブログには、白河の児童養護施設を訪問された時の記事がアップされています。
絵本「トントンのようちえん」も一緒に写っていました。

「あなたに元気をあげたくて」ブログ https://blogs.yahoo.co.jp/y58122001/56315922.html

小さな絵本を子ども達のもとへ届けていただき、心から感謝の思いです。
刊行委員会の皆様、本当にありがとうございました。

イメージ 3

今春は、南向台小学校の子ども達が書いた「イースターカード」を、オーストラリアの小学校へ航空便で送りました。
もちろん、「綿毛にのって」も送りましたよ!

カード88枚は、Yさんからのプレゼント「綿毛にのって」記念絵葉書を使わせて頂きました。
日本語のメッセージと、Yさんの撮影した美しい福島県の風景写真が、海を渡り、現在、オーストラリアの小学校の教室に展示されています。

イメージ 4

担任の先生から、メール添付で写真を送って頂きました。
ありがとうございました!

イメージ 5

これは教室の「壁」〜Fukushima Now〜です。
人と人とが繋がり・・・そして、「隔てる壁」ではなく、「交流の壁」が出現しました(笑)
クラス担任のA先生、ありがとうございました!

イメージ 7

会社社長の木南さんは、自らもがんを患った経験から、命の大切さを訴え続けた三本杉先生の思いに共感。
詩集の発刊を通して、三本杉先生のメッセージを多くの人に伝えると共に、刊行委員会として、収益を寄付しながら福島県を支援してくださいました。

6月7日夜、福島市内でNPO法人などへの寄付金贈呈セレモニーと木南さんの講演会が開催されました。
イエローハットの創業者、鍵山秀三郎氏と共に、「掃除道」を実践しながら様々な汚れと向き合ってきた木南さんのお話に惹き込まれました。

「人間の角が取れる」とは、川石のように、ぶつかりあいながら小ぢんまりと丸くなるのではない。

心の内部から湧き起こる思いや気づきが、ふわっと尖った角を包み込んで、一回り大きな「丸」となる・・・

下座に徹して、一隅を照らしていく掃除の実践の中で、そのような心境を体感することがあったそうです。

大人が「本気で生きる」後ろ姿を見て、子ども達は成長する
・・・とも。

木南さん、今、福島に一番必要なのは、そのような大人の生き方です。
素晴らしいお話と出会いを、ありがとうございました。
「綿毛にのって」刊行委員会の皆様のご奉仕に、心から感謝申し上げます。

イメージ 6
 向日葵の双葉

その他の最新記事

すべて表示

☆福島の緑の風に癒やされて

2018/5/9(水) 午後 5:04

梨畑の緑の葉や実 5月の梨畑は、緑の海のようです・・・。 キジの鳴き声を聴きながら、小さな梨の実をチョキチョキと摘果する作業をしています。 梨畑の摘果作業 5月の連休中も、菊の定植と梨畑の仕事で大忙しの農園に、お手伝いに来てくれたYumiちゃん。 Yumiちゃんは ...すべて表示すべて表示

いわき市の実家の周辺で、クマザサ(隈笹)の花が咲いています。 4月に笹の花が・・・。 昔から天変地異の前兆とも言われる笹の花を、私は生まれて初めて見ました。 4月に咲くのでしょうか・・・? 太陽の光輪 4月17日、梨の花粉交配をし ...すべて表示すべて表示

梨の花粉交配が始まりました!

2018/4/10(火) 午後 11:39

桜が満開の福島市。 大原神社と桜 今日は、散り始めた桜を撮影するため、大原神社へ。 桜の花 近くの小学校では、桜の木の下で新一年生が記念撮影をしていました。 桜の花 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事