新生福島への道

すべて表示

☆2017全国菜の花サミットin 南相馬

イメージ 1
 吾妻山

4月6日、ピカピカの新入生がランドセルを背負って走っていきます。
朝から快晴の福島市。
小中学校で入学式が行われました。
桜は、やっと開き始めたところです。

イメージ 2

菜の花も咲いてますよ〜☆
南相馬市で開催される「全国菜の花サミット」の案内も届いています。

イメージ 3
2011年4月に、チェルノブイリ救援・中部の皆様が福島市に来てくださり、
飯坂のホテル大鳥で、河田昌東先生が、ナロジチの菜の花プロジェクトを紹介した日から、 早6年・・・。
今年は、福島大学と郡山市のロータリークラブが共同で、菜の花栽培による 福島県の農業再生プログラムに着手するとの報道もありました。

イメージ 4

すでにナタネ油の商品化や企業提携実績のある、南相馬市の農地再生協議会とも連携して、全県的な取り組みとなりそうです。
桜のつぼみと一緒に、新たな事業も花ひらく「春本番」です☆

イメージ 5

さて、こちらのお花も満開です!
市民写真家のYさんが、今年3月11日に「綿毛にのって」第二集・日めくり
カレンダーを出版されました。

Yさんが撮影された美しい花々の写真と、三本杉祐輝先生のメッセージ
に心が癒やされます。

Yさんのブログ「あなたに元気をあげたくて」
四季を味わい、日々を楽しみながら過ごせたらと思っています。 写真も撮りたいものを、 自然体に撮れたらと。

日々の生活に追われる私たちの心を、いつも傍らで優しく照らすお月様の光のような日めくり・・・・・Yさんのブログのゲストブックから申し込むことができます。

三本杉先生は、11年間の闘病と避難生活のすべての体験をメッセージに託して、2014年11月に他界されました。不登校支援や、聖光野球部の応援等で、 先生には大変お世話になり、今も感謝の思いでおります。

6日は、三本杉先生とも深いご縁のある市内の印刷会社さんを、Yさんがご紹介くださり、いよいよ絵本を形にする作業がスタートいたしました。
Yさん、お忙しい中、ありがとうございました!

また、オーストラリア在住のKさんのご家族が、心のこもった英訳を送ってくださり、さらにファンタスティックにそしてユーモアたっぷりの絵本となりました。
Kさん、本当にありがとうございました!
皆様に、心から感謝申し上げます。

イメージ 6
☆福島駅東口広場の花時計

イメージ 7
☆福島駅東西通路にも春のお花がいっぱい!

元NHKディレクターの根本さんから番組再放送の案内を頂きましたので添付します。御覧ください。

 〜福島市・根本より〜
 昨日夜のNHK・ETV特集「境界の家 沖縄から福島へ・ある原発技術者の半生」(60分)。ご覧いただけたでしょうか?もし、見逃したのであれば再放送がございます。
 
福島原発に関わって40年以上の原発技術者・名嘉幸照氏(75歳)。
名前が示すように名嘉氏は沖縄県伊是名(いぜな)島(じま)出身。
東電福島原発事故の責任について語る、技術者として・当事者としての
名嘉さんの言葉は、極めて重いものでした。
3.11の東日本大震災から6周年の今年の追悼式で「原発事故」に
一言も触れなかった安倍晋三・首相や自主避難者の「自己責任」といった
暴言を吐く今村雅弘・復興相などの「吹けば飛ぶような言葉の軽さ」とは
まさに対照的でした。
名嘉さんのこれからの人生、その生き方を決めた原点は「沖縄で昔から
先祖たちが言い伝えてきたこと」でした。
番組は年に一度は里帰りする伊是名島での様子や沖縄本島の辺野古、
70年ぶりに訪れた伊江島での姿などを織り込みながら、「原発技術者の半生」を見事に描いていました。
番組の最後に名嘉さんが静かに語った、『原発の未来』について。
じっくりと聴いていただきたいと思います。
また、ベテラン・小野卓司アナウンサーの『語り』も一級品でした。
番組の紹介を下記↓に貼り付けます。
 
本放送2017.4.8(土)23:00〜24:00 放送済み
【再放送】4.13(木)午前0:00〜1:00 NHK・Eテレ
      *12日(水)の深夜 

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259558/index.html

その他の最新記事

すべて表示

福島の守り人(5)真実を見抜く力

2017/3/24(金) 午後 5:35

Transform(変容)とは、 Trans超えて form形作る・・・・・ということ。 今年は、地球上のあらゆる現象に、変容の時が巡ってきているのかもしれません。 サナギの中では、成虫に不要な細胞は分子レベルまでバラバラになり、 死んだ細胞は、これから必要になる器官を作る細胞に吸収されて栄養となるそうです。 ...すべて表示すべて表示

  梨 の新芽 震災と原発事故から7年めの春を迎えました。 今年も、松江や海外の皆様から温かいメッセージをいただきました。 ありがとうございました。心から感謝の思いでおります。 3月10〜11日は、会津若松市で白虎隊の墓参りをした後、福島県立博物館の復興イベント で上演された大沼高校演劇部の「よろずやマリー」を観ま ...すべて表示すべて表示

福島の守り人(3)20歳の君に

2017/3/7(火) 午後 4:57

3月5日は、啓蟄。 福島在住の20歳のYumiちゃんが、絵本の最後の絵を完成させました。 天才だね・・・と絵を見ながら笑いあって、二人で福島稲荷神社へ。 生まれて初めて御神籤をひくという彼女と一緒に、一人100円で購入。 二人とも「大吉」でした! ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事