ここから本文です
FCC日記
Fukuyama Climbing Club の活動記録など
アップを終えた小学生たち、
「いつか」10cを登り終えたマヒロとのんちゃんは
「ジムシー」10cや「かずえちゃん・としおちゃん」10dにトライ開始

イメージ 1

れんくんは「いつか」10cを一撃

イメージ 2

良いクライミングでした

イメージ 3

「リフレクション」10dは、たけくんに続いてリューセイが無事完登

イメージ 5

「ジムシー」を終えたマヒロとのんちゃんもこちらに合流。

イメージ 6

一方の「ジムシー」と「かずえちゃん・としおちゃん」には
みんなで次々と波状攻撃
しかしみんな良く登るな〜

イメージ 7

他にも、トライしたいクライマーの方がいたら譲ろうね〜

イメージ 8

おやおや?なんの犯人ですか?

                     イメージ 4

スラブのパートが難しい「いつか」には
スラブマスターのイッシーがトライ中。
悪い〜

イメージ 9

「リフレクション」は最後のクライマーとなった。
小学生たちは今日はやらないようなのでヌンチャクは回収しなくてはね。
このルートは結び替えで回収しなくてはならない。
結び変えのテストに合格しているのんちゃん、
いよいよ実戦で技術を使う時がやって来ました〜
下にいる私は、ちゃんと出来ているか確認ができないので
かなりドキドキだったけれど
のんちゃんは無事結び変えて回収出来た

イメージ 10

さて、そろそろお昼かな〜

〜つづく〜

この記事に

2017年12月10日
メンバー:やよいちゃん(小5)、マッチ(小5)、イッシー(小5)、れんくん(小5)、あさひくん(小5)、アヤちゃん(小6)、ミナミちゃん(小6)、ミッサ(小6)、のんちゃん(中2)、マヒロ(中2)、たけくん(中2)、リューセイ(中2)、りょーた(高1)

FCCのアウトドアレッスンで正面壁に来るのは、これがはじめて。
お天気に恵まれて、気持ちの良い小春日和だ。

イメージ 1

今日は人数が多いので数か所に分かれて。
5.8くらいのルート下部でアップする小学生グループ。

       イメージ 3

マヒロとのんちゃんは「いつか」10cから。
グレードの割に「えっ」という悪さのあるこのルート。
しょっぱなから充実だね

イメージ 2

「リフレクション」10dからやりまーす
と言って、ちょっと回り込んだところに消えたリューセイ、たけくん、
りょーたの3人。

私のいるところからは取り付きの状況が良く見えないので近くまで見に行くと、
前に登る方がおられて順番待ちをしていた。
草のタネが風で飛んで来るのを、3人は楽しそうにキャッチしようとしていた。

イメージ 4

「いつか」にトライ中のマヒロ&のんちゃんチーム。
最後の悪さに下を巻いて、マヒロはのんちゃんに選手交代。
「ワル〜い」と言いながらものんちゃんオンサイト
お見事〜

イメージ 5

「完全にビビってました」とマヒロ。
リベンジしたらすんなり完登

「リフレクション」の3人も順番がまわって来た。
先ずはたけくんからGo

イメージ 6

〜つづく〜

この記事に

開くトラックバック(0)

たまきちゃんは、約2年間、のんびり、楽しくクライミングを続けて来ました。
この8月から、お父さんのお仕事の都合でスイスに一緒にいくことになり、
7月17日がレッスンの最終日でした。

レッスンが終わり、「スイスに行ってもクライミングをしてね」と言うと、
ちょっと泣きそうに顔がゆがみましたが、たまきちゃんはがまんしました。

そして、お別れのハンカチのプレゼントをくれました。
中を見ると、たまきちゃんからの手紙がプレゼントに添えられていました。

 「福山先生へ 
  いままで本当にありがとうございました。
  わたしがボルダリングをやっていて楽しいこと、先生と一緒に出来たことは、
  気持ちを切りかえて「あと何回」をきめるというあんをじっせんして、
  1回で登れたことです。
  他にも先生のアドバイスで足の位置や体の角度、手の持ち方をおそわって、
  何十回も達成できなかったかべが1回で登ることが出来ました!
  今まで、私のことを支えてくれてありがとうございました。
  先生のおかげでたくさん成長しました。」

読みながら、ぽろぽろと涙が出ました。
真剣に、でも、楽しそうに、レッスン時間いっぱいトライし続けていた
たまきちゃんの姿が目に浮かびました。

純粋に、そして真っすぐに高みに向かって伸びて行こうとする魂。
これは、子どもたちの宝です。
私たちは、彼らの真っすぐに伸びて行こうと志向する魂の
手助けをするに過ぎません。

たまきちゃん、スイスに行ったら、また楽しくクライミングをしてください。
そして、その自ら成長しようとする心を、大切に伸ばしてくださいね。
また、会うのを楽しみにしていますよ

この記事に

さて、午後は「桃源郷」から2〜3分上に上がったところにある「希望峰」エリアへ
エリアに着いたら、先にいるクライマーの方に、きちんと挨拶をすること。
自分の目標ルートが空いていなかったら、先にトライしている方と話をして
自分もこのルートをトライしたい旨を告げ、
いつ登ったら良いか、間に入っても良いかを伺ったうえで
ヌンチャクをお借りする場合はお礼を述べる。
ヌンチャクを掛けるのは結構大変な作業だったりすることは、
マスタースタイルで苦労した経験がある子なら、身に染みて分かっているよね
子供達には特に、こういうマナーをきちんとしてほしい。

それができたら、登る準備だ
今日、マッチは「帰還兵」10cを自分でヌンチャクを掛けてがんばることを
心に誓って来た。

着いたらテキパキと準備をして、

イメージ 1

いざトライ
がんばれマッチ

イメージ 2

インドアの特にボルダーではテクニックを上手く使うマッチ。
外でもテクニックを使えるようにするには、
岩に慣れ親しむことと、それに伴って「気持ち」を前に向けていくこと。

イメージ 3

難しい核心。
テンションしながら冷静に考えて、トップアウト
自信になったね

イメージ 5

「シャックシャイン」10dはトライ中の方がいらして、
今日はヌンチャクが掛かっていた。
ヌンチャクをお借りできると、自分で掛けるよりだいぶ気楽にトライできる。

トップアウト出来なくても途中で降りて構わないし、
最終便の回収もないから、ジムと同じ要領でトライできる。

イメージ 4

やよいちゃんはとても良くがんばって、
核心を越え・・・

イメージ 6

見事トップアウト

イメージ 7

おめでとう〜

イメージ 8

一方の「帰還兵」では、
マッチが掛けてくれたヌンチャクで、れんくんがチャレンジ

イメージ 9

なぜかこのルートには気持ちが前に出てこないれんくだったが、
今日はそれを乗り越えることができてレッドポイント

イメージ 10

おめでとう
嬉しいね

イメージ 11

次はそ―しろーのトライ。
「トップロープでも良いよ」と言ったのだが、
「いや、リードでやる」とそーしろー。
がんばれ〜

イメージ 12

外ではミョ〜に上手さが光るそーしろー。

イメージ 13

みんなが困る核心も

イメージ 14

岩と上手く調和して

イメージ 16

見事トップアウト
やるな〜

イメージ 15

「夕飯時」に続いて「帰還兵」もレッドポイントを目指すはるる。

イメージ 17

落ち着いて良い登りができて、無事レッドポイント

イメージ 18

良い笑顔です

イメージ 19

トップロープで慣れようとちあきちゃん。

イメージ 20

なかなかに苦戦。
身体の使い方は上手いから、あとは定期的になれることだな〜

イメージ 21

「帰還兵」をレッドポイントしたれんくんは、
勢いを駆って「シャックシャイン」にもトライ!!

イメージ 22

ガバまでが遠く、恐怖心も出る核心部。

イメージ 23

今まで、インドアではかなり強い子も、ここを乗り越えられない子は数多。
でも、れんくんは粘りに粘って、突破した!!

イメージ 24

れんくんが頑張っている間に、「帰還兵」はいろいろな子がトライ。

ケンケンもリードで頑張ってみたけれど、、、

イメージ 25

核心が越えられず、敗退

イメージ 26

次に1便目、ヌンチャク掛けをがんばったマッチ。

イメージ 27

ヌンチャクが掛かっていると、苦労した分簡単に感じられて

イメージ 28

気合いの入ったクライミングでレッドポイント
おめでとう
ビレイヤーのはるるもお疲れさまでした

イメージ 29

次に控えるそーしろー。
背中にカイロを貼ると調子が良い、というジンクス通り、
背中にカイロを貼って登場!!

イメージ 30

核心を越えるあたりで、かなり危うい感じに・・・
お兄ちゃんが行っている岩場の「二子」行きの切符の一枚が、
この「帰還兵」を登ることなのだが、そーしろーはそれを狙って頑張っているのだ。
「あー・・・」と落ちそうになった時に
「二子行きの切符!」と声をかけたら、
俄然頑張り出して・・・

イメージ 31

「シャックシャイン」をがんばる兄とともにめっちゃ頑張り、

イメージ 32

核心を越えて

イメージ 33

見事レッドポイント!!!
おめでとう〜!!!
なかなかの底力だぞ

イメージ 35

一方、兄のれんくんも、「シャックシャイン」をトップアウト!!
よくがんばりました!!!
次はレッドポイントだね

イメージ 34

最後、ケンケンがトップロープでチャレンジ

イメージ 36

トップロープだと、動きだけに集中できるから、良い練習になるね!

イメージ 37

岩に慣れて、次はリードでチャレンジだな!!

ご協力くださった保護者の皆様、ありがとうございました

この記事に

開くトラックバック(0)

そろそろ本気のトライ開始
マッチにビレイしてもらって、そーしろーが「サンセット」10aにチャレンジ

イメージ 5

リーチのないちびっ子は、誰もがひじょーに苦労するこのルート。
まさかすぐに登れるとは、誰も思っていなかったのだけれど、
あれよあれよという間に核心を越えて

イメージ 1

・・・登っちゃった
いぇーい

イメージ 2

はるるは「夕飯時」10bにトライ

イメージ 4

こちらもするするっと完登

イメージ 3

1便目、マスタースタイルで奮闘したやよいちゃんも、
はるるのビレイで2便目でレッドポイント
そう、ヌンチャクが掛かっているのといないのとでは、
精神的な厳しさが違ってくるよね。

イメージ 6

でも、敢えて厳しいことを自らすすんで経験すると、ぐっと強くなるんだよね
「苦労は買ってでもしろ」と言いますから

イメージ 7

おめでとう、がんばりました

アウトドアレッスンに時々参加するちあきちゃん。
ホームジムの企画などでアウトドアに出るチャンスも結構ある、と聞いています。
今日は「アボリジニ」10aにリードでチャレンジ

そして、ビレイヤーはマッチ。
「今日はビレイの仕事をたくさんがんばる」と言っていたマッチは、
その言葉通りいろいろな子をビレイして、ビレイヤーとしての腕を磨いていた

イメージ 8

良いお天気だね〜
がんばれ〜

イメージ 9

さて、そろそろお昼です

イメージ 10

長閑なランチタイム

イメージ 11

さて、お昼を食べたら、午後は「希望峰」にチャレンジだよ

〜つづく〜

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事