ここから本文です
-月影の密談記-
引っ越しお試し中です http://fukuzaru.seesaa.net/

書庫全体表示

新しい地図?

イメージ 1
 
いろいろ考えて作ったのが、PDAに映し出されているブロック状の表示。
中心の白い部分が自分のいる区画。
 
これは国土地理院の10mx10mの標高メッシュデータなので、白いブロックは10m x 10mになる。
その中にいる緑色の三角形がGPSで示される自分のいちと、三角形の頂点は、進行方向になる。
その後に伸びる、赤い線、青い線は、たどってきたGPSデータの位置のつなぎあわせた物。
赤い線は登っているところ、青い線は下っているところ。
 
さて、このブロックにも赤と青の色付けがされている。
これは、白いブロックと比較して、3m程度の落差なら、明るい色、落差が大きくなる程色がこくなってくる。
 
白いブロックと隣接しない場所も、白いブロックの標高と比較して同様の色付けをしてる。
無論、赤は白いブロックよりも、高度が高く、青いブロックは高度が低い。
 
これで、自分のいる位置から、進行方向(これは使う人が考える)の上り加減がわかるんじゃないか?
というのが狙い。
 
色付けなどは違うアイデアがあるし、地図も画面上を北にするんじゃなくて、自分の向いている方向を
上にしたいんだけど・・・・
 
きょう感じたのは、チンタラ登る自転車の速度じゃ、GPSも方向を見失ってしまいますわよね?とか、
山道のGPSはあまり役に立ちませんわよね?とか、
GPSとの相性の悪さです。
 
こういう時には、電子コンパスなどが使えれば、比較的綺麗に表示ができるんですけどね。
ん〜。

というわけで、どっかのメーカーが作って出してちょWindowsMobile機(山道専用)
 
・GPS
 →本体にGPSがあるのももちろん、BlueToothで結んだ外付けのGPS(もしくはアンテナ)でも、OKな
 セパレートタイプなんていいんだけどね。
  とにかく、アンテナを有効に使いたい。
 
・電子コンパス
 →必要だよね
 
・気圧式高度計・温度計
 高度は気圧式の奴がいいです。
 (正確に測るためにには温度も重要らしい)
 
・車速パルス(笑)
 サイクルコンピュータだって、車輪から速度をとる仕掛けができるんだから、
 これだって可能でしょう?
 
・FLASH 32GBとか・・・
 標高データはとにかく大きい。
 
・iPod Touchと同じ液晶
 意外とiPod Touchの液晶は炎天下の下でも見れるんです。
 たぶん、半透過とかいう液晶だろうけど、
 過去そうだった液晶とくらべても、よく見えるしね。
 
#WindowsMobile機じゃないなら、あるみたいですけどね。

というか、自作のプログラムはメモリを使わないようにしたので処理が重い。
T01Aなら、10mx10mのメッシュをたくさん出しても平気なんだけど、
P350は写真のような大きなブロックが限界だったりします。
まだまだねりが必要。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事