函館爆釣会クロちゃん釣行

2017 よろしくお願い致しま-す^^

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全174ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



今回の出撃は 函館港赤堤へ

市内の企業さん開催 「第1回 魚つり大会」 お手伝いでございます

午前3時30分に出港 まずは 現地調査

天候は曇り時々小雨 ただ幸いなことに波・風はありません

釣りは可です では実釣してお魚さんの調査!!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

中潮 満潮 午前4時過ぎ 本日の海水温度14℃

大会の実施ポイント 外海側で

竿先はすぐに反応しました

マコガレイやアブラコ お魚さんの気配は濃いようです

イメージ 4

↓ 撮影後リリース
イメージ 5

↓ 撮影後リリース
イメージ 6

午前7時前に 大会参加のみなさんが渡船の長良丸で続々到着

わたくしは 釣りが初めての方々をサポート

内側で投げ釣り  そして 慣れてくると外側やブラーで穴釣り

アブラコやソイなどが釣れてみなさん喜んでおられました

イメージ 7

イメージ 8


ババガレイ 49センチも登場して 大会も大いに盛り上がりました

午前11時ごろから 南西の風が吹き始めて小雨降るなか無事終了


イメージ 9


みなさん お疲れさまでした^^


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



函館爆釣会きっての投げマスター 北市さんと3K君から

マガレイ君に遊んでもらいましたよ・・・ と、早朝に一報が・・・

日本海から津軽海峡・太平洋エリアでカレイ釣りを企んでおりましたが

「チーム ゆいぼうさん」 と コラボ

即決!! 噴火湾へ

土曜日のお仕事を終えて 日が沈んだ函館を

フル装備準備済みの釣車へ乗り込んで

いざ 北上 しますーーー

到着したのは 噴火湾の・・ とある漁港

釣って良し 食べて美味の この時期の抱卵マガレイの岸寄りを 投げ釣りで狙うミッション

その漁港はさすがに 釣りシーズンです 各ポイントは賑やかですね〜

空いていた外防の先端より手前のポイントへ入釣出来ました

夜明け前から準備しながらスタンバイ!

若潮 干潮 午前6時位 本日の海水温度 12℃

テトラ戦 十分に安全確認して ベタ凪の噴火湾沖合へ フルスイング→→→

↓ 本日の夜明け
イメージ 1

↓ 噴火湾で盛んな養殖ホタテ漁船 今年は豊漁を・・・
イメージ 2

イメージ 3


早い潮を意識して・・・ ナイロンラインを選択して 始めました!

すると・・・・

竿先は高反応!  高ぶる気持ちでリールを巻上げると

スナガレイ君  MAXは34センチも・・・

イメージ 4


入れ喰いとはいきませんが 3本の竿先は交互に反応

スナ → スナ → イシ → 小マガ → スナ →→

こんな感じで釣れてきますが 良型マガレイはきません。。。

イメージ 5


しばらくすると 釣船も集結してきましたよ〜

漁港の堤防すぐ手前まで・・・!?

チャンス 到来か!!

イメージ 6

しかし イシモチガレイ

今日は 30㎝オーバーのマガレイキープ

スナ・イシ・小マガはリリースの自己申告

強敵のテトラ群 を安全第一で戦釣しますが 徐々に筋肉疲労していきます 

イメージ 7

テトラ戦を粘っこく継続・・・ すると
↓ イシモチガレイでしたが
イメージ 8

ようやく

遠中近投げ 丹念に探りました

そして 噴火湾仕様のリアクションを加えて

ようやく  マガレイ が・・・

イメージ 9


満潮は昼前! 右から左に流れる潮のなか その潮止まり

その後は逆潮で

ほんのちょっぴり・・・ 量産?

イメージ 10

↓ 2枚のイシモチは撮影後リリース マガレイ11枚
イメージ 11

「チーム ゆいぼうさん」 ゆいぼうさんとADさんも スナ・イシ病に感染されましたが 

きっちり 良型マガレイをGETされてました

満足の投げマガレイ 噴火湾

次は 粘々魚ですね!!





この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

間に合うか…

お仕事を終えて〜

無風・無波の好コンディション

イメージ 1


到着しました!!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



はこだてサーフ 春の釣り大会でございます

一週間前の天気予報では 晴れ しかし 近づくにつれて 曇り そして 

わたくしが持っているかもしれません・・・・

ヤマセ   東の風

雷・強風・波浪注意報が出ており 渡島半島で爆っている この風

気象データを見ると 風速 12〜7メートルの各地

後志地方では 暴風警報

日本海側へ

イメージ 1


せたな町 長磯漁港から 上ノ国町 石崎漁港まで 南下しながら

転々としますが・・・

ギブアップでした。。。。


大会は無事に終了 このコンディションのなか

型の良いソイ・アブラコ 登場!

みなさん お疲れさまでした 










この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

2017 岬めぐり



十勝平野の朝も・・・ 早い!

午前6時には出発です 朝ごはんへーーー

帯広のメシ といえば

豚丼ですよね〜

↓ 昨年訪れた〜 ぱんちょう
イメージ 1

今年は ちょっと違って

市場メシ

帯広地方卸売市場に併設されている 市場食堂へ

1926㌔= 帯広地方卸売市場

イメージ 2

↓ 790円 海鮮丼
イメージ 3

定食部門は朝6時から営業 寿司部門は7時です

豚丼をはじめ各定食、麺類もありますが

7時開店に並んで ここは 海鮮丼!

しっかり 酢メシでネタのボリューム大

ごちそうさまでした^^

イメージ 4


帯広市のスイ―ツを物色して

襟裳岬へ

2074㌔= 襟裳岬

イメージ 5



太平洋側の日高道を走り

苫小牧・美笛峠・静狩峠 経由で

函館 到着

イメージ 6


走行距離  2508㌔

軽油給油量 226,46㍑  (22,169円)


2017 岬めぐり 完結





この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全174ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事