全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全203ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



満月の大潮の週末 気になる噴火湾へ

ここ最近の函館 天候はヤマセが霧を運んで朝晩メインで曇りがちの日が続いてます

どんより曇っている深夜に出発 八雲町に入ると霧雨で道路もすっかり湿潤状態に

釣り場に到着 重い投げ釣り道具一式を担いで えっちらこっちらと徒歩で向かいます

コンクリートの各ポイント ぽつぽつとキャップライトの光が見えます

そろそろ シーズンインでしょうか気持ちも高揚して参りますねぇ〜

考えていたポイントに到着 霧雨でコンクリートが濡れているので足元に注意で

ゆっくり準備していると ようやく夜明けになり 1本そして1本と投げ始めました

イメージ 1

イメージ 2

置いていたロッドも霧雨にて濡れて 水滴が流れてきます

夜中に満潮でこれから引いてくる潮汐 風はほとんどなく無風状態

波もありませんのでとても静かです 釣人さん達のキャスト音がより響いてきます

イメージ 3

そんななか 右の釣人さん そして左の釣人さんにスナ・イシがヒット

すると わたくしの竿先も コンコンコン ラインふけ〜 まずまずのスナガレイが水揚げ

極小の幼魚サイズから30㎝位のスナ&イシガレイが釣れてきます

たまに 35㎝位のイシが釣れますが リリースで

狙いのマガレイはきません

イメージ 4

まつたりしたコンディションで ポツポツ釣りを満喫しました

周りの釣人さん達の上がりが始まった頃

わたくしも用意したエサも心細くなってきたので戦釣終了に

最後までマガレイの姿は見ることができませんでした。。。残念

イシ1枚をお刺身 スナ数枚をフライの分だけキープして

イメージ 5

噴火湾 リベンジ決定ですね・・・

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

美味しいね



先日のお魚さん お刺身&煮付け

イメージ 1

コリコリ ぷっぷり そして エンガワは さらに最高でした!!


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)



そろそろ マガレイ

日本海と噴火湾 どこに行くかと気になってしょうがない毎日でございますが

前回に行った津軽海峡の釣り場ポイントがどうも気になりまして

少し手を変え品を変えで ねちねちと攻めることに^^

GW後も比較的穏やかな天候が続いている函館です

この日の予報も快晴☀☀☀

ですが 夜明け後に風がヤマセ混じりに吹いてくる感じ

↓ 本日の夜明け
イメージ 1

準備していると またまた素晴らしい夜明けです

やはりヤマセが吹いて風波がありますが 気になるポイントへ2本投げ入れます

潮の流れは左から右 恵山岬から函館立待岬方向に

今日は親潮が強いのか 津軽暖流の流れは弱い感じ

↓ 海峡越える渡り鳥

イメージ 2

「無の世界」

海面は海草藻の浮遊が多く ラインに絡んでトラブりますが

シモの釣り 忍耐強く対応します 投げ始めから3時間経過するも 無 無 無 とにかく 無。。。

潮が緩み止まるチャンスを待ちながら 仕掛けやエサを変えながら待ちます

イメージ 3

狙いのマコガレイ君 全く気配なし

5時間 が経過し ちょっぴり タメ息しながら見ていると

青竿の竿先が

ゴン ゴン ググググ------------------  その後 ラインふけ〜〜〜〜

おおおーーー

チャンス来ました^^ ラインを張っていくと さらに ゴンゴン祭りで

鬼アワセでぇーーー のったぁ〜!!

そして 海面に浮いて来たのはまだら模様平物

タカノハでございました

常に早い潮流のなかで育つのか ぶ厚い超筋肉質でした

イメージ 4


しかし その後はまたまたマンダムタイムに

他魚が釣れただけで マコガレイは不在でタイムオーバー

でも シモの釣りを満喫そして修行しましたよー^^;

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)



そろそろ 産卵後の回復状況はどうなのか 短時間釣行で海峡マコガレイを狙ってみました

GWの最終日 天気は晴れ☀☀☀ 無風無波の絶好のコンディション

最近の釣行で いつもだった強風持ちから解放されそうな感じです

夜明け前に到着して とある本日の釣り場を見てみると ベタベタでした

ただ潮汐は 大潮で満潮が午前4時 津軽海峡の潮流れの早いところなので

どれほど流れているか ちょっと気になりながら 戦闘準備します

イメージ 1

イメージ 7

1本 そして1本と 2本体制でスタートです

潮流れはやはり早く 右から左に流れて 対策するもラインは流されます

早潮がゆっくりになるまでガマン大会です


日が昇らないとやはり 寒いですね 今日も防寒で着こんでました

徐々に明るくなってくると 漁師さん達も稼ぎやすい海況でしょうか たくさん出船しています

青森県下北半島もくっきり見えてきました

この海峡は 外国船舶も通る国際海峡  大きい船舶も通過します


イメージ 2

イメージ 3

竿先の反応はありません 

やはり 早い潮そしてそれに伴って浮遊する海藻にラインが持っていかれて

投げては回収の繰り返しです

裏の山側でエゾシカ君達に 無の修行を見つめられていましたね〜

イメージ 4

↓ 本日の夜明け
イメージ 5

ドンコやサメ そして ヒトデすら登場せず

無の修行が続きます

そんなときに 竿先にコンコンと弱いアタリ しばらく放置プレーしていましたが

再度弱いアタリがあったのでここで合わせて巻いていくと

海中に流れていた海藻に引っかかたんでしょうか やたら重いです

そんなこんなで海面に浮かせると やはり 海藻がびっちり仕掛けに絡んでおりました

そのまま足元まで巻いてくると その海藻の下に白いものが

おおおーーーー カレイではありませんか

海藻を取り除き 上げてみると 狙いのマコガレイでした!

イメージ 6

魚体はまだまだ産卵後の回復途上

今後来月にかけて マコガレイ君達がさらに元気になることを期待して

これにて終了しました^^

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)



令和の初戦釣行でございます

この日の天候は晴れ☀☀☀なんですが 風がやや強い予報です

南西方向なんで風波が立ちそうな雰囲気のなか マガレイを狙って日本海へ出撃

国道5号線は七飯町から森町の西大沼にかけて渋滞しているとラジオの道路交通情報が

日本海へ江差町方向へ向かう227号はスイスイ状態 

ただ交通違反取締りはあっちこっちにいました

今回は 投げ釣り&夜釣りランガンで

日本海の海岸線に着くと やはり 南西の風がやや強く吹いてます

波打ち際ではところのより白く洗ってます

そんな感じで到着したのは

イメージ 1

「奇岩 親子熊岩」

八雲町熊石 今回はこの周辺で遊んでみることに

GW後半の良い天気ですので漁港や岩場は たくさんの釣り人さん達が

風波を避けながら サクラマス ホッケ カレイなどの釣りを楽しんでおられます

岩場のホッケ釣りの釣人さん達を観察すると ポツポツ釣れておりました

さっそく空いている 岩場で投げ釣りファイヤーモードへ

強風で遠投できず 大好きな ‘‘ちょい投げ魂‘‘ で 

夕方まで マガレイ&クロガシラにちょこっと遊んでもらえました^^

日が落ちたころに 再び釣車を北上させて夜戦へ

イメージ 2

イメージ 3


太田海岸に到着

コンクリートの釣り場や岩場の磯を ソイを狙ってちょろちょろしますが

夜半前まで歩きロッドを振りましたが残念ながら不発!

40オーバーのクロソイは夢と終わり 投げ釣りのポイントへ戻り仮眠して本当の夢の中へ

午前3時過ぎにごそごそと起きて

都市部で見れない満天の星空のなか とある岩場ポイントへ

まだ白波がすこし上がってくる状態でしたが安全第一で戦釣開始です

↓本日の朝日
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


風がやや強く竿先のアタリが判りにくいですが

たまぁ〜にですが 噴火湾級ではありませんがパンチのあるアタリで竿先を曲げてくれて

マガレイ君が遊んでくれました〜

ホッケやアブラコも釣れましたが もちろん マンダムタイムもしっかりありました・・・(爆)

イメージ 7

イメージ 8


そこそこの数がそろった頃 波風が収まるところかさらに強くなってきました

午前9時過ぎには早目の撤収で帰路となりました

マガレイ君 ありがとー

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全203ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事