fumi's 144工房

まったりと週末だけ更新ちぅ・・・

1/144 海モノ

[ リスト | 詳細 ]

完成した1/144模型達(海軍関係)です。


http://x5.tubakurame.com/bin/ll?06459260d
記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

■キロ級改造の架空潜水艦
トランペッターの1/144キロ級をニコイチしてデッチ上げた架空潜水艦です。
【主な改造箇所】
*キロ級の船体を前2/3と後ろ2/3で合体して全長を50cmから65cmに延長
*艦橋を全長で10mm/高さで4mmほど詰めてひとまわり小型化
*艦尾はポンプジェット風と通常版スクリューのコンパチに改造
*操舵はキロ級のT字型からオーソドックスな十字型に改造
なお船体はワンタッチのロック機構を設けて前後に分解可能としています。
【塗装】
基本塗装には缶スプレー(ラッカー系)を使用。退色表現は希釈したニュートラルグレイ(エナメル)でウォッシングし、注排水口の錆垂れを色鉛筆とパステル粉で描きいれています。

イメージ 4イメージ 5イメージ 6イメージ 7イメージ 8イメージ 9イメージ 10
■架空設定
【バルザーヤ級攻撃型原子力潜水艦】
70年代後半にアルファ級の後継艦として計画された旧ソ連の攻撃型原潜。比較的小柄な船体を原潜化するために705K型(アルファ改)と同系の溶融金属冷却原子炉を採用するとともに、当時開発が進められていた通常動力の877型(後のキロ級)と多くの部分で設計を共用することで建造コストの削減が図られたが、705K型の実運用で顕在化した溶融金属冷却原子炉の技術的課題は本級においても完全に払拭されるには至らず、後継艦の座は加圧水型原子炉を搭載する、より大型の945型(シエラ級)に託されることとなった。なお艦名のバルザーヤ(борзая)は狼狩りに使われる大型の狩猟犬ロシアンウルフハウンドで、「俊敏」を意味するロシア語。
【主要諸元】
全長94m/全幅10m/喫水7m,水上排水量3,100ton/水中排水量4,200ton,主機関BM-40AM(溶融金属冷却原子炉,アルファ級BM-40Aの改良型),主兵装533mm(21in)魚雷発射管×6基,なお前甲板に対艦ミサイル用VLSを装備する計画であったと言われるが詳細はいっさい不明

イメージ 11



〜バルザーヤ級攻撃型原潜(トランペッター1/144キロ級改造・架空潜水艦)

開く コメント(2)

イメージ 1
■米海軍 SSN-23 ジミー・カーター攻撃型原潜 (トランペッター 1/144 シーウルフ改造)
シーウルフ級攻撃型原潜の三番艦”SSN-23 ジミー・カーター”です。
トランペッターの1/144シーウルフからニコイチ改造しています。
全長は960mmもあり今まで製作した模型の中で最も大きなものとなりました。

イメージ 4イメージ 5イメージ 6イメージ 7
■製作
【船体の延長】
キットの前2/3と後ろ2/3をニコイチして船体を210mm延長、船体両側のソナーアレイバルジはニコイチに伴い艦首側から2番目が不要となるため、パーツ状態でバルジの凸部を丸ごと切り取り、1.2mmのプラ板をあてがって整形しています。
なお非常に大きな模型ですので完成後の持ち運びや収納も考慮して、
・船体は前後2分割 (前450mm/後ろ510mm)
・結合部にはワンタッチのロック機構を追加 (工具不要)
・破損しやすい潜望鏡まわりは艦橋ごと挿し込み式に改造
としています。
【航海灯の電飾】
キットでは省略されている縦舵上の航海灯の復元を兼ねて電飾を仕込んでいます。
航海灯はLED(5mm砲弾型)の樹脂部分を直接削ってライトの形に整形し縦舵に内蔵、配線は縦舵付け根から船体に引き込み、分割部分に置いた電池BOXとスイッチに接続しいます。
なお実艦の航海灯は白色灯(のはず?)ですが、今回はお遊びで赤の点滅LEDを使っています。
【スクリューのタッチアップ】
キットのスクリューは型抜きの関係でピッチが殆ど付いていない上に、ペラ自体もぶ厚くダルかったため、1枚ずつ切り離しエッジを削り込んでからピッチを変えて再組みしています。

イメージ 8イメージ 9イメージ 10イメージ 2
イメージ 3
■塗装
ともかく大きすぎて手持ちのエアブラシ&コンプレッサーでは用を為さないため缶スプレーを使っていますが、黒単色のベタ塗りではどうにもこうにも単調過ぎるため、
・全体を缶スプレーのジャーマングレーで下塗り
・シャバシャバに希釈した黒を喫水下を中心にエアブラシ
・細目のスポンジヤスリで全体を水研ぎ
することで濃淡と艶のムラを付けています。(ムラの強弱は水研ぎの力加減で調整)
かなりお手軽な塗装方法ですが、缶スプレー特有のノペッとした感じが抑えられるだけでなく、実艦の持つ黒光りした感じも出せるため一石二鳥です。

■デカール
キット付属のデカールはかなりいい加減でデタラメもいいところですが、残念ながら自作できる環境にないため、諦めてキットのままとしています。(以下自作される場合のご参考まで…)
・喫水ゲージ : 印字桁が少ないため長さが全く足りません。字体も間違っているようです。
・ハッチの脱出マーキング : 組立図の貼付向きが縦横逆です。当方は貼ってから間違いに気付きましたがご注意を。なおマーキングの形状自体も実艦とはかなり異なるようです。
・潜望鏡のドット柄 : グリーンの色合いが濃すぎるようです。意外と貼りやすいデカールなので作業自体は無問題ですが、簡単な柄なので塗装したほうが早いかも?



■実艦について
旧ソ連のアクラ級に対抗し世界最強の攻撃型原潜を目指して建造されたシーウルフ級の三番艦。
従来の対潜任務のみならず、沿岸任務にも投入可能なマルチタスク艦として船体中央部にシールズ運用区画を増設した結果、全長は一番艦・二番艦に対して約100ft(30m)長くなり、米海軍に於いて歴代最大の攻撃型原潜となった。
前級(ロサンゼルス級)の後継として当初29隻の大量配備が計画されていたが、冷戦終結と共にその高コストが問題となり、一番艦(SSN-21シーウルフ)・二番艦(SSN-22コネチカット)・三番艦(SSN-23ジミー・カーター)の3隻が建造された時点で計画はストップした。
以降は民生品を大幅に取り入れてコストダウンを図った後継のヴァージニア級(一説にはシーウルフ級の半額以下とも…)にバトンタッチしたが、その性能は現在もなお世界最強である。

【主要諸元】
・基準排水量 7,568トン / 満載排水量 12,139トン
・全長 138m / 全幅 12.1m (SSN-21と-22は全長108m)
・速力 25ノット以上
・乗員 141名 (士官15名+兵員126名)
・兵装 660mm魚雷発射管8基 (魚雷発射管型ハープーン,トマホークの運用可)


〜USS SSN-23 Jimmy Carter (converted from "Trumpeter 1:144 SSN-21 Seawolf")

開く コメント(4)

イメージ 1
イメージ 2イメージ 3イメージ 4
■UX-275 攻撃型潜水艦 (レベル 1/144 U-212A改造)
サブマリン707の生誕50周年を記念して製作した架空の潜水艦です。
『悪の秘密組織”U結社”がドイツ海軍の設計をパクって建造した攻撃型潜水艦』 とかなんとか・・・
いわゆる厨二病的俺設定ってヤツですねw

イメージ 5イメージ 6イメージ 7イメージ 8イメージ 9イメージ 10
■製作
レベルの1/144キット”U-212”をニコイチして製作しました。
船体の延長、新兵装(対潜ミサイル)の追加、船体各部の電飾を行っています。
 ・船体の改造 : 全長を1.3倍ほど(40cm→52cm)延長しています。(艦名のUX-275は”212×1.3倍=275”から命名) なお艦橋側面にあった潜舵は取り付け基部ごと艦首に移植し、艦橋の空き地には電飾した航海灯(後述)を取り付けています。
 ・対艦/対潜ミサイル : サブマリン707の”サンダーロック”に相当する対艦/対潜ミサイルという設定です。射出庫はキットのパーツとプラ板の切った貼った、射出ハッチは真鍮線と真鍮パイプを組み合わせて開閉式とし、内部にプラ棒で作った弾頭を仕込んでいます。
 ・各部の電飾 : LEDと光ファイバーで船体各部を電飾しています。発光箇所は艦橋側面(左が赤/右が緑)、艦橋後部(白色)、艦尾操舵(左が赤/右が緑)、前後甲板(赤の点滅)の計7箇所で、電源(3Vのコイン型電池)とスイッチは台座に設けています。

■塗装
船体は軍艦色(暗いほう)/甲板のみジャーマングレーで、いずれも缶スプレーを使用。
喫水ゲージはキット付属のデカールで、艦橋の”UXと艦No.”は汎用デカールの組み合わせです。



■厨二病的俺設定
理想の海洋国家建設を目論む秘密組織”U結社”が、鹵獲したドイツ海軍の212A型潜水艦を元に建造した対艦/対潜攻撃型潜水艦。サブマリン707の宿敵とも言えるこのUX型は一番艦の”UX-275”を筆頭に既に同型艦10隻(UX-275〜284)の存在が確認されている。

UX型潜水艦は212A型の船体を約51ft(17m)延長大型化し、主兵装である21in(533mm)魚雷の搭載数を大幅に増やすとともに、セイル直後の甲板両舷に707の”サンダーロック”に相当する対艦/対潜ミサイル射出基8基※を追加装備している。 (※対艦/対潜ミサイル:射出扉寸法から707よりも小型の弾体と推定、弾頭直径は300mm程度か? 対艦/対潜弾の他に魚雷迎撃弾や欺瞞用チャフ弾等の射出が可能と推測)
主機関は212A型の非大気依存推進型AIP動力の出力強化版を搭載。核動力の攻撃型原潜に対しては航続距離/連続潜航時間/最大船速等の面で劣るものの、徹底した防音/防振対策を施した結果、静粛性/非探知性は非常に優れたものとなっており、各国潜水艦のそれを大きく凌駕すると言われている。
なお操舵関係については艦尾に212A型と同様のX型操舵を採用しているが、潜舵についてはセイルプレーンからバウプレーンに変更することで氷海行動時の損傷リスクを軽減している。

ちなみに本艦はその船体サイズから近海/沿岸防衛用の中型潜水艦に相当し、通常動力艦であることを踏まえると航続距離はさほど長くないものと推測されるが、いっぽう本艦の出没が確認された海域は全世界に及んでいることから、複数の同型艦を収容可能な偽装母艦(未だ存在が確認されていないことから民間船舶の大型タンカー等に偽装した補給母艦、もしくは長時間潜航が可能な核動力の大型潜水母艦)を拠点に行動しているものと推測される。

【主要諸元(推定)】
・全長74m / 全幅7m
・水上排水量1,900トン / 水中排水量2,900トン 
・主機関 AIP動力(詳細不明)
・最大船速 水上15ノット / 水中25ノット
・航続距離 水上20,000km(10ノット航行時) / 水中1,500km(10ノット航行時)
・乗員35名
・兵装 21in(533mm)魚雷発射管×6基,対艦対潜ロケット弾射出基×8基


〜UX-275 Unknown Submarine (converted from "Revell 1:144 U-212A")

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
イメージ 2

サブマリン707の50周年記念モデル、海洋堂の1/144ソフビ完成品が届きました!
いや〜待ち遠しかったなぁ〜
でっかくて飾っておく場所がないゾ〜!


イメージ 7イメージ 8イメージ 9イメージ 10イメージ 11イメージ 12イメージ 13イメージ 14イメージ 3イメージ 4イメージ 5
イメージ 6


〜サブマリン707(海洋堂 1/144 ソフビ完成品)〜

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事