fumi's 144工房

まったりと週末だけ更新ちぅ・・・

┗参加要綱(静岡HS)

[ リスト | 詳細 ]

「静岡ホビーショー・モデラーズクラブ合同作品展」へのProject144参加について説明しています。


http://x5.tubakurame.com/bin/ll?06459260J
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 4

イメージ 5

2019年5月11日(土)〜12日(日)に開催される『モデラーズクラブ合同作品展@静岡ホビーショー』に参加されるProject144メンバーの皆さんへ。

【開催当日のスケジュールについて】
■土日の朝の集合 (9時までに展示準備を完了して下さい
交通手段によって各自の到着時刻が異なるため、集合時間は特に定めません。入場パス等は不要ですので、到着したらProject144展示ブースに直行下さい。(ブースで名札をお渡しします)
*展示準備は到着した方から順次始めて下さい。(詳細については後述します)
*会場には土曜6時30分/日曜7時30分頃から入場可能です。(ブースは前日金曜に設置済み)

■一般公開 (土曜9時〜17時/日曜9時〜16時)
一般公開時間中は自由行動です。ブースに常駐する必要はありませんので、各自ショー見学などの時間に充てて下さい。(ブースにいる際の注意事項については後述します)

■土曜夕方の片付け (片付け16時30分〜
展示会場は土曜夕方17時30分〜翌朝7時30分頃まで施錠されます。
*土曜に日帰りされる方は16時30分頃から作品の片付けを行って下さい。
(施錠時刻まであまり余裕がありませんので、閉会の17時を待たずに片付けを始めて下さい)
*引き続き日曜も参加される方は作品を展示したまま解散しますが、破損や盗難が心配な方はいったん作品を片付け、翌朝あらためて準備を行って下さい。(作品は各自で保管して下さい)

■日曜夕方の片付け (片付け16時〜,解散17時頃)
閉会後30分ほどすると業者によるブースの解体作業が始まるため、片付けに時間がかかる方は閉会時刻の16時を待たずに片付けを始めて下さい。

イメージ 1

イメージ 6

【展示方法と展示準備について】
■出品可能な作品の範囲
1/144および近傍スケール(概ね1/130〜1/160の範囲)であれジャンルは不問、スケール物からガンプラまで何でもOKです。またメインとなる1/144作品と関連性がある展示(例えば遠近情景や「ガンダムとアムロ」のような組み合わせ)であれば他スケールの出品もOKです。(但し合同展の性格上、公序良俗に反する作品は出品不可)
なお異様に嵩張ったり高さのある展示をされる場合は、予め事務局まで作品概要をご連絡下さい。

■展示方法と展示準備
現用機/大戦機/戦車などのジャンルごとに全員の作品を集約して展示を行います。
*細かなルールは特に定めませんので、周囲の作品のジャンルを見ながら配置して下さい。
*展示準備は参加者同士で臨機応変にスペースを融通し合いながら行って下さい。ブースは狭く一人の方が一箇所を占有して準備を始めてしまうと他の方が作品を並べられませんので、梱包を解いてとりあえず作品を卓上に置いたら他の方のために速やかにその場を退いて下さい。作品のネームプレートや小物などのセットが必要な場合は、参加者全員が作品を卓上に出し終え、ブース全体の配置が概ね定まってから行うようにして下さい
*来場者が見学しやすいよう卓の手前に小さな作品を、卓の奥や雛壇に大きな作品を並べて下さい。
*子供の顔の高さに作品があると覗き込んだ際に大変に危険です。「背の高い作品は卓の手前に置かない,尖った先端を見学者側に向けない」など、安全面にも十分に配慮して展示下さい。

■作品カード
各自必要に応じて準備して下さい。サイズは名刺大を目安としますが、どうしても大きなPOP等を並べる場合はPOPスタンドを併用して縦置きし、なおかつ卓の奥(後方)や雛壇に展示する等の配慮をお願いします。(大きなPOPを卓上にベタ置きしたり、卓の手前に立ててしまうと展示スペースが圧迫されて不足したり、他の方の作品がPOPに隠れて見えなくなってしまうため)

イメージ 7

【展示ブースにおける注意事項について】
■展示ブースに常駐する必要はありませんが、休憩等をとる際は以下の点に注意下さい。
*ブースに一人しかいない場合は他のメンバーが戻るまで離席しない(無人にしない)で下さい。
*ブースでの有機溶剤や火気の使用は厳禁です。(作品破損時の補修作業を除く)
*椅子の数が限られていますので休憩の際はメンバー交代で利用して下さい。
*ブースでの飲食はご遠慮下さい。(飲み物や軽食程度であればOKです)

■静岡HSは家族連れなど普段あまり模型に馴染みのない見学者が多数来場します。
一般的な模型展示会とはかなり様相が異なるため、ブースでは以下に注意して下さい。
*見学者がお子さんの場合 : 「作品に手を出す,尖った部品など危険なものに注意を払わない」等々ありますので、たとえ保護者が一緒にいる場合でも常に目を離さないようにして下さい。
*見学者が大人の場合 : 「片掛けカバンや首に下げたカメラで作品をなぎ倒す,作品を覗き込んだ際に帽子のツバで作品を破損する」等のトラブルをよく耳にします。大人であっても展示会慣れした方とは限りませんので、少しでも危なっかしいと感じたら注意を促すようにして下さい。

【その他伝達事項について】

イメージ 2イメージ 3
■参加メンバー懇親会(土曜晩,任意参加)
出欠の変更は開催週の水曜日までにご連絡下さい。
18時から2時間、会費4,500円、静岡駅南口の「海ぼうず本店」です。
市内に同名店舗が複数あるためお間違えなきよう。(駿河区南町6-11赤ちんビル,054-284-8282)
なお当日は各自出先からお店に直行されて構いませんが、他の参加者と一緒に会場から移動する方は17時までにProject144ブースに戻って下さい。

■参加費(展示機材の準備費)
展示機材その他の準備費用として一人500円程度の負担をお願いします。なお現時点ではまだ準備が終わっておりませんので多少変動があろうかと思います。宜しくご了承下さい。

■マイカー利用の方へ
駐車場情報については後日お送りする事務局からの最終案内メールを参照して下さい。
なお会場近隣に一般の有料駐車場はほとんどありません。
くれぐれも路上駐車や近隣店舗への迷惑駐車は厳禁として下さい。

■新幹線利用の方へ
静岡駅からの無料シャトルバス等の運行はありませんので、移動はタクシーか路線バスを利用下さい。
なお会場周辺は大変渋滞するため、帰りの新幹線を予約される方は時間に余裕をもって下さい。
(詳細は以下の静岡HS公式サイトを参照)


〜 以上 
〜〜〜静岡ホビーショー・モデラーズクラブ合同作品展とは?〜〜〜
静岡ホビーショー・モデラーズクラブ合同作品展は全国から200以上の模型サークルが集まる日本最大級の模型展示会です。Project144では毎年5月ツインメッセ静岡にて開催されるこのイベントにて1/144模型に限定した作品展示を行っています。

【参加要綱】

■展示形態
 Project144としてブースを設け、大きな卓を使って参加者全員で展示を行います。
■出品できるもの
 1/144および近傍スケール(1/130〜1/160程度)であればジャンルは一切問いません。
 タイガー戦車からガンダムまでなんでも出品OKです。
■出品できないもの
 以下の出品/展示は行うことができません。曖昧な場合は事務局までお問い合わせ下さい。
 ・上記スケール以外の模型や、塗装済み完成品など参加者ご自身の手が入っていない模型
  (ただし遠近情景など1/144作品の表現上必要な場合は本体展示との併用に限り可とする)
 ・オークション入手品など参加者以外が製作した模型 (ただし知人からの展示委託作品は除く)
 ・主催者タミヤの禁則事項にあたる行為 (物販行為全般,成人向け作品の展示など)
■参加資格
 当日現地に行ける方であればどなたでも参加OK、個人/グループを問いません。
 ・会期は土日2日間ですが、何れか1日だけの日帰り参加もOKです。
 ・他のサークルや当日併催されているイベントとの掛け持ち参加もOKです。
 ・小中学生以下の方は保護者相当の方の付き添いをお願いします。
 ・軍装コスプレなど主催者タミヤの禁則事項にあたる服装での参加はご遠慮下さい。
■参加費
 展示機材の準備費用として一人概ね2,000円程度を負担下さい。
 ・グループや家族参加の場合は出品を行う方のみ負担下さい。(出品を行わない同伴者は負担不要)
 ・高校生以下の方は出品有無に関わらず負担不要です。
 ・参加費はその年の参加人数や展示内容(機材の準備量)によって変動します。予めご了承下さい。
 ・交通費や宿泊費は自己負担となります。各自で手配をお願いします。
■参加者打ち上げ
 土曜夕方から参加者打ち上げの二次会を行います。(18時から2時間、会費4,000円程度を予定)
 出席を希望される方は参加申し込み時に一緒にお申し込み下さい。
■参加申し込み方法
 その年毎の開催案内にて指定された方法に則り申し込みを行って頂きます。
 なお2014年11月をもちましてProject144のイベント運営は当ブログから以下に移管されました。
 今後の開催情報等につきましては下記サイトにてご確認下さい。
 《 新事務局DAMEYAさんのホームページ DAMEYA@1/144 ; http://blog.livedoor.jp/dameya/

【実際に参加される皆さんは以下にて詳細をご確認下さい。】

■参加される皆さんへ (開催までの段取り,当日のスケジュール,来場方法などについて)
 http://blogs.yahoo.co.jp/fumi_bnr32/58247890.html
■作品の展示方法について (展示ブースの概要,作品の展示方法,作品カードなどの準備について)
 http://blogs.yahoo.co.jp/fumi_bnr32/58247872.html
■作品リストの提出について (出品を予定されている作品のリスト作成と提出について)
 http://blogs.yahoo.co.jp/fumi_bnr32/58247863.html
■合同作品展のQ&A (モデラーズクラブ合同作品展に関してよくあるご質問について)
 http://blogs.yahoo.co.jp/fumi_bnr32/58247857.html


⇒ 「参加される皆さんへ」に続く ( http://blogs.yahoo.co.jp/fumi_bnr32/58247890.html
開催までの準備段取りと当日の詳細です。実際に参加される方は必ずご一読下さい。

【開催当日までの準備について】

■開催当日までの概略スケジュール
当日までのスケジュールは概ね以下のとおりです。(詳細はメールにて通知)
 ・参加者募集〆切 ; 4月末のGW突入前
 ・作品リストの提出(各参加者) ; 4月末のGW突入前
 ・展示レイアウトなどの決定(事務局) ; 5月初のGW明け
 ・展示機材の手配と現地発送 (事務局) ; 5月初のGW明け
 ・参加者への最終案内(事務局) ; 開催1週間前

■参加者ご自身で準備を進めて頂く項目
当日に向けて各参加者は以下2点の準備を進めて下さい。
 【1】宿泊先と移動手段の確保 ; 宿泊先と会場までの移動手段(新幹線もしくは車)は各自で確保して下さい。なお宿は早々に予約で埋まりますので宿泊される方は早めの手配をお願いします。
 【2】作品リストの作成 ; 当日出品予定の作品をリストにまとめて下さい。詳細はメールにて展開します。
なお展示に必要な機材(卓布,雛壇,POP,名札)など参加者全員で使用するものは事務局もしくは主催のタミヤが準備しますので、基本的に参加者ご自身で用意頂く必要はありません。

【開催当日について】

■当日のスケジュール (展示準備と片付けについて)
朝夕の準備片付けの時間帯以外は自由行動です。ホビーショー見学など自由時間に充てて下さい。
 【1】朝の集合 ; 各自の来場手段によって到着時刻が異なるため集合時間は特に定めません。一般開場の9時までに展示準備を完了出来るよう来場して下さい。(展示準備は土曜6時30分 / 日曜7時30分から可能)
ブースは金曜晩に設置済みですので、到着した方から順に作品の搬入と展示準備を開始して下さい。
なお日曜の朝は日曜から参加される方のみ集合して下さい。土曜から参加の方は集合不要です。
 【2】一般公開 ; 土曜9時〜17時 / 日曜9時〜16時です。
 【3】土曜夕方の片付け(16時30分〜) ; 会場は閉会後すぐに施錠されるため、日帰り参加の方は閉会時刻を待たずに作品の片付けを開始下さい。日曜も参加する方は作品を展示したまま解散します。(会場は土曜17時30分〜日曜7時30分頃まで施錠されます。)
 【4】日曜夕方の片付け(16時〜) ; 閉会時刻の16時になったら作品の片づけを始めて下さい。 展示機材の撤収含めて全ての片付けが終わり解散するのは17時頃となる見込みです。

■土曜晩の二次会(参加者打ち上げ)
出席希望者は参加申し込み時にお申し込み下さい。土曜18時から2時間、会費4,000円程度の予定です。

■新幹線で来場される方へ
東京始発の新幹線の場合、静岡駅到着は8時となります。会場までは車で10分ほどですが、一般公開の始まる9時まであまり時間がありませんので到着したら手際よく準備をお願いします。
名古屋方面からの場合はもっと早い時間帯の新幹線があるため問題ありません。
なお夕方は周辺道路が渋滞しますので、帰りの新幹線を予約される方は時間に余裕をもって下さい。

■マイカーで来場される方へ
会期中は参加者用にクラブ専用駐車場(無料)が用意されますが、数に限りがあるため人数分を確保することが難しく、また会場近隣には一般の有料駐車場も殆どありません。
宿泊先の駐車場と公共交通機関を併用する等、マイカーでの乗り入れ自粛にご協力下さい。
なお近隣店舗駐車場への迷惑駐車や路上駐車は厳禁として下さい。

【イベント情報の展開とメールについて】

■一般情報は当サイトのイベントのご案内ページ( http://blogs.yahoo.co.jp/fumi_bnr32/folder/1503902.html )にて、また緊急時はメールにて展開しますので、参加者はメールと当サイトの定期的な閲覧を心掛けて下さい。※
なおグループ参加の場合は代表者がメンバーへの情報展開を行って下さい。
※2014年11月をもちましてProject144のイベント運営は当ブログから以下に移管されました。今後の開催情報等につきましては下記サイトにてご確認下さい。
《 新事務局DAMEYAさんのホームページ DAMEYA@1/144 ; http://blog.livedoor.jp/dameya/

■メール不通となるケースが散見されます。メール送信の際はメール件名を「Project144○○の件(送信者名)」とするとともに、迷惑メールの受信拒否や自動削除設定をされている方は、事務局のメールアドレスもしくはメール件名の「Project144」(半角英数)を必ず除外指定して下さい。

■迷惑メールや悪戯メール防止のため各自のメールアドレスは参加者間のみの利用に限定して下さい。
(事務局のメールアドレスも含め無断で第三者に開示しないで下さい。)

【主催者(タミヤ)通達の禁則事項について】

■以下は主催者(タミヤ)通達の禁則事項となっております。ご一読下さい。
イメージ 1
(タミヤ禁則事項)


⇒ 「作品の展示方法について」に続く ( http://blogs.yahoo.co.jp/fumi_bnr32/58247872.html
ブースの概要、作品の展示方法、展示時の注意事項について記載します。

【作品の展示方法について】

■Project144展示ブース
中央に着席スペースを設けた”コの字”状のブースで展示を行います。
 ・ブースの外寸は360×270センチ、卓の奥行きは90センチです。
 ・ブース下まで電源が来ており展示用に利用可能です。(延長コードは利用者が準備下さい。)
 ・作品梱包用のダンボール等は卓下に収納可能です。(貴重品は置かないで下さい。)
 ・展示用の雛壇等はこちらで準備します。

イメージ 1
(ブースのイメージ図)

■作品の展示方法
その年の参加人数や各自の出品傾向を見ながら以下2通りの展示方法を使い分けています。
いずれの場合も展示レイアウトは皆さんから提出頂く作品リストを元に事務局で検討します。
 ・個人別展示 ; 各自の作品数に応じて展示ブースを配分、各々が割り振られたスペースで展示を行います。
 ・ジャンル別展示 ; 全員の作品を「航空機・AFV・艦船」等に分類し、ジャンルごとにまとめて展示を行います。

■作品タグ/作品カード
作品には必要に応じて「作品タグ」や「作品カード」などの解説書を貼付します。
その年の開催案内に従って準備を進めて下さい。
 ・作品タグ ; 作品名等を記載した名刺サイズの名札です。事務局にて一括準備します。
 ・作品カード ; 更に詳しい作品解説を行いたい場合は各自で準備願います。特にフォーマットは定めませんがサイズはA4縦で統一して下さい。カードケースとスタンドは事務局にて準備します。

イメージ 2
(作品タグのイメージ図)

イメージ 3
(作品カードのイメージ図)

【展示の際の注意事項について】

■参加者は以下の点に注意して展示を行って下さい。
 ・背の低い子供の場合はちょうど顔の高さに作品がきます。作品を覗き込んだ際に尖った部品が顔に当たると大変危険ですので、「突起のある作品は卓の手前に置かない,先端を見学者側に向けない」など、作品の置き方には十分に配慮して下さい。展示の見栄えよりも安全面最優先でお願いします。(たとえ親子連れであっても親自体がノーケアです。危険だと感じたらこちらから注意して下さい。)
 ・静岡ホビーショーは模型に不慣れな一般見学者がほとんどです。大人子供を問わず「作品には手を触れない,展示卓に手をつかない」といった常識は全く通用しません。不用意に作品を覗き込んで首に下げたカメラや肩掛けカバン、帽子のツバで作品を倒すといったトラブルも多いようです。少しでも危なっかしいと感じたら躊躇せずに注意を促して下さい。
 ・子供は興味を惹かれたもの以外には全く注意が向きません。特に子供の喜びそうな可動作品等を展示する場合には「隣りの作品と十分に距離を取る」など周辺との関係にも配慮して展示下さい。
 ・可動作品や背の高い作品等を展示する際は固定に十分留意して下さい。作品が倒れる等の不慮の事故により他の作品を破損することがないようご注意下さい。

■音響機器の使用はご遠慮下さい。(DVDやPC使用時はできるだけ音を消して使用下さい。)

■会場での有機溶剤/火気の使用は厳禁です。(作品破損時の接着剤使用を除く)


⇒ 「作品リストの提出について」に続く ( http://blogs.yahoo.co.jp/fumi_bnr32/58247863.html
出品予定作品のリスト提出とその作成方法について記載します。

【作品リストの提出について】

■各参加者は当日出品を予定している作品情報を作品リスト(Excel形式の記入用ファイル)にまとめ、所定の提出期限までに事務局宛て返送下さい。(詳細は後日メールにて展開,概略4月下旬を目標に作成)
ちなみにこの作品リストは作品に貼付する作品タグ(事務局で一括印刷)や、ブース配置を検討するための元データとなりますので、指定された期日までに必ず提出をお願いします。
なおグループ参加の場合は申し込み代表者が全員のリストを取りまとめて提出下さい。
以下【1】〜【3】にて作品リストの記入方法について説明します。
 【1】作品リストの記入項目について
 【2】記入用ファイル(Excel形式)の取り扱い方法について
 【3】記入用ファイルを用いずに作品リストを提出する方法について(Excel形式ファイルを取り扱えない方へ)

【1】作品リストの記入項目について

■作品リストの記入項目 (●は作品タグの印刷用,◎はブース配置検討に必要な情報)
 ●作者名 ; ニックネーム,ハンドルネーム,グループネームでも可
 ●作品名 ; 「作品タイトル」もしくは「キット名称」を記入
 ●メーカー ; キットのメーカー名を記入(キット以外の場合は「フルスクラッチ」など任意で記入)
 ●作品コメント ; 製作に関するもの、実機に関するもの何でも可(最大100字程度)
 ◎作品ジャンル ; 「現用機,大戦機,AFV,艦船」など作品のジャンルを記入
 ◎作品形態 ; 「単品」もしくは「情景」のいずれかを記入
 ◎展示寸法 ; 展示ベースを含めた作品の「横幅(全長)×奥行き(全幅)×高さ)」をセンチで記入
 ◎出品日 ; 作品を展示する曜日(土曜/日曜/土日)を記入
 ◎作品数 ; (後述の補足説明を参照)
 ○新旧 ; 静岡HSで初めて展示する作品には「新作」と記入
 ○作品カード ; 作品紹介用の説明文(A4縦)を貼付する場合はその枚数を記入
 ◎備考 ; 可動作品や会場電源の利用有無など特記事項を記入

■作品数についての補足 (複数の作品をまとめて記入する場合)
作品一点単位でリストを作成する必要はありません。複数の作品をまとめて記入する場合は、
 ・例えば「零戦22型,32型,52型」の3作品を出品する場合を例に取ると…
  作品名を「零戦シリーズ」,作品数は「3つ」,展示寸法は「3機並べた寸法」と記入して下さい。
 ・ただしこの場合に作品に貼付する作品タグは「零戦シリーズ」の1枚のみとなります。ご注意下さい。

イメージ 1
(作品リストのイメージ)

以下は作品リスト用のExcel形式ファイルを取り扱えない方(パソコンにExcelソフトがインストールされていない方を含む)への説明となりますので、該当されない場合は閲覧不要です。
【2】記入用ファイルの取り扱い方法について
【3】記入用ファイルを用いずに作品リストを提出する方法について

【2】記入用ファイルの取り扱い方法について

■記入用ファイル(Excel形式ファイル)の取り扱い方法が判らない方は以下を参考にして下さい。
「メール添付ファイルの取り込み→書き込み作業→メールへのファイル添付」までを順を追って説明します。

■Excelソフトのインストール有無を確認する。
まずはじめにご自分のパソコンにExcelソフトがインストールされているか確認して下さい。
ソフトがインストールされていない場合は無料ダウンロードのフリーソフトサイトからインストールして下さい。
(「エクセル 無料インストール」でネット検索すれば該当するフリーソフトのサイトが見つかります。)
なおフリーソフトをインストール出来なかった方、もしくはインストールしたくない方は【3】の「記入用ファイルを用いずに作品リストを提出する方法」にて作品情報を提供して下さい。

■メール添付の作品リスト用記入ファイルをパソコンに取り込む。
メールにて配布された作品リスト記入用のExcelファイルをご自分のパソコンに取り込んで下さい。
 ・メールの添付ファイルを右クリックして「名前を付けて保存(A)」を左クリック、「保存先(I)」でパソコン上の保存先(例えばMy Documents等)を指定し、「保存(S)」を左クリックします。
(メールの添付ファイルを右クリックして「コピー(C)」を左クリック、デスクトップ上や保存先のMy Documents上で右クリックして「貼り付け(P)」を左クリックしてもOKです)
 ・なおファイル名を変更して保存したい場合は「ファイル名(N)」で新しいファイル名を入力して下さい。ただし拡張子”.xls”や「ファイル種類(T)」は変更しないで下さい。

■パソコンに取り込んだファイルを開く。
Excelソフトを起動し、メニューバーの「ファイル(F)」→「開く(O)」を左クリック、「保存先(I)」でパソコン上のファイル保存先を、「ファイル名(N)」で保存したファイル名を指定してファイルを開きます。
(もしくは保存先にあるファイル名を直接ダブルクリックしてもファイルを開くことができます。)

■ファイルに必要事項を書き込む。
書き込んだ文字が記入枠(セル)をはみ出しても問題ありません。そのまま書き込みを続けて下さい。
以下書き込み操作を行う上でのワンポイントになります。
 ・「ケ/枚/cm」など単位が付く記入枠には自動で単位が付与されるようにしてあります。書き込み時に単位を付ける必要はありませんので、半角英数で数値のみを入力して下さい。
 ・書き込んだ項目は行ごと(横一列の全データを)コピーして、別の行に貼り付けることができますにで、1行記入し終えたら2行目にコピーし、必要な箇所のみ修正すれば効率的に書き込みができます。またコピーは行だけでなく記入枠(セル1個もしくは複数個)に対しても同様にコピーすることができます。
 ・行のコピー/貼り付け ; コピー元の行番号(画面左端の連番)を右クリック→「コピー(C)」を左クリックし、コピー先の行番号を右クリック→「貼り付け(P)」を左クリックして貼り付けます。
 ・セルのコピー/貼り付け ; コピー元のセルを右クリック→「コピー(C)」を左クリックし、コピー先のセルを右クリック→「貼り付け(P)」を左クリックして貼り付けます。
 ・行の追加 ; 行番号を右クリック→「挿入(I)」を左クリック。(クリックした行の前に追加されます。)
 ・行の削除 ; 行番号を右クリック→「削除(D)」を左クリック。(クリックした行が削除されます。)
 ・注意1〜列(縦列)の追加/削除は集計用の自動計算式が壊れるため絶対に行わないで下さい。
 ・注意2〜作業中は書き込みデータの破損防止を兼ねて小まめに保存するようにして下さい。

■書き込みの終わったファイルを保存する。
保存方法は既存ファイルに上書きする場合と、新規ファイルに保存する場合の二通りの方法があります。
 ・上書き保存する場合 ; メニューバーの「フロッピーディスク」の形をしたマークを左クリックします。
 ・ファイル名や保存先を変更して新しいファイルに保存する場合 ; メニューバーの「ファイル(F)」→「名前を付けて保存(A)」を左クリックし、「保存先(I)」でパソコン上のファイル保存先を指定、「ファイル名(N)」で新しいファイル名※を入力し、「保存(S)」を左クリックします。(※ファイル名は必ず”●●.xls”として下さい。拡張子や「ファイル種類(T)」は変更しないで下さい。)

■Excelソフトを終了する。
画面右上の「×」マークを左クリックします。(×が2つある場合はどちらが先でも可)
なお前述の保存操作を行っていない場合は「変更を保存しますか?」と聞いてきますので、
 ・「はい(Y)」を左クリックするとファイルを上書き保存して終了します。
 ・「いいえ(N)」を左クリックするとファイルを保存せずにそのまま終了します。
 ・「キャンセル」を左クリックするとExcelソフトは終了せずにそのままの状態となります。(前述の保存操作を行わずに「いいえ(N)」で終了すると書き込んだデータは全て失われるのでご注意を!)

■ファイルをメールに添付する。
送信用のメールを作成したら、メニューバーの「クリップ」の形をしたアイコン(ファイルの挿入)を左クリック(もしくはメニューバーの「挿入(I)」→「ファイル(F)」を左クリック)して、「検索先(I)」でファイルの保存先を指定、また保存先のファイル名を直接左クリックしてファイルを指定し、「OK」を左クリックします。
なおデスクトップ等に貼り付けたファイルをコピーして、そのままメール本文画面に貼り付けることも可能です。

【3】記入用ファイルを用いずに作品リストを提出する方法について

記入用ファイルを取り扱えない方は以下の記入例を参考に作品情報をメール本文やテキストファイルに直接書き出し送付して下さい。(記入項目については冒頭【1】の「作品リストの記入項目について」も参照下さい。)
記入項目は以下のとおりです。
「作品名/新旧/ジャンル/単品or情景と個数/メーカー/寸法(展示ベース有無)/作品コメント(最大100字)/備考」

■記入例1 (単品作品の場合)
B-52D/新作/現用機/単品1個/レベル改造/幅40×奥行40×高さ15cm(展示ベース無し)/作品コメント 「レベルのG型にクラウンの機種を合体、垂直尾翼を延長改造しています。」/備考「特になし」

■記入例2 (複数作品をまとめて記載する場合,但しこの場合の作品タグは1枚のみとなります)
フィッターシリーズ/旧作/現用機/単品3個/アタック/幅25×奥行15×高さ5cm(展示ベース付き)/作品コメント 「固定翼から可変翼まで多数バリエーションが存在する旧ソ連の戦闘爆撃機シリーズです。」/備考「3機まとめて展示します。」

■記入例3 (情景作品の場合)
ロシアの駐機場/新作/現用機/情景1個/トランペッター他/幅30×奥行20×高さ10cm(展示ベース付き)/作品コメント 「ロシアの掩体壕を模した情景です。ベースは100均の額縁、掩体壕はプラ板の箱組みです。」/備考「会場電源を使用するためコンセントを確保願います。」


⇒ 「合同作品展のQ&A」に続く ( http://blogs.yahoo.co.jp/fumi_bnr32/58247857.html

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事