fumi's 144工房

まったりと週末だけ更新ちぅ・・・

シドニアの騎士

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1イメージ 2
弐瓶勉原作の「シドニアの騎士」に登場する紅星白です。
前作の3Dメガネさんのフルスーツ版に続いて二体目の製作となりますが、今回はコミックス9巻・TVアニメの二期最終話で谷風長道を侵蝕しようとする"あのシーン"の紅星白を製作しました。
改造のベースとしたのはさいころぶたいさのレジンキットでコミックス水着イラスト版のエナ星白です。
キットの水着のモールドをすべて削り落とし、右腕と右足をエポパテで胞手に改造、また展示ベースにはLEDを内蔵してベース全体が赤く光るように電飾しています。

■紅星白(ガ490"紅天蛾"由来)
・惑星ナインにおけるガ490"紅天蛾"とシドニアの谷風長道の戦闘の最終局面、ガ490を駈る紅星白はガウナ本体を離れて単独で谷風機のコクピットに侵入、彼が淡い恋心を抱いていた星白閑にその姿を変えて谷風を直接侵蝕しようと試みるが、同乗していた科戸瀬イザナの機転によりガ490本体との胞手接続を絶たれて意識を消失、紅星白の制御が途絶えたガ490本体は谷風機のカビ刀の一撃により泡状分解して消滅し、長く厳しい闘いに終止符が打たれた。

・谷風はこの戦闘で深手を負った融合個体の白羽衣つむぎを救出し、意識を失った紅星白をコクピットに載せたままシドニアへと帰還する。回収された紅星白は、先の自由浮遊ガス惑星戦で捕獲されたガ491由来のエナ星白と同様、ガウナと人の融合個体を産み出すための受精母体として軍事利用されることが検討されたが、高度な戦闘能力を有するガ490"紅天蛾"由来の個体という危険性から、現在は厳重な監視体制のもと東亜重工にて隔離保管されている。


〜紅星白"侵蝕ver."(シドニアの騎士・さいころぶたい製レジンキット改造〜

【 にほんブログ村ランキング 模型 / プラモデル / MAZDA車 】

開く コメント(0)

イメージ 1イメージ 2
■紅星白(3Dメガネ・レジン製キット)
弐瓶勉原作の「シドニアの騎士」に登場する紅星白です。
コミックス/TVアニメ版ともに準ヒロイン的な立ち位置のエナ星白(ガ491)に関しては、既に複数のディーラーさんがガレージキットをリリースされていますし、メーカー製の完成品フィギュアも発売されていますが、敵役となった紅星白(ガ490"紅天蛾")のキットは非常に希少な存在。
これまでにリリースされたキットはさいころぶたいさん(水着イラストver.)の一点のみで、エナスーツを纏った紅星白はこの3Dメガネさんのレジンキットが初の造形になります。


イメージ 16イメージ 17イメージ 18イメージ 19イメージ 20イメージ 21イメージ 4イメージ 3イメージ 5イメージ 6イメージ 7イメージ 8
ご覧のとおりキットは非常に素晴らしい造形で、如何にもガウナらしいモールドがビッシリと施されています。なにぶんにも設定らしい設定が皆無に近いキャラですので、これらのディテールもそのほとんどが原型師さんの創作によるものではないかと思いますが、非常にリアルな造形となっています。
なおキットの正式な商品名は「紅天蛾・星白エナ」ですが、文中ではこれまでのシドニア関連の記事に倣って「紅星白」と記載させて戴きました。(→星白関連の詳細はこちらの記事を参照)


イメージ 9イメージ 22イメージ 23イメージ 24
■製作メモ
キットはコミックス9巻の表紙絵(小脇にヘルメットを抱えた紅星白)が造形のベースになっていると思われます。もちろん素組みでも十分に素晴らしいキットですが、せっかくヘルメット付きのフルスーツキットですので、今回は少しアレンジして頭部を「星白顔⇔ヘルメット顔」のコンパチに改造してみました。

【ヘルメット無しにポーズ変え】 キットは肘を大きく張り出してヘルメットを抱えたポーズとなっていますが、ヘルメット無しへポーズ変えするために、《1》左腕全体を肩の取付部から捻って肘を後ろに引きつつ体に寄せ、《2》ヘルメットを持っていた左手の手首を反転して指先を太腿に沿わせています。
また反転した左手首にはアクセントとして右手首と同じ形の手甲をエポパテで追加しました。
なお星白顔とヘルメット顔はφ2mmのアルミ線による差し換えです。

【収納への配慮】 背中から生える左右の翅と長いツノは収納する際に嵩張って邪魔になるため、これらを取り付ける背骨パーツごと本体から脱着できるように改造しています。
またツノは単独でも脱着できるようアルミ線の挿し込みとしています。(後述する胞手と差し換え可能)

【塗装】 本体とヘルメット顔は下塗りを兼ねた赤サフを缶スプレー。エアブラシで希釈したキャラ赤を凸部主体に吹いてから、エナメルの黒でややきつめに墨入れし、グロスクリアでヌメヌメに。
星白顔のフレッシュはエアブラシ、瞳はエナメルの筆塗りで、眉毛やアイラインは鉛筆書きです。


イメージ 14イメージ 15
■オマケ(胞手ver.)
長いツノ付きの状態だと市販のディスプレイケース(縦長のもの)に収まらないため、これに代わる代替品としてアルミ線にエポパテを盛って胞手を作り、ツノと差し替えられるようにしています。


イメージ 10イメージ 11イメージ 12イメージ 13
■オマケ(翅無しver.)
翅とツノの無いTVアニメ版にほぼ準じた外観の紅星白です。
首周りの襟(背骨パーツの一部)はTVアニメ版には本来ありませんが、やや長めに造形された首とのバランスを取るために、キットの形状を参考にエポパテで専用の襟を新造しています。
なお背骨パーツを取り外した際に背中にできる大きな窪みについては、エポパテで背骨の一部を新造して埋めています。


〜紅星白(シドニアの騎士・3Dメガネ製レジンキット)〜

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2


シドニアの騎士のTV放映2期「第九惑星戦役」がいよいよ始まりました。
またまたドップリとはまりそうですw


〜シドニアの騎士「第九惑星戦役」〜

開く コメント(2)

☆so cute!


星白かわいすぎる♪

開く コメント(0)

イメージ 1イメージ 2
アウトローファクトリーさんの白羽衣(しらうい)つむぎです。
スケールは1/250といったところでしょうか? かなり小ぶりなキットです。
パーツ総数は全部で56点。人型のキットとしてはかなり多めですね。
成形状態は非常に良好。気泡や欠損は皆無で、バリやPLの段差も必要最小限です。

イメージ 3イメージ 4関節やスカートがかなり細かく分割されているので、いろいろなポーズをつけられるようですが、その分だけ組立にはちょっと難儀しそうです。
パーツ同士をアルミ線でつないで完成後もポーズ変えが出来たら面白いかも?
ちなみに1期のTV放映では最終話のエンディングにチラっと出ただけのつむぎでしたが、4月スタートの2期放映ではコミックス版同様にヒロイン役(?)をつとめるはずなので今から楽しみです!

イメージ 5イメージ 6

〜白羽衣つむぎ(アウトローファクトリー・シドニアの騎士)〜

開く コメント(2)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事