ブログ〜鵜の目鷹の目,旅の目で

徒然なるままに、旅するようにゆったりと、時折鋭いまなざしで日常をとらえます

サービス終了につき ケータイ投稿記事

Yahoo!ブログは2019年3月31日をもってサービスを終了します。
今後はCANPANの『ブログ〜鵜の目鷹の目,旅の目で』http://blog.canpan.info/fumihouse/ にのみアップすることにします。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

 あなたにできること、
 あるいはできると夢見ていることがあれば、
 今すぐ始めなさい

文豪ゲーテは書き記している。きょうは2月26日火曜日。きょうは再び来ることがない。出来ることはきょうのうちに、きょう一日を全力で(でも無理せず)楽しもう。

(スイートピーも出来ることをやっている。爽やかに咲いて自らを楽します)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

出雲工業高校では、期末試験真っ盛り。生徒に話しかける。「調子はどう?」と。反応は二種類。「全然ダメです」と「完璧です」だ。

前者は2通りあるだろう。もとより良い点をとるつもりがなくて全く勉強していないケース。少し投げやりな笑いを含んでいる。もう一つは頑張ったんだけど答案が思うにまかせなかったケース。試験でそこそこの点がとれる時はできなかった問題が印象に強く残る。たいていは他でとれているから大丈夫。

後者は嘘だ。完璧などまずはない。復習の定期テストであっても、軒並み100点をとられたら出題者は困る。引っかけ問題をつくる。全てできた!と考えるのはあまりにノー天気。そもそも表情にイタズラ心を感じるので、嘘だと思う。

かつて何十年も前に連日のテストに悩まされた経験から、そんなことを考えて、今こうして楽しんでいる。明日は学校はテストの中休み。諸君よ、せいぜい頑張って良い点をとってくれたまえ。

(薔薇の花はいいねえ。実に陰翳が好ましい)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

他人をコケ(虚仮)にする言葉にはいくつかある。相手を侮る度合いが低い方から書く(あくまで私の感覚)。

【冷やかす】相手が恥ずかしがったり当惑する冗談。善意を多分に含む。
【おちゃらかす】不真面目に茶化すので、子供じみた感じ。
【おちょくる】茶化す度合いが高まり、ばかにした感じ。
【いじる】強者の立場から弱い者をもてあそび困らせる。面白半分で強い悪意はなくてもイジメに発展。
【からかう】冗談を言ったりいたずらして、相手を困らせ怒らせる。そして楽しむ。軽いいじりから暴圧的な非難まで振り幅が大きい。
【いじめる】虐める、苛めると漢字で書くとおり、相手をとげとげしく攻撃し、屈辱感に陥れ愚弄する。心身への暴力行為。

山口・周南の高校生自殺事件を検証した結果、当の教員が、「いじられてうれしい人もいる」という認識を示したという。いじられることの苦痛はどれほどのものがあろうか。当人の苦痛を想像すらできなかったとは教職失格である。自らイジリに参加するとは言語道断。イジリ転じて、イジメをクラスメイトに公認したバカ者だと思う。

悪意でからかわれたり、いじられた人間が示す反応は3つあろうかと思う。

1 猛然と反撃し相手を叩きのめす。もしくは強く反論し相手の不正を質す。
2 せせら笑って無視して受け流す。
3 なすすべなく、力なく笑って許容する。

1は力関係で上位にいる者でないとできない。2もよほどの自信の裏打ちが必要だ。力で劣り無視されないまでも関わりがあるだけまし、と考える者ならば3しかありえない。諦めた笑いを嬉しいと解釈する鈍感さ。教師公認のイジリにさらされた生徒に立つ瀬はない。かわいそうなことをしたものだ。

(クロッカスが咲いて嬉しい、美しく咲く春が来たと喜べるのは、気持ちの余裕がなせるわざ)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

漫画キングダムを読み進めている。春秋戦国の混迷の時代が秦によって統一されるという司馬遷が記した基本史実を踏まえてはいても、フィクションである。刀を一閃すれば兵士の首が5つも6つも飛び、鎧ごと胴体が断ち切られる。そんなことあるわけはないが、血沸き肉踊る思いで読んでいる。こんなキャプションがあった。

 優れた武将の要素の一つに“声”がある
 弁をふるって隊の士気を上げるためには
 その弁を乗せる“声”の力が重要である
 そして信の声は不思議とよく通った
 聞き手には信の情熱がひしひしと伝わっていた
  『キングダム(原泰久)第19巻〜千人将』

主人公は信。戦災孤児の身から武功をたて将軍となって秦国の若き王の政を助け、初の中国統一を成し遂げた。2200年以上も大昔の設定ではあるが、信の声が鳴り響くような気がする。

(春の七草・ナズナ。別名ぺんぺん草。信や政の時代にもそこら辺に生えていたのに違いない)

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事