MERIKANTO の「暮らしは楽し♪」

こんにちは♪ 札幌の洋服作家MERIKANTOです

ヴェルヌ全集


ようやく冬休み気分が抜けてきました。

12月2日の北海道新聞「日曜文芸」に掲載された短歌のご紹介です。





にっくきは某古書店の店主なりヴェルヌ全集「高いよ」とのみ


イメージ 1
        左側のはダブリ分          バービーねえさん、お行儀悪いわよ。

           


小学5年生のころ、家族でうなぎを食べに行った帰り、

「河童堂」という小さな本屋さんで

ジュール・ヴェルヌの「気球に乗って五週間」という本を買ってもらいました。

全24冊の全集のうちの1冊だったのですが、

それがとても面白くて、その後お年玉などで10冊くらいまで買って読んでいました。


私の中身はジュール・ヴェルヌと「暮しの手帖」でできているといっても過言ではありません。

時は流れて、

神田神保町で会社勤めをしていた私は、

某古書店で24冊揃ったヴェルヌ全集を発見。

「欲しい!」

しかし、ガラスケースに入っていて値札が見えない。

ここの店主は不愛想で、めちゃめちゃ感じ悪いのです。

何度不愉快な思いをさせられたことか。

意を決して「おいくらですか?」と尋ねると、

「高いよ」と言ったっきり、教えてくれない。

さも「あんたみたいな小娘に買える値段じゃないよ」と言わんばかり。

まあ、たしかに7万円くらい(のちに判明)だったので、

就職したてだった私には手が届きませんでしたが。

「くそ〜っ、いつか見返してやる」と思っているうちに

再び時は流れ、

便利な世の中になりました。

ぽちっとしたら1万円ちょっとで手に入れることができました。

(ただし24冊目が欠けてるの。単独で探すしかない)

某古書店はかなり前に店じまいし、

あの店主のその後もわかりません。

神保町の古書店も代替わりして、

もうあんな頑固オヤジはいなくなってしまったでしょうね。

今となっては懐かしい思い出です。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事