全体表示

[ リスト ]

今回は、「右舷」、「左舷」をどう読むかと言う問題です。
そもそものきっかけは私の書いたこの記事


に、kei**_ok*da_ltdさんが批判的なコメントをつけてくれた事に始まりました。
私としては、批判的コメントがつくことには全然気にしてないのですが、この記事を書くに当たっては、一応海上自衛隊に連絡した上で書いてアップしました。
しかし、kei**_ok*da_ltdさんは、私が「右舷」を「うげん」と呼び「左舷」を「さげん」と呼ぶことが非常識だと批判されました。
kei**_ok*da_ltdさんは絶対に「右舷」は「みぎげん」、「左舷」は「ひだりげん」と呼ぶと言うのでした。

そこで、再度、私は海上自衛隊海上幕僚監部広報に連絡したところ、海上自衛隊では「右舷」を「みぎげん」と呼び、「左舷」を「ひだりげん」と読む、との解答を得ました。
ついでだったので、海上自衛隊呉地方総監部広報に連絡し、いったいいつから「右舷」を「みぎげん」と呼び、「左舷」を「ひだりげん」と呼ぶようになったのかをお聞きしました。
それによると、旧大日本帝国海軍の伝統に則った呼称だと教えられました。

一般商船や海上保安庁は「右舷」を「うげん」、「左舷」を「さげん」と呼ぶことはすでに明らかですのでここでは問題にしません。

通常ですと、このあたりで、「はは〜そうでしたか。」となるのですが、私は変人です。
絶対的な証拠がない限り(文書での通達なり命令、しかも読み仮名付き)信用しません。
海上自衛隊でそう言われているからと言って本当に旧海軍がどう呼んでいたのかなど分かりません。

ところが、まあ、ふつう考えたら分かりますが、「右舷」だの「左舷」だのにいちいちルビを振っている本などないのです(笑)。
しかし、変人は諦めません。
膨大な出費と浪費の上についにルビを振った旧海軍の文書を発見しました。

イメージ 1


『入団準備 昭和兵事講義録 海軍専修科』全6冊 昭和兵事研究会発行

ちょっと怪しげな団体ですが、会長が現役の陸軍少将であり、監修が現役海軍少将であることから見て、書かれている内容に間違いはなかろうと思われます。
この書物は海軍に入隊するに当たっての予備知識や海軍に入ってからの生活や基礎知識を網羅的に説明している解説書です。
実に懇切丁寧というか、「ほら、海軍ってこんなにかっこいいんだよ?」みたいな感じです。
発行は昭和4年になってますので、太平洋戦争も間近に迫った頃の書籍なのです。

では、この6冊に書かれている「右舷」、「左舷」の項目を全てお見せいたします。

イメージ 2


これは、「海軍兵講義」の第4章「海軍兵の心得」の一部分です。
その36に
『職務を有せない者は濫りと艦橋に登ってはならず又艦橋右舷(うげん)階梯は副長以上でなくては昇降してはならない。』
と書かれています。
ルビを振っているのではっきりと読み取れると思います。
少なくとも「心得」では「うげん」と読むのです。
ついでに「心得」30では『便所以外で大便、小便をしてはならぬ。』とありますが、戦闘中はどうだったんでしょうね。

イメージ 3


次は「短艇講義」の第二章「短艇各部の名称及び付属具」(旧漢字を改めました)です。
ここには
『右舷(みぎげん) 艇首に向かって艇の右側(うそく)を云う。』
『左舷(ひだりげん) 艇首に向かって艇の左側(さそく)を云う。』
とあります。
ここには、はっきりと「みぎげん」、「ひだりげん」と書かれています。
しかし両方の読み方があると苦労します。

イメージ 4


次は、「艦船講義」の第五章「艦船の構造」です。
『(六)右舷(うげん) 艦首に向かって艦の右側を云う。』
『(七)左舷(さげん) 艦首に向かって艦の左側を云う。』
と書かれているのが読み取れると思います。
艦船の構造では「うげん」、「さげん」と呼ぶのです。
こう言うのは勉強になります。
次の『五、船体各部の概要』の九は知りませんでした。
『(九)防御網 魚雷を防ぐ金網』
使い方を知りたいです。

イメージ 5


次は第二巻なのですが、これが非常に難解です。
何が難解なのかというと、章立てが無茶苦茶なのです。
どこからどこまでが何を書いてあるのかがよく分かりません。
でも、「船匠兵講義」の中の一部をお見せします。
『胸帯(ブレストバンド)縁板の直下に於いて内側を圍繞(いきょう?)する細い木材である。尚ほ「カッターの番号を現わす為にこの胸帯に塗具が塗ってある。即ち第一「カッター」第三「カッター」は之を青色に、第二、第四「カッター」は赤色に塗ってある。凡て軍艦でもふつうの商船でも色別は右は青、左は赤と一定して居る。故に舷灯なども右舷(うげん)は青色で左舷(さげん)は赤色である。…』
となっています。
私にはちょっと理解しづらい用語がありましたので、漢字を変換できていません。
もしかしたら文字化けしますけどお許し下さい。
ここでは「うげん」、「さげん」と呼んでいます。
それにしてもこの文章、何だか網羅的ですごいんです。
こんな細かな事を書いているかと思えばこんな事も書いてます。
『共産主義、マルクス主義、社会主義が思想の根本を誤り現代人間生活を無視したものであって列国皆これを排斥し、殊に我国体と全く相容れぬものである事は既にこれを述べた。無智な農民達をそそのかして共産主義を実現した露国ですら、最近では漸次私有財産を認むるようになった次第で、おそらく近き将来において列国と大差なき経済組織となるであろう。』(現代仮名遣いに変更しました)
本当にそうなってしまったので、驚きを禁じ得ません(笑)。

イメージ 6


第三巻の「艦船講義」、第九章「嗚呼!四十三号潜水艦」の記述です。
この43号潜水艦は大正13年3月19日、定期演習中に軍艦見島と衝突し海底に着底した潜水艦です。
事故後、潜水艦内に生存者がいて、必死の救助作業が行われたのですが、努力のかいもなく全員死亡した大事故です。
衝突後7時間半ほど経過して、潜水艦との連絡がとれた所からの記述を一部お見せします。
『午後四時二十八分が最初になされた艦内からの応答であった。この時後部には小川機関大尉を初め十八名の人々がなお生存していたのである。「衝突したようですから、発令所に命を聞きましたが、何等の応答がありませんでしたから電動機を停止しました。機関室の者は衝突の音響を聞いて電動室に退去致しました。二次電池の爆発と思われる音を聞いたと思うと、急に暗くなって艦(ふね)が左に五十度位傾斜しました。水はどんどん浸入して来ます。出来るだけ早く引き揚げる手段を講じて下さい。機関室から水が漏って来ますから、之を防ぐ方法を頼みます。左舷(さげん)電動機が浸って居ります。」』(現代仮名遣いに変更しました)
小川大尉は「左舷(さげん)電動機が浸って居ります。」と連絡しています。
艦内の酸素が徐々に少なくなっていくのに海上からの救助方法がなく、ただただ連絡をとるのみでしかなかった『水上で聞いていた者は誰も皆泣いた。なお下からの報告を聞き取ろうと、涙を覚悟で受話器については見るが、苦しそうな様を耳にしては耐え難い哀れさ悲しさで「もう代わってくれ。もう代わってくれ。俺には聞くに堪えん」ちょっと受話器を耳にすると皆直ぐにこう言って交代を求めた。代わってもらうと大急ぎで顔をそむけて手放しで泣いた。これを泣かずにどうして居られよう。』
と言う状態だったのです。

イメージ 7


次は第六巻の「水兵講義」の一部です。
写真で見てもらうよりほかに無いのですが、ここに出ている漢字は文字コードにありません。
しかし
「右舷(みぎげん)に算えて…点(度)の方向を云う。」(現代仮名遣いにしました)
「左舷(ひだりげん)に算えて…点(度)の方向を云う。」(現代仮名遣いにしました)
とあります。
ここでは「みぎげん」、「ひだりげん」と呼んでます。

では、最後にとんでもない記述をお見せします。

イメージ 8


これも第六巻の「水兵講義」の一部です。
これをみて愕然とします。

「ロ、右舷(みぎげん)舷灯 緑灯一個にして艦橋付近の右舷(うげん)に掲ぐ。」(現代仮名遣いにしました)
「ハ、左舷(ひだりげん)舷灯 紅灯一個にして艦橋付近の左舷(さげん)に掲ぐ。」(現代仮名遣いにしました)
これでいいのか?と疑うような文章です。
一文の中で「みぎげん」と「うげん」、「ひだりげん」と「さげん」の両方を使ってます。

この書物を読む限りでは、「右舷」を「うげん」と呼ぶか「みぎげん」と呼ぶかは全く分かりません。
「左舷」も同じです。
要するにどちらでもいいと言うことではなかったのでしょうか?
騒音が激しいところでは「みぎげん」、「ひだりげん」と言い、静かなところでは「うげん」、「さげん」と言うのかなあ?と言うのが実感です。
でも、最後の写真はいったいどういう意味があるのか分かりません。

用語と言うのは実に難しいのでした。

この記事に

閉じる コメント(47)

素晴らしい研究結果を見せて頂きました。
とても勉強になりました。ありがとうございました。

2013/5/8(水) 午後 9:53 [ hispeedsunny ] 返信する

顔アイコン

とあるゲームで「ひだりげん」というのを聞いて不思議に思って検索したらここに来ました。
いや、こんなに厄介な言葉だとは思ってませんでしたが…
聞き間違いを防ぐ業界用語のようなものと理解することにしました。
しかし、文書で残ってるものなのですね〜ちょっと感動しました。

2013/7/21(日) 午前 10:18 [ yos*i_s*0 ] 返信する

顔アイコン

自分もとあるゲームで「ひだりげん」という言葉を聞き、ここへたどり着きました。多分同じゲームでしょう。

記事の内容にも驚きましたが、なによりも筆者の行動力に驚き、感動しました。雑学・豆知識は大好きですが、はたして自分もここまで行動していただろうか?そういう意味で、筆者に最大の敬意と感謝を! ありがとう! 削除

2013/7/28(日) 午後 1:28 [ fomnail ] 返信する

顔アイコン

非常に丁寧に調べられていてスッキリしました。
ありがとうございましたw

2013/7/29(月) 午後 4:24 [ - ] 返信する

顔アイコン

これ、抜粋と写真だけなので判然としませんが、もしかすると「みぎげん/ひだりげん」とるびを振ってある部分は、音声でこう聞こえたらこういう意味ですよ、という説明のタイトル部分だったりしませんか。
つまり水兵に命令する時の発声は「みぎげん/ひだりげん」として間違いを避けるということで、文字が読めるなら漢字が使えるのでどちらでも構わない、指揮官クラスの会話でも(学があるので?)どちらでも構わない、ということはあるかと思います。

船舶に限らず、作業現場で使われるようになった独特の読み方や言い回しって、他にもたくさんありそうですよね。

2013/9/22(日) 午後 0:29 [ ゆきぽぽ ] 返信する

顔アイコン

>ゆきぽぽさん。
この読み方の「みぎげん/うげん」、「ひだりげん/さげん」に何らかの法則性があるのではないか、あるいは、運用上の規則性があるのではないかと丹念に読み返したのですが、驚くことに全く無作為的にどちらかが使用されているので、どうやら、旧海軍の中でも両方が混在して使われていたと判断せざるを得ないと思います。
このような、混在の読みは、旧陸軍にもありますので、独特の言い回しは探せばたくさん出てくるのだろうと思います。
すでに旧軍関係者は存命の方が少なくなられましたので、今のうちに情報を収集しておかないと永遠に分からなくなりそうで寂しいです。

2013/9/22(日) 午後 1:41 [ fuminori62 ] 返信する

顔アイコン

自分は最近まで地上波で放映されてたアニメの「宇宙戦艦ヤマト2199」で
「みぎげん」「ひだりげん」って言ってるから艦艇公開の時に聞いてみたら、
そう呼称してるって教えてもらいました。
まあ陸海空かぎらず聞き間違えないってのは基本だからそうでしょうねえ。 削除

2013/12/11(水) 午後 9:06 [ チハ ] 返信する

顔アイコン

これは、あんまり難しく考えるようなことでなく
言葉が定着する前の業界用語(?)みたいなものではないでしょうか?
旧海軍発足当初は一般用語(一般常識)として
「うげん・さげん」って読み方を採用していたけど
その旧海軍の文書が作成された頃には
次第に聞き分けやすい「みぎげん・ひだりげん」って読み方が
旧海軍の中で自然と広まって定着し始めた過渡期であり、
どちらでも良いって程度だったと考えるのが自然だと思うのですが… 削除

2014/1/10(金) 午後 10:00 [ おけ ] 返信する

顔アイコン

>チハさん。
お返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
やはり「宇宙戦艦ヤマト2199」での右舷左舷の読み方の変更が大きかったのだろうと思います。
船に関わらない人も両方の読みがある事を理解できて良かったのだろうと思います。
どちらか一つだけに偏る事なく日本の文化という事で捉えていけばいいのではないかと思うようになりました。

2014/1/15(水) 午後 8:08 [ fuminori62 ] 返信する

顔アイコン

>おけさん。
コメントありがとうございました。
自称事情通みたいな人がどちらか一方を固執するという形にだけはして欲しくないので、両方の読みがあるのだという事を分かってもらえると幸いです。
この、どちらでもいいと言うおおらかさみたいなのが日本の良い所だと思うのですが、両方の読みが存在したのですから、それはそれで尊重してもよかろうと思うのです。
日本の文化の奥深さを知る良い手がかりだと思います。

2014/1/15(水) 午後 8:12 [ fuminori62 ] 返信する

顔アイコン

聞きなれない「ひだりげん」についてぐぐってwikiからたどり着きました。
一般的ではないが実務のために「聞き間違え」の少ない発音をさせる、というのは自衛隊に限らず組織のローカルルールとしてあって不思議のない物です。
自衛隊のローカルルール?を正式な物だと思い固執してしまう、そんな人がいるのも不思議ではないかなとw 削除

2014/8/27(水) 午後 0:11 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

>通りすがりさん。
ご訪問、ありがとうございました。
右舷・左舷は本当に奥が深いですね。
書いた当初、まさかこんなに反響があるとは思いもしませんでした。
それぞれの立場の人がそれぞれに読んでかまわないのだろうと思います。
日本の文化と言うことでくれぐれもケンカにならないようにお願いします(笑)。

2014/8/31(日) 午前 2:34 [ fuminori62 ] 返信する

顔アイコン

中々に面白い記事ですので最後まで拝読させて頂きましたが、
意見として書かせて頂きます。
先ず海上自衛隊総監部に態々問い合わせを行っているようですが、
文書での示しがなくとも、広報官の回答は令訓なり海軍からの
慣習なりの別はありますが、それらはすべて指令書並びに通達規則
起され、それに基づいて業務の一環として解凍してますから
、そこに疑いを差し挟む余地等ありません。

なので、海上自衛隊の方から直接回答を得たにもかかわらず
文書で示されないと信用できないなどとする貴方の言質は、
貴方が自信を変人と呼称するのとは別に、世にある現実や
常識に対してそれを認めようとせず、自分で正しいと
思う解釈や認識について盲信しているだけではないですか

しかもその盲信の自己正当化の具に全く関係のない一般商船や
海上保安庁での呼称を上げてますよね。

2015/1/8(木) 午後 10:16 [ ke*b**s_*iv ] 返信する

顔アイコン

続きます

船上に限らず、共通項のある部位の呼称であっても、
組織が変わればその組織ごとに状況や目的に応じ合理的かつ
適格な論拠に基づく最適な呼称があればそれぞれの呼称はあってしかるべきで、仮に海上保安庁が「さげん」、「うげん」なる
呼称を用いていても、それは海上保安庁での呼称であり、
海上自衛隊、若しくは旧海軍ににおいてどういう場合で
あってもその呼称が正当だという論拠にはなりえません。

事実貴方が示す資料にも「ひだりげん」、「みぎげん」
という呼称が出てきてますよね。

また職務組織において、通信や伝達時に伝文の伝達ミスや
発音ミスは許されず、故に不明瞭な発音や聞き取りにくい
語の読みは必要応じ判別しやすいような呼称にすることは
自衛隊に限らず組織内においては通常的に行われることです。

2015/1/8(木) 午後 10:17 [ ke*b**s_*iv ] 返信する

顔アイコン

貴方が示している資料も、あなた自身が書いているように
軍関係者が部外者に対する教養目的のような資料ですよね。
であれば平易的に使用される表現で示されるのも当然に
理解できますし、当然にその読みがでてくるのはその一部
だけのはずです。
そして本来軍内部で使用する船上の各部位を指し示す時の呼称
の部位説明の項ではちゃんと「ひだりげん」「みぎげん」
と表記してますよね。
何故こういう呼称になってるかは先の説明および他の方も
指摘してますのでこれ以上書きませんが、前述の理由が
ある以上どっちの呼称を使ってもよいなどという
いい加減な事はありませんのでその旨申し添えます。

2015/1/8(木) 午後 10:17 [ ke*b**s_*iv ] 返信する

顔アイコン

>ke*b**s_*jrさん。
貴重なコメントありがとうございました。
私も、海上自衛隊の広報の方が回答して下さった「みぎげん」、「ひだりげん」と言う呼称が正式であると言うことには異論はありません。
しかし、現実にはもうすでにこの世の人では亡くなられた旧海軍に所属された人たちからの聞き伝えで、やはり「うげん」、「さげん」と呼んでいた人がいたのも事実なのです。
その方々は初代の「宇宙戦艦ヤマト」が放映され、搭乗員が「うげん」、「さげん」と呼称していることに特に異論ははさみませんでした。
それが、たかがアニメだと思って鷹揚に接してくれたのか、それとも、勤務の中で「うげn」、「さげん」と呼称していたのかは今となっては聞き返すすべもありません。
私が少年期を過ごした今から40年ほど前の記憶を思い起こしても、やはり酒に酔った懐かしい人々が「うげん」、「さげん」と言っていたように思います。

2015/1/8(木) 午後 11:21 [ fuminori62 ] 返信する

顔アイコン

続きます。

戦争が終わって70年が経過して、残しておかなければ鳴らない記憶がどんどん風化していく事を止める手立ては少なくなっています。
それにも関わらず、「右舷」、「左舷」を旧海軍の人たちがどのように呼称していたのかを追求してくれる人がいて、真摯なご意見を伺うことが出来る事は本当にありがたいことです。この場をお借りして感謝いたします。

2015/1/8(木) 午後 11:37 [ fuminori62 ] 返信する

顔アイコン

自分の意見を絶対の真理と認めさせないと気がすまない自称知識人()臭い面倒な書き込みにすら懇切丁寧な受け答え
ブログ主の人のできっぷりにただ感心するばかり 削除

2015/1/14(水) 午後 10:28 [ とおりすがり ] 返信する

顔アイコン

> ke*b**s_*ivさん
ブログ主さんは証拠資料に基づく反論をしておられます。
なんら根拠となる資料を用意せず、ブログ主さんが提示した資料にただ乗りし、その資料を恣意的に解釈するのは如何なものでしょうか?
ましてや、議論となんら関わりにない人格への罵倒は見るに耐えません。
そうまでして自説に固執されるなら、「このルビ(うげん、さげん)はこういう意図で使ったに違いない。」と言った希望的観測では無く、ブログ主さん同様、根拠資料を提示されては如何でしょうか? 削除

2015/8/4(火) 午前 3:20 [ とおりすがり ] 返信する

顔アイコン

おそらくは戦闘時、発砲音や被弾による騒音下でも、発音やその数でわかりやすいようにしたものかと思われます。当時、伝声管という管を艦全体に張り巡らし、それに叫ぶことで伝えていたので(例外もあるかもしれませんが)。
おそらく、数字の数え方でも違いがあったと思います。
1、2、3、4、5…(ひと、ふた、さん、し、ご…)などがそうかと。

2017/7/4(火) 午後 3:52 [ yamato1996 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事