カーヴィング大好き!!!

コンクリートと水面を滑走してカーヴィングさせてます!
数週間前に三浦役場下が吹いた時、Angulo Triumph89Lが修理中だったので
ヒロシさんから2010 RRD Twin Wave90Lを借りて乗ると
以前乗った2009 JP TwinserWave 68,76,84のフィンで回る感覚ではなく、
シングルフィンのレイルが入ってターンする感覚に似ていたのには驚いた。
そこでヒロシさんから2010 RRD Twin Wave74L 82Lを御前崎で試乗してみたらと言ってくれた。
またこのボードに相性抜群と評判のMaui Ultra FinsのX-Twin 16.5cmも装着した。 


イメージ 1


そして迎えた12月8日御前崎ロングビーチに8時に到着。
西北西でインサイドは風が弱く、アウトは4.8㎡でジャスト〜アンダーコンディション。
数名が海上出ていた。

自分も4.8㎡にRRD Twin Wave 82Lをセットして出艇した。
海では野口プロが素晴らしいライディングの数々を披露していた。
波の取り方、攻め方すべてにおいてパーフェクトで海上で見ていて惚れ惚れした。
同じラインで野口プロをお手本に何度も練習しましたが
沖のココというところでアウトのジャイブがうまくいかないことで
セットのタイミングを外すことが多かったり
どこまで引っ張ってきて、どこでフロント側に切り返すか、またどこまで溜めるか
どこを狙うかの見定めができていないので、
最後のフィニッシュがしょぼいものになってしまう。
悪いとこだらけだった。

しかし後半、このRRD Twin Waveのターンの弧が頭の中にインプットされてきたことで
波に合う回数が増えてきた。

また何より嬉しかったことは、テイクオフしてからボトムに降りるまでの
波の傾斜角の変化に応じて、ボードを加重し続ける感覚を足裏で感じ取ることができたのです。
今まではただ波のフェイスを駆け下りるだけでしたが、これがわかったことで
ボトムに降りきった瞬間を足裏で感じ取ることができました。
ウエイブをやっている人からすると、何を今更という内容かも知れませんが
自分にとっては新しい発見でした。より足裏でこの感覚が読み取れることで
ボトムターンのタイミングをしっかり把握できて
失速を少なくしてボトムからトップへターンをつないでいける。
これが自分のターンの形として頭と体にインプットされればと思います。


ジャイブしている時は平水面なのでターン前のボード加重は簡単にできたので
その後の深くレイルを入れるのは容易だったのですが
波のボトムでそれができないのは何故なのか永遠の課題でした。
波のフェイスを降りる時、ボードの芯に乗ってボードに加重し続ける感覚、
ここにきてわかりかけてきたのもこのRRDが教えてくれたように思えます。

早くこの感覚を自分のものにしなければと年齢的に焦る毎日です。
もっともっと練習したいですね。














この記事に

開く コメント(0)

2016.4.29 利根大堰

今日は八王子の滝山という道の駅で野菜を買ったついでに、
少し足を伸ばして、利根大堰までドライブがてらに行ってみようという気持ちになった。
30年振りで懐かしさの一杯詰まったゲレンデです。
当時20代の中ごろ、まだサーファー艇にハイウインドセイルというセットしか持たず、
冬型の気圧配置が決まった日に初めて行って、
まったく乗れず悔しい思いをしたことが思い出されました。
行田市付近までの道は当時と変わらず懐かしさで一杯でした。
現地ゲレンデ付近はどこで乗っていいかまったくわからず、
迷ったあげくようやく対岸の群馬側のウインド車が駐車している所を見つけて
停めたのが15時半くらいでした。見覚えのあるクリーム色のハイエースが停まっていたので
中を覗くと柴犬がいたのでやはり長さんでした。
乗っている人は3.5でオーバーっぽかったので63Lに3.2張って出艇。
手前がアンダーなので30分乗って3.9に張り替え再出艇。
今度はガスティながら、全体的に楽しく走れるようになって小一時間ほど乗って終了。
帰りは川島から圏央道で茅ヶ崎まで一直線で帰ったら2時間で家に到着しました。
なんとも交通事情が良くなったものです。
帰って茅ヶ崎イーストチームと飲み会やって3時就寝。いい1日でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この記事に

開く コメント(2)

2016.4.17 材木座

久しぶりのブログ更新です。
今日はみんなと久しぶりに楽しく乗れた記念日ということで
重い腰を上げてアップしました(笑)

自分にとっては明日は久しぶりの日曜休み。
また1か月ぶりのウインドと南寄りの超強風が吹く予想だったので、
前日からkinoちゃん、ヒロシさん、山ちゃん、OJの仲間たちと明日は一緒にやろうと約束してました。
久しぶりのポートの材木座ということでのことで頭の中は前日からかなりテンパった状態でした(笑)

当日、中さんが作ってくれたおはぎで力をつけて6時すぎに家を出発。
ボードは材木座のポートオンショアコンディションと超強風を想定し、
久しぶりに乗り慣れたReal World Wave 63Lを前日セッティングして車に積んでおきました。

6時半過ぎに県営に到着し、海を見るとオヤジさん、M田さん、K村さんはすでに出艇中。
駐車場ではロボちゃんがセッティング中。
koikoi隊長といちさんは早朝から乗ってkoikoi隊長は用事があってすでに片付け中。
そのうち長さん、おかずさん、kinoちゃん、山ちゃん、Tanyちゃん、さっきーさんも登場。

その時点では風は4.5屬妊献礇好肇▲鵐澄爾櫃ったですが、
今日は必ず風は上がるのでQuatro Sphere 67LにFLY3.9屬鬟札奪謄ング。

出艇するとボードはジャスト〜アンダーでした。そのうちジャストになって走り出すも
どうもスラスターのSPHERE67Lの走りは、茅ヶ崎パークのサイドオン〜サイドで乗った時の
心地良い感覚からはほど遠く、少しフラストレーションが溜まり始めました(笑)

そこで用意してきたReal World Wave63Lシングルフィンにチェンジ。
風はアンダーながらも上りは取れるは!スピードは出るは!生き返った気分でした(笑)
ジャイブも慣れ親しんだシングルフィンのレイルを入れた時の足裏に感じるあの感触が蘇り(笑)
狂ったように走ってはレイルを入れてを繰り返しました〜
(中さん連続撮影)
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
最初は波も小さかったので、アウトに向かう時は波のバンクを狙って最高スピードで突っ込んで
幾度となく空中分解して楽しみました(笑)ウインドサーフィン最高です!

休憩時間には材木座の主、4父と久しぶりにご挨拶できたので
今日はここで安心して乗れそうな気がしました(笑)

そのうち風はさらに上がって最小のFLY3.2屬縫船Д鵐検
3.2 62Lで風速15メートル超えで失敗を恐れずに突っ込むジャイブは最高です(笑)
(いちさん撮影)
イメージ 1
そのあと、さらに風が上がって20メートルを超えると何もできずじまいでした。
この3.2屮ーバーコンディションは5年前にあったような。。。久しぶりに超過激なコンディションに
危険を感じてウエイティングしていたら更に風が上がって
エノハーがMAX30メートルオーバーになったのを確認して
本日のミッションは終了しました。
この海面が30メートル超えの誰もいない海です。
イメージ 5
ご一緒した皆様、今日は楽しかったですね〜!
またこんなコンディションの日はまたお誘いくださいね〜(笑)

今日は久しぶりに定点カメラを浜に立て撮影しました。
ポートフロントへのウエイブライディングは何度もやったんですが、
カメラアングルにはジャイブと空中分解ジャンプのみしか撮れてませんでした(笑)
しかしながら記念ですので、この度はアップロードしましたので御覧くださいね〜(笑)

この記事に

開く コメント(12)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事