この記事の一つ前の記事で書いたように、Yahooブログの12月末での閉鎖に伴い、新しいサイトにブログを移行しました。


そんなわけで、記事の更新も新しいブログで行ない始めました。このページでは、もう新たな記事の追加はしない予定です。


こんなつたないブログですが、もしよろしければ以下のURLへご訪問いただき、そのページを新たにブックマークしていただければ幸いです。









イメージ 1

 
 
よろしくお願いいたします。


charry





この「yahooブログ」が終了するということで、ようやく移行ツールの提供が開始されたようです。

しかし、この「Yahoo」側からのツールで移行できるブログサービスを検討してみたのですが …… そこに設定されている選択肢は選ばないこととし、「FC2ブログ」に移行することとしました。


まあ、こればかりは個人の感覚なので、特に理由はありません。


以下が、私の新しいブログのURLです。
もしよろしければ、登録していただければ嬉しいです。 (^^;




ただし、本日の夕方に申し込んだのですが、移行にはある程度の日数がかかるらしく、たぶん今週いっぱいぐらいの期間は、上のURLに行ってみても、記事は一つも無いだろうと思います。

また、私自身もまだ見ていないので、この「Yahooブログ」のテンプレートを意識して作成した過去の記事がどんな形となって表示されるかは、まったくわかりません (笑)。


まあ、そういうわけですので、移行作業の邪魔もしたくないので、1週間程度は記事の更新はありませんし、新しい記事は、当然ながら新しいURLに表示されます。いったん移行してしまえば、もうこのブログでは新しい記事の更新はできないはずですので。


まあ、そういうわけです。
約10年間のお付き合い、ありがとうございました。 m(_ _)m









母は、2017年10月から金沢市の老健に入所している。
父も、昨年の2018年7月末から金沢市に住んでいる。
しかし、住民票の移動は行なっていなかった。


ただ、いろいろと事情もあり、両親二人も輪島市門前町から転出して金沢市に転入することにしたので、本日、転出の手続きをするついでに、久々に門前町の実家に行ってきた。考えてみれば、父の入院期間を考えると1年以上も空き家状態となっている我が家だ。しかし、明日からは戸籍上も誰も住まない家となると思うと …… ちょっと、わが家がかわいそうになった。


さて、諸手続きに関する雑談を二つ。


① 輪島市役所門前総合支所の女性事務員

内容は書かない。書くとその方に迷惑がかかるかもしれない。しかし、市役所職員にもいろいろな人がいると思うが、久々に「機転が利く」というか「融通が利く」というか …… 小さなことなのだが、【 普通は市役所職員はそんなことは絶対しないだろう 】と思われることを、こちらからお願いしたらやってくれた。そのおかげで、金沢市への転入手続きにすぐに進むことができた。 感謝です。


② マイナンバーの住所変更届

下の用紙を見てください。

イメージ 1


「新しい性別」という変更項目には、今の時代の流れを感じるのだが、ちょっとびっくりしたのは「新しい生年月日」だ。

どういう理由で、生年月日が変わるのだろう?






本日は、5月31日。
『Godzilla King of the Monsters』の、公開初日です。
待ちわびていました。


上映時間を確認すると、私のアパートに近い映画館じゃ明日の早朝からの仕事に差し支える。しかし、職場の近くの映画館の上映時間は退社後に向かって間に合うかギリギリだ。どうするかと悩んだが、私には「翌日以降」の選択肢は無かったので、初めて行く職場近くのほうにした。


感想は …… 公開初日に書く記事なので、ネタバレを避けて、内容にはあまり触れないことにする。まあ、一言でいえば ……

良かった!!

ということになります。(^^♪
ゴジラファンの方なら、ぜひ、映画館へ行きましょう。





ただ ……
個人的には ……
最後の10分余りのシーンは、ちょっと不要だ。

それと ……
ああ、ダメだ。
やっぱりネタバレは書かないでおこう。




私の会社でのお話。


ある重要連絡事項があった。一応社員全員が業務を行なう上で知っておくべきことだ。まあ全員が知らなくても、予定時間がきてその事態が発生すればちょっとびっくりするだろうが、周りにいる知っている人から教えてもらえることではあるのだが。


「A」という職場の責任者は知らなかった。知らなかったので、その事態が発生した時に、周囲の部下にこのことを知っていたかと尋ねた。しかしその場にいた者もだれもがそのことを知らなかった。【こういうことはきちんと文書で通達されるべきなのに、そんな文書が出されないのはおかしい】と責任者は考えた。そこでその責任者は「B」にやってきた。その場にいた「B」の責任者やその他の者に尋ねた。そこでも誰からもそんな文書は見たことが無いと言われれば、文書が出されなかったことに対する「文句」をしかるべきところに言おうという剣幕だった。


そして …… 「B」でも、やはり誰からもそんな文書は知らないという答えが返ってきたので、さもありなんと得心した「A」の責任者は、さあ今から文句を言いに行こうとしていたので …… 私はその責任者に言った。「●●という文書の中に、そのことも書いてありましたよ」と。


会社全体の休日というものが存在せず、勤務形態が「日勤者」と「夜勤者」と「公休日だった人」が入り混じっている職種では、文書での連絡ということはわりと重要である。もちろん紙ではなくパソコンでも構わないが、全員が読むためには紙での連絡のほうが確実な場合が多い。そして、その文書は社員全員が目を通すべきもののひとつである。


しかし、今回の件に関しては、その時間帯に勤務していた「A」と「B」の二つの職場の合計10名を超える人たちの中で …… それを読んで文書の存在とその内容を記憶にとどめていた者は、責任者でもなく、正社員でもなく、ただのパートの60過ぎのオッサンだけだったということだ。


責任者からは「さすが、charryさんだ」と言われた。
一応、仕事に取り組む姿勢には、それなりの自負がある。
それを評価してくれている人もいる。
だから「さすが」と言われれば悪い気はしない。



しかし …… それでも言いたい。



おまえら、社員だろう !!
ちゃんと読めよ !!






介護施設では、看護師や介護士の夜勤というものがある。そういう人たちの雑談を耳にするときに彼女たちから「落ちる」という表現を時々聞くことがある。疲労がたまっている状態なのに貴重な仮眠時間で眠れなかった場合などに …… 例えば椅子に座っている姿勢の時に、横になっているわけでもないのに、突然 “ストン” と眠りに落ちてしまうということがあるらしい。


さて、私はこの2か月ほどの期間、不眠症に悩まされている。


普段の私は、仕事の勤務時間が朝の6時から午後2時半までとなっている関係から、夜の9時前には布団に入り、朝の3時くらいに起床するという生活パターンなのだが …… 布団に入る時間は変わらないのに眠りに入ることがなかなかできず、深夜の零時近くまで目覚めているとか、反対に、たまにいつも通りに眠ることができても、今度は零時過ぎに目が覚めてしまい、そこから一睡もできずに仕事に行かざるを得ないとか …… だから、たぶん …… この2か月ほどの平均睡眠時間は、おそらく4時間あるかないかのはずだ。


しかし、毎日3時間しか寝なかったというナポレオン(実際はそれは嘘だったらしいが)じゃあるまいし、そんな状態が続いて身体がもつはずがない。仕事中は常に体がだるいので、集中力なんてほとんど無いし、3年以上続けてきた仕事の基本中の基本的なことすら手順を間違えてしまうということがたびたび起こるようになってきた。


そして …… 仕事中はさすがにそういうことは無いのだが、休日に室内で過ごしているとき、本当に突然眠り込んでしまうということが起こるようになってきた。たとえば私はテレビはあまり見ないでパソコンを触っている時間が長いというのが休日の過ごし方なのだが …… ネットであるサイトを開いた時などに、体がだるいのでちょっとソファーの背もたれに身を持たせただけのはずが、気が付けば眠ってしまっていたということが起こるようになってきた。


そのため、最近ときどき思う。
ああ、これが「落ちる」ということなのだろうと。
本当に、瞬間的に眠りに入ってしまう。
横になるための数秒の余裕すら無い (笑)。


まあ …… 不眠症も立派な病気なので、あまり長く続くようなら病院のお世話にならなきゃならないとも思っているのだが …… 眠れない原因が何なのかと言えば、あることに思考がとらわれているからであり、そのことを考えなければ眠れるはずだと自分でははっきりわかっている(?)つもりなので …… たぶん大丈夫でしょう。 (^^;





お役所仕事


いろいろな手続きを行うためにもいずれは行なわなければならないと考えていた両親の住民票の移動だが …… 母親の「要介護」の度合いの変更により特別養護老人ホームの “順番待ち” が有利になる(それは同時に母の状態の悪化を意味してはいるのだが)ことが確実になったため、特別養護老人ホームの形態として存在する「広域型」以外に「地域密着型」への申し込みも可能とするためには絶対にやらなきゃならなくなったため …… 介護保険や健康保険等の切り替え時期の関係から5月末から6月初めにやろうと決めていた。 まあ、この件以外のことについても、何かの手続きを行うためだけに私が住んでいる金沢市から輪島市にいちいち行かなきゃならないのというのはやはり面倒だ。


さて、輪島市からの転出に関し、両親の「委任状」をあらかじめ準備する必要があるのだが、その委任状の様式をもらうためだけに輪島市に行くのも面倒だ。問い合わせたら金沢市の市役所でも貰えるという。そして念のためと金沢市役所にも確認の電話をしたら、これは当然そうだろうと思ったが、市役所の本庁でなくて「市民センター」でも大丈夫だという。


ということで、近くの市民センターに行ってきた。


しかし、特に地域にある市民センターって、何かの証明書を頂戴という用事で利用する市民がほとんどなんだろうから「白紙の委任状だけちょうだい」ということが少ないのか、実際にもらえるまで30分くらい要した。まあ早い話が、そんな用紙がどこにあるのかよくわからなかったらしい (笑)。


ただ、私の今回の記事の趣旨は、その待ち時間の長さを問題視しようということじゃない。最初に対応した男性職員があちこち調べて分からなくて別の女性職員に応援を頼み、結局二人であちこち探していたらしいのだが …… 全部で5人か6人だと思われるそのセンターの職員のうちの二人がそんなことに時間を取られるのは私以外の来庁者には迷惑なことでしかないだろうとは思うのだが …… 私には …… 実は、そのことが嬉しかったのだ。 記事のタイトルを「お役所仕事」としたわけだが、その二人の様子からは、それとは真逆の「なんとかお渡ししよう」という必死さが伝わってきたもので。 


まあ …… それがどこにあるのかわからないというのも市役所職員としてはいただけないことだろうから …… この私の記事の趣旨に賛同してくれる人はほとんどいないとは思うけどね (笑)。





ちなみに ……


その市民センターには以下の過去記事の思い出(?)があり、できればそういう事態の再現を期待したのだが …… さすがにそれは甘かった。






あまり長期の「更新無し」もあんまりなので、当たり障りの無い(?)体重のことでも書いておこうと思う (笑)。


ちなみに前回記事で『職場のことや両親のことやプライベートの問題でいろいろとあり …… 』と書いたのだが …… 両親の件については少し危惧したことは無事回避され、職場の件についても「予測された個人的変動」については、その事態の発生前に、ちょっと手を回して私の思うような方向にもっていくことに成功した (笑)  のだが、別のところで、私が思うところの「仕事に対する正しい考えの人物」が【 悪貨は良貨を駆逐する 】の例え通りに潰されたらしく、職場の質の悪化に対する個人的危機感はむしろ高まっているが、それはもちろん私にはどうにもできない。そして最後のプライベートの問題については …… たぶん「このまま」ということかな。


さて、体重変化です。


イメージ 1


昨年の10月31日の朝、かなり久々に体重計に乗ってみたら 84.1kg ということで再度(何回め?)のダイエットを決意して始めたのだが、グラフを見ての通りいったんは挫折しかけたが、思い直して再びチャレンジしている。第一目標の「75kg」までもうちょっと。

しかし、ここからがキツそう。(^^;




ブログ更新が滞っています。


やめたとか、興味が失せたということじゃないのですが、職場のことや両親のことやプライベートの問題でいろいろとあり、ちょっと書く気にならなくて放置しています。


よく訪問してくださっている常連の皆様、そういうわけですので、またそのうち書くと思いますのでよろしくお願いします。


というか …… 逆に言えば「今、書きたいこと」はいっぱいあるのだが、ブログで不特定多数の方に読んでいただけるようなことじゃないので書けないという感じです (笑)。




ネット囲碁。
お互いに「級位者」どうし。
私の黒番。


局面は、かなり終盤。
打つところもほとんど無い。
計算していないが、左辺を全部取り、たぶん私が優勢。
最後のヨセで、右辺でコウ争いが勃発。
コウを譲っても勝っている気がしたんだが ……


イメージ 1


左下のピンク色で示した白は死んでいる。
ただし、黄色で示した黒も1眼なので「攻めどり」。
それはわかっていたんだが ……
その「手数」の単純な計算を間違い ……
相手の「コウだて」を「無コウ」と思ってしまい ……
コウを解消して ……
終盤に大逆転を喫してしまった。


まるで、ここ半年くらいの井山5冠みたい。 (^^;





[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事