地球横一周サイクリング と 縦回り自由旅

2016年12月活動再開!今回はメキシコからサイクリングです。(更新はFacebook fumionbikeにて)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



ウブドでは毎晩いくつもの劇団が伝統芸能の定期公演を行っています。
全てを見るには何週間もかかるので、事前に評判を聞いて主要な公演を見ました。

後日行ったジャワの公演と比べても、バリの方がはるかに完成度が高く見ごたえがありました。

鉄琴のガムランや竹琴のジェゴグの演奏も同様です。

特に Semara Ratihの「Spirit of Bali」。
長期滞在されている方のお話を聞いて、コモド近海からレンボカン島に直行するのを変更して見に行きましたが、レベルの高いウブドの伝統公演の中でも最高の公演でした。

各踊り手の迫真の演技とガムランの完璧な演奏。
そこにあるのは真剣な「緊迫感」。
素人の僕が見ても他の劇団の数倍良かったです。

火曜日19:30から公演をしていますが、週毎に演目が違うそうです。
私感ですがこの劇団を見るためにもう一度ウブドに行ってもいいと思いました。

もしウブドに滞在されるなら、
予定を裂いてでも行かれる事をお勧めします!


    −−−−−−−−−−−−−−−−−−
   
いつも使っているカメラのフラッシュが使えないので、ダイビング用のカメラでも撮影しましたが、
未だ使いこなせなくてノイズの多い写真になりました。
見づらい写真が多いですがご了承下さい。<(__)>

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−



イメージ 2
今夜もウブドでは演舞が行われる。

イメージ 3
この日は Trena Jengharaによるケチャ。
数十人の半裸の男達が車座になり擬音を発しながら合唱する。

イメージ 4
この演目ではラーマ・ヤナの演舞も盛り込まれていた。

イメージ 5
少女二人のトランス・ダンス。過去にあった故事に基づく。

イメージ 6
僧侶が聖水をかけてトランスから少女達を目覚ます。

イメージ 7
舞台中央の篝火に燃料のココナツの殻が投げ込まれる。

イメージ 8
トランスに入った男が登場。篝火に飛び込む。

イメージ 9
そして蹴散らす。

イメージ 10
演目終了後も放心状態で一人置かれていた。

イメージ 11
別の劇団 Suara Purmana によるケチャ。

イメージ 12
ココナッツの火の玉が駆け回り、舞台は火の海になる。

イメージ 13
トランス中の一人の男が観客に花を差し出す。

イメージ 14
もう一人(実はカリスマ振付師)も観客席へ。

イメージ 15
舞台上に連れて行かれた男性客の席に座ってしまった。

イメージ 16
この演目でも最後に聖水でトランス中の二人を清めていた。

イメージ 17
チャロンナラン(バロン・ダンス)。

イメージ 18
聖獣バロン。強面でも正義の象徴である。

イメージ 19
対する悪の象徴の鬼女ランダ。この善悪の終わりのない戦いがチャロンナランの本来の主旨。

イメージ 20
必ず最後に男達が短剣(聖剣クリス)で自らを戒める。
「人は心の中の善と悪のバランスをとって生きていかなければならない」

イメージ 21
バリの伝統舞踊はとにかくカラフル。

イメージ 22
煌びやかな衣装の演者が次々登場する。

イメージ 23
こちらは「蝶」の舞。

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27
女装した男性。

イメージ 28
仮面の演者も。

イメージ 29
せりふを交えた演劇も。

イメージ 30
戦士の舞バリス。

イメージ 31
牛追いの舞の4頭の牛達。(左から2番目の娘がカワイイ)

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35
若手の演者が多い劇団だった。(特にバリスの演者が幼い事に驚いた)

イメージ 36
この劇団はJegog(竹琴)を使用。

イメージ 37
他にも大小様々なJegogで重厚な音を作る。

イメージ 38
バチも木製。

イメージ 39
トリは Semara Ratih の「Spirit of Bali」。

イメージ 40
花撒きの舞で開演。

イメージ 41
アノム氏のバリス。

イメージ 42
女性二人のレゴン・ダンス。

イメージ 43
仮面舞踊。(アノム氏?)

イメージ 44
BGMのガムラン。

イメージ 45
Eye Contactや手で合図をしたりして、息が合っているのが良く分かった。

イメージ 46
ガムラン・オーケストラの中心人物と思われる人。
バチであるトンカチをガムラン上を滑る様に叩いていた。

イメージ 47
アノム氏による「おじいさん・ダンス」。

イメージ 48
仮面が本物に見えるほどリアルな演舞だった。

イメージ 49
Semara Ratihは時々日本公演もしているそうなので、来日の際には是非。

イメージ 50
ウブドの定期公演一覧表。(2009年7月分) ほぼ毎月変動はないらしい。(オダラン除く)

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

写真でみるだけでもバリ舞踊の迫力が伝わってきます。現地でみたらさぞかし感慨があるでしょうね。傑作1票します。

2009/8/3(月) 午後 9:27 [ ERIC ] 返信する

顔アイコン

> ERICさん
傑作認定ありがとうございます。(写真がショボイのにスミマセン。^^;)

バリ舞踏。
全演目見てみたくなりました。(一ヶ月位はかかりますが。。)

高くてもRs100000(1000円)。当日券も買えるというのも良かったです。

ただし自由席なので、良い席は早い者勝ちです。

2009/8/4(火) 午前 8:02 [ fumionbike ] 返信する

やはり夜に見るのがいいですよね!
劇団が多くてどれを見て良いか分かりませんでした
それに初バリだったため、ツアーで鑑賞したんです
今度は自分で手配して沢山見てみたいです♪

2009/8/4(火) 午後 11:23 Tio 返信する

顔アイコン

> Tioさん

そうそう!
観光局でも本音は聞けませんでしたしw

いろんな種類の演目を見たかったので、
一度見た演目はなるべく見ない様にしました。

自分で手配。
どっかに今年のクチコミ情報とかあったらいいですよね!
(在住者の方とかの。探せばあるのかな?)

2009/8/5(水) 午後 6:27 [ fumionbike ] 返信する

顔アイコン

「バリの伝統舞踏」にウブドの定期公演一覧表画像を追加でUPしました。
ウブド滞在予定の方、ご参考にどうぞ!

2009/8/8(土) 午前 0:42 [ fumionbike ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事