いちさんのブログ

ラジコンの話題がきっと多い、爽やかメモ♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2019年MAPタミチャレ&J-Oval League Rd1に参加しました。MAPとはkimihiko-yano.jpが運営する南足柄プロジェクトです。詳細は、https://www.facebook.com/kanagawa.maphttp://www.kimihiko-yano.jp/race-sched.htm などをご覧下さい。私が参加したのはタミチャレのGTクラスです。

タミチャレとJ-Ovalはコースレイアウトが全く違うので、スケジュールに従いフェンスを何度も組み替えるのですが、良くできたフェンスと皆様の協力と手際の良さであっという間にレイアウト変更されます。日本では他にないサーキットと思います。

オーバルコースのラジコンレースを初めて観ました。過激なレースで、マシンは市販ラジコンパーツの流用もあり自作部品もあり自由度が高くてマシンを製作するだけですごく面白そうです。

今回のレースの詳細はkimihiko-yano.jpのレポートhttp://kimihiko-yano.jp/blog/archives/26999をご覧下さい。

イメージ 2
今回のタミチャレ用コース。練習日はEPS-Jと同じレイアウトでしたが、レース当日はEPS-Jとは少し変えて、さらに周回方向は逆周り(時計周り)でした。

さてワタクシのレースの話。実はタミチャレマシンを持っておらず、マシン(タミヤTA07)もプロポ(KO)もバッテリーもクリさんから当日にお借りしました。タイヤと充電器だけは準備しました。レンタルタミチャレマシンでの走行は3回目。今回は借りたマシンを無駄にしないように、私としては気合を入れて、珍しくレース前日の練習日に走りましたw

練習日、走り始めるもなんだか不安定でフラフラ タミチャレマシンの経験が浅いのでこんな感じだったかな?と思いつつ走る。ベストのラップタイムは速い方々の約0.3秒遅れでそう遅くはなさそうなのでとにかく走る。フラフラ走りを見かねたクリさんから「速い人は舵角設定を抑えている」という情報をいただく。私は舵角設定は常に最大でお手手で舵角を抑えるタイプなのですが、あまりにフラフラなので素直に取り入れるとやや良くなった。その後リヤキャンバーを寝かせたら効果があることを確認したがまだまだ不十分。練習日はオシマイ。
レース当日、練習時間にさらにリヤキャンバーを寝かせたところやや良くなる。とりあえずそれで予選に臨む。
予選1回目、フラフラは続くがどうにかまとめて12位。次の練習時間でフロントキャンバーをやや立ててみるとやや良くなる。
予選2回目、タイムは上がるが順位は落ちて14位。決勝は9名で走るBメイン6位スタート。Cメインも含めてタイムの上位2名がAメインに入るルールなのでそれを目指す。次の練習時間でフロントキャンバーをさらに立て、リヤのスタビを弱め、ウイングをやや大きくするとフラフラ感がかなり弱まる。すなわちとにかくアンダー方向に振ると今回で一番良さげでそれで決勝に臨むことにした。スプリングも試したかったけど時間切れで、レンタルマシンなので他のスプリングがあったのかどうか知らないw  タミチャレマシンのセッティングがこんなに繊細だと分かったのは今回の大収穫でした。
決勝Bメイン、6位スタートから直後の混乱を抜けて3位に上がる。レース後半は2位を走るマシンにプレッシャーをかけ続けてゴール数周前に抜いて2位でゴールしAメインに入れました Aメインに向けて準備したバッテリーが無駄にならなかった
決勝Aメイン、10位スタートから混乱を抜けて一瞬5位に上がるもその後順位を落としたが、レース中盤に6位に上がりそのままキープして6位でゴール このメンバーで6位に入れて良いレースでありました。クリさん、矢野さんそして皆様ありがとー

イメージ 3
タミチャレGTクラスAメイン結果

イメージ 1
練習中のドライバー。矢野店長もいます

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事