ここから本文です
毎天開心
台湾ドラマが心の癒し

書庫全体表示

以前からあるポータルサイトにわたしの記事が自動的にリンクされていますが、こちらは一切無関係です。ただの素人ファンのブログなので止めてほしいです。そのためある程度行をあけて始めています。






 こんばんは~

 1年近く検討していてなかなか入るきっかけのなかったネトフリですが、この映画が見られると聞き、ついに契約を決行(その代わり契約月にCSは解除する方向)

 やっぱり見てよかったです

 「彩虹映画」と見えるかもしれませんが、わたしはこの映画はやはり台湾らしくもっともっと大きなスケールで「人間愛」について描かれている映画だと思いました。

 1か月は無料お試しできますので、ぜひみなさんご覧ください

イメージ 1

謝盈萱勇奪本屆金馬影后作品!【誰先愛上他的】HD高畫質中文電影預告


Wiki
FB
GQ記事
フォーカス台湾(日本語記事)
(この記事よりあらすじを少し抜粋)

多くのみなさんに見ていただきたいので、なるべくネタバレなしで書きたいですが、最低限のネタバレを含みますのでイヤな方は読まないでください

新聞記事も映画予告も「同作は、夫の死をきっかけに、保険金の受取人をめぐって妻と子供、夫の同性愛の恋人の間で繰り広げられる人間模様をコメディータッチで描いた作品。(上記フォーカス台湾記事より)」とされているので、そのつもりで見ていたのですが…

違うやん

最初こそ、保険金の行方をめぐり、正妻と小王(男の愛人)とのバトル。
そこに母親と反りの合わない思春期の子供が 小王 のところに転がり込むことになり…

そんな展開なのかと思いきや…

きっかけこそ、「保険金」だったものの…

映画を見ていて感じたのは 正妻(実は正妻でもなかった) 劉三蓮 の築いてきた守るべき 愛 = 夫 宋正遠 、息子 宋呈希 との一見穏やかな家庭

息子 宋呈希 の父や母やの愛

そして、 小王 高裕傑 の 宋正遠 への愛

さらに、亡くなってしまった 宋正遠 の求める愛

主たる登場人物それぞれの愛が これでもか と苦しいほどに突き付けられ…
(その中に笑いが織り込まれているのがまたまた台湾らしい。だが、これをコメディータッチというのか❓というとそうではないように思えるのですが…とにかく「お涙頂戴」だけに陥らず、あくまでも「他人事」でなく「リアル」な感じが笑いの部分から感じられ、台湾らしい カラッ としたものを感じさせてくれたことは確かです…)

それぞれの立場でのそれぞれの苦悩は結局…

それぞれに過去にさかのぼって 宋正遠 との愛の部分が描かれることにより、明かされていくのだけど…

結局は

 バリ島の風鈴

に集約され…(この集約され具合がまた絶妙だった…

 劉三蓮 は 保険金 に決着をつけ、これからの息子との生活に 愛 を見出し…

 小王 は 保険金 に加え、疎遠だった母親との愛を取り戻すのにも 劉三蓮 に世話になり…
 
 父親の愛 を見届けた思春期の 息子 宋呈希 は自分の中に区切りをつけることができ、母親との生活に戻っていき…

最初、主題歌を聞いてどうしてこの歌なの❓と思っていたこの歌の意味の大きさに さすが としか思えませんでした…
今では耳にこびりついて離れない…

峇里島- 電影【誰先愛上他的】主題曲


台湾映画らしく、脇の方々の演技も秀逸でよかったです~

ツイ友さんもおっしゃっていましたが、今見ているドラマ「必勝大丈夫」に出ている
 楊麗音さん と 梁正群さん が全然違う雰囲気でよかったです
それと、小劇場の団員にアンジーさんの娘さんと「年下のオトコ」の美術担当「喵喵」を発見
ブルースも出てたようだけど…❓
これからの活躍を期待したいです

金鐘奨の主演女優賞をとった 謝盈萱さん(「種菜女神」「恋の始まり夢の終わり」にもご出演)はもちろん安定の素晴らしさなんですが…

わたしがいちばん「すごい」と思ったのは 邱澤くん の演技
 宋正遠 を愛するまなざしの深さが半端ない…泣
目での演技が本当にすごいと思いました
偶像劇出身者あるあるなんだけど、「笑い」と「マジ」の切り替えもすごいし、裸もOKだし…というか、何でもありがOKなのは本当に偶像劇出身者の強みだと思っています。そこに演技力がプラスされ、もう言うことなし

特に…13年前との演じ分けはすごすぎて…
関係ができてからの 目 でなくて、 宋正遠 をあこがれのまなざしで見つめる20代前半の初々しい感じが…
ご本人のチャラ男時代(失礼)にもどったかのような初々しさで タイムトラベル でもしたんじゃないかレベルですごかったです(全力でほめてます)

イメージ 2

最後に…
ネトフリの環境ですが…
字幕は中文については台湾映画なのに 簡体字 しかなく、かなり不満…
日本語字幕との切り替えはスムーズで ❓ だと、すぐ切り替えて確認できるのは中文学習者のわたしにはかなりうれしい(英語ドラマも期待できそう)

あまりいい評判を聞かなかった日本語字幕のクオリティについてですが…
中文からの省略はある程度仕方ないとは思いましたが…
(ただし、やっぱりかなりの省略なので余韻を楽しむのにできる限り中文で見ることを決意
掛け合いの部分など、同じ 句 を言い換えての 正妻(小三ともいえる)VS小王 の応酬が日本語では別物になっていたり…とかは字幕作成者のセンスとして残念だったな~と思います

せっかくなので、しばらくはネトフリの台湾ドラマ&映画を堪能したいです

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事