ここから本文です
やお地域活動応援ブログ
ブログが新しくなりました!

亀井小学校農業体験

竹渕出張所、コミスタのはまやんです。
昨年に引き続き、亀井小学校の農業体験に参加して来ました。
まず、6月13日に天気が心配されましたが、5年生のみんなが、田んぼの代掻きを行いました。
代掻きは、みんなで足で田んぼの土を踏むことによって、肥料をまぜ、中の石などを取り除き、表面を平らにして、水漏れも防止でき、田植えの前に行うものです。





イメージ 1


最初に地域の方の説明を聞いて、恐る恐る田んぼに入る準備をしました。





イメージ 2

すぐに慣れてきて、みんな歓声をあげながら裸足で田んぼを踏みしめていました。
みんなのがんばりによって、1時間ほどの作業の後、バケツにはたくさんの石が集まり、田んぼは、平らになっていました。
協力して頂いた、地域の方々、お疲れ様でした。


そして、次の日、6月14日は、昨日に続いて田植えに参加しました。
イメージ 3

昨日の頑張りで、田んぼは、見違えるほど平らになっていました。
まっすぐに等間隔に苗を植える為に、ロープを張り、いよいよ田植えのスタートです。





イメージ 4       
みんな、横一列に並んで、真剣に1本1本植え始めました。

                  





イメージ 5

本当に貴重な体験をしたと思います。
これから10月の収穫まで、大変ですが、みんながんばって、おいしいお米を作りましょう。
こんにちは曙川出張所のいのきです
6月12日(水)、刑部小学校ふれあいルームで行われた
「刑部すみれの会 給食サービス」に参加させてもらいました
特定月を除いたほぼ毎月の第2水曜日に開催されているこの給食サービスでは、
地域の高齢者の方を対象に、皆さんで昼食を楽しんだり出し物を楽しんだりする会です
イメージ 2

皆さんと一緒にお弁当を頂いたのですが、お弁当とっても美味しかったです
種類豊富で、栄養満点
皆さんも、おいしそうに楽しそうに召し上がっていらっしゃいました


この日は昼食を楽しんだ後、曙川出張所の保健師より「骨折り損にならないために」というテーマでお話がありました。健康で元気に暮らすためには、骨が大事ということで、普段の生活の中で気をつけることや、簡単な筋肉トレーニングの方法などを教えてもらいました。

イメージ 1
為になるお話がたくさん
皆さん真剣に聞いていらっしゃいます
骨と食事についての話もあり、ちょっとした工夫で、健康な骨をつくることができるみたいですよバランスよく栄養を摂りましょう
生活のリズムを整えた、
1日3食の食事が大事です

いつまでも元気でいるためには、食事の内容はもちろんですが、「会食の機会をもつことも大事」だそうです誰かと一緒に食べる食事は、よりおいしく感じますよね
「給食サービス」では、みんなで楽しく栄養バランスのとれた食事をいただけるので、健康で元気でいるのにバッチリな会ですね
竹渕コミセン コミスタのはまやんです。
6月2日(日)に亀井小学校で「地域フェスタIN亀井小学校区」が開催されました。

「地域フェスタIN亀井小学校区」は、地域の絆や防災意識の向上を目的としているイベントで、「子どもたちの笑顔があふれ、健やかに育つまちにしよう」「世代間交流ができる地域活動が活発なまちにしよう!」をスローガンのもと亀井小学校区まちづくり協議会が中心となって毎年開催されています。
当日は、曇り空で気温も涼しく天候に恵まれ開会式が始まる前から小さいお子さんからご高齢の方まで幅広い世代の方が沢山来場されました

子ども向けのゲームや福祉体験等の各ブースの他に、焼きそばや唐揚げ、ポテトフライ、災害時用非常食アルファ化米の試食等の模擬店も用意され、舞台上ではマジックショーやキッズダンス、フラダンス、紙相撲、亀井小学校の教員によるバンド演奏など様々な催しが行われました


イメージ 1イメージ 2  
焼きそばや唐揚げ等の模擬店       キッズダンス

  

イメージ 3  イメージ 4
    マジックショー         紙相撲

イメージ 8  イメージ 6
    フラダンス           フラダンス
イメージ 7
    バンド演奏
また、こども向けに各ブースをまわるスタンプラリーを開催し、こども達が楽しめるような工夫がなされていました。
竹渕出張所からは、お箸の持ち方の食育の一環として、制限時間内に豆をいくつ運べられるかという「豆はこびゲーム」をしました。
結果に一喜一憂する子ども達の表情が何とも言えませんでした

イメージ 5
     豆はこび


例年、親子連れの参加者が大変多く、今回も会場では子ども達の楽しそうな声が響き渡りました。スローガンにもあるとおり子ども達の笑顔があふれ、大成功のもと閉会を迎えました。
それも開催までの入念な準備や当日早朝からの実行委員会の方々をはじめとする地域の方のご尽力があってのことだと思います。
運営に携わった関係者のみなさん大変お疲れ様でした。
 
この日は亀井小学校区の地域の絆がより一層深まったそんな一日になったととても感じました。
南高安地区コミスタの「あっきー」です。

 イメージ 2イメージ 1









 令和元年6月2日(日)8時から、神宮寺4丁目にある南高安ふれあい果樹園で収穫作業が行われました。
 南高安小学校区まちづくり協議会と南高安地区世代間交流実行委員会が主催です。
 今回は、昨年度の参加者が3月に植付けしたジャガイモの収穫です。また、あわせてウメの収穫も行います。

イメージ 3イメージ 4









畑の畝が固かったことから、掘る作業も大変です。茎の部分だけ抜いてもジャガイモはついてきません。まずは、お父さんたちがスコップでジャガイモの畝を掘り起こします。そしてお母さんや子どもたちが、土の中から次々とジャガイモを探し出していました。

イメージ 5イメージ 6









ジャガイモが終わると次はウメの収穫です。今年は、収穫時期を少し早めたことから、実も落ちず、きれいなウメがたくさん残っていました。

イメージ 7イメージ 8









収穫したジャガイモとウメは、参加した家族で分けていきます。ジャガイモは参加してくれた全世帯に、ウメは希望世帯に次々配られていきました。

イメージ 9 イメージ 10









 今年も無事に収穫を終えることができました。これだけの量を収穫できたのは、畑の様子を気にかけて、手入れをしてくださった農業指導員さんや役員さんたちのおかげです。今後の作業は、水やりや草抜きなどをして、11月にはさつまいもの収穫作業が行われます。
 参加されたご家族の皆さん、役員の皆さん、本当にお疲れさまでした。
「やがな」です。
第3回目の「はなはなマーケット」(5/26開催)を報告します。

天気に恵まれ過ぎの「晴れ過ぎ・暑過ぎ」のもと、
今回も、たくさんの方々の来場で、

イメージ 3
イメージ 2
イメージ 1

約40のお店では、うまいもんあり、ワークショップありで、
ステージでは、JAZZあり、ロックあり、よさこいあり、太鼓ありで
(写真ではわかりにくいですが)会場は、活気ムンムン大いににぎわっていました。

イメージ 4

来場者・出店者・お手伝いの皆様のおかげで、
楽しく・豊かな交流の場になったと思います。
では、次回の「はなはなマーケット」にご期待を。

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事