ここから本文です
やお地域活動応援ブログ
ブログが新しくなりました!
 皆様こんにちは、寒い日が続いておりますが、風邪を引くなど体調を悪くされていませんか?寒いときは無理をしないで、ゆったりと過ごすようにしたいものですね。

 さて、今回は高安西地区において平成30年1月14日に開催されましたふれあい喫茶によっしーと共に参加させて頂きましたので、ご紹介させていただきます。

 高安西地区のふれあい喫茶はこだわりの喫茶という事は地域の方には既によく知られているところですが、今回は新年初めてのふれあい喫茶なので、どんな趣向が凝らされているのか楽しみです

イメージ 1イメージ 2
早速地区集会所に着きますと、いつものように暖かく迎えてくれましたよ




いつもと比べて今回の喫茶は・・・
イメージ 3
沢山の方にご参加いただけました〜パチパチ

皆さんとても楽しそうに歓談されていました。





さて、今回の喫茶では、いつもより豪華仕様という事で・・・

イメージ 4

なんと、ぜんざい付
でございます。

これで100円とは〜




しかも、
イメージ 5

お餅は白仕様でした

お味も上品で、おいしく頂きました〜





あまりのおいしさに、つい食べ過ぎてしまい・・・
イメージ 6

←Before
イメージ 7

         After→






 明日から少し忍耐の日々を過ごす必要があるかもしれませんね

 寒い中にも関わらず、沢山の方にご利用頂くなど、すっかり地域になくてはならない存在となっているようです。これからもぜひ地域の方の憩いの場としてあり続けて頂けたらなぁと思いました

 さて、最後になりますが、来週の21日は高安西地区恒例の高安山寒中登山となりました。晴天に恵まれて、良い思い出ができますように〜

それでは、失礼いたします

この記事に

こんにちわ
八尾小学校区コミスタのキムニーえりんぎです
1月14日(日)に育成協議会主催のもと、第1地区、第3地区でお餅つきがおこなわれました。
当日は晴れ少し寒い日でしたが、地域の方々が朝早くから集まり、準備を
おこなっていました。役員の皆さんいつもありがとうございます。

【第1地区】
イメージ 1イメージ 2イメージ 3







【第3地区】
イメージ 4イメージ 5イメージ 6







男性の方は、主につき役で、女性の方はお餅をまるめる役割を
それぞれ担っていました

イメージ 7イメージ 8イメージ 9







こども達もそれぞれ、大人に手伝ってもらいながら、重たい杵をもって
餅つきをおこないます。幼児から小学生まで、順番交替で一生懸命ついていました


イメージ 10イメージ 11イメージ 12








ついた後は、みんなでつきたてのお餅を食べます
きなこ、あんこ、お醤油,おろし大根・・・いろいろな味を用意してくれています

イメージ 13イメージ 14イメージ 18







1月という寒い時期ですが、みんなで集まってお餅つきで汗をかいたり、
ストーブの周りに集まって暖かいお餅を食べたりと、心温まるひと時でした
このおもちつきは、世代間交流などを目的としているそうです
このような楽しいイベントを介して、地域のいろいろな人たちの絆が深まるのは
とっても素敵なことだと思いました
 これからも継続してもらって、地域の文化を子ども達に受け継いでいってもらえれば良いなと感じました。

 役員の皆さん朝早くから準備していただいたり、前日からもち米の準備やらお疲れ様でした。
イメージ 15
 
        イメージ 17  イメージ 16


この記事に

 こんにちは。龍華コミスタM美です。
 平成30年1月12日(金)安中老人福祉センターにて、安中地区高齢クラブ連合会主催の恒例行事、「世代間交流もちつき大会」が行われました
 安中幼稚園の園児がもちつきを通して伝統行事を体験し、地域の高齢者と交流を深める機会となっています

イメージ 1 イメージ 6
 当日は水たまりも凍るほどの寒さでしたが、朝早くから高齢クラブを中心とした皆さんが、園児を迎える準備をされていました。

イメージ 2 イメージ 3
 園児も一人ずつ、子ども用の杵を持ち、ペッタンペッタン!
 ヨイショ!ヨイショ!の掛け声に大人の顔もほころびます

イメージ 4 イメージ 5
 もちつきの合間には、人形劇と紙芝居で楽しみます。いい笑顔でした。

イメージ 7 
 「臼」「杵」など、道具の名前を覚えた園児は、もち米からお餅になる過程を興味深く見ていました。
 
 ずっと笑顔の絶えない園児とそれを見守る地域の方とのつながりを感じた時間でした


この記事に

平成29年10月からスタートした
山本コミセン階段の小学生等の絵画展示を
リニューアルしました

イメージ 1

平成30年1月から3月上旬までは、
北山本小学校、
上之島小学校、
山本小学校、
府立特別支援学校

児童さんたちの絵画の展示をしています




絵画の周りや階段の飾りは、
地域の方が折ってくださった折り紙

日本の伝統文化ORIGAMI
今回ご提供いただいた作品はどれも芸術的で素敵です。

今回の展示の裏テーマは
「和の1月から3月」
戌年、お正月、節分、バレンタイン、ひな祭り、春の若葉、、、
階段を上がるごとに
季節もすすみますのでそんな視点でもお楽しみください

ぜひ、児童さんたちの作品とともに
飾りもじっくり見に来てくださいね

山本出張所 あむちゃんでした

【展示の一部をご紹介】
イメージ 2












イメージ 3












イメージ 4













イメージ 5イメージ 6














イメージ 7
とってもかわいらしい
お雛様。

さて、何組飾ってるでしょう








イメージ 8

妹背山。

夫婦の絆を表す
一枚のおりがみでおられた
一対の鶴。






イメージ 9

保健師の啓発コーナー

「健康くじ」は
展示がかわるごとに内容も
かわりますよ!






イメージ 10
イメージ 11















まち協紹介コーナー

この記事に

平成29年12月21日(木)
山本コミセン3階で、保健センターによる
出張健診がんプラス結果説明会が実施されました。

結果説明会の実施にあたり、
山本地区でのテーマ
「ひとりひとりを大切に 丁寧によりそう」
「地域の健康に関する活動につなげる。活動をもりあげる。」
とさせていただきました。

そのため、今回山本で実施した結果説明会は
特に3つの特徴を持たせることができました。

特徴 健診結果を「J-HARP」に基づいた説明によりおひとりおひとりに丁寧に返却しました。「J-HARP」とは、大阪大学医学系研究科公衆衛生学教室が研究している「自治体における生活習慣病重症化予防のための受療行動促進モデルによる保健指導プログラムの効果検証に関する研究」のことで、検診結果を複合的に考察し、受診者が健診結果を次の行動につなぐことを目的とした説明方法です
「J-HARP」に基づく健診結果の返却は、八尾市内で初めて実施されました。

受診者からは「こんなに丁寧に説明してもらえるとは思わなかった」
      「放置していた持病について向き合う気持ちになった」
など、好評でした。

また、説明にあたった保健センター保健師、栄養士からは、
「受診結果をこんなに深く読み取ったことははじめてて、とても勉強になった」
「気になる結果の方に対してはもっと説明したいと思うようになった」
など、「J-HARP」を研究することでスキルがあがったように思われました。

イメージ 1










特徴 山本小学校区まちづくり協議会のご協力により
「医師による相談コーナー」を設け、検診結果や日ごろの健康についての
相談を充実させることができました。

保健師や栄養士に丁寧に健診結果を返してもらえましたが
医師にも相談したい方に大変喜ばれました。

10名の方が、検診結果や日ごろ気になることについて相談を受けられました。

相談を受けた方からは
「なかなか医者に聞きにくいことも、この機会に気兼ねなく聞けてよかった。」
「健診結果のよくなかった部分についてさらに詳しく聞けてよかった。」
など喜んでいただきました。

山本小学校区まちづくり協議会さん、お越しいただいた院長先生、
ご協力ありがとうござました。

イメージ 2イメージ 3











特徴
 地域の健康づくりサークルさんのご協力をいただき
「ノルディックウォーク体験コーナー」「河内音頭健康体操体験コーナー」を設け
ました。

健診を受けられ、結果説明を聞きに来られた方は、
健康づくりの意識が高まっていらっしゃいます。
そうした方に地域の健康づくり活動を紹介し、つないでいくために
実施しました。

コーナーに来ていただいた方のうち、
ノルディックウィークに1名、
河内音頭健康体操に2名、
元気いきいき体操に1名が
実際の地域での活動に見学に行きたいと申し出
がありましたステキ

こうしたコーナーを設けることで、
シルバーリーダー養成研修を卒業した地域の方や
健康づくり活動をされている方にご活躍いただけます
一石二鳥だなぁと感じます

今回、ノルディックウォークサークルさん、
元気いきいき体操さんの
紹介ビデオも作製しました。

紹介ビデオ作成の際、
サークルのメンバーの方が
自分たちの活動の価値を
再認識されたようでとてもよかったです。

おひとりの男性のインタビューが印象的でした

「以前は笑顔が苦手で笑えなかった。
健康づくりが大切と思いこのサークルに参加したが
周りの方はとても素敵に笑顔をされていて、
自然と自分も笑顔ができるようになった。
これが一番大切なことだと思った。」


スバラシイですね

こうした地域の健康づくりの団体とのコラボレーションが
できたのも、山本出張所保健師のひっとん
日ごろから
きめ細やかに団体さんの活動を支え、
信頼関係が築かれているから
だなぁと思います



イメージ 4

















イメージ 5
イメージ 6











以上、山本出張所 あむちゃんでした。


おまけコーナー
出張健診がんプラスはこれまで市内5箇所で実施されてきましたが
6箇所目として山本地区では11月23日に山本小学校で初めて開催されました。

人間ドックなみの健診が地域で休日に実施されるので、
平日に保健センターや医療機関で受診できない方に喜ばれます。

今回の山本小学校での健診は、
特定健診(定員80名)、胃がん健診(定員100名)、
肺がん健診(定員130名)、大腸がん健診(定員100名)
乳がん検診(定員35名)のすべての定員が埋まる盛況ぶり
合計167名の方が受診されました。

結果説明会は、特定健診受診者の方々のうち
郵送ではなく直接説明を希望された方(23名)に対し
実施され、当日は17名が来場されました。

次年度以降の予定は未定ですが、
山本地区でのテーマ
「ひとりひとりを大切に 丁寧によりそう」
「地域の健康に関する活動につなげる。活動をもりあげる。」
は変えずにより充実したものにしていきたいです。

平成29年11月23日実施の健診については以下のブログを参照
https://blogs.yahoo.co.jp/fureai_0380/15540766.html

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事