ここから本文です
やお地域活動応援ブログ
ブログが新しくなりました!


緑ヶ丘コミセンのヨンタ&ヅッチです。
 
4月15日 湖北の桜と銘打って緑ヶ丘コミュニティセンター運営協議会の春のハイキングを実施しました。行先と目的は米原市の醒井養鱒場(さめがいようそんじょう)と長浜城の桜、そして長浜曳山(ひきやま)まつりの見学です。
 役員を含む参加者86名を乗せたバスは、朝8時30分に八尾を出発し、11時に醒井養鱒場に到着。現地は小雨が降るあいにくのお天気でしたが、養鱒場には7〜9分咲きの桜がふさやかになっており、雨の雫に飾られた桜に思わず、「なんと見事な」「とても美しい」といった声が漏れていました。
イメージ 4
 場内のさかな学習館では、鱒の養殖について学芸員さんの説明を聞き、ビデオで学習しました。ここでは霊仙山系のきれいな湧き水でニジマス、アマゴなどの養殖が行われているとのことでした。小雨の中でしたが場内を散策し、魚に餌を与えながら楽しいひと時を過ごしました

つづいてJR醒ヶ井(さめがい)駅にある「水の駅」で昼食の後、長浜に向かいました。
長浜城についた頃には午前中の雨が嘘のように青空が広がり、満開の桜を満喫して記念撮影!
イメージ 3
次に最終目的地であるレトロモダンな街並みが楽しめる黒壁スクエアに向かいました。そこでは「長浜曳山まつり」が開催されていました。全国33件の山・鉾・屋台(やま・ほこ・やたい)行事として、昨年末にユネスコの無形文化遺産に登録されて初の祭りとなり、大勢の人で賑わっていました。今年は11年ぶりに全部の曳山が勢ぞろいし、優雅で壮観でした
イメージ 1


黒壁ガラス館の前の曳山では、江戸時代からの伝統がある「子ども歌舞伎」が演じられていました。新聞記事によると過去最多の7万人の人出だったそうです。
イメージ 2参加された皆さんからは「とても充実したハイキングでした。最高!」「文化遺産にも巡り合えて印象深かった。これからの語り草になります」といった感想が聞かれました。多くの人出で自由行動をとっていただいたにもかかわらず、参加者の皆さんは時間どおりに集合していただき、ほぼ予定通りの時間に帰着することができました
 
次のハイキングは、秋ごろを予定していますので、長池地区・用和地区にお住まいの皆さん、ぜひお楽しみに。

それでは、春爛漫の折、どうぞお健やかにお過ごしください。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちは、曙川出張所のきたもんです♪

今日4月22日(土曜日)は曙川小学校の「放課後こども教室」に参加させていただきました。
この放課後こども教室は、各小学校で土曜日平日の放課後に小学生の皆さんと地域の各団体の方々で様々な遊びや学びを一緒に行い、普段授業では行えないようなことを体験してもらう教室です。
今回参加させていただいた曙川小学校では、毎月第4土曜日に行っており、今月は「缶バッチマシーン」を使った、缶バッジづくりを行いました。
イメージ 1

※ただし、機械の操作は危ないので、バッジの元となるイラストや写真のくりぬきを小学生の皆さんに体験してもらいました。





今日はお休みにもかかわらず15名を超える小学生のお友達に参加してもらい、皆さん缶バッチを作りました♪
手づくりのイラストや、自慢のペット、お母さんへのメッセージ、好きなキャラクターの写真など、多種多様な素材を皆さん持ってきていました。
イメージ 2









缶バッジは簡単に作れ、素材も写真やイラスト一枚があれば大丈夫です。意外と頑丈で長持ちもしますので、良い思い出になればいいな、と思います。
そして、平日は勉強に励んで、土曜日はすこ〜し息抜きをしながら学ぶという、この素晴らしい取り組みがこれからも続くよう、皆さまのご協力よろしくお願いいたします。

この記事に

八尾小校区地域拠点職員のえりんぎです
 
4月15日(土)の13時〜15時に開催された八尾小第二地区高齢クラブ主催の囲碁ボール大会にお邪魔してきました

まずは開会の挨拶と、囲碁ボールのルール説明がおこなわれました。


イメージ 1


挨拶の中で、今回開催された目的のひとつとして、認知症予防があげられていました
身体を動すと同時に頭も使って行える「囲碁ボール」は、認知症予防につながるとのことでした
 
その後、16名以上の参加者が4チームに分けれら、囲碁ボール大会が開始されました

イメージ 2


白と黒のボールを、それぞれのチームで交互に打ちます。
マス目にボールが入れば、1点です!同じ色のボールを列で3つ以上そろえると、大幅に得点がUPします。
みなさん、「どの列をそろえようかな・・・?」と考えながらボールを打っていました

イメージ 3


1つのマス目にいくつもボールがはいってしまうことも・・・。

イメージ 4


最初はうまく打てなかった人も、終わるころにはちゃんと狙いを定めて打てるようになっており、会場は終始大盛り上がりでした
 
今後とも、楽しく認知症予防ができる囲碁ボールがひろまっていけばいいなあと思いました




この記事に

 皆様こんにちは、山本出張所のじんちゃんです
寒い冬が終わり、暖かい日が多くなってきましたが、
皆様如何お過ごしでしょうか

 さて、今回は平成29年4月16日に高安西小学校区で実施されました
こいのぼり掲揚に参加させて頂きましたので、ご紹介させて頂きますよ

 本日はとても良い天気で、
川の方でも春を感じさせていただきましたよ〜

 例えば・・・
イメージ 1
桜です
少し葉っぱが出てきていますが、それもまた風情があって良いですね

それだけでなく、


 イメージ 3
鴨や鵜が元気に餌を探していたり
イメージ 4
亀も陽気に誘われて日光浴をしていたり
イメージ 2





イメージ 5

鯉も恋の季節の様でした〜
(いわゆる鯉ダンス・・・あれ





 そんな春の恩智川に、地域の子ども達の安全と健康等を願う方々が集まられて
毎年こいのぼりを掲揚しておられます。
イメージ 6

 こいのぼりの掲揚について打ち合わせの後、
5か所でこいのぼりを掲揚されていました。
イメージ 7イメージ 8

川の両端に分かれて、それぞれが息を合わせて作業を行います


高所での作業もあり結構大変です
それでも、子ども達の事を考えればなんのその


 無事にこいのぼりの掲揚が終わりました〜
イメージ 9イメージ 10
今年はこいのぼりも
良く泳いでくれました。




イメージ 11

 今年は桜と一緒に写真が撮れてよかったです。今限定のショットではないでしょうか





 恩智川のこいのぼり掲揚は5月20日(土)までの予定ですので、
皆様もお誘いあわせの上、ご覧いただければと思います

 そして、5月21日(日)には、恩智川の清掃も予定されているそうです
地域のシンボルでもあり、色々な生き物たちの生活の場でもある恩地川を皆で
清掃しませんか?
ご興味のある方は、午前9時頃にひらなべ橋にお集まりいただければと思います

 それでは、失礼いたします

この記事に

「はるごと」開催!

 山本出張所のだーさんです。
 新年度がスタートいたしました。
 地域担当スタッフとなり丸1(早や)が経過しました。


 昨年の今頃は何もかもが初めてで目に入るものすべてが新鮮でしたが、1年でいろいろ地域のことを勉強させていただきました。初心忘るべからず。今年1年又地域の皆さんの活動を頑張って執筆していこうと思っておりやす。今年もよろしくお願いいたします。
イメージ 1

 さて今回は、4/2 東山本小学にて開催されました「はるごと」について報告させていただきます。

 「はるごと」って何かというと、昔関西の農村では陰暦24月の間、農作業が忙しくなる前のくつろぎの日として「春事(はるごと)」と呼ばれる行事があり、それに因んで東山本地区では地域住民の交流をまちづくりに生かす目的として、毎年この時期に開催されており、子供たちと一緒にモチをついて、「イチゴ大福」をつくる等の世代を越えた交流を図っておられます。
イメージ 2

 当日は非常にいい天気で小春日和。地域のスタッフや子どもたち合わせて総勢300名もの方が参加されました。
 今回は私と同じ出張所の「ゆうしゃん」を引き連れての参加です。
イメージ 3


 先ずは開会式。まち協会長や小学校新校長の方々があいさつされる中、子供たちはなんかソワソワ。というのも「イチゴ大福」を自分でつくって食べられるので毎年大人気。早く整理券が配られないかと心待ちに。OKが出るとあっという間に券がなくなってしまいました。


イメージ 4
イメージ 5イメージ 6


イメージ 7
イメージ 8イメージ 12


 地域の方々がお餅をペッタンペッタン。「おっちゃん。僕もやりたい」地域の方と杵を持って一緒に餅つき。できたお餅をアンコとイチゴに巻いて出来上がり。大喜びでした。


イメージ 9
イメージ 10イメージ 11


 他にも「ポップコーン」が食べられたり、「綿菓子」や「巻まきパン」が自分で作られたり。スタッフも一生懸命。あれサンタさんいやいや見れば「綿あめ」が髪の毛にくっついて白髪に見えてダンディーに。逆にかっこよくなったようで。ご苦労様です。


イメージ 13
イメージ 14


 「巻まきパン」はホットケーキミックスで練られた生地を竹棒に巻きつけて直火で焙れるので、子供たちも楽しそうです。(ただ焼くに時間が大分かかりましたが)

イメージ 15
 室内では「クロリティ」が開始。
 クロリティというのは、アメリカの馬蹄を投げて競う「ホースシュー」と日本の「輪投げ」をミックスして作られた、「スポーツ輪投げ競技」だそうで、子供から高齢者まで幅広く誰でも楽しめる健康スポーツだとか。

 高得点で商品がもらえるそうで子供たちも夢中で輪を投げておられました。


イメージ 16イメージ 17
イメージ 18



 忘れてはいけないのが、世話をされているスタッフの方々。少し暖かくなるこの時期特に気を付けないといけないのが食中毒。今回食べ物を扱うということで非常に注意されておられました。
 この縁の下の力が子供たちや高齢者の方々の支えになっていると思うと頭が下がる思いです。
 スタッフの地域に対する熱い思いに感謝。
 参加された方々、たいへんお疲れ様でした。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事