ここから本文です
やお地域活動応援ブログ
ブログが新しくなりました!

書庫久宝寺小学校区

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

こんにちは、久宝寺コミセンの輝ちゃんで〜す。
一段と寒さが身に染みる今日この頃ですが、今回は平成31年1月23日午後に行われました久宝寺中学校生の熱い取り組みを紹介いたします。

 

そのタイトルとは、2年生全員(165名)による障がい者・高齢者への理解、介助、支援を学習する『福祉体験』です。今回で3回目だそうで、1年目は障がい者のみを対象とした内容でしたが2年目から高齢者全体の取り組みとなっていったそうです。

 

この福祉体験にあたっては近隣の高齢者福祉施設、行政、ボランティア、メーカー業者、中学校教員など11施設(団体)22名のスタッフの協力のもと機材や装具の準備から会場設営などいろいろとお世話していただきました。

 

イメージ 1
はその内容とは、・・・・・
体育館2階に2年生全員が集合し、教員及スタッフ代表からの手順・内容・注意点などの説明が行われた後、1階は『認知症サポーター養成講座』、2階は『福祉体験』の2グループに分かれて50分のローテーションで行われました。

 

 

1階では、まず両手左右チグハクに動かす体操があり、その後スライドを見ながらの認知症の医学面、日常生活面の説明がありました。次に教員による寸劇『忘れてしまう、おばあちゃん』では孫役とおばあちゃん役の先生でリアルな会話を表現していただきました。寸劇から振り返り、生徒たちが意見・感想を出し合って共通認識を高め、最後に認知症患者さんの思い、社会生活での本人の自立努力、家族及び周りの方々の支援・介助の動画を視聴し人格尊重を学びました。

 

2階では、四肢や視聴覚の機能低下を疑似体験する各コーナーがあり、器具・装具装着などで実態感をつくり、その介助方法などを学びました。
≪車イス体験≫
イメージ 2
・2人1組で、乗る押すを交互で行い、スロープ・狭路などの状況に対応した
走行と介助
・アシスト(電動)車イスの試乗、リクライニング車イスでの対応



イメージ 3≪箸掴み体験≫
小さな豆を箸でつかみ、皿から皿へと移動
≪ラジオ聞き取り体験≫
ラジオから流れる音をヘッドホン装着しての聞き取りや、互いに会話をして声の大小を使い分け聞き取りにくさを体験
≪新聞読み体験≫
ぼやけて見える、鮮明に見える、明るさが異なるなど特殊なゴーグルを装着して新聞の活字を読む

 

≪レクコーナー≫
ひらがなの文字カードが散乱して置いてある状態から、個々に言葉・名前など指定して並べ替える
≪高齢者疑似体験≫
2人1組になり、一人が腕や脚にサポーター的な装具を取り付け、杖を使い歩行困難な
状態で、もう一人が介助しながらマット上や段差台の上り下りを交代で行う

 

以上の多様なカリキュラムが設定されていて、大がかりな取り組みにビックリと準備から指導に携わっていただいた各スタッフの皆さんに感謝の気持ちがこみ上げてきました。

 

 生徒たちも慣れない介助や対応に戸惑いもあったように感じられましたが、互いの笑顔、学習意欲、思いやりのある行動でハツラツ感がにじみ出ていました。
 今回の福祉体験を通じて、仲間同士の連帯感やコミュニケーションも向上したように思います。障がい者・高齢者のサポーターとして地域・社会で今回の体験がきっと役立つことと確信し、支援の輪が広まるよう久中生の活躍を期待しております。
イメージ 4

 

 











また、計画から準備、指導及び中学校との連携などいろいろお世話いただきました各施設(団体)の皆様、生徒指導の先生方、意義ある体験学習を実施していただきまして、本当にありがとうございました。

 

 地域のみなさん、久宝寺中学校の生徒は熱い思いで頑張っていますよ!

 

この記事に

にちは、久宝寺出張所のよっちゃんです。
今回は、まちなみセンターで実施されました久宝寺子どもの居場所「ポップコーン」について紹介します。
クリスマスの時期でもあり、今回は大盤振る舞いです。最初に紙粘土を使った工作です!!みんな一生懸命ランタンを作っています。
イメージ 1 イメージ 2

 
 
 
 
 
 
休憩をはさみ、演劇です!!「3匹のこぶた」だったんですが、子どもとの掛け合いがとても面白く、1番目、2番目の家を作る時に、子どもたちが「わらやったらあかん、飛ばされる」「木もあかんで」などとつっこみが入り、また煙突に上っている場面では「全然上ってないやん」と、子どもたちが声をかけていました!?
 
イメージ 3
 
最後にビンゴゲームですが、この様なオリジナルカードは初めてで、感激しました。
前に、りんご、バナナ、星、月、クワガタ虫、象などのイラストが並び、子どもたちは好きなものをカードに書いていきます。そのイラストの文字が書かれた紙を順番に引いていき、ビンゴになれば景品ゲットです。子どもたちも「りんご引いて」などとても楽しそうでした!!
 
 イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 









スタッフの皆さん、お疲れ様でした。継続は大変だと思いますが、頑張ってください。
イメージ 5




この記事に

 こんにちは。久宝寺出張所のヤッちゃんです。
 9月16日に久宝寺小学校で好きやねん久宝寺まつりが開催されました。

 好きやねん久宝寺まつりは、久宝寺小学校の体育館で舞台発表を、グラウンドや教室で出店やバザー、啓発ブースなどを行う行事で、去年は残念ながら台風で中止になってしまったため、2年越しの開催となりました。


イメージ 3

 久宝寺出張所では、高齢者あんしんセンター久宝寺愛の郷さんや、八尾市人権協会さん、八尾市保健所の薬剤師と一緒のブースで、健康相談や危険薬物に関する啓発、人権に関する啓発活動などを行いました。
 
イメージ 1

 この日のヤッちゃんは、ブースの担当だったため、残念ながら舞台発表を見ることはできませんでしたが、健康相談に来られた方の体重や内臓脂肪、筋量、体内年齢などを体組成計で測る担当をしていました。来られた方々の中には、体重が増えてしまったと、なげく方や、実年齢よりも体内年齢が若かったと喜ぶ方がいるなど、悲喜交々な様子でしたが、皆さん、楽しそうに過ごしてくださったように思います。
 こちらのブースを訪れてくださった皆さん、どうもありがとうございます。

 グラウンドの食べ物のブースでは、ポップコーンと綿菓子を出す店で行列ができていたり、おでんがまつり終了時間を待たずして売り切れるなど、いずれも盛況な様子でした。また、この日は暑かったこともあり、よく冷えたジュースやかき氷も非常に魅力的でした。
 
イメージ 2

午後4時頃には、グラウンドの出店は終了となりましたが、体育館では、最後の河内音頭が行われており、音楽が鳴り響く中、たくさんの人が踊っている姿をドア越しに眺めながら、ブースの片付けを行っていました。

 こうして、無事に開催され、大盛況となりましたが、その裏では、事前準備に地域の多くの方々が協力し合っている姿を見てきました。

 まつりの実行委員長を初め、携わられたスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。
 また、来年も楽しみにしています。
 

この記事に

こんにちは、久宝寺出張所のよっちゃんです。
 
今回は、久宝寺中学校区内の一斉清掃をお伝えしたいと思います。
各地域では夏休みの終わりごろに新学期を気持ちよく迎えていただくよう、各学校で清掃活動がされていると思います。
久宝寺中学校や久宝寺小学校、美園小学校でも825日の土曜日にされていましたが、私は地域の方と久宝寺中学校生徒が協力された「顕証寺の南側の土居」の草刈りのお手伝いに伺いました。
イメージ 1
イメージ 2

地域の方々は草刈り機による草刈りを担当、中学生は刈った草などをごみ袋に詰めて、所定の場所まで運んでいただきました。また、隣の公園でもみなさんで草刈りをしていました。

イメージ 4
イメージ 3










皆さんの努力のかいもあり、なんとか、3時間ほどで無事終了し、ごみ袋はなんと、200袋以上と枝木の束が80束ほどになり山になっていました。
ここ数年この土居では草刈りができておらず見通しが悪かったのが、今回久宝寺中学校の一斉清掃がきっかけ、中学生の協力により、こんなにすっきりになりました。
暑い中本当にありがとうございました。
イメージ 5
イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちは、久宝寺出張所のよっちゃんです。
 
今回は、地域の方からの声をお伝えしたいと思います。
先日地域の方から「カーブミラーに、トラックがぶつかったみたいでいがんでいる」と通報が入り、土木管理事務所に修繕のお願いをいたしました。
 
イメージ 2  イメージ 1
 
 
 
 




その後地域の方から「言ってから、その日か次の日に直してもらったわ。早く対応してくれてうれしいわ!!」って言われました。
迅速な対応ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
イメージ 3イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事