風来坊の雑記帳

風来坊の気儘な部屋へようこそ・・・

全体表示

[ リスト ]

             § 小正月 §
  
         15日を小正月、前夜を十四日年越しという。

小正月の朝は粥を食べる習慣があり、平安時代の「延喜式」には、天皇・皇后らに七種粥(ななくさが 

ゆ:この場合は7種類の穀類の粥)、諸臣に小豆粥とあり、今も一般に小豆粥を食べる。

また、小正月には野外で大きな火を焚く火祭りを行う習俗も全国的に広い地域に及んでおり、「とんど」

「左義長(さぎちょう)」「さいとやき」「鬼火焚き」などと呼ばれ、正月の松飾りや注連縄(しめなわ)

や、古いお札や、1月2日の書初めをこの火で燃やす。

日本では昔から大きな火を炊くことは魔よけ、清浄の世界を回復するための大切な行事とされており、こ

のお正月とお盆に集中している。書初めが高く燃え上がれば、字が上達し、とんど焼きの火にあたれば、

病気にならないと言われており、この火で焼いた団子や餅をいただくと無病息災で、その年を過ごせると

言い伝えられている。

都市においては、元旦から始まった正月行事の最終の日としての意味が大部分となっており、この日を

「正月送り」「あがり正月」などと呼ぶところもある。また、この日に松飾りを取り払うので「松納め」

などと呼び、この日までを「松の内」と云うのもこのためである。

年神や祖霊を迎える行事の多い大正月に対し、小正月は豊作祈願などの農業に関連した行事や家庭的な行

事が中心となる。松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、女正月という地方もある。


                 小正月の小豆粥

宮中行事が色濃く残る古都京都。1月15日には幾つかの神社で小豆粥が神前に供えられます。上賀茂神社で

は小豆粥と粥杖と呼ばれる2本の樒の木。下鴨神社では小豆粥、大豆粥の紅白のお粥。北野天満宮では1月7

日の七種粥に続いて15日には、やはり小豆粥の神饌です。何故小豆粥?


                御粥神事の起源?

上賀茂神社では小豆粥の行事を御粥神事と称しますが、その解説書に次の様に記してあります。要約すると

「神事の起りは、古代中国の黄帝に殺され天狗になった悪人の霊を小正月亥の刻の小豆粥で払った、又は、粥

を好んでいた或る女性の霊を鎮めるための小豆粥という説もあるがどれも定かではない。鴨長明は七草粥

について『陽の色は冬の陰の余韻を消すため』というがこの七種粥は『白穀、大豆、小豆、粟、栗、柿、みのご

め(代大角豆)』と或る書にあり(みのごめは蓑米か?代大角豆は代わりに大角豆か?)これらを粥にして食

し、年中の邪気を払う行事が宮中で行われていたものが、古社で行われていた小正月の粥占神事(農作物の

豊凶を占う)等と習合して現今に至る。粥杖については或る書には『白椿』、別の書では『樒』とある。粥は

『小豆粥也』とある。当社は今も樒と小豆粥である」1月15日の旧正月は小豆粥で祝う。ならば本来、餅より

小豆粥で正月を祝った?


        小寒(しょうかん)

冬至より一陽おこるがゆへに陰気にさからふゆへますます冷也

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事