BLUE 山と旅とバイクの話

2019年の目標はもう一度あの頃の様に…?

全体表示

[ リスト ]

2017年11月11日(土)

雨上がりの朝、竜巻注意報が発令される状況で、西伊豆の雲見へと向かう

雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場は、きれいな夕陽が見られるということで有名らしい


静岡といえば『みかん』ですが、

イメージ 1
柿です



東名〜小田厚〜小田原〜熱海〜伊東〜河津〜松崎 経由で雲見へ約5時間



イメージ 2

12時チェックイン

強風と云うより暴風が吹いています

サイト内をいろいろ物色して

海側で、風の影響が最も少ない場所(最奥の壁側)をゲット

イメージ 3


このキャンプ場のロケーションはグッドです

雲を吹き飛ばされた富士山がよく見える!

イメージ 5


お風呂は、男女の別なく、空いている時に入る
内側からカギを掛ければ、プライベート風呂として使ってもOK!
風呂からの景色は↓

イメージ 4


そして日没


イメージ 6


西に沈む夕陽を見ながら

ルービー
イメージ 10



イメージ 7


夜には強風もやみ

潮騒をBGMによく眠れました



12日(日)おだやかな朝

イメージ 8

日の出はみられませんが

イメージ 9

見晴台からいい景色がみられました

・・・・


ところで、このキャンプ場を利用してみての感想

夕陽を見るなら、見晴台に登ろう!
見晴台の位置は案内されていないが
お風呂の左側から奥に進み、そこからさらに上へ上へと登ると
木組みの見晴らし台があるぞ!

サイトは水平でフラットなので寝心地が良い
固くしまった砂系の地面なのでペグがよく刺さる

風呂場に石鹸・シャンプーは無い
水場にも洗剤類は無く、お湯も12月〜3月しか出ない

食材・酒類の買い物は5km(約15分)の松崎まで行かないと無い

マキと炭はキャンプ場で手に入る
マキ600円、炭400円

サイト、風呂、トイレ、洗い場など全てが綺麗なだけに
ルールが厳しい
真面目なアウトローの俺達にはチョット窮屈だけど

満喫した!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事