ここから本文です
ふるぼうのページ 別館へようこそ!
上野動物園のシャンシャン&シンシン母娘のお花見(2018年)です。画像は「毎日パンダ」さんよりお借りしました。

書庫全体表示

あんずジャム

今朝は激しい雨で出勤が少し大変でした☔
出勤時間帯に激しく降るのはやめてもらいたいですよね。

一昨日のことですが、初めて「あんずジャム」を作ってみました。
杏の木からもぎたてという新鮮な実をたくさんいただいたのです。

「生の杏って、そのまま食べられないですよね?」

って聞いたら、

「とてもじゃないけど酸っぱくて食べられないわよ。だからジャムにするといいのよ。杏とグラニュー糖だけでできるわよ」

と教えてくださいました。

イメージ 1


これが水洗いしたあんずです。
香りはとても甘そうなんですけどね。
ヘタをとり、皮と種を取って重さを測ると350gくらいありました。

重さの約35%、120gくらいのグラニュー糖をまぶしてしばらくおいておくと水分が出てきて、あんずの実がその中に浸されます。ひたひたになったところで、レモン汁🍋少々を加えて火にかけました。

イメージ 2


沸騰してから、木ベラでかき混ぜながら煮詰めていきます。あんずの実の形が崩れてきた辺りで味見をすると、まだまだ酸っぱくて、これではジャムとして食べるのは厳しい(→.←)なので、追加のグラニュー糖やオリゴ糖をどんどん追加して味を調整しました。

果実に対して充分な量の糖分が入らないと、ペクチンができず、ジャム特有のトロリとした感触になりません。ようやくジャムとして食べられそうな味になったころ、とろみがついてきました。

トロリとしたところで煮沸消毒した瓶に移し変えて完成です。

ザルいっぱいのあんずはフツウの大きさのジャムの瓶ひとつ分におさまりました。

イメージ 3


翌朝、ヨーグルトにジャムをのせてみました。大成功❗の味です。

アプリコットジャムって、あんまり見ないですよね。それに、パンやヨーグルトと一緒に食べるというより、スポンジケーキにシロップみたいに塗ったりする製菓材料のイメージがあります。でも、こうして朝食☕🍞🌄に美味しく食べられるんですね〜

来年もあんずをいただけないかと考えてしまうものです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事