何気ない日常にも、発見・感動を

心穏やかに周りに眼を向けると・いっぱい感動がある。その時その時を書いています

全体表示

[ リスト ]

シャボテン公園の後、
もう一箇所周ってから帰ろう・・・

「一碧湖へ行って見よう」
「じゃあ、あの傍のレストランでお昼にしよう」

心は、以前2度行った事のある「一碧湖美術館と併設のテラスのあるレストラン」
おねえちゃんが3才頃にも、3家族で行った。

「そう言えば・・・前に一碧湖の水かさが増して
道路が冠水したことあるよね〜」
「ここ、ここ」
一碧湖の周りを通る道路で
一段と低くなっているところの左右が、大池と沼池
水かさが増せば、確実に水の中になるところ

そこから「伊豆一碧湖美術館」を目指す。

・・・・?・?・?・・・

確か〜、この辺りだけど・・・

地図でも確かめ、
もう一度周ってみた。

「ここ、さっき通りましたよ〜」と嫁
そこは、入り口にロープが張ってあり・・・
さびれている・・・
入り口がなかったわけで
「閉鎖になってるんじゃない?」

「前に来たところ、ここですよ〜」
「ええ〜っ?つぶれたの〜?」

おしゃれなレストランで、子どもが居ても迷惑かけなくて済む
テラスでもゆっくりお食事できた・・・
          ここも、もうありません  ↓
                  
     http://www.izu.co.jp/izukogen/museum/ippeki/d1.jpg

この頃、伊豆の人気がなくなった・・・と
何処かで耳にした

楽しみにしてたのに・・・

仕方なく・・・一碧湖湖畔で「むぎ飯」が売りの店内で食事した。
客は私達だけ・・・
待っている間に、
土産売り場に客が来た。

「すみませ〜ん!」
   ・・・・・・・
   ・・・・・・・
「すみませ〜ん!」
   ・・・・・・
   ・・・・・・
・・・人手不足なのね〜・・・と私達
・・・代わりに出てあげようか〜?・・・

「すみませ〜ん!」

ようやく台所から応対に出てくれたようで・・・

ここまで待たされたら、帰っちゃうね・・・と思う

               http://travel.biglobe.ne.jp/tguide/photos/A2000870a.jpg
食事の後、
足こぎボートに4人乗り(3才ちゃん、おねえちゃん、嫁、私)
湖面を一周しながら「カモさん」に「えさ」をあげる
白鳥型なので、背後は全く見えず、
前方と横のみ

風と水の流れか・・・
停止していると流されて進行方向と逆の向きになってしまった。

4人乗り足こぎボートは、結構疲れた〜。

約30分の足こぎボートから上がって、
お食事どころを通ったら・・・
もう、お店も閉まっていた。
      ・・・お客来ないもんね〜・・・  

伊豆一碧湖美術館もお気に入りのレストランもなくなって・・・
もちろん、伊豆一碧湖ホテルも・・・

なんだか・・・・さみしいわね〜・・・

閉じる コメント(2)

こんばんは

なくなっちゃうと淋しいですね。
思い出までなくなっちゃう気がしますよ。
湖と空の青、きれいですね〜

2009/9/25(金) 午後 11:14 mallon 返信する

顔アイコン

mallonさん、ここを帰ってから調べたら、経済情勢の影響で・・・5月に「伊豆一碧湖ホテル」に統合、8月31日で「伊豆一碧湖ホテル」も閉鎖したということでした。

2009/9/26(土) 午前 8:54 パフちゃん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事