ここから本文です

書庫非時香菓

すべて表示

ときじくのかぐのみ
垂仁紀の「非時香菓」にかかわる該当部分を再度簡潔に現代語にして記します。
  A  垂仁九十年二月に、天皇は田道間守(たじまもり)に常世の國にある非時香菓(ときじくのかぐのみ)を取ってくるように命じた。今、橘というのがこの非時香菓である。

  B  九十九年七月に、天皇は巻向宮にて百四十歳で亡くなった。十二月に菅原の伏見陵に埋葬した。

  C  明年(垂仁百年)三月に、田道間守は常世の國より非時香菓の八竿八縵(はちさお・はちつる)をもって帰ってきた。

  D 田道間守は、天皇が亡くなっていたので歎いて言った。「天皇の命を受けて絶域にいき万里の浪をこえて弱水を渡った。この常世の國は、神仙の秘区であって俗の至るようなところではない。往来の間には十年を経過したが、なんとか聖帝の神霊に頼りながらまた本土に帰ってくることができた。しかし、天皇は既に亡くなられてしまい復命することができず、私はこの先、生きたとしても何の意味があるだろうか。」

  E 田道間守は、天皇の陵にむかってこのように叫んで哭き自殺した。群臣らはそれを聞いて皆涙を流した。田道間守は三宅連の始祖である。
                     (現代語訳は泉城による。)

 Aの記事では、垂仁天皇が田道間守に非時香菓を採ってくるように命じます。Bでは、天皇が亡くなったこと、Cでは、田道間守が常世の国から非時香菓を持ち帰ったことが記述されています。
 そして、Dでは、天皇が生きている間に持ち帰ることができなかったことが田道間守の言葉として述べられます。

 これらAからDの記事の流れからすると、Dにおける田道間守の言葉は、単に忠心を示せなかった悔しさを表わしているだけでなく、不老不死の香菓を届ける前に天皇が逝ってしまい、この香菓を渡すことができなかった無念さを表現したのだと思われます。

 この『日本書紀』の記事は、不老不死の香菓を求めたものです。とすれば、不老不死の実は、現実の世界に存在するはずはありませんので、記事の内容は全くの架空です。

 ただ、一方で、神仙思想に基づいて、後代に不老不死の話として、Dの田道間守の言葉を付け加えたのだとすれば、もともと「不死樹」は人間の不老不死のことではなく、樹木がエバーグリーンであったことを意味していることになります。

 もし、エバーグリーンの樹木のことであれば、現実世界のこととして、田道間守は崑崙に実際に行って非時香菓を持ち帰った出来事がオリジナルであったことになります。

 現在の地図をみると、地図1及び地図2のようにタクラマカン砂漠の南には、現実に崑崙山脈が存在し、崑崙山脈の東に弱水も現存しますので、現実味がある話として理解できます。

地図1    崑崙山脈
イメージ 1

地図2    弱水
イメージ 2
(yahoo地図より。赤い丸囲みは泉城による。)

 そこで、あらためて、この記事の意味を問えば、書紀編者は、田道間守がたいへんに忠臣であって、とても人間業ではできないことをやってのけたことを賞賛し、もって、このエピソードから田道間守の子孫である三宅の連一族を持ち上げようとしたのではないかと思われます。
 このように『日本書紀』の記述は、神仙思想に立って架空の香菓をテーマとする物語に粉飾することにより「非時香菓」を採って持ち帰った田道間守への賞賛を強調しようとする意図が感じられます。
 これに対して、『古事記』には、どのように記述されているか、次に確認します。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事