フルさんの釣り行くベー!

北海道でエギング中心に釣りしてます。下手ですが釣りと工作大好き。

パソコン 壊れた〜

◎ 2月23日

パソコンは今使っているWindows X と
 画像編集用に使っている
PCの2台使用していますが、
古いパソコン Windows VISTA
もう保証もサポートもなしですが、
昨日から、ブルー画面になり
ハードエラー が散発!
(またまた、ブルー画面の英語に悩まされます。)

イメージ 1

先程まで、HDも起動せず。
色々いじりながら立ち上がったり、
停止したり、重症のようです。
後で、ボードチェックしてみます。
また、マザーボードの電池がへたったか、HDにエラー発生か?

まだ、編集途中の画像がHDに残っているのですが、
そこまでたどり着きません。😢

腰据えて、長期戦になりそうです。
時間みつけて、のんびりやります。

イメージ 2 イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

一酸化炭素 検知器

◎ 2月20日

 Amazonで注文したCO 一酸化炭素の検出器が届きました。
イメージ 1

実は、前回のワカサギ釣りの時、
あまりにも寒く、
テントのベンチレーションから雪が吹き込むので
かなりの密閉状態でストーブをマックスで焚いていました。

1〜2時間後  軽い頭痛がしたのですが、
寝不足かとあまり気にしませんでした。
テントの窓を開け深呼吸するとすぐに楽になりました。

しかし、最後テントをたたんで帰る時、
私も同行のレオさんも歩きに
あまりパワーが出ません。
すぐ足が止まり、休みたくなりました。

後日、あれは軽い初期の一酸化炭素中毒で
血液中の酸素不足かと(個人的見解)
勝手に判断  (*_*;

そこで、安物のの検出器を購入。
(今回は¥1000以下で入手)

やっぱり、MADE in C  取説は全て英語!
(う〜ん学生時代英語の授業さぼったから・・・。)
さっぱりわかりません。

イメージ 2

最初、電池の入れ方もわからず (笑)
よーく老眼をこすって見たらTWISTの小さな文字
ひねると裏ブタ外れ
ようやく電池挿入。(やれやれ)

一酸化炭素なんて どうやって試験すれば?
TESTボタンでは PI―PI—♪
アラーム音は出ますが・・・。

そこで、車庫へ行き エンジン始動!
マフラーの出口の排気ガスの中へ検知器を
イメージ 3

お〜! 表示値マックス 990ppm 
アラーム鳴りっぱなし
(動作OK)(^_^)v

な〜んとなく説明書には
 50ppm で60分以上
100ppm で10〜40分
300ppm で3分      で警報が出るようです。
【参考資料】
イメージ 4

楽しい釣りに今度持って行きます。
これで、危険回避出来れば
\(^o^)/バンザイです。

イメージ 5  イメージ 6

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

雛人形 飾りました。

◎ 1月19日

もうすぐお雛さま 🎎

飾り続けて二十数年

今年も頑張って飾りましたヨ!

イメージ 1

イメージ 2

 妻側のおじいちゃんおばあちゃんが買ってくれました。
いつも、手本や写真を見ながら並べています。

イメージ 3 イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

◎ 2月18日

最近ネットを見ていると100均で入手できるスマホシャッターの記事が
興味をひきました。
(新しいものに目が無いフルさんです。)
早速ダイソーへ スマホグッズコーナーに
¥300+税で売っています。

私はアイホンを使用していますが、
アイホン用スイッチとアンドロイド用の
スイッチが分かれて付いています。
イメージ 1

イメージ 6
(家にあったストラップ付けました)
設定は簡単、シャッターの電源を入れ
スマホのブルトゥースのペアリングでOK!
簡単に終了。

イメージ 2

AB Shutter3 という名称で接続されました。

イメージ 3
簡単な取説もはいっていました。
電池はCR2032 3V 1個 
日10回/約6か月

以前はイヤホン端子にカメラスイッチを接続していましたが
新しいアイホン7以降7,8、Xのタイプはイヤホン端子が無く
充電・通信コンセントにアダプターを取付けなければ
利用できず面倒でした。

ワイヤレス(Bluetooth Var 3.0 )なら煩わしくなく、記事によると
10m(10ft)くらいまではなれても使用できるそうです。

これで、釣りした時の写真撮影も手振れが少なく楽になりそうです。

動作試験は1発OKでした!

以前同等品は安くても¥700〜¥1000程度していたようですが
¥300円でこの性能はコスパ最高です。

イメージ 4 イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

生活道路の排雪作業

◎ 2月15日

家の周りの除雪&排雪作業が行われました。
雪国は大変です。
ここ数日の雪で、車庫から車を出すのも苦労でした。
車庫前には2m近い雪山が出来て
道幅が減少して狭くなっています。

イメージ 2

ロータリー車、ブルドーザー、運搬ダンプ、監視員、交通誘導員
チームワークで作業します。
イメージ 1

ダンプカーはすぐに雪で満杯に!
次から次と何台もダンプカーが入ってきます。
雪満載のダンプカーは雪堆雪場へ直行です。

イメージ 5

(家の2階より撮影。)

これで道幅も広くなり、車庫から切り替え無しで
車が出せます。

作業の皆さまご苦労様です。

イメージ 3 イメージ 4


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事