フルさんの釣り行くベー!

北海道でエギング中心に釣りしてます。下手ですが釣りと工作大好き。

釣り関連

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

・前回のワカサギ釣りで
釣って再度仕掛けを投入するまでの「動線」が悪いとの事で
ワカサギ入れを交換して改良しました。
・釣り上げる
・針から外す・魚入れへ
 (置き場所が悪く、この時ラインと腕が交差していた。)
「レオさんの読み通り針を服に引っ掛けた!」😢
・エサをつける
・仕掛けを投入
・着底:誘い
・当たり  釣れる?or 逃がす?(笑)

【左が今までの自作システム。右が今回購入した魚入れ。】
左:浅くて大きい。 右:やや小さく深い
イメージ 1

イメージ 2

市販の魚外しと100均のカウンターを合体させていました。

しかし、これをケースに取り付けると、カウンターの角度が悪く
数値が読みにくかったのでそれぞれに解体。

今までの魚入れは大きく浅めで場所を取ります。
レオさんは小さく深い入れ物を使用していたので真似します。

イメージ 3

仕掛けのライン掛け用の自作アンテナも作り変えます。
魚入れに着けるだけではなく、道具ケースにも取付可に。
100均の小型バインダーと指示棒を使用していました。
(ロッドアンテナが入手出来たらまた改良します。)

良いと思うものは全部真似します(*_*;

イメージ 4

これまた100均の大型洗濯バサミに付け替えます。

今度はカウンターが見えやすいように
少し前方に傾斜をつけ取り付けました。

最後に、ボンドでネジ周りの防水をして完成です。

小型で深い入れ物ものにしました。(¥100+税)
(あまり数釣りはしないのでこれで十分かと。)

イメージ 5

さて、これの使用でワカサギ釣りの動線が改良されて
手返しも良くなるのでしょうか?

頑張ってトライしてみます。

【でもテストは来シ−ズンになるかも??(笑)】


イメージ 6     イメージ 7

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

公魚仕掛けの自作

・前回のワカサギ釣行でライントラブルが続発し、
自分の誘い方(竿の動き)に問題があると判明しましたが、

より、少しでも絡みが減る様に
仕掛けを自作してみました。

イメージ 1

とにかく私には、市販のワカサギ用の仕掛けはラインが細く繊細で
老眼には厳しいので

幹糸を通常の0.25から0.3号のものを1.5号のラインに変えてみました。
また、ハリスも短めにしました
これで少し縦の誘い時の絡みが減るかかと期待。
(釣果よりトラブル対策優先で制作)

今度の日曜でもテストに行ってみます。

イメージ 2     イメージ 3

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

ワカサギ 食べた!

・昨日の釣果のワカサギ <゜)))彡

今日の晩御飯のおかずです。

 天婦羅〜〜〜!

イメージ 1

我が家の特殊下処理
 シーズニング・スパイス! by USA

衣をつけて鍋へ

イメージ 2

イメージ 3

ワカサギ旨し!😋




イメージ 4     イメージ 5

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

・前回ワカサギ釣りに行って
水中へ落としてしまった💦
カセットボンベ用変換器(アダプター)
新しいものを注文していましたが
昨日到着しました。

OD缶 タイプの接続口(ネジ式)
イメージ 8
CB缶接続口(切り欠きが特徴)
イメージ 7


変換アダプター
OD缶接続形状の上側(コンロへ)
イメージ 1

CB缶接続用の形状の下側
イメージ 2

一般的にカセットコンロに使用する切り欠きがある
カセットボンベに接続する側

そもそも
CB缶? OD缶?って何でしょう?

CB缶:Caseette Gas Bonbe
(カセット ガス ボンベの略)

OD缶:Out  Door Bonbe
(アウト ドアー ボンベの略)

一般的にCB缶は価格が安く、常温で使用する室内向けカセット
(ブタンガスがメイン)

一方OD缶は室外での利用目的のボンベで容量の多い
ものが多く、価格もやや高価です。

気温10℃以下での使用ならOD缶がやや優位です。

どとらにも、レギュラータイプと寒冷地タイプがあり
気温10℃以下での使用なら寒冷タイプがおすすめ。
あるいは、ハイパワーと記載されたものが良いです。
(寒冷地タイプのガス缶はアウトドア専門店や
大型量販店のキャンプ専門コーナー等で売っています)

ただし、
メーカー等で中身のガスや混入量に差異があります。

一般用のガス缶には ノルマルブタン が多く
(ノルマルもイソブタンも同じ分子式ですが
分子構造は異なっています。)
一般的に
寒冷地用にはイソブタン:C4H10
プロパン:C3H8入っていますが
メーカや製品により混入率はバラバラの様です。

ノルマルブタンの沸点 −0.5℃
イソブタンの沸点  −11.7℃
プロパンの沸点  −42.1℃

ガス缶のガスは点火すると気化熱で缶が冷たくなり
炎が小さくなったり、不安定になります。



EPIガスの場合の混合率
レギュラー ;ノルマルブタン90% プロパン10%
パワーカートリッジ; ノルマルブタン 70% プロパン30%
パワープラス;気化促進付 ノルマルブタン70% プロパン30%
エキシペディション; ノルマルンブタン60% プロパン40%

低温下ではプロパンの含有率高い方が着火・安定燃焼しやすいと分ります。

CB缶へアダプターを装着した状態。
イメージ 3

イメージ 4

OD缶コネクタをCB/OD変換アダプターに接続した状態。(点火中)


冬期間の外では寒冷地仕様のガス缶を使用し、
夏等気温の高い時は価格の安いノーマルCB缶を使用しています。

CB缶のなかにも、寒冷地仕様のプロパンを混入したものが
販売されています。

ガソリンストーブも持っていますが、高価なホワイトガソリン
やポンピングの手間もあり、ガス缶を愛用しています。


キャンプ用に色々なタイプの器具を持っていましたが
使用目的、状況に応じて器具やガスを選択し、
メーカー等を統一するのが良いようです。

そして変換アダプターを紛失しない対策を
考えなければ〜。wwwww

温かく快適に遊びましょう。
楽しく、安全に!!


イメージ 5     イメージ 6

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新しい携帯コンロ

安物買いの銭失い パート2

・前回たった1回の使用で
着火部が熔解した携帯コンロ😢

新しいものをネット注文していましたが、
到着まで約1ケ月との事

そこへ今日郵便が届きました。
中国からの国際便、
発注からなんと12日で到着。予定の半分以下
(中国が春節なので2・10までは発送は無しとの事で諦めていました。)
予定の到着は3月上旬予定。

郵便物に中国の文字が見えたので
(思わず  早!・・・。 ご苦労様」と 
    配達員に言ってしまいました。)


早速開封!
【左、前回使用のコンロ
    ・今回購入のコンロ右】

イメージ 1

取説は、中国語と英語のみ  なんとなく目を通し
さっそく、点火してみます。
イメージ 2
1発目は空気が入っていたのか
2〜3回やっても着火せず。(汗💦)

ガスボンベへの器具取付が不十分だったようです。

再確認し、無事着火!🔥

ボンベを通常カセットから
寒冷地用のボンベに交換しテスト。

イメージ 3

お〜!
🔥炎の勢いが違います。

さて、早くテストに行きたいのですが、
明日は風が強いし
まだ、わき腹は少し痛みが残るし・・・。
実運用はもう少し先になりそうですね。

楽しみは少し先延ばししま〜す。


イメージ 4     イメージ 5

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事