be級写真倶楽部

写真撮るの好き、観るの好き、読むの好き、飾るの好き、カメラ触るの好き

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

hutch

また一つ、地元のいい店をみつけた。

以前から店の前を通るたびに入ってみようかな、と思ってはいたのだが…。

30歳の若者が経営するメンズショップ。
DJやって、夜は飲み屋もやっているらしい。

小さい店だけど、以前の花屋を改造して雰囲気はなかなかいい。
3年目だそうで、経営はなかなか厳しいらいしが、羨ましくなるような一国一城の主だった。
かわいいTシャツを購入。

開く コメント(4)

WILLCOM03

03にもかなり慣れてきた。

困ったところは、バッテリーの持ちが極端に短いところ(ウィンドウズ載ってるしな〜)
設定を全てにおいて、できるだけ電力を消費しないようなものにしても、ほぼ1日で警告が出る。だから、毎日充電している。

それと、以前のピッチもUSB充電できて便利だったし、03もそれができると明示してあるので嬉しかったのだが、職場の富士通のPCでは不可であった。パソコンとの相性があるんだろうか。

あと、大変よく操作系が練られて作られてはいるのだが、チャリに乗りながらの片手でのメールはかなり難しい(これは、安全面からはやっちゃいかんかな)

今更、感心するのは、これパソコンなんだ、ってこと(笑)

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

日本一の花火

先日、地元で毎年恒例の花火大会が行われ、1時間ほどにわたって、約6000発の花火を打ち上げた。

いつも思うのだが、1時間は長いと思う。

たぶん、花火にもストーリーのようなものがあって、毎年表現されているんだろうけど、おそらく日本一ではないかと思う大阪の某宗教団体が開催する花火を、たまたま見たことがある僕には、全く物足りない。

地元の花火は線香花火のように見えてしまう。
線香花火は、これでまた大好きなんだけど。

大阪で見た花火は、地元の花火のおそらく10倍以上の規模だろうか。

地元の花火を、日本一とまでは言わないが、九州一くらいにする方法がある。

あの花火の数を10分で終えてしまう(笑)
ボランティアもかなりの数必要なんだろうけど、時間はあっという間に終わるから、いいかもしれない。最初の年は観客もびっくりしたり、間に合わなくて文句がでるだろうけど、直に慣れるはずだ。

もったいなく(言い換えれば、贅沢に)やる花火がいい。
それでこそ、花火だ。

日本一の、あっという間に終わる花火大会。

僕は、面白いと思うけど、無理だよな〜(笑)


追伸 ボランティアはできないけど、花火募金はしました。

開く コメント(7)

撮影会

イメージ 1

Uさん夫妻をモデルにした撮影会は、大成功だった。

よく、みんな集まってくれたな〜。
13人のメンバー中、10名。つまり、仕事でどうしても参加できなかったYさん、Kさんを除く全員が参加したってこと、すごいな〜、飲み会でもないのに。

よっぽど、被写体に飢えているのか…。

みんな、蚊にさんざん弄ばれながら、汗をかきかき二人のために頑張ってくれた。
撮影会とかすると、いつも女性は頑張るな〜、と思う。
僕なんか、蚊に刺されただけで、テンション下がってしまうのに(笑)

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事