廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します
家の近くのむし探検 第456弾

シダを探すついでに虫探しもしようと思って、8日の午前中にいつもの道路脇の茂みあたりに出かけたのですが、途中で久しぶりに知人に会い、話し込んでしまったので、結局、写真は虫3種だけでした。

イメージ 1

最初はマエアカスカシノメイガです。フラッシュをたいたら、ちょっと銀色に光っている感じですね。

イメージ 2

それにキゴシハナアブです。こんな季節でも花粉まみれですね。

イメージ 3

そして、このハチです。雰囲気、以前調べたことがあるハラアカアブヒメバチに似ています(こちらこちら)。ただ、小盾板の色が違うし、後脚脛節の色も少し違うようです。

イメージ 4

近くに止まったので、脚を写してみました。ハラアカアブヒメバチは後脚脛節が黒、白、赤の三色になるのですが、これは黒と白です。でも、似ているので、同じDiplazon属かなと思って、以前検索に使った論文をちらっと見てみました。

T. Uchida, "Beitraege zur Kenntnis der Diplazoninen-Fauna Japans und seiner Umgegenden(Hymenoptera, Ichneumonidae)", J. Fac. Agri. Hokkaido 50, 225 (1957). (ここからダウンロードできます)

でも、色だけでは分かりそうにありません。やはり採集すればよかったですね。後の祭りですが・・・。

雑談1)最近は虫が少なくなったので、観察に出かけても、なかなかこれはといった虫にぶつかりません。それで、冬はシダとかコケとか少し植物も調べてみようかと思っています。この間の日曜日はいつもの植物観察会が京都府立植物園で開かれたので、ドライブがてら家族と出かけてきました。家族と行くと、私はいつも生態園で野草を写し、家族は温室に行ってしまうのですが、この日の観察会は植物園の外周を回るコースで普段は見ることのない植物を見ることができました。写真は一応撮ったのですが、どうもぱっとした写真がなくて、出そうかどうしようか迷っています。

雑談2)今日は昼間でも7〜8度しかなかったのですが、ちょっと晴れたので、マンションの廊下を歩いてみました。虫はカメムシを除いて10匹くらいかなと思って歩いたら、案の定、10匹ほど虫が見られました。今日の収穫は翅に黒帯のあるキノコバエが見られたことです。キノコバエは以前から調べてみたいなと思っていたのですが、なかなかきっかけがつかめなかったのですが、特徴のある種だとその特徴だけで名前が分かるかもしれないので、検索の練習にはうってつけです。それで、早速、採集しました。すぐに冷凍庫に入れたのですが、中を見るとシマバエ科、ヒラタアシバエ科、何だか分からないハエなどが吸虫管の瓶に入れたまま入っていました。早く調べなければ・・・。

雑談3)以前から作っている「手作り図鑑」ですが、ほとんど出来上がって、後は甲虫の一部を残すだけになりました。でも、いつもそうなのですが、ほぼ出来上がると不満なところが出てきて、また作り直し始めるので、ちっとも完成に近づきません。これまではただ、写真だけを並べて図鑑にしていました。蛾ではそれでも十分に役に立ちそうですが、ハエやハチでは細部が分からないとこれではほとんど役に立たないのではと思い始めました。これまで写したのはハエでは名前の分からないのも含めて250種あまり、ハチでは150種ほどになります。シダは70種ほどを1種1〜2ページにまとめてみたのですが、後で見るとなかなか充実して面白くまとまりました。やはり、ハエやハチも1種1ページくらいにした方がよいかなとまたまた迷っています。

この記事に

開く コメント(0)

廊下のむし探検 第1050弾

7日にマンションの廊下で見つけた虫の続きです。この日、蛾は沢山いたのですが、すでに出したのでそのほかの虫たちです。少しはいたのですが、どれも名前の分からないものばかり。ちょっと苦手な虫たちです。

イメージ 1

最初はクロバネキノコバエ科のハエです。まだ、属もよく分かりません。この冬こそは属を調べてやろうと思ってはいるのですが・・・。

イメージ 2

イメージ 3

次はこのガガンボです。翅脈からガガンボ科であることは間違いなさそうですが、それから先がやはり分かりません。これもこれからの課題ですね。

イメージ 4

これはこの間名前が分かったハエです。キモグリバエ科のナミネアブラキモグリバエでした。砂糖大根などの害虫として知られるネアブラムシの天敵として役には立っているようです。

イメージ 5

これは小さなハネカクシです。ハネカクシも未だにまったく手つかずの状態です。

イメージ 6

これはマルトゲムシ科の外来種でMicrochaetes属の一種としか分かっていません。

イメージ 7

クモもなかなか捕まえる勇気が出ずにそのままになっています。写真をよく見ると、触肢の先端が太いような気がします。♂成体かもしれません。

イメージ 8

次はヒシバッタです。一応、検索をしてみたのですが、途中で引っかかってしまいました。よく見ると、黒矢印で示した部分に切れ込みがありません。たぶん、幼虫なのでしょうね。

イメージ 9

検索で引っかかったのは、黒矢印のところにある第1のノッチ(窪み)の他に黄矢印の部分に第2のノッチがあるかどうかです。あるとすればヒシバッタ属、なければコバネヒシバッタ属になります。これにはないので、コバネヒシバッタ属ということになるのですが、コバネヒシバッタ属の項には「幼虫と間違わないように注意!」と書かれていたので、もしかしてと思って見たら、幼虫でした。

イメージ 10

これはたぶん、幼体でしょうね。やはり分かりません。

イメージ 11

これは何度も見たことがあります。オオキノコムシ科のアカハバビロオオキノコだと思います。

この記事に

開く コメント(0)

家の近くのむし探検 第455弾

この間、シダの観察会に参加したので、この機会にもう一度シダを勉強してみようと思って、5日に家の近くをぶらぶらと歩いてみました。この時に見た虫はすでに出したので、残りのシダです。今回は観察会で見たわけではないので、たぶん、だいぶ怪しいです。いつものように次の4つの図鑑を参考にしました。

[1] 岩槻邦男、「日本の野生植物シダ」、平凡社 (1992).
[2] 野草検索図鑑編集委員会編、「野草検索図鑑シダ」、学習研究社 (1985).
[3] 池畑怜伸、「写真でわかるシダ図鑑」、トンボ出版 (2008).
[4] 光田重幸、「検索入門しだの図鑑」、保育社 (1997).

シダは図鑑によって書かれていることが少しずつ異なるので、文献番号を付すことにしています。

イメージ 1

最初はこのシダです。いつも虫探しをしている茂みの下に生えていました。その時は気が付かなかったのですが、後で写真を見ると、軸が赤紫色なのでイヌワラビみたいですね。それで、いくつかの特徴を図鑑と比べてみました。まずは頂羽片に近い形というのはその通りみたいです。

イメージ 2

中軸だけでなく、羽軸の基部も赤紫でした。図鑑[3]には小羽軸まで赤紫になると書かれていましたが、これはそれほどではないですね。

イメージ 3

小羽片の上側については羽軸に流れるようについていますが(白矢印)、下についている小羽片の基部近くはやや柄状になっています(白矢印)。

イメージ 4

次はソーラス(胞子嚢群)です。これは書かれている通りかな。たぶん、イヌワラビでよいようです。

イメージ 5

この間、観察会で見たホソバシケシダらしいシダがまたありました。場所は石垣の間です。葉は二形、つまり、栄養葉と胞子葉とは違うということなので、写してみました。これは裏にソーラスがないので、栄養葉かなと思いました。

イメージ 6

こちらは裏にソーラスがあるので、胞子葉です。栄養葉とは色が違うのですが、羽片が下側にいくほど大きくなるところが違うのかな。

イメージ 7

これも胞子葉だと思った葉です。色は確実に違います。

イメージ 8

イメージ 9

次は羽片を裏側から見たところです。中軸の鱗片というは分かりませんね。また、ソーラスの包膜も開いてしまって分かりません。一応、?マークを付けたので、今度見たときに注意してみることにします。ソーラスの位置と形はOKでしょう。

イメージ 10

イメージ 11

これはたぶん、オクマワラビだと思います。

イメージ 12

ソーラスは葉全体でまず写さなければ駄目だったみたいです。というのはそれが特徴だから。失敗でした。小羽片の形とソーラスの位置はよさそうですね。もう一度、撮りにいかないといけません。

イメージ 13

後は葉っぱです。こういう先の尖った長細い葉はハゼノキみたいです。

イメージ 14

イメージ 15

今年は紅葉の色がよくなかったですね。紅葉の仕組みについては以前調べたことがありました。色が悪いということは緑色のクロロフィルの分解が進まなかったのか、赤色のアントシアンの合成が進まなかったのか。

イメージ 16

最後の葉は何となく撮ってしまって・・・。名前が分かりません。

この記事に

開く コメント(0)

廊下のむし探検 蛾

廊下のむし探検 第1049弾

一昨日の7日はまだ比較的暖かかったので、マンションの廊下を歩いてみました。予想通り、虫はそこそこいました。まずは蛾から。

イメージ 1

最初は冬尺の仲間のクロスジフユエダシャクです。これまでの記録を見てみると、11月終わりから12月終わりにかけて見ていました。冬尺の仲間は♂だけに翅があって、♀は翅が退化してしまっています。「札幌昆虫記」によると、−20度前後までは凍ることなく冷却に耐えるそうです。

イメージ 2

これも秋に見る蛾で、チャエダシャクです。こちらは11月初めから12月初め頃まで見ていました。

イメージ 3

これは何だか分かりませんが、過去の写真を見ると、アワヨトウっぽいと教えてもらったことがあります。

イメージ 4

これはアカエグリバ

イメージ 5

これも冬尺の一種でクロオビフユナミシャクです。

イメージ 6

こちらはサツマキノメイガ

イメージ 7

これはたぶん、アオバハガタヨトウ。本当は緑色なのですが、緑は微かに見えるだけです。

イメージ 8

これはモクメクチバ

イメージ 9

最後は鱗粉が取れていてよく分かりませんが、たぶん、オオシマカラスヨトウかな。

この記事に

開く コメント(0)

家の近くのむし探検 第454弾

先日、シダの観察会に参加したので、少しシダも勉強してみようと思って、5日に家の近くを回ってみました。シダの方はまだ整理がついていないので、その時に見た虫から出すことにします。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この日もワタムシがぽつぽついました。名前が分かるとよいなと思って、実は、今日も探しに行ったのですが、今日は気温が低く、風も強かったので、結局、見つからなかったです。

北海道新聞社が出している「札幌昆虫記」には秋元信一氏の書かれた解説が載っていました。札幌では10月にこの虫が飛び始めると、2週間後には初雪が降るというので雪虫と呼ばれています。この雪虫はトドノネオオアブラムシで、10月に飛んでいる雪虫はみな♀だそうです。雪虫は一次寄生のヤチダモにたどり着くと、樹皮の割れ目などで♂4頭と♀若干を産むそうです。そう、アブラムシは胎生でしたね。幼虫は脱皮を4回繰り返して成熟すると交尾を行い、♀は樹皮の割れ目にたった一個だけ産卵します。この頃のアブラムシは何も食べないのでこれで死に絶えてしまいます。4月になると卵は孵化します。生まれた幼虫は無翅で幹母と呼ばれ、木を登り始め芽のところにたどり着くと、栄養を取って成熟し、次々と幼虫を産み始めます。生まれた幼虫は伸び始めた芽に移り、芽から汁を吸うと葉は変形し始め、鳥の巣のような形になるそうです。6月になると、雪虫とそっくりの有翅虫ができ、今度は二次寄生のトドマツに移動します。飛翔虫がトドマツに着くと、根に移動して、今度はそこで幼虫を産み始めます。根での活動は3−4世代続き、秋になったら、再び、有翅虫を産み出し、それが雪虫になるのです。

たぶん、この辺りで見られるワタムシも似たような生活を送っているものだと思われます。

イメージ 4

その他の虫です。これはツマグロオオヨコバイ

イメージ 5

これはたぶん、ナシケンモンという蛾の幼虫。

イメージ 6

それにこの間も見たタケカレハの繭です。

イメージ 7

これはネコハグモ

イメージ 8

イメージ 9

帰りにこんな寄生を受けた毛虫を見ました。何となく、毛虫はまだ生きているようです。

イメージ 10

後で、写真をよく見たら、繭に小さな虫がついていました。これは何だろう。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事