廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します
廊下のむし探検 第1016弾

最近は私のいるところでも35度を越えるような暑さになっています。うっかり虫を探しに行って、熱中症にでもかかると大変なので、あまり虫探しにもいけなくなりました。それで、以前撮った写真を少しずつ調べることにしています。今回は12日にマンションの廊下で羽アリを採集に行ったときに撮った写真です。

イメージ 1

最初はこの羽アリです。これは♂アリで、先日検索をしてみました。その結果はオオアリ属になったのですが、自信はあまりありません。

イメージ 2

次はこの♀有翅アリです。これは以前、Adachaneさんから、イトウオオアリか、ウメマツオオアリかと教えていただいた種と同じだと思われます。この個体は採集して、先ほど検索をしてみました。♀有翅アリの場合は、「日本産アリ類図鑑」に載っている働きアリ用の検索表で調べていきます。ヤマアリ亜科までは順調に行きますが、次の属の検索でいつも引っかかります。というのは、「中胸の気門は側面に位置する」か、「中胸の気門は背面もしくは背方寄りに位置する」という項目が翅が生えているので使えないからです。この項目はオオアリ属か、そうでないかを決める重要な項目なのですけど・・・。それで、とりあえず両方の道を進みました。オオアリ属でない方を選ぶと、次は前伸腹節気門の形になるのですが、ここでちょっと引っ掛かりました。というのは気門は横に細長くて、そういう選択肢はありません。それで、たぶん、オオアリ属かもと思って検索を進めると、まさにイトウオオアリか、ウメマツオオアリあたりに到達しました。最後は前・中胸背板、前伸腹節、腹柄節の形で決めないといけないのですが、翅が生えているので、どこまでこの検索表が使えるのかどうか分かりません。とりあえず、今のところはウメマツオオアリではないかと思っているのですが、また、今度、まとめて出すことにします。羽アリはともかく難しいですね。(追記2018/07/18:7月9日に一度、殺虫管に入れた羽アリに逃げられたと思っていたのですが(7月11日の記事の1枚目の写真)、実は、殺虫管に入っていました。今度調べてみます

イメージ 3

イメージ 4

これも採集したので、先ほど冷凍庫から出して検索してみました。まず、「日本産ハムシ類幼虫・成虫分類図説」に載っている検索表で調べてみると、前胸背板後縁前方に横溝があるので、どうやらカミナリハムシ属みたいです。さらに、Kimoto氏の検索表を用いると、上翅の点刻がはっきりしないところからスジカミナリハムシになりました。ついでに顕微鏡写真を撮っておこうと思ったら、触角の端がちょこちょこ動き始めました。どうやらまだ生きているようです。冷凍庫に入れたのが12日なので、もう6日も経っているのですが、寒さには強いのですね。

雑談)
〇市役所の自然展に出す展示は1枚目に成虫の写真だけを載せ、2枚目と3枚目にそれぞれの眼の拡大写真を載せることにしました。成虫写真を載せることで少しはグロテスクさが薄れるかもと思っています。

〇クモの話で書き忘れました。ハエトリグモの前側にある二つの大きな眼で、餌か、結婚相手かを見分けるのですが、どこで見分けるかというと脚のパターンだそうです。♂も♀も大きさがそれほど変化しないとすると、背の模様を見ることができません。横から見ることになると、脚ぐらいしか見えないからかもしれません。それから、横にある6つの眼は焦点を結ばないおかしな光学系になっているそうです。

この記事に

開く コメント(0)

家の近くのむし探検 第410弾

7月11日に家の近くにある道路わきの茂みで探した虫の続きです。

イメージ 1

これは前にも見たことがありました。ミスジガガンボというヒメガガンボ科でした。ガガンボで名前の分かるのはほとんどないので、貴重な存在です。

イメージ 2

奥まったところに止まっていたので、「影とり」を外して直接フラッシュをたいて撮りました。かなり大きなハチだったのでヒメバチ以外も検討したのですが、該当する種がいないので、やはりヒメバチかなと思っています。

イメージ 3

アリが何かの幼虫みたいなものを捕まえていました。アリも分からないし、幼虫も何だか分かりません。

イメージ 4

フキバッタです。それも幸い、オスのようです。それで腹部末端を拡大してみました。

イメージ 5

尾肢が強く曲がっています。「バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑」の絵と比較すると、まず間違いなく、オマガリフキバッタ Parapodisma tanbaensisのようです。

イメージ 6

いつも見ているヒメシロモンドクガの幼虫です。「みんなで作る日本産蛾類図鑑」のヒメシロモンドクガのページを見ると、バラ科、クワ科、ブナ科、ヤナギ科、ハンノキ科、マメ科、アサ科、アオイ科。かなりの雑食性です。

イメージ 7

前翅横脈上の黒環があります。いずれにしても分からないマダラエダシャク類の一種です。

イメージ 8

こちらはヨツスジトラカミキリ

イメージ 9

こちらはコスカシバみたいです。これは「廊下のむし探検」初登場かもしれません。翅が青く光って綺麗でした。

イメージ 10

これはワキグロサツマノミダマシかな。

イメージ 11

最後は「日本産カミキリムシ」で検索をしてみました。たぶん、ナガゴマフカミキリでよいのでは。これで7月11日分は終わりです。この頃はまだ涼しくてよかったですね。今はまるで地獄です。

雑談)今日は市役所に展示するパネルの原案を作りました。「虫の眼の不思議」というタイトルにして、いろいろな虫の眼の拡大とちょっとした説明を載せたのですが、かなりグロテスクなパネルになってしまいました。このまま出してよいのかなぁ。ちょっと迷っています。

その準備で動物の眼について書かれた本を拾い読みしました。

M. F. Land and D.-E. Nilsson, "Animal Eyes", 2nd ed., Oxford Univ. Press (2012).

この本は以前衝動買いをして、そのままにしていました。読んでみると、なかなか面白い内容です。特にクモの眼について書かれたところは面白かったです。

ハエトリグモは全部で8個の眼があるのですが、そのうち、前の2つは大型です。大型といってもクモの眼は比較的に小さいので、その分、レンズを厚くすることができて、広い角度から光を取り込むことができます。カメラレンズで言えば、F2に相当し、かなりの広角レンズになります。ただし、受光部がかなり狭いので、狭い範囲しか見ることができません。この部分での視力を計算してみると、0.4くらいには達するみたいです。昆虫でもっとも視力の高いトンボの視力が0.06くらいなので、それよりもだいぶ良いみたいです。ただし、クモはヒトのようにレンズの厚さを変えたり、眼を動かしたりすることができません。その代わり、網膜に6個の筋肉がついていて、受光部の位置を動かすことで、見る方向や距離を変えているようです。また、ヒトの眼では網膜上にR、G、Bの3種の視物質が並列に並んでいるので、一か所ではR、G、Bのどれかしか検出できないのですが、ハエトリグモでは4種の視物質が層になって重なっているので、一か所で4色を同時に見ることができ、色の検出能力や空間分解能も高いと思われます。これに対して、残る6個の眼については分解能は低いのですが、さらに広い角度を見ることができ、もっぱら動きを検出しているとのことです。

この本には複眼を見たときに見える黒い点とか模様についても書かれていました。これは偽瞳孔(pseudopupil)と呼ばれているようです。基本的には個眼の中に入った光が内部にある視物質や色素によって吸収されて光が出てこないので、黒くなるということなのですが、暗い模様が広がったり、まだらになったりする場合はかなり複雑です。どうやら個眼が光の導波路(光ファイバーみたいなもの)になっていて、漏れた高次のモード(光ファイバーを横から見ても光が少し見えること)と色素の空間分布がそのようなパターンを作るという話のようです。かなり本腰を入れて読まないといけないみたいです。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

この間からマンションの廊下にはたくさんの羽アリが来ています。羽アリは図鑑にも出ていないし、調べようがなくて、いつも羽アリとだけ書いていたのですが、先日来、いくつかのコメントをいただきました。ただ、それを確かめようがないので、まずは1匹ずつ捕まえて検索でもしてみようと思って、12日に廊下で2匹ほど捕まえてきました。そのうちの1匹の検索をしてみました。

イメージ 1

調べたのはこんな羽アリです。頭部が小さいので、たぶん、♂有翅アリだと思います。♂アリについては「日本産アリ類画像データベース」に絵解きの検索表が出ています。調べてみると、これまで、オオハリアリ属トゲアリ属ケアリ属などの♂有翅アリの検索を試みたことがありました。何度か試みているのですが、ちっとも慣れないですね。それにしても、何で腹部が青いのだろう。

イメージ 2

今回はこの13項目を調べて、オオアリ属になりました。検索表が属までしかないので、合っているのかどうかよくわからないのですが・・・。とりあえず、写真で確かめていきたいとお見ます。②と⑤の赤字は調べなかったところです。また、⑬の赤字の部分は検索表が間違っているのではないかと思ったところです。

イメージ 3

まず、体長は4.1mmでした。この写真からは腹柄節が1節であることが分かります。⑦については脚、触角などに淡色部があるといえばあるので、何とも言えないのですが、⑦はサムライアリ属を除外する項目なので、たぶん、大丈夫だろうと思います。

イメージ 4


①と⑫は写真で判断できます。⑦に関しては大顎は鎌状と言えなくはないので、ちょっと迷ったのですが、これはサムライアリかどうかを判定する項目で、サムライアリに比べると、鎌状ではないのだろうと思いました。⑬については文章の上からは複眼の下が当然狭くなるはずなのですが、なぜか広くなっています。たぶん、誤植かなと思ってOKにしました。

イメージ 5

次は顔の拡大です。②については額隆起縁というのは矢印で示した部分だと思います。はっきりとはしないのですが、たぶん、あるということだと思います。④の頭盾は矢印で示した部分で、消失はしていません。大顎には粗い歯が1つあります。それで、⑤は大丈夫でしょう。

イメージ 6

頭部を横から見たところです。触角挿入孔は大顎から十分離れています。

イメージ 7

触角は数えてみると13節でした。

イメージ 8

盾板と小盾板の間は単純な線になっています。それで、⑥はOKです。

イメージ 9

脚が重なってはっきりとは見えないのですが、中胸側板には細かい鱗状の彫刻がなされています。

イメージ 10

⑩と⑫は前伸腹節気門についてですが、比較的丸い穴が開いていて、場所もほぼ上下の中央に位置しています。それで、二つともOKです。次の⑪については、後胸側腺の孔が白矢印の部分にある種もいるのですが、これにはありません。

イメージ 11

⑥は第2節の前部が第1節により覆われていることでOKだと思われます。また、⑬は第1節背板には剛毛が何本も生えています。ということで、一応、すべての項目を確かめたので、オオアリ属で合っているのだろうなと思ったのですが、さて、どの種かなと思って図鑑を見ても、ピンとくる種が見つかりません。それで、合っているかどうか不安に思っています。

イメージ 12

ついでに、翅脈に名前を付けてみました。名称は次の論文を参考にしました。

K. S. Perfilieva, D. A. Dubovikoff, and G. M. Dlussky, "Miocene Ants (Hymenoptera, Formicidae) from Crimea", Paleontolog. J. 51, 391 (2017). (ここからダウンロードできます)

この論文の著者は以前、翅脈でアリの分類をしようとした方みたいです。

雑談)
〇今日は猛烈な暑さの中、公園へアシナガバエを探しに行きました。さすがにこれだけ暑いと虫はいませんね。Amblypsilopus属だと思われるのが2匹いたのですが、いずれも写真を撮っているうちに逃げられてしまいました。今日は運動もせずに早々に帰ってきました。

〇老人大学で話す内容がだいたい決まりした。この間の田んぼの虫とマンションの廊下での虫探しの様子を話すことにしました。配る資料も一応作ってこれでとりあえず安心です。残るは市役所の展示です。これがなかなか進みません。あまりアイディアもないので、手作り図鑑を作る方に逃げてしまいました。これまでいろいろな虫についてちょこっと調べた内容を手作り図鑑に付録として付けようと思って、カメムシ目についてその部分を作ってみました。その作業にほとんど1日かかってしまいました。それにしても、これまでいろいろ調べたなぁと我ながら感心してしまいました。確かに冊子の格好にしておけば、また、見ることもあるだろうし、役に立つかもと自己満足しています。でも、まだ、カメムシ目だけ。後りが山のように残っていて、ちょっとうんざりです。

この記事に

開く コメント(0)

家の近くのむし探検 第409弾

7月11日に近くの道路沿いの茂みに虫探しに行きました。道路沿いなので、車が通るたびに風が起きて写真がなかなか撮れないのですが、その代り、じっくり探すといろいろな虫が見つかります。

イメージ 1

イメージ 2

これは以前、ハエヤドリクロバチ科Diapriidaeだろうと教えていただいた種みたいです。体長は測っていないのですが、2-3mm程度の小さなハチです。何とか科ぐらいは確かめられないかと思ってちょっともがいてみました。まず、次の本には科の検索表が載っています。

Henri Goulet and John T. Huber (Editors), "Hymenoptera of the world, an identification guide to families", Research Branch, Agriculture Canada (1993). (ここからpdfをダウンロードできます)

ただ、腹部の節を見たり、大顎を見たりしないといけないので、やはりこの写真だけでは検索表が使えません。それで、ハエヤドリクロバチ科の項だけを調べてみました。

1.触角柄節は明瞭に長く、幅の少なくとも2.5倍以上
2.頭部を横から見ると、触角挿入孔は通常はっきり見える
3.翅の縁紋は直線状か点状で、めったに翅脈がなくなることはない

という項目が載っています。触角柄節はかなり長いですし、触角挿入孔が上からでも見えています。また、よく見ると短い線状の縁紋が見えています。一応、合っています。また、次の本には亜科と属の検索表が載っています。

G. E. J. Nixon, "Diapriidae (Diapriinae) Hymenoptera, Proctotrupoidea", Handbooks for the Identification of British Insects Vol. VIII, Part 3(di), Roy. Entomol. Soc. London, (1980).(ここからpdfが直接ダウンロードできま)

写真だけだとほとんど調べられないのですが、触角の節数くらいは分かります。♂♀もよく分からないのですが、とりあえず、この写真の個体は13節なので、これからDiapriinae亜科であることだけは分かりました。それ以上は採集しないと無理みたいです。でも、これでちょっとだけ採集意欲が出てきました。

イメージ 3

これはハキナガミズアブです。この日はあちこちで見ました。これは♀の方みたいです。

イメージ 4

これはアシナガバエの仲間ですが、フラッシュをたいて撮ると、きまってフラッシュがたかれる前のプレ発光で逃げてしまいます。諦めずに写し続けていると、向こうが諦めるのかやっと撮れます。名前はよく分かりません。

イメージ 5

これはたぶんニレハムシだと思うのですが、前胸背板の黒紋がちょっと小さいのが気になりました。

イメージ 6

このチャバネヒメクロバエは縄張りでも張っているのか50cmから1m間隔くらいでたくさん止まっています。このハエは以前調べたことがありました

イメージ 7

これはグンバイムシの仲間です。「原色日本カメムシ図鑑第3巻」で調べてみると、こんな形をしているのはコアカソグンバイ Cysteochila fieberiかもしれません。初めて見ました。ちょうどこれを撮っているときに知人が近くに来られたので、道路際でおしゃべりをしてしまいました。その間にこの虫もどこかに行ってしまいました。

イメージ 8

イメージ 9

この間調べてトウキョウキンバエかなと思った個体はこの日に採集したものでした。この日は3匹いたので、捕虫網で2匹採集しました。でも、キンバエというとどうも汚いイメージなので、調べた後、手をしっかり洗いました。

イメージ 10

これはササキリの幼虫です。

イメージ 11

これはマミジロかマミクロかよく分かりませんが、ハエトリの雌です。何を捕まえたのだろう。

イメージ 12

これはアワダチソウグンバイです。今頃、セイタカアワダチソウを見ると、いっぱいついています。

イメージ 13

ヒメクロオトシブミですが、車が通るたびに風が起きるので、なかなかピントが合いません。

イメージ 14

これもピントがあまり合っていないのですが、たぶん、ホソコバネナガカメムシだと思います。

長くなったので、ここで一旦終わります。続きは次回に。

この記事に

開く コメント(2)

廊下のむし探検 雑談

雑談1)毎年、7月になると老人大学で1回だけの話をすることになっています。もう10数年くらいは続いているのではないかと思います。初めのころはいろいろな話をしたのですが、最近は虫に夢中になっているのでもっぱら虫の話をしています。それに備えて、ここ数年、今頃になると「廊下のむし探検」で見た虫の集計を行っています。今年もやってみました。これまで「廊下のむし探検」に出してきた写真のデータがEXCELに入れてあるので、集計は比較的簡単です。

イメージ 1

最初は分類別にこれまで分かった動物の種数を書いています。今年は田んぼの虫を調べたので、鰓脚綱なんていう変な綱が増えました。ホウネンエビです。カメムシ目が二つに分かれているのは、「原色日本カメムシ図鑑」で扱っているトコジラミ下目とカメムシ下目が「陸生カメムシ類」、その他の下目が「その他」になっています。2年前にマンションの改修工事があって、「廊下のむし探検」ができなくなってから、マンション外でも観察を始めたので、鳥綱とかチョウ、トンボの数がだいぶ増えました。

イメージ 2
イメージ 3

昆虫綱合計は最新の種数の和
%は最新の種数との比をとったもの
1) 日本産生物種数調査(2002) 
2) List-MJ 日本産蛾類総目録 version 2 βバージョン 2016.07.18
5) 日本産クモ類(2009)
6) 日本昆虫目録 第8巻 双翅目(2014)
7) 日本昆虫目録 第7巻 鱗翅目(第1号 セセリチョウ上科 − アゲハチョウ上科)(2013)
8) バッタ・コオロギ・キリギリス大図鑑(2006)
9) 日本のトンボ(2012)
10) 新訂原色昆虫大図鑑III(2008)
11)石綿進一、竹門康弘、陸水学雑誌 66, 11 (2005)
12) 竹松葉子、家屋害虫 28, 29 (2006)
13) 町田龍一郎、増本三香、家屋害虫 27, 73 (2006)
14) "Earwigs of Japan"
15) 日本列島の甲虫全種目録(2018)
16) 日本産昆虫目録 第4巻 (2016)
17) 日本産昆虫目録 第5巻 (2016)

この表は観察した種数を日本産の種数と比較したものです。一番右の欄の「日本産」はできるだけ最新のデータを載せようと思って文献を探したものです。その一番下の昆虫綱合計はそれらの数字を足し合わせ、データのないものは「新訂原色昆虫大図鑑III」に載っているデータを足し合わせたものです。だから、かなりいい加減です。薄い黄緑色になっている欄が今までに観察した種数と、できるだけ最新の種数との比を取ったものです。

蛾は以前収集していたので見たら名前がだいたい分かるし、種数も多いので、統計的には一番信頼できるデータだと思います。後でお見せしますが、「廊下のむし探検」初登場の蛾の種数はこの1、2年でほぼ頭打ちになっているので、ここに出ている14%くらいがほぼ限界値に近いのではないかと思います。そういう目で全体を眺めてみると、カメムシの異翅類、バッタ、カゲロウ、チャタテムシなどは結構いい線を行っている感じです。これに対して、ハエ、ハチ、カメムシのうち同翅類、甲虫などの大票田が2-4%というのはまだまだこれからだなぁという感じを与えます。また、アザミウマとか、トビムシなどはまったく手の出せていないこともよく分かります。

イメージ 4

これは蛾の月別の初登場数と累計種数を表したグラフです。EXCELにデータを入れておくと、こんなグラフもそれほど苦労せずに作れます。まず、データをブログの日付でソートします。それで、観察を始めた最初からある月の終わりまでで種数を調べます。種名には重複がいっぱいあるのですが、重複を除いて種数を調べる方法は以前書きました。ネットで見つけただけなのですが・・・。とにかく、こうやって毎月終わりまでの累計種数を調べて、前の月との差を取れば棒グラフができますし、そのまま折れ線グラフにすると累計種数の変化になります。2016年前半にマンションの改修工事があり、「廊下のむし探検」ができなくなり、それ以後は公園や道路わきの茂みで探すことが多くなったのですが、それほど違和感なくつながっています。でも、最近は増え方が少なくなってそろそろ限界に近付いているかなという感じです。なお、棒グラフのところに書いた数字は棒グラフの一番高いものの値です。

イメージ 5

ついでに甲虫もやってみました。こちらはブログを始めた頃には名前がほとんど分からない状態だったのですが、その後、皆様のおかげで少しずつ知識も増えてきて、今まで分からなかった種も次第に分かるようになってきました。グラフを見ると、最初の年の増え方が蛾に比べるとかなり少なく、その後も少しずつ増えている様子が分かります。全体として見ると、最近になっても累計種数がほぼ直線的に増加しているので、まだまだ伸びしろが大きいことが分かります。蛾と同じ14%になるには1820種まで行かなくてはならないので、当然でしょうけど。

雑談2)この老人大学と一緒の頃に市役所ロビーで自然展が開かれます。これに協力して毎年パネルや標本などを展示しているのですが、今年もその季節がやってきました。蛾を出したり、カメムシを出したり、昨年は「すすきの葉はなぜ切れる」などの植物を出したのですが、いよいよネタ切れになってしまいました。それで、今年は虫の眼について出そうかなと思っていて、コカゲロウのターバン眼、クロバネキノコバエの眼橋、ハエトリグモの眼、トビムシの小眼、ツマグロキンバエの縞模様のある眼、この間撮った上下で異なるミズアブの眼などの写真を集めました。後、通りすがりさんから教わったモンシロチョウ、ヤマトシジミ、アミメカゲロウなどと、トンボの眼を写そうと思って、今日は網を持って採集に行こうと思っています。眼の写真と全体の写真、それに簡単な説明を入れたパネルにしようと思っていますが、期限はあと1週間。間に合うかな。

雑談3)この間、ちょっと変わったハエを見つけました。

イメージ 6

よく見かけるハエなのですが、6月9日に用水路脇の茂みで見つけたものです。ネットで検索するとヤブクロシマバエ Minettia longipennisというのによく似ている感じです。実際にそうなのか、まずは属の検索をしてみようと思って意外な苦戦を強いられています。シマバエ科の属の検索には、いつも株式会社エコリスのホームページにある「日本のシマバエ科 属への検索試案」を使わせていただいているのですが、これ、意外に難しいです。例によって絵が載っていないのは仕方がないとして、MND以外には文献が手に入らないので、まさに検索項目を文章だけで理解していかなくてはなりません。昨日は「中胸側板の過剰剛毛」という言葉に引っかかってしまいました。これはMelinomyiaに関係する項目で出てきたのですが、過剰とはなんぞや。それで、Melinomyiaについて書かれている文献を探しました。笹川氏の論文が見つかり、中胸側板の前腹側に剛毛が一本あり、通常後縁部にある剛毛の3/4の長さを持つとのことです。その剛毛の有無を尋ねているみたいです。これでやっとその意味が分かりました。次は中胸背板の剛毛の名称です。普通、剛毛が列をなして並んでいるので、比較的容易に名付けられるのですが、このハエはぽつっぽつっと1本だけ生えている剛毛が多いので、どれに帰属してよいのやら分かりません。Minettiaの剛毛についてある論文を探しているところです。ハエ1匹に何日かかっていることか。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事