廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します
今年は「甲虫の年」に決めたので、この間からハムシを調べたりしていたのですが、いよいよ私にとっては本命中の本命のコメツキムシを調べてみました。「絵解きで調べる昆虫」に大平仁夫氏の詳しい説明があるので、何とかなるかなと思って何度か挑戦したのですが、いつももやもやで終わってしまい、挫折していました。今回は少し気合を入れてやってみました。でも、素人がやっていることなので、話半分程度で見ていただけると幸いです。


調べたのはこのコメツキです。特に理由があったわけでなく、たまたま家の近くにいたのを捕まえたので調べてみただけでした。いつものように冷凍庫に入れていたのですが、数日前に出してきて「絵解きで調べる昆虫」に載っている検索表と照らし合わせながら調べていきました。私にとって難しかったのは、用語がよくわからなかった点です。絵解きなので絵は載っているのですが、それを見てもどうも分かりませんでした。それでいろいろな文献やインターネットサイトを見ながら調べていったので、時間がかかってしまいました。

まず、この個体の亜科から調べていきました。「絵解きで調べる昆虫」の検索表を使って調べるとカネコメツキ亜科になったので、まず、その過程から見ていきます。

イメージ 1

これはその検索過程を示したもので、①から⑥まではいろいろな亜科を除外するための項目で、最後に残った⑦でカネコメツキ亜科かコメツキ亜科かを決めます。この最後の⑦がいつもよく分からなかったのですが、今回はちょっと分かった気がしました。いつものように、検索順ではなくて部位別に見ていきます。

イメージ 2

冷凍庫から出してそのまま置いていたらホコリまみれになってしまいました。ホコリを取ってから写せばよかったですね。この個体は体長13.9mm。かなり大きかったので楽だったのですが、意外とつるつるしていて、ピンセットで挟むと滑って飛んでいってしまうことが何度かありました。この写真からは⑤の翅端が丸いというところを見ます。これは翅端の尖ったヒゲコメツキ亜科を除外する項目です。

イメージ 3

次は顔の部分です。この詳しい説明は後ほどするとして、この写真では触角の取付部が複眼の内側に接していることを見ます。これは離れているツツコメツキ亜科を除外する項目です。次の⑤の大顎の歯なのですが、毛が邪魔をして、あるようなないような。はっきりとは分かりませんでした。でも、⑤のもう一つの項目がOKだったので、たぶん、大丈夫でしょう。

イメージ 4

さて、これは頭部を上から見たところです。ここがいつも迷ってしまうところでした。検索表の⑦は本来( )の部分がなくて、頭部が矩形状か、楕円形状かというのですが、どこが矩形なのか楕円形なのか分かりません。それで、先日ブログにも書いたようにStibickの論文を見て、はたと気が付きました。

イメージ 5

そこには矩形とか楕円形とかは書いてなくて、頭が平坦か丸いかと書かれていたのです。それならば、横から見ればよいと思って撮った写真がこれです。確かに頭頂部は矢印で示すように平坦です。さらに、こうやって見ると、口器は下前方に開くというのも何となく分かります。でも、ともに絶対的な記述ではなくて、相対的なので、コメツキ亜科と思われる個体と比べてみることにしました。幸い、アカハラクロコメツキというコメツキ亜科の標本があったので、それと比べたのが次の写真です。

イメージ 6

頭部が丸いか平坦かはAとBを比べると何となく分かります。それよりも口器の位置がだいぶ違います。コメツキ亜科と思われるAでは確かに下の方についていますが、Bでは前の方についています。これは上から見た写真Dを見ても口器が上から見えていることからよく分かります。CとDは頭部を上から写したものですが、楕円形、矩形と言うのも分かるような気がしますが、私にははっきりとは分かりません。

イメージ 7

次は腹側から見た写真です。ついでに「絵解きで調べる昆虫」を参考にして各部の名称を入れてみました。②の前胸腹板突起は中央に見える部分ですが、長く伸びています。この項目は突起の短いハナコメツキ亜科を除外する項目です。

イメージ 8

次も分かりにくい項目です。中肢基節腔が「開く」か「閉じる」かということなのですが、この写真を見ると、黄矢印で示した中胸腹側板側が凹んでいます。たぶん、これが「開く」ということに対応しているのだと思われます。閉じているとミズギワコメツキ亜科になります。

イメージ 9

最後は脚の爪です。③の爪の内側基部は多分、湾曲している内側の基部を指すのだと思うのですが、その部分には刺毛はありません。爪の基部にはありますが・・・。これはサビキコリ亜科を除外する項目なので、たぶん、大丈夫だと思います。⑥はクシコメツキ亜科を除外する項目で、櫛歯がないことを言っています。

以上で、亜科の検索が終わりました。多少、疑問になる点や調べられなかった部分があったのですが、たぶん、カネコメツキ亜科で大丈夫だろうと思っています。「絵解きで調べる昆虫」ではこの亜科は4群に分けられることになっています。ただ、その検索表はありません。それで、各群の特徴から調べてみました。その結果、第4群の中のツヤハダコメツキ族の可能性が高いことが分かりました。そこで、その属・亜属の検索を一気に試みてみました。その結果、ツヤハダコメツキ属Pseudathous亜属になったので、その部分の検索の過程をお見せします。

イメージ 17

これも順番にお見せすれば良いのですが、同じ図をあっちこっちで参照してややこしいので、やはり部位別に見ていくことにします。

イメージ 10

先程と同じ写真なのですが、⑪から⑬はいずれもこの写真から判断できます。

イメージ 11

これも先程と同じ写真なのですが、⑨で迷ったのは前頭横隆起線と前頭横溝がどれを指すかというところです。隆起線は何となく分かるのですが、溝が分かりませんでした。それで、「コメツキムシ談話会」の記事の中からその説明を見て、この写真のように判断しました。いずれにしても、この個体は隆起線も横溝もよく発達しています。隆起線が中央で不明瞭になる種もあって、それはシモフリコメツキなどが含まれるヒラタコメツキ族になります。

イメージ 12

ここでは前胸腹側板線が一重であることを見ます。カネコメツキ属の様に第2群には2重になっている属もあります。また、前胸腹側板後縁の外角部分にとくにえぐれはありません。これはフトツヤハダコメツキ属を除外する項目です。

イメージ 13

次は微妙ですが、前胸背板後角に見られる2本の隆起線についてです。この2本の隆起線が完全に平行ではなく、後角に向かって少し収斂しているように見えることからPseudathous亜属を選びました。しかし、これも比較の問題なので、ちょっと怪しいところです。

イメージ 14

これは小楯板の拡大です。中央部分は平坦になっています。手元にあるルリツヤハダコメツキはMiwacrepidius亜属に入るのですが、ここが屋根型に膨らんでいます。

イメージ 15

そして、ツヤハダコメツキ族を特徴づける脚の跗節の下の膜状構造です。ここでは第2、第3跗節末端に完全な、第1跗節末端にやや不完全な膜状構造が見られます。

イメージ 16

拡大するとこんな感じになります。第4跗節にも微かにありそうなのですが、検索表の上からはこれはないと判断してよいようです。

ということで全ての項目を確認したので、ツヤハダコメツキ属Pseudathous亜属 Hemicrepidius (Pseudathous)でよいのではと思っています。どこかで間違ってとんでもない方向に行っているかも知れませんが・・・。この亜属にはクロツヤハダコメツキがいます。それで、その辺りの種ではないかと思っています。「コメツキムシの部屋」というサイトよると、この亜属には11種載っていました。従って、種まではまだまだ大変そうです。せめて属が合っていると嬉しいのですけど・・・。

この記事に

開く コメント(0)

家の近くのむし探検 第267弾

6月19日に家の近くにある林の入口で見つけた虫のうち、甲虫と蛾です。写真整理がなかなか終わらないので、焦ってやっています。

イメージ 1

イメージ 2

ヒラズゲンセイの♂がまだ同じ場所にいました。初めて見つけたときから3日が経つのですが、ほとんど同じ場所です。一方、♀の方は見つかりませんでした。それにしてもごつい大顎ですね。

イメージ 3

キベリコバネジョウカイです。これも最近よく見ます。

イメージ 4

イメージ 5

これはゴミムシ類の幼虫でしょうか。

イメージ 6

イメージ 7

ハムシだか、カミキリだか分からなかったのですが、以前見た写真と比べてハムシダマシであることが分かりました。昨年と一昨年の6月中旬から7月初めにかけて見ていました。

イメージ 8

ケヤキの葉に止まっているところをやっと見つけました。たぶん、ナミガタチビタマムシだと思うのですが、一応、採集したので、今度調べてみます。

イメージ 9

次は蛾です。これはアカイラガです。

イメージ 10

イメージ 11

小さかったので、木の実かなと思って写したら、ひょっとしたら蛾かも。「標準図鑑」で探したのですが、結局、よく分かりませんでした。

イメージ 12

イメージ 13

たぶん、ハマキガ科の幼虫だと思うのですが、よく分かりません。残りは次回に回します。

雑談)数日前から、先日採集したコメツキを調べています。


このコメツキです。検索表で一つずつ調べていき、先程やっと亜属まで到達しました。合っているかどうか分かりませんが・・・。結局、カネコメツキ亜科ツヤハダコメツキ族ツヤハダコメツキ属Pseudathous亜属です。この亜属にはクロツヤハダコメツキがいます。その辺りではないかと思っています。「コメツキムシの部屋」によると、この亜属には11種載っています。種まではまだまだ大変そうですが、せめて属が合っていると嬉しいのですけど・・・。顕微鏡写真を撮ったので、今度載せます。

この記事に

開く コメント(0)

廊下のむし探検 第917弾

写真整理が溜まってきているので、慌ててやっています。6月17日にマンションの廊下を歩いて見つけた虫たちです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

まずはこんなカミキリからです。翅を半分広げてのっさのっさ動き回るので、案外、撮影は難しかったです。ホソカミキリだと思います。(追記2017/06/24:ささきさんから、「冒頭のカミキリムシはミドリカミキリではないでしょうか?」というコメントをいただきました。そうですね。ミドリカミキリみたいです。過去にも何度か見ていたんですが・・・。最近、駄目ですね。ご指摘どうも有難うございました

イメージ 4

これは前胸背板側縁が後縁近くで角張っているのでアオバネサルハムシだと思いました。

イメージ 5

これはフナガタクチキムシだと思ったのですが・・・。

イメージ 6

ツマキヘリカメムシとオオツマキヘリカメムシという似た種がいます。「原色日本カメムシ図鑑」を見ると生殖節の形を較べて調べることになっていて、♂♀ともその写真が出ています。

イメージ 7

この部分です。それと比べると、ツマキヘリカメムシ♂に似ています。この手のカメムシはこの部分の写真をちゃんと撮っておかないといけないですね。

イメージ 8

イメージ 9

セスジヒメナガカメムシです。これはマンションの庭にある花壇の花を探すとすぐに見つかります。花はペラペラヨメナではないかと思います。以前、前胸背板の色が側縁を除いて黒かったらヒメナガカメムシ、全体が淡色で中央にT字型の黒い部分があるとセスジヒメナガカメムシだと教えていただいたことがあります。「原色日本カメムシ図鑑第3巻」を見ると、その他にもクロ、エチゴ、ヘリグロ、オガサワラの4種が載っていました。検索表も載っているのですが、ざっと調べた感じだとまずセスジで間違いなさそうです。

イメージ 10

交尾している個体も見つかりました。これもセスジですね。以前はヒメナガカメムシと思っていたのですが、こうやって写真を撮ってみると、ほとんどセスジばかりです。

イメージ 11

ということはこの幼虫もセスジなのかなぁ。

イメージ 12

花壇の花をよく調べてみると、実に小さなアザミウマがいました。アザミウマの検索も一度やったきりで、途中になっています。そのうちやらないといけませんね。でも、小さいからなぁ。プレパラートにしても、脱色をしないといけないみたいだし・・・。

イメージ 13

マンションの廊下に戻って、コガタシロモンノメイガ

イメージ 14

ヨコジマナミシャク

イメージ 15

これは前日にもいたオオナミガタアオシャクかな。

イメージ 16

カゲロウがいました。尾が2本で、小さな後翅が見えているので、たぶん、コカゲロウ科でしょうね。眼が小さいので♀。こんな写真から少し分からないかなと思って次の論文を見てみました。

御勢久右衛門、「日本産カゲロウ類①〜⑫」、海洋と生物 (1979〜1981)

これは昔、図書館でコピーしたものです。ちょっと古いのですが、カゲロウの検索にはいつもこの論文を見ています。コカゲロウ科の属の検索を見ると次のような感じになっています。

イメージ 17

①の後翅はあるはOKなのですが、次は前翅後縁の間脈と後翅を見ないといけません。

イメージ 18

その部分を拡大してみました。うーむ、だいぶ無理がありますね。間脈は見えますが、これが縦脈間に1本だか2本だかはっきりしません。もし1本ならウスバコカゲロウ属になり、2本ならコカゲロウ属になります。前者だとウスバコカゲロウか成虫の未記載種になるのですが、後翅の突起の形が鈎状にはなっていないみたいです。後者だと③に進んでいきます。ここで、後翅の翅脈の数になるのですが、これがよく分かりません。というわけで、生態写真で属や種を決めるには、コカゲロウ科ではこのあたりを詳しく撮っておかないといけないことが分かりました。次は頑張ってみます。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

廊下のむし探検 第916弾

6月16日にマンションの廊下も少し歩いていたのを忘れていました。少しだけですが、出しておきます。

イメージ 1

夕方に歩いたのですが、結構、蛾がいました。これはセスジスズメ

イメージ 2

イメージ 3

これはたぶん、シラフクチバ。(追記2017/06/24:ささきさんから、「『シラフクチバ』はアヤシラフクチバのようですよ。」というコメントをいただきました。あー、ホントですね。うろ覚えで書くといつも違っています。最近、他の虫ばかり調べているので、蛾にだんだん疎くなってきてしまいました。ささきさん、ご指摘どうも有難うございました)

イメージ 4

アオアツバ

イメージ 5

このアオシャクでだいぶ迷いました。アオシャクは模様がみな似ているので、以前、まとめたことがありました。それと比べて、さらに、大きさがそれほど小さくなかったという記憶をあわせて、オオナミガタアオシャクかなと思ったのですが、自信はありません。

イメージ 6

これは何でしょうね。蛾がまるでチョウのように止まっています。フトジマナミシャク辺りかな。

イメージ 7

これはモンキクロノメイガ

イメージ 8

ヤマメイガですね。たぶん、スジボソヤマメイガかなと思うのですが、はっきりとは分かりません。

イメージ 9

蛾以外ではトンボが閉じ込められていました。フタスジサナエですね。

イメージ 10

スジチャタテだと思います。こんな小さな虫にもダニがくっついている・・・。

イメージ 11

トビケラですが、名前は分かりません。

イメージ 12

アシブトハナアブ

イメージ 13

最後は蚊です。蚊もじっくり見ると見事な造形ですね。ヤマトヤブカだと思います。前に突き出しているものは中心から、口吻、小顎肢、触角の順になっています。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

家の近くのむし探検 第266弾

6月16日に家の近くにある林の入口の道に行ってみました。

イメージ 1

その途中でこんな実を見ました。今まで目立たなかった植物に赤い実がなっています。てっきりイチゴだと思いました。

イメージ 2

でも、葉にこんなに不規則に切れ込みが入っています。イチゴだと思ったので、「樹に咲く花」や「日本の野生植物 木本」でバラ科を探しましたが、見つかりません。きっと帰化植物なのだろうと思って諦めようと思ったときに、ふとクワ科を思い出しました。調べてみると、コウゾが似ています。

イメージ 3

そう思って写真を見直すと、赤い実の上に特徴的な形の幼果?がありました。図鑑を見ると、ヒメコウゾが野生種でヒメコウゾとカジノキの雑種がコウゾで栽培種だそうです。違いはコウゾの方が葉柄が長く(1-2cm)、有毛、ヒメコウゾは葉柄は0.5-1cm、短毛が散生するとのことです。一番上の写真を見ると、葉柄は長く、短い毛が密生しています。おそらく、コウゾの方かなと思っています。(追記2017/06/24:通りすがりさんから、「確認したところ、この辺ではコウゾもヒメコウゾも林縁に普通に生えてます。コウゾの葉柄はツルツル、ヒメコウゾの葉柄はザラザラでした。まだまだ実は熟しませんが、毎年食べてます。熟した実を軽く揉んでおくと、カナブンとアオカナブンが集まります。今はモミジイチゴが食べ頃です。」というコメントをいただきました。コウゾの実があんなイチゴみたいな実だなんて知りませんでした。葉っぱが切れ込んでいるのでクワ科を思い出したのが良かったみたいです。こちらのがコウゾなのか、ヒメコウゾなのかはまだよく分かりません。今度、葉柄を触ってみます。この間、葉柄の長さを測ったら1-1.2mm程度だったのでコウゾなのかなぁと思っていますが・・・。この実は食べられるのですね。それも知りませんでした。モミジイチゴはこちらにもありますね。最近、下ばかり見て虫を探しているので気が付かなかったのですが・・・

イメージ 4

イメージ 5

林の入り口に着きました。この日はこの写真のような大きめのアシナガバエがたくさんいます。頭頂が凹んでいて、複眼の横に瘤のある独特の構造を持つホソアシナガバエ属だと思います(こちらに写真があります)。アシナガバエというと以前、捕まえて検索をしてみたのですが、種のところで迷ってしまった経験があります。その時は菅井 桃李さんから、ヤマトマダラホソアシナガバエの色の薄い個体だとご指摘いただいたのですが、同属のヒメマダラ、マダラ、ヤマトマダラの3種の特徴をまとめていたら、だんだん分からなくなってしまい、挫折してしまいました。今回は2匹捕まえ、今、冷凍庫で眠っています。この3種の違いで分かりやすいのは前脚脛節背面の刺毛の数です。ヤマトマダラは短い刺毛が2−3本、マダラは1本、ヒメマダラは0本です。ヒメマダラは代わりに強い先端刺毛を2本持つとのことです。そこで、上の写真で調べてみました。

イメージ 6

これは1本だけです。たぶん、マダラホソアシナガバエで間違いないのではと思いました。今度じっくり調べてみます。

イメージ 7

何となく腹部の斑紋パターンがいつもと違うのですが、いつものフタスジツヤユスリカということにしておきます。

イメージ 8

イメージ 9

これは帰り道で見つけたアブです。ばっちり撮れたのですが、複眼がくっついているので♂です。♂は検索表がなくて残念ながら調べられません。

イメージ 10

翅脈で矢印のところに小さい刺のような突起があるので、ウシアブ群であることは間違いなさそうですが・・・。

イメージ 11

イメージ 12

これは以前に調べたヒメトビイロカゲロウ♂だと思います。コカゲロウのようなターバン眼をしていますが、トビイロカゲロウ科です。

イメージ 13

イメージ 14

これはシロタニガワカゲロウとしているカゲロウの♂です。眼の黒いパターンが面白いですね。

イメージ 15

また、カザリバが葉の上でくるくる回っていました。とにかく見ていて飽きません。その代わり、止まってくれないので、写真がみなぶれてしまっています。

イメージ 16

この毛虫はなんでしょうね。

イメージ 17

後は例によって名前の分からないハチ。

イメージ 18

アワダチソウグンバイ

イメージ 19

ササコナフキツノアブラムシはすっかり数が減っていました。まだ、兵隊みたいなのはいるみたいですが・・・。

イメージ 20

最後は川の土手にある倉庫にかけてあるネットで見つけたものです。ヒシウンカだと思うのですが、頭の上に角があります。何とか調べたいと思うのですが、手がかりがありません。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事