廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します
この間から顕微鏡写真をいっぱい撮ったのですが、まだブログに出してない分が溜まってきました。それで、早く処理しよう思ってまとめてみました。今日はテントウムシです。

イメージ 1

4月10日に公園で見つけたこんなテントウが対象です。前にも一度見たことがあったのですが、小さいし、たぶん、ヒメテントウの仲間だろうと思ってそのままにしていました。この日は一応採集しました。テントウムシは「原色日本甲虫図鑑III」に意外に詳しい検索表が載っています。一度、試してみたいなと思っていたので、検索に挑戦してみました。

たぶん、ヒメテントウだと思った先入観があり、どうしても引っかかってしまうところがあったのですが、検索をしてみると、ヒメテントウ属ではなくて、ホソヒメテントウ属ではないかと思うようになりました。さらに種の検索をしてみると、セスジヒメテントウという種にたどり着きました。間違っているのではないかと甚だ心配なのですが、とりあえず出してみることにします。

まずは族の検索です。

イメージ 2

この8項目を調べることにより、ヒメテントウ族になります。赤字は写真を撮らなかった項目です。それ以外は一応、写真で確かめました。今日は部位別に調べていきます。

イメージ 3

まずは背側からです。体長は2mmで、③と⑧の条件には合致しています。また、全体に毛が生えていて、光沢はありません。

イメージ 4

これは頭部です。頭盾は矢印で示した部分で横に拡がっているように見えますが、対抗する選択肢は「頭盾は眼の前方で強く側方に広がる」なので、そこまでは広がってはいないようです。また、触角は眼の下についています。それで、②はOKです。

イメージ 5

小あごひげ末端節はこんな感じでした。斧型でも円筒型でもないのですが、これに対抗する選択肢を選ぶと、1mm程度のチビテントウ族になるので、たぶん、大丈夫でしょう。触角の節数はこの写真ではよく分かりません。これに対抗する選択肢を選ぶと、今度は大きさが3mm以上のベダリアテントウ族になるので、これも大丈夫かなと思っています。

イメージ 6

このT字型の部分が前胸腹板です。前縁中央は平坦です。これも大丈夫でしょう。

イメージ 7

この⑤と⑥はたぶん、大丈夫だと思われます。ということで、ヒメテントウ族になりました。次は属の検索です。

イメージ 8

この5項目を調べるだけなのですが、⑪でだいぶ苦戦をしてしまいました。というのはヒメテントウ属では跗節は隠4節と書かれているからです。そもそもこの隠4節とは何だろうと思ってネットを探してみたのですが、ほとんど見つかりません。やっとテントウムシダマシについて書かれた文献を見つけ、跗節第3節が非常に小さくて偽3節とも言われるということが分かりました。これも部位別に見ていきます。

イメージ 9

これは横から撮ったものですが、頭部が上から少しだけ見えていることが分かります。

イメージ 10

複眼は通常通りで、⑫はOKです。

イメージ 11

小あごひげは先端に行くに従って狭くなっています。それでこれもOKです。

イメージ 12

前胸腹板に関する項目が4つ続きます。それで、各部を測ってみました。まず、⑨は実際に測ってみると縦の長さは横幅の1/8.9でした。よってOKです。⑩と⑬に載っている隆起線は見られません。それでこれらもOKです。⑫も測ってみました。基腹板側部は1と書いた部分を指すと思われますが、腹板突起は基腹板側部の長さの1.82倍でした。でも、まぁいいのでしょう。

イメージ 13

腿節線は矢印で示した部分だと思われますが、途中で消えてしまっています。よって不完全ということになります。

イメージ 14

そして、問題の跗節です。どう見ても3節のように見えます。ヒメテントウ属はこの写真の第3節の基部にごく短い節があります。それを見つけようと思って何枚も写真を撮ってしまいました。でも、ありそうにはありませんね。ということで、ヒメテントウ属ではなくて、ホソヒメテントウ属になってしまいました。合っているのかだいぶ心配なのですが・・・。残りは種の検索なのですが、これは次回に回します。

雑談)今、ちょうどヒメテントウ属のアラキヒメテントウではないかと思われるテントウも調べています。先ほど出てきた前胸腹板の隆起線とか、跗節の隠4節とかが見られ、これと比較してみると何を意味しているのかがよく分かりました。

この記事に

開く コメント(0)

この間からキジラミの仲間を調べているのですが、種を決める段階になってどうにもうまくいかなくなりました。いつまで抱えていても仕方がないので、ここで一度出しておこうかなと思います。

イメージ 1

対象としているのはこんな虫です。4月10日にマンションの渡り廊下で採集しました。チャック式ポリ袋に入れておいたら、つぶれてしまったのですが、とりあえず調べてみようと思って、先日、属までの検索をしました。その結果、キジラミ科のリンゴキジラミ属になりました。私は何となくベニウラジロノキキジラミで色の薄い個体ではと思っていたのですが、その後、通りすがりさんからヤツデキジラミの越冬世代ではというヒントをいただきました。種の検索をしてみると、いろいろ疑問になる点が出てきて、それぞれを留保しながら検索していったら、結局、6種が残ってしまいました。そのうちのどれかを決めようとしたのですが、実はどれも問題点があって決まりませんでした。今はそんな状況です。

とりあえず、検索の過程で調べたものを写真で見ていきたいと思います。検索表には、「絵解きで調べる昆虫2」に載っている検索表を用いました。リンゴキジラミ属までは前回出したので、その続きです。

イメージ 2

イメージ 3

嫌になるほどいっぱいあるでしょう。とりあえず、ヤツデキジラミに向かって進もうと思うのですが(黒字の部分)、途中、疑問になったところで別の選択肢を選ぶとこうなるというのを青字で示してあります。その部分はその都度触れることにします。また、属の検索表の中で問題になったところ(⑫)も加えておきました。

イメージ 4
まずは翅の色に関する部分ですが、薄い色はついているものの褐色というほどではないと思って、⑲〜㉒はいずれも翅に色がついていなくて、斑紋もないという方を選びました。なお、翅脈と翅室の名称は先ほどの本によっています。

イメージ 5

次はこの間も出した触角の長さです。顕微鏡の倍率を固定したまま2か所を撮影しました。触角の長さは頭幅の1.53倍なので、㉓も㉔もOKだと思われます。

イメージ 6

これは頭部を撮ったものですが、先端に突き出している部分が額錐です。これの形が問題になります。、㉔、㉝、㉟の項目はいずれも大丈夫だと思われます。

イメージ 11


次は翅脈に関するものです。㉕は大丈夫だと思ったのですが、翅端より後縁部分にかけて薄茶色の部分が帯状と見えなくもないので、そちらを採用してマエジロキジラミを残しました。㉖はCu1aとCu1bのなす角ですが、実際に測ってみると77度になりました。直角に近いともいえるし、鋭角だとも取れるので、これも留保しました。ヤツデキジラミに進むには直角か鈍角を選ぶことになります。また、鋭角を選ぶとサツマキジラミになります。こちらも候補として残しておきます。㉗と㉞は共にOKだと思われます。㉚aは黒矢印で示した部分に黒っぽい斑紋があるかどうかです。あると言えばあるし、ないと言えばないような気もするしというので、ないという方も残しておきました。こちらを残すと、ミヤマヤナギキジラミやコリヤナギキジラミなどが残ります。

最後の㊱は迷いました。cu1室のどれを幅としてどれを長さとするのか分からなかったからです。文献も見たのですが、絵で説明してある文献は見つかりませんでした。それで、文献に出ている図を使っていろいろな場所を折れ線近似をして測ってみたのですが、もっとも単純にこの写真のような場所を測ると一番文献値に近いことが分かりました。これで測ると長さは幅の1.3倍になり、対抗する選択肢が1.6-1.7倍なので、㊱もまあ大丈夫かなというところです。

イメージ 7

全体の体色を写した写真が一番最初の生態写真しかなかったので、頭部と胸部を写した写真を載せておきました。これは確かに鮮紅色ではないので、㉘bを選ぶのが妥当だと思うのですが、本に出ている額錐と触角先端の剛毛の図がこの個体とあまりによく似ていたので、ついそちらに惹かれ、ひょっとしたら薄い色の個体もあるかもと思って、先日はベニウラジロノキキジラミを選んでしまいました。ここではベニウラジロノキキジラミも候補に残しておきたいと思います。

イメージ 8

これは後脚脛節基部の距棘です。これは大丈夫でしょう。

イメージ 9

それから触角先端の剛毛です。短い方は長い方の2/3以上なのでこれも大丈夫そうです。

イメージ 14

前翅長は2.5mmなので㉜もまぁ大丈夫でしょう。ついでに後で用いる翅端までの全長も見積もってみました。

ということで、いくつか候補は出てきたのですが、とりあえず検索表の上ではヤツデキジラミに到達しました。この後、額錐の写真が載っている本(次に示す[1, 2]の文献)があったので、比較してみるとかなり様相が違います。それで迷い始めました。それも含めて、ここまで出てきた候補を比較してみたいと思います。

イメージ 10

候補に挙がった6種です。字が小さいので拡大してみてください。一番右は今回の個体について計測した値です。「日本昆虫目録第4巻」によると、マエジロキジラミはトドキジラミの別称となっているので、一緒にしておきました。表の中で〇〇×などの記号は三つの文献[1〜3]に載っていたかどうかを示しています。三つの文献というのは次の三つです。

[1] 三枝豊平ほか、「九州でよく見られるウンカ・ヨコバイ・キジラミ類図鑑」(櫂歌書房、2013).
[2] 林成多、宮武頼夫「山陰地方のキジラミ図鑑」(ホシザキグリーン財団研究報告特別号第6号、2012).
[3] H. Inoue, "Descriptions of two new and one little known species of the genus Cacopsylla (Hemiptera: Psyllidae) on Sorbus japonica (Rosaceae) and an observation of their biology", Entomol. Sci. 7, 399 (2004). 

これらを眺めると、分布の上からミヤマヤナギははずしてよさそうです。全長には分布があるのであまりあてにはなりません。むしろ触角長などは使えるかもしれません。触角が圧倒的に短いサツマは除外してもよさそうです。額錐のかなり長いヤツデも除外してもよさそうな気がしました。後は説明を読んで、腹部が緑色のマエジロは除外しました。ベニウラジロノキも[3]が記載論文なので読んでみると、どうも違うような気がします。最後のコリヤナギも頭頂の模様が違います。こんな感じで、どれも当てはまりません。ここで挫折です。

イメージ 12

あまり大した写真は残っていないのですが、一応、出しておきます。これは触角を撮ったものです。

イメージ 13

うまく写らなかったのですが、一応、後翅です。

ということで、またまた挫折してしまいました。キクイムシで挫折して、コガネコバチで挫折して・・・。どれもこれも挫折で困ってしまいます。一度、種がはっきり分かった個体で練習をしないといけませんね。

この記事に

開く コメント(0)

廊下のむし探検 第998弾

4月12日にマンションの廊下で見つけた虫たちの続きです。この日は虫が多くて、マンションの廊下をずっと歩いただけで40種ほど見つかりました。その分、名前の分からないものも多くって・・・。

イメージ 1

最初はこの虫です。変わった形をしていますが、これはチャタテムシの仲間です。こんな複雑な模様を持つのはチャタテ科のTrichadenotecnum属です。これについては次の論文に詳しく載っています。

K. Yoshizawa, "Systematic revision of Japanese Trichadenotecnum Enderlein (Psocodea: ‘Psocoptera’: Psocidae: Ptyctini), with redefinition and subdivision of the genus", Invertebrate Taxonomy 15, 159 (2001). (ここからダウンロードできます)

この論文によると、Trichadenotecnum属は5つの種群に分けられるそうです。これをまとめてみると次の表のようになります。

イメージ 2

A〜Eが種群で、Fの"incertae sedis"は「分類学上の位置不詳」という意味です。赤字は「日本昆虫目録第4巻」を見て、分布に本州が入っている種です。最後のGは上の論文には載っていなくて、目録には載っているもののうち本州産のものを書いておきました。各種群の特徴は主に交尾器について書かれているのですが、前翅について書かれている部分だけを抜き出したものを右欄に載せておきました。この中で「小点に広く覆われる」と書かれているのは翅全体に小点があるもので、今回の個体は中央部分だけなので、それらを除外します。すると、A、B、Dの種群が残ります。論文に載っている図と今回の写真を比較し、本州産だけを選ぶと、incognitum、latebrachium、yamatomajusの3種が該当することが分かりました。

さらに、今回の個体の前翅長4.1mmと比較しました。

incognitum ♂4.0-4.4mm、♀4.2-4.5mm
latebrachium 3.0-3.2mm
yamatomajus 3.4-3.6mm

これから、Trichadenotecnum incognitumが大きさ的にはもっとも近いかなと思いました。

イメージ 3

次はハネカクシです。これはまだ調べていません。

イメージ 4

変わったゾウムシがいました。「原色日本甲虫図鑑IV」の図版と比較すると、チャバネキクイゾウムシというのが一番近そうです。"キクイ"と名の付く虫が多いですね。

イメージ 5

これはたぶん、モモブトカミキリモドキの♀。

イメージ 6

この変なクモはガザミグモ。カニグモ科です。

イメージ 7

尾が二本なので、たぶん、ヒラタカゲロウの仲間ですね。これも♀かな。

イメージ 8

後翅の翅脈が辛うじて見えています。セイヨウミツバチとニホンミツバチの違いについても以前書いたことがあります。要は後翅の翅脈の有無で見分けることができます。それによるとこれはセイヨウミツバチです。

イメージ 9

イメージ 10

そして、また、ハネカクシです。恰好がいいので、調べたいなとは思うのですが・・・。

イメージ 11

毛虫はあまり調べようがないのですが、ネットを見ていたら、何となくハスモンヨトウの幼虫に似ています。違うかもしれませんが・・・。

イメージ 12

結構、大きいので写したら、いつも見ているネコハグモみたいです。大きさも測ればよかったですね。

イメージ 13

これは最初にも出てきたヒメクチキムシダマシです。

イメージ 14

それにミツボシツチカメムシ

イメージ 15

後は蛾です。これはミスジツマキリエダシャク

イメージ 16

それにクロフオオシロエダシャクでした。これでやっと4月12日分が終わりました。

この記事に

開く コメント(0)

廊下のむし探検 第997弾

朝の続きで、4月12日にマンションの廊下で見つけた虫たちです。

イメージ 1

最初はまたひっくり返っている甲虫です。先ほどは腹部が黒くてコアオハナムグリだとしたのですが、今回は銅色です。

イメージ 2

表返してみると、やはりハナムグリの仲間です。こんなハナムグリにはナミハナムグリとアオハナムグリがいて、以前も調べたことがありました。頭盾を見ないとよく分からないのですが、この個体では上翅に1対の縦隆条があるので、たぶん、ナミハナムグリの方かなと思っています。

イメージ 3
イメージ 4

上翅がつやつやなのですが、触角から見るとケシキスイの仲間かなぁ。それにしても後翅って長いのですね。

イメージ 5

イメージ 6

最初は有翅アリだなと思ったのですが、腹柄節の部分がやけに細いし、触角柄節も短いし・・・。ということでよく分からなくなりました。

イメージ 7

これはスネアカヒゲナガゾウムシ

イメージ 8

そして、これはトゲヒゲトラカミキリ

イメージ 9

そして、またひっくり返っている甲虫です。

イメージ 10

センチコガネの仲間です。これも以前、センチコガネとオオセンチコガネの違いを書いたことがあります。「頭楯は短く半円形、前胸背板中央の縦溝は後半のみ」ということなのでセンチコガネの方みたいです。

イメージ 11

ツヤアオカメムシ

イメージ 12

これは小さなチャタテです。縁紋が四角いのでウスイロチャタテ科でしょうね。たぶん、クリイロチャタテではないかと思っている種みたいです。

イメージ 13

イメージ 14

キクイムシそっくりですが、触角が違います。これはナガシンクイムシ科です。「原色日本甲虫図鑑III」の図版と比べてみると、ニホンタケナガシンクイとホソタケナガシンクイあたりが似ています。検索表があるので、この両者を比べてみると、前者は触角が11節、後者は10節のようです。

イメージ 15

早速、節数を数えてみました。全部で11節。ニホンタケナガシンクイの方が候補になりました。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

こちらはキクイムシ。先日、検索に再挑戦しました。1971年の論文に載っている検索表ではXyleborus属になったのですが、その後、この属の含まれるXyleborini族では恐ろしく属が増えているので、何とも言えない状態になっています。

イメージ 19

これは採集して検索してみました。カタアリ亜科のヒラフシアリの雌有翅アリの翅が脱落した個体になりました。一応、顕微鏡写真も撮ったのですが、先ほど調べてみたら、以前にも詳細に調べていました。たぶん、間違いないでしょう。

イメージ 20

これはクロバネキノコバエの仲間だと思うのですが、黄色いのは花粉でしょうね。花にも訪れるみたいですね。

雑談)この間から、やたら検索をしています。今日はヒラフシアリと12日に捕まえたテントウの検索をしてみました。テントウの方はヒメテントウ属Pullus亜属のアラキヒメテントウが今のところ第1候補になっています。この亜属の特徴は、①触角11節、②前胸腹板に1対の縦隆線、③腿節線は完全となっているのですが、①の触角の節数が10節なのか11節なのか、いまいちはっきりしていません。大きさが1mm半くらいしかないので、観察もなかなか大変です。この間から調べているキジラミについては可能性のありそうな6種をピックアップして、細部を比較しています。ただ、どれも細かなところでは違っていて、途方に暮れています。そうこうしているうちに、観察中にうっかり咳をしてしまい、テントウもキジラミもアリもみんな吹っ飛んでしまい、探すのが大変でした。

この記事に

開く コメント(0)

廊下のむし探検 第996弾

2日ほど旅行に行っていました。その分、ブログに出すのが遅れてしまいました。4月12日にマンションの廊下で見つけた虫たちです。6日も前になるので、どんな天気だったか忘れてしまったのですが、とにかく虫がいっぱいいました。大体40種くらい。3回に分けて出そうかと思っています。その他にも14日の分もあるし、顕微鏡写真を撮ったものもコガネコバチ、ホソヒメテントウ、それにこの間のキジラミなど・・・。

イメージ 1

この日はこんな風にひっくり返っている虫がかなりいました。

イメージ 2

ひっくり返してみました。腹が黒かったので、たぶん、コアオハナムグリでしょうね。

イメージ 3

これはアカハラクロコメツキです。腹が赤いところを写そうと思ってひっくり返すと、ぴょんと跳んでもとに戻ってしまいます。10回くらい試みたのですが、とうとう諦めて

イメージ 4

こんな感じです。

イメージ 5

前胸背の両側に深い凹みと基部中央に浅い凹みがあるので、たぶん、モモブトカミキリモドキ。後脚腿節が細いので♀の方だと思います。

イメージ 6

トビケラは採集しないと科も分からないのですが、思わず撮ってしまいました。シマトビケラの仲間かな。

イメージ 7

これは何だか得体の知れない甲虫です。最近は検索ばかりしていたのですが、この日は「原色日本甲虫図鑑III」の図版をずっと見ていきました。クチキムシダマシ科のヒメクチキムシダマシ Elacatis ocularisというのが似ています。一応、「日本列島の甲虫全種目録 (2018年)」で調べてみると、クチキムシダマシ科ではなく、チビキカワムシ科になっていました。学名と和名は変更なし。甲虫も上位分類が変わってしまったようですが、どれだけ普及しているのか分からないので、どちらで書いたらよいのか迷います。植物の写真リストも作ろうと思っているのですが、最近のAPG体系が以前親しんでいた分類とあまりにも違うので、どちらで書こうかと迷ってしまいます。分類にDNAが使われるようになってからややこしいことになってしまいました。

イメージ 8

これはマルガタゴミムシの仲間ですが、今のところ、名前はギブアップしています。

イメージ 9

これは変わったカメムシだなと思って採集したのですが、調べてみたら、以前も見たことのあるノコギリヒラタカメムシのようです。

イメージ 10

何の変哲もない甲虫に見えますが、これが意外に苦戦。図鑑を何度も初めから見てしまいました。あまり自信はないのですが、最終的にはコメツキモドキ科のチビコメツキモドキ Henoticonus triphylloidesではないかと思っています。あまりコメツキには似ていないので、違っているかもしれません。これも上の目録で調べてみると、オオキノコムシ科マツコメツキモドキ亜科になっていました。

イメージ 11

それからまたケシキスイ科の仲間です。この仲間はマンションにあまりにたくさんいるので、どうも調べる気がしません。この間調べてEupraea属かもと思った個体と比べてみると、今回のは翅の筋がはっきりしているので、違う種の様です。

イメージ 12

こうやって写真を撮っていたら、突然、翅を広げました。そこをパチリ。

イメージ 13

これは別の個体です。やはり同じ仲間かな。

イメージ 14

それにまたマルガタゴミムシです。

イメージ 15

今年は何とかハネカクシの亜科ぐらいは調べようと思っていたのですが、手が回りません。

イメージ 16

オナシカワゲラはスタイルが良いので好きなのですが、名前はちっとも分かりません。

イメージ 17

ハムシダマシの仲間です。これについては以前ちょこっと書きました。それによると脚の腿節の色で見分けるとよいみたいです。これはアカハムシダマシの方かな。

イメージ 18

イメージ 19

触角の形からテントウムシの仲間だと思いました。テントウムシも小さいのはさっぱり分かりません。この間、ホソヒメテントウ属らしいのを調べたので、小さいテントウも少しずつは調べていきたいと思っています。この個体も採集したと思うので・・・。また、跗節の隠4節というのに悩まされるかもしれませんが・・・。

今日は見た順に載せました。これでマンションの1/3ほど歩いて見つけた虫たちです。残りは次回に回します。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事