廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します
廊下のむし探検 第894弾

4月18日の写真整理を今頃やっています。この日は午前中に公園に行って虫を探し、午後からはマンションの廊下を歩いて虫を探しました。だから、写真がいっぱい。その分、名前調べも大変。

イメージ 1

甲虫と蛾だけとりあえず調べてみました。見た順に載せていきます。これはケナガスグリゾウムシです。

イメージ 2

最初のゾウムシは良かったのですが、次のジョウカイボンになって途端に迷い始めました。「原色日本甲虫図鑑III」を見ると、雰囲気的にはクロヒメクビボソジョウカイに似ている感じです。ただ、ジョウカイボン科は今、大変なことになっています。「2013年日本産ジョウカイボン科チェックリスト」というサイトによると、種・亜種を含め371種が記録されているとのことです。さらに、クロヒメクビボソジョウカイはクロニンフジョウカイと和名が変更され、2亜種が記録されています。さらに、この種の含まれるAsiopodabrus属だけでも184種。これは大変だなと思ったのですが、とりあえず、クロヒメクビボソジョウカイだけでも調べてみようと思って文献を探してみると、次の論文が見つかりました。

K. Takahashi, "Notes on the Lineage of Asiopodabrus malthinoides (Coleoptera, Cantharidae), with Description of a New Subspecies(クロヒメクビボソジョウカイ種群に関する知見と1新亜種の記載)", Elytra 36, 61 (2008). (ここからElytraの該当号[36(1)]がダウンロードできます)

この論文は、今まで、クロヒメクビボソの九州産亜種としてA. malthiroides hayatoが記録されていたのですが、筆者が大分で調べたところ、一つはこのhayatoで、もう一つは原名亜種とは異なっていたとのことです。このhayatoは原名亜種とは明らかに異なっていたので、別種として扱い、もう一つの種をtakizawaiという亜種にしたという内容です。これらの種・亜種は基本的に交尾器で分類するのですが、各部の色についての記載もありました。

イメージ 3

その部分を拡大してみます。例えば、A. m. m.という原名亜種については、基本色は茶色がかった黒で、次の場所が黄褐色だそうです:複眼の前の部分、触角第1、2節および3節の基部、前胸背板の両側面、前胸腹板の前半部、末端節を除いた口肢、大腮の先端半分、基節と転節の先端部分。その他、触角3-11節、腿節・脛節の先端部は暗黄褐色だそうです。比べると、まぁ、合っているのですが、前胸背板の両側面だけが違います。個体変異の範囲内なのか、これに近い種なのかはよく分かりません。今年は「甲虫の年」だと思って、頑張っているのですが、なかなか難しいですね。

イメージ 4

これはこの間からツブノミハムシだとしている種ですが、これもよくは分かりません。

イメージ 5

これは綺麗な蛾です。たぶん、フタモンコブガだと思います。

イメージ 6

イメージ 7

体長1.8mmの小さな甲虫です。何度も図鑑を見直したのですが、結局、ギブアップです。

イメージ 8

また、厄介なハムシダマシです。これは眼が近いからフジハムシダマシかなと思ったのですが、この日は合計4匹もいました。どれも悩ましいので少し定量的に調べてみました。手掛かりは次の論文です。

益本仁雄、「日本産ハムシダマシ科について (2)」、甲虫ニュース No. 107、1 (1994). (ここからダウンロードできます)

ここに、ナガハムシダマシ属の検索表も見ていますが、外観と分布からはフジかナガかなというところです。この2種は、1)複眼の間隔、2)前胸背の点刻、3)鞘翅の点刻条溝で区別することになっています。そこで、その部分を拡大してみました。

イメージ 9

このうち、定量的に測れるのは眼間距離と複眼横径の比です。論文によると、フジの♂でおよそ1.5倍、♀で3.5倍、ナガの♂は2倍、♀は2.2倍であることになっています。さらに、「原色日本甲虫図鑑III」にはナガについて、♂♀が触角で見分けられることになっています。触角第9、10節の和と末端節の比が、♂では1:1.33、♀は1:1.17だそうです。つまり、♂の方が末端節がちょっと長いということです。

これらを実際に測ってみました。まず、眼間距離と複眼横径の比はそのまま測ると1.34になりました。ちょっと小さめに出たのですが、たぶん、斜めから撮ったからかなと思って、真上から30度傾いて撮影したと仮定し、1/cos 30°をかけてみました。1.55になりまあまあの値になりました。次に触角の節の長さですが、その比は1:1.34になりました。フジについては数字が載っていないのですが、ナガと同じだとすると図鑑の値によく合っています。つまり、この個体はたぶん、フジハムシダマシ♂ということになります。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

で、残りの3匹も同じように調べてみました。これはいずれも複眼の間隔が離れています。調べてみると、一番上は複眼間距離が2.26、触角の比が1.00、次が1.73と.1.24、その次が2.09と1.29。いずれも斜めに写したことによる補正をしていますが、結構、いい加減です。これから、これら3匹はいずれもナガハムシダマシで、一番上が♀、下の2枚が♂かなと思いました。2番目がやや微妙ですが・・・。

イメージ 13

イメージ 14

これは何でしょう。これもよく分かりませんでした。

イメージ 15

次はイタドリハムシ

イメージ 16

この間からいるキクイムシです。ルイスザイノキクイムシかなと思っているのですが、今度、頑張って検索をしてみます。

イメージ 17

それと、モモブトカミキリモドキ♂。

イメージ 18

最後は半分だけ姿を見せているプライヤキリバでした。

この記事に

開く コメント(0)

家の近くのむし探検 第223弾

虫の同定をしたり、花の写真の整理をしたりしていたら、虫の名前調べが大幅に遅れてしまいました。早く出しておこうと思って、慌てて4月18日に家の近くの公園で見た虫の写真を整理しました。

イメージ 1

公園に行く途中、コバノガマズミのつぼみがついていました。去年の記録を見ていたら、同じようなつぼみの写真を4月9日に撮っていました。虫の出方から判定すると、今年は半月ほど遅れているなと思ったのですが、花も9日かそれ以上遅れているみたいです。昨年は4月19日には花が満開でした。

イメージ 2

イメージ 3

公園に着いて、この日まず気が付いたのはこのヒメクロオトシブミでした。ツツジ葉の付け根にいました。

イメージ 4

探してみると、ツツジの葉上にあちこちいました。昨年は4月30日に初めて見つけて、その後、5月から6月中旬にかけて大量に見ています。こちらはむしろ今年の方が早いのですが、昨年、単に気が付かなかっただけかなぁ。

イメージ 5

ルリチュウレンジもいました。これも昨年は5月5日に初めて見て、その後、中旬ごろまでは親を見て、6月初めには幼虫が登場していました。これも今年は早め?なんだかよく分かりませんね。

イメージ 6

ツツジの葉を探してみると、アリがちょこちょこいました。たぶん、トビイロシワアリ

イメージ 7

それに、昨年、何度も見たヤブキリの幼虫。でも、ヤブキリってどうやって分かったのだろう。

イメージ 8

ガガンボの仲間。

イメージ 9

イメージ 10

それから、ネコハエトリでした。

イメージ 11

ツツジにはこんな花芽ができていました。

イメージ 12

次は公園にある街路灯の柱です。この柱は不思議と虫が多いので、いつも探しています。これはヨコバイの幼虫かな。

イメージ 13

イメージ 14

体長は2.0mm。翅が生えかけているので、チャタテムシの幼虫みたいです。

イメージ 15

それにクロバネキノコバエの仲間でした。腹部背面に黒い帯状の模様があります。

イメージ 16

イメージ 17

いつも虫を撮るときは「影とり」という拡散板をレンズに取り付けて、内蔵フラッシュをたいて撮っているのですが、その「影とり」にいつの間にかこんなゾウムシが止まっていました。体長は1.3mm。思いっきり小さいゾウムシです。形がこの間から見ているイチゴハナゾウムシやユアサハナゾウムシに似ています。ハナゾウムシの仲間かもしれません。

雑談:「写真展 北摂の花 - ミクロな世界を楽しむ」はあと一週間になってしまいました。今回は花の写真のほかに、ススキの葉はなぜ切れるとか、ひっつきむしの仕組みなど植物の持つ不思議な構造や、ツユクサの仮雄蕊など花の仕組みなどの解説を加えたので説明の多い展示になってしまいました。ちょっと理屈っぽいかなと思ったのですが、そこがかえってよかったみたいです。ギャラリーを運営している施設の人の話だと1時間ほど熱心に見ておられた方もおられたとのことで、いっぱい見に来ていただいて好評だったと喜んでおられました。無料でお借りしているので、喜んでいただけると私も嬉しいです。親切にお貸しいただいた施設と、わざわざ見に来ていいただいた方々に、この場を借りて感謝いたします。なお、4月末まで開いていますので、ご覧になりたい方はこのブログの自己紹介欄にあるメールアドレスにご連絡ください。案内をお送りします。入場無料です。大阪北部のちょっと辺鄙な場所なので恐縮なのですが・・・。

この記事に

開く コメント(0)

この間、小さなハチを見つけました。昨日、科だけでも調べてみようと思って検索を試みました。まだ、怪しいところもあるのですが、とりあえず結論まで達したので載せておきます。(追記2017/04/24:そらさんから、「もっと小さなハチは、見覚えのある後ろ姿。ハラビロクロバチ科タマゴクロバチ亜科のお仲間ですが、似たのがたくさんいるので種までたどり着くのは大変だと思います(^^;。」というコメントをいただきました。気になったところがあったので、やはりそこが問題だったみたいです。もう少し検討してから出した方がよかったですね

イメージ 1

こんなハチです。体長はわずか1.1mm。この写真も検索に使うので、①と②を書いておきます。説明は後でします。検索には「絵解きで調べる昆虫」に載っている検索表を用いました。まずは上科の検索から。

イメージ 2

①から④までは確かなので、用いた検索の項目を書いていますが、その先はやや怪しかったので、すべての項目を書いています。まず、①と②は上の写真ですぐに分かります。

イメージ 3

④については、翅脈は確かに退化しています。後翅は前翅の下にあるのですが、上から透けて少し見えています。こちらも翅脈は退化して翅室はなさそうです。

イメージ 4

次は③で、頭頂に特に突起はありません。

イメージ 5

次の⑤は若干怪しかったので、青色で書いています。後脚転節が1節か2節かというのですが、写真では白矢印のように節の切目が見えたので、2節だと思いました。でも、はっきりしません。もし1節だとすると、⑤b、⑦bと進むのですが、次の⑧bは異なり、⑧aは項目としてはよいのですが、翅脈が違うので、たぶん、それらではないと思います。それで、⑤aを進むと、次は⑥になるのですが、ここが一番迷ってしまいました。一つ上の写真で分かる通り、肩板と前胸背板はほとんど接しているみたいなのですが・・・。でも、たぶん、この個体がコバチだとすると、両者は接していないと解釈しなければなりません。ここが問題ですね。

でも、とりあえず、ここを乗り越えてコバチ上科に進むことにします。

イメージ 6

一旦、コバチ上科に進むとそれほど問題なくコガネコバチ科に達します。それで、検索項目を写真で確かめていきたいと思います。

イメージ 7

この写真からは、脚が異常でないことと、触角が折れ曲がっていることを見ます。

イメージ 8

この写真では前胸背板が角張っていないことを見ます。でも、金属光沢はありません。


イメージ 9

これは横から見たものです。㉒は文章を読んでも何を意味しているのかよく分かりません。この項目はマルハラコバチ科を除外する項目で、マルハラコバチ科では中胸盾板の後縁が後ろに突出していますが、これではそうでないので、OKとします。

イメージ 10

⑯の「前胸背板は背面から見える」はこの写真を見ると疑問に思ってしまいます。でも、この項目はアリヤドリコバチ科を除外する項目で、この科では中胸盾板が前胸背板を覆いかぶさっているのですが、この個体ではそれほどではないのでOKとします。㉓は見るとすぐに分かります。

イメージ 11

⑫もこの写真を見るとすぐに分かります。

イメージ 12

中胸側板には溝や規則的な刻印があります。それで㉑はOKです。

イメージ 13

前脚基節と後脚基節の比較なのですが、確かに後脚基節は前脚よりも大きく、3倍以上はありそうなのですが、この検索項目自体は比較ではなくて全体としてもっと大きなものを想定しているので、これでもOKではないかと思いました。

イメージ 14
翅脈はこの写真を見ると分かると思います。後前縁脈と経脈の両方とも発達していますが、径室はありません。

イメージ 15

後脚には5節の跗節があります。

イメージ 16

これは前脚脛節末端を写したものですが、大きな距があり、それが曲がっています。これで⑳も㉓もOKです。

というわけで、注釈付きですが、一応、すべての項を確かめたことになるので、たぶん、コガネコバチ科だと思います。おそらく大丈夫だろうと思うのですが、肩板と前胸背板がほとんど接しているところだけが気になります。以前にも書いたのですが、この咲き進むのは亜科の検索だけでも54項目、属に至っては309項目もあり、なかなか難関です。今回はこれ以上はパスしておこうかなと思っています。

ついでに、検索に使わなかった写真も一枚載せておきます。

イメージ 17

それにしても変わった形のハチですね。

この記事に

開く コメント(0)

廊下のむし探検 第893弾

4月16日分の写真整理がまだ残っていました。もう1週間遅れです。まだ、18日、23日分が残っていて、さらに、花の写真も残っていて・・・。

イメージ 1

まずはハチからです。これはこの間からいるヒメハラナガツチバチですね。

イメージ 2

次はこんな小さなハチです。カメラで追いかけていたら、捕まえる前に逃げて行ってしまいました。翅脈がよく見えないので、はっきりは分からないのですが、発達はしてそうにありません。たぶん、コバチ。形からナガコバチかなぁと思ったのですが、よく分かりません。

イメージ 3

これはもっと小さなハチです。これもコバチかなと思って今度は採集してきました。でも、意外に苦戦です。ちょっとはっきりしないところがあって・・・。この部分を除くと「絵解きで調べる昆虫」の検索表ではコガネコバチ科になりました。詳細は次回に載せます。

イメージ 4

次はヒメカゲロウです。いつものチャバネヒメカゲロウかなと思って、何気なく撮ったのですが、頭頂から胸にかけて黄白色の筋が入っているの気が付きました。

イメージ 5

真上から撮った写真です。チャバネにはこんな筋があったかなぁと思いながら、家に戻ってから翅脈を調べてみました。

イメージ 6

チャバネは以前、翅脈を調べたことがあったのですが、R脈の分岐のあたり、Cu脈のあたり、段横脈などがまったく合いません。むしろHemelobius属のものとよく合っています。Hemelobius属はrecurrent veinという回帰的な翅脈があったはずだと思って、よく調べてみると、黒矢印付近にそれらしいものが見られました。たぶん、Hemelobius属でよさそうです。後は以前撮った写真などを参考にして、たぶん、ヤマトヒメカゲロウではないかと思ったのですが、検索をした訳ではないのでまだ確定的ではありません。

イメージ 7

ツチイナゴもときどき見るようになりました。これも越冬組かな。

イメージ 8

イメージ 9

トビケラはヒゲナガカワトビケラを除いて2種。上はシマトビケラの仲間かなと思ったのですが、よくは分かりません。下はニンギョウトビケラかその周辺の種です。トビケラは採集しないと科もよく分かりません。

イメージ 10

残りはハエ目です。何となく前脚第1跗節の方が脛節より長そうなので、ユスリカ亜科かなと思うのですが、ユスリカも採集しないとほとんどお手上げです。採集しても属を調べて顕微鏡写真を撮るだけでほとんど一日仕事です。まだまだ修行が足りませぬ。

イメージ 11

オドリバエです。R4が分岐していないので、たぶん、Rhamphomyia属だろうと思われます。この属は亜属の同定がまだできなくてそこで止まっています。

イメージ 12

イメージ 13

これはハマダラハルカ。やはりハエの仲間です。ハエもこのくらい翅に模様があると嬉しいのですけどねぇ。

イメージ 14

最後はこの間から出ている、すっきりしたガガンボです。たぶん、ヒメガガンボ科かなと思っているのですけど・・・。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

廊下のむし探検 第892弾

最近は、散歩に行ったときに花も撮り始めたのでその整理が大変です。花も拡大してみると、いろいろと変わった構造が見られるのですが、図鑑にもちっとも説明が載っていません。その資料探しに時間がかかって・・・。

それで、まだ、4月16日の虫の名前調べをしています。とりあえず、甲虫とクモを調べてみました。

イメージ 1

イメージ 2

最初はこの間から見ているキクイムシです。「原色日本甲虫図鑑IV」の図版と比較すると、ルイスザイノキクイムシとか、ヤツバキクイムシあたりと似ています。でも、ここからが進みません。それで、今回は2匹ほど採集してきたので、検索をしてみようと思います。

後藤秀章、「日本産キクイムシ類分類学研究の歴史と種リスト」、日林誌 91, 479 (2009). (ここからダウンロードできます)

この論文にはキクイムシ類の種リストが載っているのですが、日本産キクイムシ科は2亜科14族302種、ナガキクイムシ科は18種です。相当な数になります。上の2種のどちらかかというのであれば、ルイスザイノはAmbrosiodmus属、ヤツバはIps属なので、属の検索を行うだけで見当ぐらいはつきます。それで、とりあえず属の検索をしてみようと思っています。まだ、ですが・・・。論文としては、Nobuchi(1971)とWood(1986)に属の検索表が載っているのですが、Nobuchi(1971)のは今の分類とは異なっているので、まず分類の整理もしないといけません。いろいろと大変です。整理がついたら検索を試してみます。

イメージ 3

コメツキも出てきました。これは見覚えがあります。

イメージ 4

ひっくり返してみると腹が赤いので、アカハラクロコメツキでしょう。ただ、写真を撮るのが大変。ひっくり返すとすぐに元に戻ってしまうから。でも、何度もやっているうちに諦めたみたいで、じっとしていました。

イメージ 5

このコメツキは何でしょう。よく分かりません。上からも撮ればよかった。

イメージ 6

これはコアオハナムグリだと思うのですが、これも確かめた方がよいかなと後で思いました。それで、「日本産コガネムムシ上科標準図鑑」の検索表を見てみました。中胸腹板突起の形と後跗節第1節の外角が尖るかどうかで属が分かれます。いずれにしても採集しないと難しそうです。と思ったところで、そういえば以前にも調べたことがあったなと思い出しました。こちらに書いてありました。この時は検索をしたのですが、間違ってハナムグリ属に行ってしまいました。後で、通りすがりさんに腹の色が黒ければコハナムグリだと教えてもらいました。これもひっくり返せばよかったですね。

イメージ 7

小さい甲虫ですが、この間も見ました。たぶん、アカホソアリモドキ

イメージ 8

イメージ 9

ハネカクシも蛇のように首を上げるのですね。ハネカクシはギブアップ状態で調べていません。

イメージ 10

ハムシダマシです。これにはフジハムシダマシ、ナガハムシダマシという似た種がいたのでしたね。これについても、以前、調べたことがありました。いくつかの項目があるのですが、眼の横幅と眼間距離との関係が簡単でした。このときの記事によれば、フジの眼間距離は複眼横径の♂でおよそ1.5倍、♀で3.5倍(ナガでは2倍と2.2倍)でした。これで測ってみると、複眼が一部凹んでいてどこで測るか困ったのですが、最大径で測ると1.5倍になりました。たぶん、フジハムシダマシの♂かなと思っています。

イメージ 11

これはイチモンジハムシかな。


イメージ 12

イメージ 13

この小さなゾウムシは苦手だなぁ。たぶん、ユアサハナゾウムシかなと思っているのですが・・・。これで甲虫は終わりです。

イメージ 14

後はクモです。これは頭胸部が茶色いのでだいぶ迷ったのですが、形や脚の色からコカニグモかなと思っています。

イメージ 15

これは以前も見たことがあります。その時の判断があっていれば、ネコグモ科のネコグモです。

イメージ 16

これもよく分からないのですが、全体の形が長細いので、ヤサアリグモかなと思っています。


イメージ 17

シラホシコゲチャハエトリ

イメージ 18

これは似た種が多いので、はっきりしたことは言えないと思いますが、たぶん、ハラクロコモリグモか、その周辺だと思います。

後はハチやハエが残っているのですが、ハチでてこずっています。もう少し時間がかかるかも。(追記:2017/04/23:ブログをアップし終わったと思って、散歩に行き、帰ってきてブログを見たらビックリ。写真が入っていませんでした。途中でエラーが出たのですが、構わず書いていたらこうなりました。この間も似たようなことがあったのですが・・・。どうしたのかなぁ

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事