廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します
廊下のむし探検 第957弾

足を骨折して1週間になる今週初め辺りから、ぼちぼち外に出かけ始めました。まだ、距離を歩くときは松葉杖が必要なのですが、近くならかかと歩きで何とか動くことができます。それで、今日はカメラを持って、マンションの廊下の20mばかりの範囲で虫を探してみました。もう少し遠くまで歩けたのですが、撮影始めると夢中になってしまい、骨折していることを忘れてしまうので、かえって危ないかなと思ってこのくらいで止めておきました。

イメージ 1

イメージ 2

手すりに虫が止まっていたので撮ってみたら、いつも見ているシダカスミカメ亜科のMansoneilla shihfanaeでした。カメムシがこんな止まり方をすることがあるのかなぁ。びっくりです。

イメージ 3

次はツヤアオカメムシ。20mほどの範囲で大きな虫はこれ1匹でした。

イメージ 4

イメージ 5

チャタテがいました。過去の写真を調べてみると、ずいぶん昔に見たチャタテと似ています。その時はチャタテ科のオオスジチャタテとしたのですが、合っているかなと思って少しだけ検索を試みました。

イメージ 6

まず、私が作ったいい加減な科の検索表で調べてみました。取り消し線は本州に分布しない科です。調べるにはとりあえず翅脈が必要です。

イメージ 7

それで、以前と同様に翅脈に名称をつけてみました。上の写真から跗節が2節であることはすぐに分かります。さらに、後小室があって、その一辺がCuA1脈とM脈が融合して作られています。これからチャタテ科であることが分かります。次にチャタテ科の種の検索表を次の論文で調べてみました。

富田康弘、芳賀和夫、「日本産チャタテムシ目の目録と検索表」、菅平研報12、35 (1991) (ここからダウンロードできます)

オオスジチャタテ Psococerastis kurokianaになるかどうかは次の項目を調べなければなりません。

イメージ 8

これらを写真で見ていきます。①の小顎鬚はよく分かりません。後半の触角の長さを測ってみました。

イメージ 9

測定してみると、触角の長さは前翅長の1.52倍になりました。もう一つの選択肢が1.5倍以下だったので微妙な数字です。ただ、もう一方の選択肢を選ぶと翅の色が違ったりで該当する種がなくなります。それで、約2倍に無理やり入れて次に進みます。

イメージ 10

先ほどの翅脈の図に各項目を入れてみました。ちょっとはっきりしないところもあるのですが、②から⑤まではほぼ満足されているようです。ということで、やはりオオスジチャタテ Psococerastis kurokianaでよいのかなと思いました。

イメージ 11

次はクロバネキノコバエの仲間。

イメージ 12

これはチョウバエみたいですが、何だろう。

イメージ 13

アリは採集しないと分からないので、一応、捕まえました。今度調べてみます。廊下のわずか20mほどの範囲だったのですが、そこそこ虫がいました。これからも時々、こんな虫探しをしてみようと思っています。

この記事に

開く コメント(0)

今日は雑談です。足が不自由になって、撮影に出かけることもできず、長時間立ったまま顕微鏡撮影するのもしんどいので、すっかりやることがなくなってしまいました。それで、昨日と今日は今までのブログの整理をしようと思い立ちました。それしかやることがないので・・・。

まずは、今までに出してきたブログのバックアップを取ることです。バックアップが昨年の2月までしかとっていなかったので、その続きをしました。まず、Google Chromeでブログを表示させて、印刷でpdfを選びます。こうすると、ブログのタイトルがファイル名になったpdfが作られます。それを月ごとに保存しています。画面で見た通りが保存されるので、広告も含まれるのですが、そのままこれまで作っていた手作り図鑑の付録として、関係するブログをくっつけてもよいかなと思っています。

もう一つはブログを書きながらいろいろと調べたことをまとめたものをつくることです。これまで、このブログの付録を載せたホームページに「虫を調べる」記事一覧というページを作って、そこに昆虫の目別にまとめていました。これも昨年6月で止まっていたので、頑張って残りの1年5か月分を書き入れました。「廊下のむし探検」も最初の頃は名前を調べるだけだったのですが、最近はやたらいろいろと調べているので、書き加えるのがかなり大変でした。それでも、やっと作業を終わりました。後は画像リストと索引なのですが、これも昨年の7月末で止まっています。これもしんどいですが、ちょっとずつやっていきます。

先日、近くの高校で小学1,2年と高校3年が合同で落ち葉掃除をし、その後、焼き芋を食べるという行事がありました。その際、焼き芋とイチョウの葉を結び付けるような話をしてくれと言われて行ってきました。生徒は合わせて180名で、そのほか、先生やら地域の人たちなど合計200名くらいの人たちが校庭にある階段に座っている前で、車椅子に乗りながら話しました。どういう話にしようかと迷ったのですが、結局、サツマイモが朝顔と同じ仲間であることから始め、いろいろな芋の花を見せ、地下に芋をつくる光合成の話をして、葉っぱの話に移り、紅葉の仕組みを話をしました。生徒たちは途中で飽きてきた感じだったのですが、私の方はサツマイモの花なんていうのを初めて知ったし、また、紅葉の仕組みも少し分かったので勉強になったと喜んでいます。

紅葉の仕組みについては次の論文に載っていました。

北原晴男、「物質合成から見た紅葉」、弘前大学教育学部教科教育研究紀要 25, 35 (1997). (ここからダウンロードできます)

イメージ 1


緑の葉には緑色のクロロフィルと黄色のカロチノイドが約8:1の割合で含まれているのですが、秋になると葉を維持するのが困難になり、葉緑素は翌年に再利用するため分解され枝や幹に蓄えられます。また、葉の根元には離層というコルク質の層ができて、水と栄養(糖)の出入りが遮断されます。緑色のクロロフィルが減少していくと、相対的に黄色の色素の量が多くなるので、葉は黄色になっていきます。

イメージ 2

紅葉するモミジも初めは同じなのですが、離層ができ、栄養(糖)の流出が遮断されると、葉の中で水に不溶性のアントシアニジンが合成され、それが葉に残った糖と結合して水溶性のアントシアニンに変わり、葉全体が赤くなります。アントシアニジンが合成されるにはいくつかの酵素が必要なのですが、それらの酵素があるかどうかで赤くなるかどうかが決まります。

アントシアニンは紅葉以外にも春に葉が成長する過程でも合成されます。もともと葉の中にも少量含まれているのですが、紅葉シーズンにはその量が200倍ほどに増えるそうです。紅葉になる理由は、葉が落ち、芽に紫外線が直接当たるのを防ぐということも考えられていましたが、まだ、よく分からないそうです。紅葉についてはもう少し勉強してみようと思っています。

この記事に

開く コメント(0)

この間からハムシを調べています。できるだけ身近でよく見る種をしっかり調べておくと、未同定の種を調べていくときに役に立つかなと思っています。今回は冷凍庫にウリハムシが入っていたので、それを調べてみることにしました。

イメージ 1

調べたのはこのハムシです。10月31日にマンションの廊下で見つけました。これをいつものように、「原色日本甲虫図鑑IV」で亜科の検索、それに属と種については次の本に載っている検索表を用いました。

木元 新作, 滝沢 春雄、「日本産ハムシ類幼虫・成虫分類図説」(東海大学出版会、1994).

まず、亜科と属の検索を行います。ウリハムシはヒゲナガハムシ亜科ウリハムシ属に属しますが、検索では次の各項目を調べることで確かめられます。

イメージ 2

これをいつものように写真で部位別に確かめていきたいと思います。①は横から写せばよかったのですが、忘れてしまいました。それで、②〜⑦までを見ていきます。

イメージ 3

まずは背面図です。体長は8.0mm。③の後脚腿節はちょっとだけ見えるのですが、肥大してはおりません。

イメージ 4

次は顔面の写真です。②は触角の基部が接近しているという内容ですが、確かに接近しています。次の⑤は微妙な表現なのですが、触角の基部が接近しているという方を採用すれば、複眼下縁よりは後方にあるので、頭頂の点刻が強くないというのを見ればよいのかなと思いました。後頭盾、前頭盾という書き方は、この間ハッカハムシのところで検討しました。まだ、はっきりしたことは分からないのですが、一応、このように書いておきます。

イメージ 5

これは前胸背板を写したのですが、これによると前胸背板の中央と後縁近くにそれぞれ横溝があることが分かります。また、頭部の複眼の間にもあります。

イメージ 6

これは腹面を見たものです。前胸腹板突起は大変幅の狭いものになっています。それで、③の内容が確かめられます。また、中胸腹板は前脚基節とは離れたところにあります。したがって、前脚基節窩は後方が開いていることになります。

イメージ 7

次は後胸腹板についてですが、その前縁側は緩い弧を描く程度で、中胸腹板とは重なっておりません。これが④の内容です。

イメージ 8

最後は脚の爪です。bifid(二裂)というのがよく分かる写真になりました。ということで、①を除くすべての項目が確かめられたので、ヒゲナガハムシ亜科ウリハムシ属は確かそうです。

イメージ 9

次は種の検索表です。図書館で「日本産ハムシ類幼虫・成虫分類図説」の一部を複写してきたのですが、それにたまたまウリハムシ属の英文の検索表が載っていたので、それを訳しました。

イメージ 10

⑧と⑨aは色に関するものなので、共にOKでしょう。

イメージ 11

腹面からの写真を撮り忘れたので、サイズ測定用の写真を流用しました。この⑨aも大丈夫でしょう。

イメージ 12

これは腹部末端の写真ですが、これが雄なのか雌なのかでだいぶ迷いました。結局、検索表の文章から雌だろうということになり、それと比較してみました。腹部第5節の先端の深い切れ込みは白矢印で示した部分だと思います。これについては次の論文にもウリハムシ indica♀の腹部第5節と尾節板の絵が載っていたので、それで確かめることができました。

G. F. Barroga and M. S. Mohamedsaid, "Phylogeny of the Genus Aulacophora Chevrolat (Coleoptera: Chrysomelidae: Galerucinae) in Sundaland", Philip. Agri. Sci. 89, 338 (2006). (ここからダウンロードできます)

たぶん大丈夫でしょう。⑨aの後半の「その側面は明確に窪む」というのがよく分からなかったのですが、たぶん、黄矢印で示したところの窪みを指すのかなと思いました。

これで無事にウリハムシ Aulacophora indicaになったのですが、次の論文を見て、はたと迷い始めました。

C.-F. Lee and R. Beenen, "Revision of the genus Aulacophora from Taiwan (Coleoptera: Chrysomelidae: Galerucinae)", Zootaxa 3949, 151 (2015). (ここからダウンロードできます)

この論文は台湾産のウリハムシ属を扱っていて、ウリハムシ indicaも検索表も載っています。そのあたりの検索表を翻訳すると以下のようになります。

イメージ 13

これによると、翅が一様に黄褐色の種には、tibialis、kotoensis、indicaの3種がいて、雌が円錐状の尾節板をもつものとして、kotoensisとindicaの2種が残ります。この尾節板が狭く、黒いのがkotoensis、幅広く、黄褐色なのがindicaとなっています。今回調べた個体は尾節板が黒なのでindicaではなさそうなのですが、どうもkotoensisの尾節板とも形が違うようです。いろいろ検討したのですが、Barrogaらの論文の絵ともよく似ているので、やはりindicaでよいのではと思っています。過去に撮った写真を見てみたのですが、先端が黄色く幅の広い尾節板を持つもの、幅がやや広く黒いものを持つもの、幅が狭く黒い尾節板をもつものなどが見られました。この辺りの理由についてはよく分かりません。

この記事に

開く コメント(0)

11月5日、いつも見ていたタカサゴユリの実にいたアブラムシがナナホシテントウにすっかり食べられてしまいました。そのとき、アリを採集しました。2種いたのですが、一方はオオズアリの働きアリ、もう一方のアリを今回調べてみました。残念ながら生態写真はないのですが、顕微鏡下で撮った写真は次の通りです。

イメージ 1

大きさは3mmちょっとあるのですが、体が曲がっていて体長をどう測ろうか迷ったので、スケールバーを入れておきました。艶のあるすっきりとした感じのアリです。

これをいつものように、「日本産アリ類図鑑」(2014)に載っている検索表で調べてみました。検索をしてみた結果、ヤマアリ亜科オオアリ属ウメマツオオアリになったのですが、その時に用いた検索の項目は次の通りです。

イメージ 2

全部で15項目あり、かなり大変そうですが、何度も検索をしているので最近はだいぶ慣れてきました。赤字は写真を撮らなかったところです。腹部末端と前伸腹節背面からの写真などは簡単に撮れるのですが、足の骨折でギブスをはめられているので、今回はパスしました。たぶん、大丈夫なところだと思います。これをいつものように部位別に写真で確かめていきたいと思います。

イメージ 3

まずは先ほども出した全体図です。①、②、それに今回写真のない③はヤマアリ亜科にいくときは必ず通る道です。それに⑧と⑨はオオアリ属で種の検索をするときに最初に通るところです。⑧はヒラズオオアリなどを除外する項目、それに⑨はアメイロオオアリやムネアカオオアリなどを除外する項目です。最後の⑪はミカドオオアリやクロオオアリなどを除外する項目です。たぶん、どれも大丈夫でしょう。

イメージ 4

次は頭部です。頭部は真正面、やや斜め上、やや斜め下からの3か所から撮りました。これはそのうち、やや斜め下からの写真です。この方向から撮ると頭盾と大腮がよく見えます。①、⑤、⑫はいずれも写真を見ると分かります。

イメージ 5

次は触角で全部で12節あります。11節以下だとアシナガキアリ属、ヒメキアリ属などになります。

イメージ 6

通常、こういう黒光りした虫の撮影にはトレーシングペーパーを巻いた筒を光拡散板として使用しているのですが、毛が写りにくいので、これは敢えて光拡散筒を外して撮ったものです。長い毛は前胸背にはなく、中胸背には矢印で示すように1対あるだけです。6本以下は確かでしょう。

イメージ 7

こちらは光拡散筒を入れて撮ったものです。体の模様などはよく見えるようになりましたが、やや平坦な感じがします。ここではまず、中胸気門の位置を確認します。これが側面にあるのでオオアリ属になります。⑧の前伸腹節はハチ独特の構造で、後胸と腹部第1節が融合した部分です。この背面と後面が急な角度になっている種類が多いのですが、この個体は後面がなだらかなので、鈍角をなしています。⑩も一緒です。

イメージ 8

⑭はイトウオオアリを除外する項目です。イトウオオアリは腹柄節が狭いのですぐに区別がつくのですが、検索項目通りに調べていくと、まずは前胸と中胸の背縁が側方からみて弧を描くというのはこの写真でよく分かります。次の前伸腹節の後背縁というのは写真に小さな字で「後背縁」と入れた部分だと思います。ここがだらっとした感じで明確な角にはなっていません。次の「後縁の傾斜」は「後面の傾斜」とする方がよいのではと思いました。いずれにしてもなだらかです。それに腹柄節はイトウオオアリに比較するとかなり幅広くなっています。

次の⑮はホソウメマツオオアリと比較する項目です。自信がないといえばこの項目はやや自信がありません。まず、前伸腹節背面に明瞭なへこみがあるということですが、私はこの写真から明瞭なへこみがあると思いました。次の腹柄節の形ですが、どうもこの写真では腹柄節の後面が凹んでいるように写っています。たぶん、影がそのように錯覚させているからだと思うのですが、光拡散筒を入れていない二つ上の写真ででは明瞭なU字型になっています。さらに、前後でも対称で、中央部分が一番高くなっています。多分、大丈夫だろうと思うのですが、足が少しよくなったらもう一度、この辺りを確かめてみたいと思います。

イメージ 9

最後は腹部の写真です。腹部第1節と第2節の間にはくびれがありません。これはハリアリ亜科などを除くための項目です。次の⑬はイトウヨツボシオオアリなどを除くための項目です。以上で赤字を除いてすべての項目を確かめました。たぶん、ウメマツオオアリで合っているのではと思っているのですが、腹柄節の形だけはもう一度確かめてみたいと思っています。

イメージ 10

検索に使わなかった写真で、顔の正面からの写真です。

イメージ 11

これはやや上からの写真です。

イメージ 12

腹柄節あたりの写真ですが、これも後面が凹んでいるように見えるなぁ。どうしてだろう。

追記2017/11/17:腹柄節を斜め後方から撮影しました。

イメージ 13

やはり凹んでいるようです。元々そうなのか、たまたまこの個体だけなのか、それとも乾燥したためか、原因は分かりませんが・・・

この記事に

開く コメント(5)[NEW]

家の近くのむし探検 第353弾

11月10日に家の近くの公園に行って見つけた虫たちの続きです。実は、この後、当分の間、写真を撮りに行くことができなくなったので、これが手元にある最後の写真になります。ちょっと寂しいですね。顕微鏡写真はまだ少し残っているので出すことができますが・・・。

イメージ 1

公園ももうほとんど虫がいないのですが、一通り見回って帰ろうかなと思ったときに、ツツジの葉の間を動き回っているハエを見つけました。なかなかじっとしてくれないので、この辺に来るだろうと思って待ち伏せをして撮影しました。チュウレンジの幼虫に産卵するキアシハリバエかその仲間というところですね。今頃、幼虫なんていそうにはないのですが、忙しそうに動き回っていました。

イメージ 2

後はこのハエトリです。だいぶ、毛が取れてしまっているのですが、やはりネコハエトリかなと思いました。

イメージ 3

マンションに戻る途中で見つけたクモの巣です。捕まっているのはハエの仲間です。肝心のクモは見つかりませんでした。

イメージ 4

小さなカキの実もなっていました。

イメージ 5

後はマンションの廊下で見つけた虫です。これはヨコヅナサシガメの幼虫。

イメージ 6

これは何だろう。写真がはっきりしないのですが、クチキムシあたりかな。クチキムシも以前調べたことがあったのですが、この写真は不鮮明でよく分かりません。

イメージ 7

最後はイチジクキンウワバだろうと思います。マンションの廊下は公園に行くときと帰りにちょっと通っただけだったのですが、こんなのがいました。じっくり探せばまだまだいたかもしれません。

雑談)明日は住んでいる地区の小学1,2年生と高校3年生が合同でイチョウの落ち葉の掃除をして、その後、それで焼き芋を焼くことになっています。焼き芋ができる間に、イチョウと焼き芋を結び付けるような話をしてほしいと少し前に頼まれました。気軽に返事をしてしまったのですが、そもそも、小学1,2年生と高校3年生が一緒にいるのにどんな話をどうやってすればよいのやら。担当者に聞くと、巧みな話術でお願いしますとのこと。イチョウと焼き芋を結び付ける話も難しそう。おまけに骨折までして・・・。どうやって学校まで行けばよいかなと思って相談したら、車いすを持って車で迎えに来ていただけるそうです。なんだか大変なことになってしまった・・・。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事