廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します
家の近くのむし探検 第241弾

土曜日、マンションの人たちに私がいつも行っている公園の植物を案内しなければならないので、5月19日の金曜日にそのための写真撮影に行きました。その時に見つけたむしたちです。

イメージ 1

まずは蛾から。これはマンションの廊下にいたものですが、ホシオボホソノメイガ。この間も見ました。

イメージ 2

次はこのエダシャク。最初はいつものオレクギかその辺かなと思っていい加減に写したのですが、後で見ると、外横線の中央に暗色斑があるので、オオトビスジあたりかなと思って「日本産蛾類標準図鑑」を見てみました。でも、結構似た種がいます。一度、整理しておこうと思って、オオトビスジが含まれるEctropis属の特徴を図鑑の記述をもとにまとめてみました。

イメージ 3

日本産のこの属には全部で8種属しているのですが、見分けのポイントは♂前翅基部の刻孔という孔があるかどうかと、後脚脛節に毛束があるかどうかというところです。ただ、写真にはそれが写っていません。そこで、翅の特徴もまとめてみました。上3種が外横線の中央付近に褐色斑が明瞭、下3種が不明瞭または欠如です。今回の個体は明瞭なので、上3種のどれかになりそうです。そのうち、ウルマトビスジは沖縄なので除外してよさそうです。残り2種は翅の色と中横線に違いがあるようです。ウストビスジの翅は赤みを帯び、中横線はほぼ直線的に走りますが、オオトビスジは赤みを帯びず、中横線は前縁部のみで大きく外方へ湾曲とあります。それで、この写真を見てみると、確かに赤みは帯びず、中横線は前縁部のみに限られているようなので、オオトビスジエダシャクで間違いないのではと思いました。

イメージ 4

次からは公園で写したものです。ツヤユスリカはこの間、腹部の模様を整理してみました。それと見比べると、これはナカオビツヤユスリカ♂のようです。

イメージ 5

次は問題のヒラタアブです。この間もちょっと書いたのですが、これは顔面が黒いとか腹部の斑紋から、ツヤヒラタアブ(Melanostoma)属に属すると思われます。「日本昆虫目録」(2014)によると、この属には8種が載っていて、いずれも本州には分布してそうです。そのうち、再検討が必要と書いてあるのが3種。結構、大変なグループです。一応、採集したのですが、この8種全部が載っている論文がまだ見つかっていません。どうしようかなぁ。

イメージ 6

写真を撮っていたら葉裏に逃げてしまいました。それで、横からも撮りました。腹部が白いのですね。びっくりです。

イメージ 7

そのすぐ横にこの綺麗なハエがいました。どちらを採集しようかなと思って、ツヤヒラタアブの方を採集したら、こちらは逃げてしまいました。これは以前にを見たことがあります。今回は左右の複眼の間が離れているので♀の方です。このときはミズアブ科図鑑を見て、CephalochrysaとMicrochrysaの可能性がありそうだという予想を立てたのですが、文献が手に入らずここでストップしてしまいました。その論文が手に入りました。

A. Nagatomi, "The Sarginae and Pachygasterinae of Japan (Diptera: Stratiomyidae)", Transactions of the Royal Entomological Society 126, 305 (1974). (ここからダウンロードできます)

この論文の中に属の検索表と種の検索表が載っていました。

イメージ 8

まず、CephalochrysaとMicrochrysaの違いのところだけを抜き出して、翻訳するとこんな感じになります。とりあえず、翅脈で何とか区別できそうです。

イメージ 9

それで、上の見にくい写真から何とか読み取ってみました。この写真でcua室(赤字でかいてある)とbr+bm室を比べるとほぼ同じくらいの広さを持っています。さらに、M脈のうちM1脈とM2脈がどうもはっきりしません。このことから、Microchrysa属でよいのではと思いました。この属ではfraviventris(ハラキンミズアブ)とjaponicaの可能性があるのですが、種の検索表では触角鞭節の毛を見ないといけません。この写真ではとても無理です。こちらを採集しておけばよかったと後悔しています。でも、また出会うことがあるでしょう。その機会を待つことにします。ミズアブ君は待ってはいないでしょうが・・・。

イメージ 10

次はこのオドリバエ。昨年、5月終わりごろに公園で数多く見られました。今年も見られそうです。その時はHybos属だとしたのですが、復習のためにもう一度この写真で検索をしてみました。オドリバエ科の属への検索は、「双翅目(ハエ目)昆虫の検索システムに関する研究」という三枝豊平氏の科研費の報告書(この題目で検索するとpdfがダウンロードできます)に載っているオドリバエ科の図解検索システムを用いて調べることができます。

イメージ 11

それを使うと、この6項目を調べれば、Hybosであることが分かります。それで、上の写真を使って調べてみます。

イメージ 12

まずは前脚が捕獲脚になっていないこと、口吻が前に突き出していることを確認します。これで、①と④は確認できました。

イメージ 13

次は翅脈で中室があって、そこから2本の脈(M1+2とM3+4)が出ていることを見ます。さらに、cua室が第2基室より長く、M脈の基部(Mと書いてあるところ)があることなどを見ます。

最後に⑤♂の交尾器は左右不相称というところを見ようと思って、あれっと思いました。この個体は採集していたので、顕微鏡で撮ったのですが、腹部末端はこんな感じです。

イメージ 14

イメージ 15

上が横から、下は後ろ斜め上からです。以前見たような複雑な形がまったく見られません。こんなものなのかと思ったのですが、どうしても左右不相称というところが分かりません。それで、「原色昆虫大図鑑III」のHybos属の説明を読んでみました。なんと、♂♀とも合眼的(左右の複眼が中央で接している)と書いてあるではありませんか。つまり、これは♀の方だったのです。これはびっくりです。もう一度、捕まえに行かないといけません。

イメージ 16

この種は後脚が捕獲脚になっていますが、その部分も写しました。なかなかすごい構造をしていますね。

ところで、Hybos属の種への検索表が「大図鑑」には載っています。これを使うと、まず、前脚が黒色という項目からスネアカモモブトセダカバエ japonicusに到達します。ただ、説明を読むと、次のようになっています。

H. japonicus 脚は黒であるが、中脛節と全跗節は特徴的に橙黄色
未記載種(H. tibialis) 脚に白毛を生じる

つまり、japonicusは中脛節と跗節が橙黄色なので、この個体とは異なります。また、以前、tibialisと言われていた種は未記載種でこれは脚に白毛を生じるということです。したがって、これとも異なります。ということで、これもたぶん、未記載種ではないかと思われます。「日本昆虫目録」を見ると、またまたびっくり。これはオドリバエ科からセダカバエ科Hybotidaeに移されていました。この中でHybos属にはspが4種も載っています。この中のどれかかもしれませんが、ここでストップです。

イメージ 17

最後はクワキヨコバイの仲間です。この仲間はいいですね。あまりに種類が多すぎて、調べる気にもならないので楽ちんです。

この記事に

開く コメント(0)

4月下旬から5月下旬にかけて、公園に植えてあるツツジの葉上を調べていると瑠璃色の小さな甲虫をときどき見かけます。

イメージ 1

この写真は今年の5月17日に撮ったものですが、この写真の個体でいえば、体長は4.4mm。かなり小さい甲虫です。昨年は「原色日本甲虫図鑑IV」で調べ、「これはバラルリツツハムシかなと思うのですが、自信はありません。」とブログに出したら、通りすがりさんから、「バラルリツツハムシには、尾節板の形で区別するルリツツハムシと言うそっくりさんが居ます。バラルリツツハムシの尾節板は台形で、ルリツツハムシの尾節板は丸いと表現されています。」というコメントをいただきました。それから、1年越しになるのですが、先日、やっとその個体を採集することができました。

イメージ 2

これは実体顕微鏡で撮影したもので、先ほどと同じ個体なのですが、青から黄緑に綺麗に色づいています。

このバラルリツツハムシとルリツツハムシの違いは、「原色日本甲虫図鑑IV」にも出ていますが、次のルリツツハムシの記載論文により詳しく載っています。

H. Takizawa, "A Review of the approximatus-Group of Cryptocephalus (Coleoptera, Chrysomelidae) in Japan, with Description of a New Species", Kontyu 43, 422 (1975). (ここからダウンロードできます)

この論文ではバラルリツツハムシ、ルリツツハムシのほか、ツヤルリツツハムシとキアシルリツツハムシの4種を扱っていますが、ツヤは北海道にのみ産し、キアシルリは脚が黄色いので除外すると、結局、バラルリとルリの2種の違いが問題になってきます。この論文には検索表も載っているので、その部分を抜き出すと以下のようになります。

イメージ 3

挿入器に関する記述を除いています。ポイントは「原色日本甲虫図鑑IV」にも載っている尾節板の形の違いで見分けられそうです。そこで、その部分を見てみました。

イメージ 4

これは甲虫を後ろから見たものですが、矢印で示した部分が尾節板です。何となく台形状をしています。雰囲気的にバラルリの方ですね。

イメージ 5

これは斜め横から写したものです。尾節板はかなり強く湾曲しています。これもバラルリに書かれている内容と一致しています。この論文には尾節板の絵も描かれているので、その概要を描いてみました。

イメージ 6
(H. Takizawa (1975)から改変して転載)

Aがバラルリ♂、Bがルリ♂です。♀も論文に載っていますが、両種とももう少し幅広い形になっています。確かに形がだいぶ違います。バラルリが台形状、ルリが半円という感じも分かります。さらに、検索表には出てこないのですが、Bのルリには縁に沿って深い溝があることになっています。一方、バラルリにはそんな溝はありません。また、横から見た尾節板の形が、バラルリでは先端1/3が湾曲し、ルリではほぼ平坦か弱く湾曲するというところも違います。これらのことを考えると、たぶん、上の写真の個体はバラルリの♂ではないかと推測されます。

イメージ 7

試しに先ほどの論文の図でバラルリ♂の方を重ねてみました。かなりよく一致しています。こうやって重ねてみると、中央にある破線の横線と縁に沿って描かれた湾曲した細線は尾節板が湾曲していることを表しているようです。さらに、外縁に沿って書いた灰色の線は周囲が平圧されていることを表していいるのではと思いました。

とりあえず、昨年からの課題が解決されて嬉しく思っています。バラルリツツハムシはよく見かけるのですが、ついつい採集を怠っていました。昨年見つけた時期が4月下旬から5月下旬だったので、今年はもう無理かなと思っていたのですが、一匹採集できてよかったです。ルリツツハムシもいるといいのですけど・・・。

この記事に

開く コメント(0)

家の近くのむし探検 第240弾

先ほどの続きで、5月17日に家の近くの公園で見たむしたちです。

イメージ 1

虫がいないときは、とりあえずたくさんいるイトカメムシを撮ります。

イメージ 2

イメージ 3

そうこうするうちに虫が見つかります。これはウシカメムシ

イメージ 4

それにこれはオオクモヘリカメムシ

イメージ 5

小さなカマキリもいました。これがオオカマキリなのか、チョウセンカマキリなのかどこで見分けたらよいのだろう。

イメージ 6

甲虫も見つかりました。これはたぶん、マダラアラゲサルハムシ

イメージ 7

それにとうとう、バラルリツツハムシらしい個体を見つけました。これにはルリツツハムシという似た種がいます。そこで、今回は採集して、昨日、尾節板を見てみました。詳細は今度載せますが、たぶん、バラルリツツハムシ♂でよいのではと思いました。

イメージ 8

蛾がやっと見つかりました。アヤホソコヤガでしょうね。

イメージ 9

ツツジの葉裏にいたこの小さな虫は何だろう。

イメージ 10

イメージ 11


公園から帰ってきてマンションに渡る廊下でこんな小さなハエトリを見つけました。測ってみると、体長は4.2mm。「日本のクモ」で探してみると、全体の感じと腹部の4つの点がネオンハエトリに似ています。これが成体ならば♀の方ですね。もしネオンハエトリならば、初めて見たことになります。

イメージ 12

最後はこの甲虫。これ1枚撮ったところで、逃げられてしまいました。したがって、後姿しか分かりません。でも、特徴があるので何とかなるかなと思って、頑張って「原色日本甲虫図鑑」を探したのですが、結局、ギブアップ。さて、何でしょう。

この記事に

開く コメント(0)

家の近くのむし探検 第239弾

5月17日の公園での虫探しの結果です。今日が21日だから、だいぶ追いついてきました。

イメージ 1

今日は腹部にこんな模様のあるユスリカからです。こんな模様があって、艶のあるユスリカはツヤユスリカ属です。数多いユスリカの中でも腹部の模様だけである程度種類が分かる嬉しい仲間です。「図説 日本のユスリカ」にはその模様が図示してあるので、比べてみればよいのですが、いい加減に見るとどれも似ていて、また、実際の斑紋には変化があるので、だんだん分からなくなってしまいます。そこで、今日はこの日撮った写真とこれまでに撮った写真を整理してみました。

イメージ 2

これは♂の写真ですが、これまでの写真を調べてみると、どうやらこの4種が見られているようです。斑紋は全体のパターンで見るのではなくて、節を数えていき、どの節が濃色かというのを把握すると多少の斑紋の濃淡はあっても同じ種だということが分かりそうです。それで、上の本を参照して節の番号を付けて、その上で本の図と比べてみました。その結果、ナカオビ、フタスジ、ナカグロの3種は本の図とほぼ一致するので、たぶん、大丈夫だろうということになりました。最後のは真っ黒でよく分かりません。強いていえばヤマツヤユスリカかなというところです。今度採集して交尾器を比較してみたいと思います。

イメージ 3

同じことを♀に対してもやってみました。♀はずんぐりしていて、ぱっと見た感じは♂と異なるのですが、やはり節に番号をつけてみると、♂と同じところに濃色の帯があることが分かりました。♀については、節の番号のつけ方(特に腹端の)が分からなかったので、次の本を参考にしました。

O. A. Saether, "Female genitalia in Chironomidae and other Nematocera: morphology, phylogenies, keys", Bull. Fisheries Res. Borad Canada 197 (1977).

この本、どこからかフリーでダウンロードしたのですが、場所が分からなくなってしまいました。

これらを参考にして、今回の写真も見てみました。すると、一番上の写真はナカオビツヤユスリカ♂でよさそうです。

イメージ 4

イメージ 5

この2枚はともにナカオビツヤユスリカで、上が♂、下は♀となります。

イメージ 6

で、これはフタスジツヤユスリカ♂かなと思っています。こうやって図と比べていくと名前調べも簡単そうですが、なんせ素人が作っているので、半信半疑で見ていただければ幸いです。

イメージ 7

これは翅の模様に記憶があります。以前調べたヤモンユスリカだと思われます。

イメージ 8

今頃はツツジの葉の上に小さなハエがいっぱい止まっています。一つずつ調べていくと面白そうなのですが、採集をしないといけないので、見て見ぬふりをしています。だから、写真は撮らない方針だったのですが、つい撮ってしまいました。これはよく分かりません。

イメージ 9

ツツジの葉にかぶりつくようにしているアリがいました。腹柄節が1つで中胸気門が横側についているので、オオアリ属です。よく見ると、腹部に斑紋が見えます。たぶん、ヨツボシオオアリでしょうね。何をしているのでしょう。

イメージ 10

こちらも腹部に斑紋があるのですが、これは以前も見たことがあります。たぶん、カタアリ亜科のシベリアカタアリだと思います。シベリアという名前がついていますが、全国に分布しています。

イメージ 11

最後はコツチバチかなと思って採集しようとしたのですが、逃げられてしまいました。

この記事に

開く コメント(0)

家の近くのむし探検 第238弾

最近は家の近くの公園によく出かけます。今日土曜日はこの公園で、マンションの人に公園の植物を紹介する会があるので、植物のにわか勉強が主な目的です。ついでに虫も撮っていますが、今年はどうも虫が少なくて、また、昨年見た種が多いので、ちょっと刺激が少ない感じです。5月15日に行ったときの写真整理が残っていたので、先ほどからやっていました。

イメージ 1

まずは公園に出かけるときにマンションで見た虫です。ヒラタハナムグリだと思います。過去のデータを調べると、だいたい、4月から5月中旬にかけて見ていました。

イメージ 2

羽アリがいました。頭が小さいので♂でしょうか。羽アリは5月下旬から7月くらいと、8月終わりから10月くらいによく見ていました。以前は検索を試みたこともあったのですが、♂アリは属までの検索表しかないので、種まで行こうとするといつも途中で挫折です。今年はちょっと調べる意欲をなくしています。

イメージ 3

名前調べに時間がかかったのはこのアリです。出かけるときにいい加減に撮ったので、この1枚しかありません。大きさも分からないし・・・。腹柄節が太くて先端が丸くなっていることが分かります。また、前伸腹節の後ろ側が段?のようになっているところも気になります。こんなところを手掛かりに、「日本産アリ類全種図鑑」をぱらぱらめくっていくと、ウメマツオオアリとイトウオオアリが候補になりました。ウメマツオオアリの方は前伸腹節背面が少し凹んでいる点、それに腹柄節が前後対称で逆U字型をしているところなどです。イトウオオアリかなと思ったのは前伸腹節背縁が角張っていて、後方に急に落ち込んでいる点です。もう少し別の角度からの写真があればよかったのですけど・・・。で、今はウメマツオオアリの方かなと思っていますが、あまり根拠はありません。

イメージ 4

この日はピンボケ写真が多くて、本当に嫌になってしまいます。これはカゲロウで、目が小さいので♀です。尾が2本なので、たぶん、ヒラタカゲロウ類かなと思っています。

イメージ 5

イメージ 6

コメツキは2匹いました。どちらもよく分かりません。

イメージ 7

公園ではシバツトガを見つけました。昨年は小さな蛾がいろいろといたのですが、今年は本当にいません。

イメージ 8

この写真もピンボケ。嫌になってしまいます。でも、虫がいたことは確かなので出しておきます。小さなハチですが、コマユバチかなぁ。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

ツツジの葉上にアブラムシの有翅型がいました。下二つはソラマメヒゲナガアブラムシに似ています。いずれもコロニーがいっぱいになって飛び立ったものの、目的とする植物ではなかったというとこころでしょうか。

この間も書いたのですが、アブラムシの有翅型は全栄養を飛翔筋に回すために胚への栄養が少なくなり、腹部は凹んでいます。有翅型に生まれると2日ほどで飛翔筋が作られ、同時に体重は約半分に減少します。これで飛べるようになるのです。目的とする植物に到着し、そこから栄養を供給できるようになると、それをきっかけに飛翔筋は急激に分解され、胚への栄養に回されます。それにより3-4日で飛翔筋は約半分に、同時に体重は約2倍に増え、子供を産めるようになるのです。もし、目的とする植物ではないときは、飛翔筋は分解されず、体重も少ないままで次の飛翔に備えます。この辺は「昆虫を操るバクテリア」を読んで得た知識です。

イメージ 13

これは何だろう。何かの卵かなぁ。

イメージ 12

最後はナミガタチビタマムシです。この頃よく見かけます。カメラを持って近づくと、警戒して下にぽたっと落ちてしまいます。小さいので、こちらはあまり気にしていないのですが・・・。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事