廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下の虫探検 第6弾

昨日と打って変って今日は大雨です。
昨日に引き続いて廊下にいた蛾の仲間を紹介します。
今日の一押しはちょっと変わった蛾、トリバガです。

イメージ 1

えっ、これが蛾と思うかもしれませんが、トリバガという仲間のエゾギクトリバです。
トリバガは鳥の羽の蛾という意味ですね
前翅は2つに割れ、後翅も大きく3つに分裂して、折りたたまれてこのような形になっています。

イメージ 2

これは良く見かける蛾かもしれませんが、ウスキツバメエダシャクといいます。
翅が薄い黄色でツバメのように尻尾があるエダシャクという意味で、
エダシャクは幼虫が枝のような尺取り虫になる蛾のことですね。

イメージ 3

チャドクガです。しかも、黄色いのでメスの蛾です(オスはこげ茶色)。
チャドクガは、幼虫がお茶の木の葉っぱにつくので、触ると刺されて腫れることがあります。

毒毛は幼虫だけが持っているので、基本的に成虫にはありません。

でも、メスは脱皮する時に幼虫のときにもっていた毒毛を、
からだにまぶして成虫になるといわれています。
だから、成虫のメスに触っても毒毛が刺さって腫れることがありますし、
飛んだだけでもぱらぱらと毛が落ちて刺さることがあるといわれています。

黄色い蛾にご用心!



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事