廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第21弾

クサカゲロウはみなよく似ていて種類がなかなか見分けられません。そこで、昨日、顔の模様から調べてみたのですが、その後、これとは別種かなと思われる個体を捕まえることができたので、両者を比較してみました。

イメージ 1イメージ 2

この写真は昨日の調べで、スズキクサカゲロウとして同定した種です。複眼のすぐ近くに丸くて黒い点があり、そこから円弧上に幅広い帯が出ています。前翅長は14mmです。

イメージ 3イメージ 4

もう1種は少し小型で、前翅長は13mmです。体の中心を走る黄色の帯が少し太く、はっきりしているように思えますが、外見上あまり大きな違いはありません。顔を拡大してみると、模様に少し違いが見られました。複眼の近くに角ばった黒い模様があり、そこから顔に向かって湾曲した帯状のものが出ていますが、黒い三角模様と合体しています。ネットで調べてみると、カオマダラクサカゲロウかなと思うのですが、どなたかご存知でしたらお教えください。九大の昆虫目録データベースによると、これら2種はともに、本州、四国、九州に分布しているそうです。

顕微鏡写真

今回、初めて顕微鏡写真を撮ってみました。実体顕微鏡(Olympus SZX7)の接眼レンズに、ほとんど密着させるように、家にあった古い小型のデジカメ(Dimage X60、Coolpix 5900)を置いて撮影してみました。初めはフラッシュをたいてしまったり、ピントが合わなかったり、画面が欠けたりと失敗ばかりだったのですが、少しずつ慣れてきました。Dimageの方はレンズが出てこないフラットズーム方式なので、少し望遠にして何も考えずにそのまま手持ちで撮ってみました。AFだったのですが、なんとかピントは合っているようです。Coolpixは三脚に固定して、やはり少し望遠で撮ってみました。なかなかピントが合わないので、ダイヤルを「遠景」に合わせて、液晶の画面を見ながら顕微鏡のピントで合わせてみました。結果は考えずに撮ったDimageの方が若干良いようでした(上の右側の写真はともにDimage)。なんとか撮れてはいるのですが、いまいちシャープに写りません。何かアドバイスがあればお教えください。





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事