廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第25弾

今日は暖かかったせいか、マンションの廊下にもいろいろな「むし」がやってきました。
「むし」と書いたのはクモもいたからです。フユシャクだけで3種類もいました。

イメージ 1

シロオビフユシャクです。今年初めての登場です。例年12月末から1月中旬にかけて出てくるフユシャクで、数は多い方です。翅を閉じるように止まるのは、フユシャクの仲間でもフユシャク亜科に属する蛾の特徴です。きっと寒いからでしょうね。そのほかにも、これまでに見たフユシャクもいました。

イメージ 2

クロスジフユエダシャクです。例年、11月末から12月末にかけて見られます。

イメージ 3

クロオビフユナミシャクです。これも12月初めから末にかけて発生します。
今日は、キリガの仲間も見られました。

イメージ 4

似た種類が多いので、写真での判定は難しいのですが、おそらくカシワオビキリガだと思います。
これもキリガ亜科キリガ族キリガ亜族の仲間で、越冬キリガです。

イメージ 5

それにナカオビアキナミシャクもいました。
蛾ばかりではありません。ほかの「むし」もいました。

イメージ 6

オオトビサシガメです。それにクモもいました。

イメージ 7

変わった形のクモです。前の方の脚4本が長い独特の形をしています。
これはカニグモの仲間で、おそらくヤミイロカニグモだと思います。

廊下で「むし」を探した後、外へ散歩に行ったのですが、「むし」の姿はほとんど見られませんでした。
本当にマンションの廊下は「むし」の宝庫ですね。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事