廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第26弾

12月も半ばが過ぎましたが、いまだに虫が続々と出てきます。今日は外出する前にちょっと探してみたのですが、地下駐車場の入り口と天井に合計3頭の蛾がいました。雨模様の天気だったのですが、こういう天気のときは意外に多いような気がします。

イメージ 1

イメージ 2

ぱっと見て何の種類だか分かりませんでした。家に戻ってから調べてみると、クシヒゲシャチホコであることが分かりました。これはメスの方です。オスの方ですと、触角が大きな櫛のようになっていて、それでこんな名前が付けられたのです。以前の記録を見てみると12月16日にオス1頭を見ていました。毛むくじゃらなのは寒さ対策でしょうか。

イメージ 3

天井に止まっていた蛾はチャバネフユエダシャクで、フユシャクの一種です。この蛾でこの冬、4種類目のフユシャクになりました。例年、12月上旬から1月上旬にかけて発生しています。

イメージ 4

この蛾も天井にいました。鱗粉がだいぶ取れてしまっていて、写真からは種類が判定できませんでした。やむを得ず、網を持って採集に行きました。今頃の蛾は温度が低くて動けないので、網でちょっと触ると、ころっと地面に落ちてきます。家に帰ってから調べてみると、ニッコウトガリバのオスであることが分かりました。写真を良く見ると、左右の翅の間に黒い点が見えます。これは黒い鱗粉が盛り上がったもので、これがニッコウトガリバの特徴でした。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事