廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

紫外線の可視化 花編

昨日に続いて、紫外線の見える虫が見ているであろう世界を可視化してみました。
方法は、虫が見える紫外、青、緑の3原色を人間が見ることのできる青、緑、赤の3原色に変換するだけです。

昨日は、チョウの標本だったのですが、今日は、家で咲いている花について行ってみました。

イメージ 1

イメージ 2

今日、咲いたばかりのピンクのハイビスカスの花です。淡いピンクの花が紫外を可視化した結果、薄暗い緑色に変ってしまいました。虫にとってはあまり目立たない花なのかもしれません。雄蕊がちょっと目立つ程度でしょうか。

イメージ 3

次はベランダで咲いていたローズマリーの花です。人間の目には薄青い目立たない花ですが、虫の目に結構目立つ色のようです。

今日は、そのほかにカメラの分光感度も調べてみました。方法は、40W白色電球のスペクトルを撮影した写真をRGBに分けて表示し、それから、RGBの分光感度曲線をそれぞれ計算するのです。

イメージ 4

一番上の写真は40Wの電球の光を、手作り分光器とNikon 70Dで撮影したスペクトルの写真です(実際は飽和しないように弱く撮影しているのですが、これは分かりやすいように明るさを変えて表示しています)。これをImageJを用いてRGBの3色に分けてグレイスケールにしたものを下に示してあります。

これらのデータからGray valueを求めて、プランクの輻射公式から求めた2500Kの黒体放射のスペクトルで割り、その比の値からそれぞれの分光感度曲線を求めてみました。

イメージ 5

人の3原色に対する等色曲線のように、3つの色で分離した曲線が得られました。特に、Rは短波長側が急激に切れ落ちているのが目立ちます。それぞれの裾の振る舞いについてはやや奇妙で、特に400nm以下の部分で変な感じがするのですが、この部分は40W白熱電球の強度が特に弱い所なので、もう少し検討が必要です。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事