廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第45弾(つづき)

シャクガの仲間が中心です。

イメージ 1

イメージ 2

ちょっと綺麗な蛾ですが、ウスベニスジナミシャクといいます。

イメージ 6

蛾の仲間では綺麗な方です。やはりシャクガ科ナミシャク亜科のアカモンナミシャクです。

イメージ 7

イメージ 8

これはモンキキナミシャクです。最盛期にはマンション中で1日100頭も見たことがありました。良く似た仲間にナカモンキナミシャクもいますが、外横線の形が違います。問題は次です。

イメージ 9

模様が薄いので、ギフウスキとかいろいろと考えたのですが、やはりモンキキナミシャクじゃないかと思っています。

イメージ 10

イメージ 11

同定の難しいカバシャクの仲間が出てきました。普通にいるソトカバナミシャクではないかと思うのですが、あんまり自信はありません。

イメージ 12

マエナミカバナミシャクでしょう。

イメージ 13

イメージ 3

マエアカスカシノメイガです。いずれも天井に止まっていたものです。透き通るような翅と前縁の赤茶色の線のコントラスが大変素晴らしいです。

イメージ 4

最後はもっとも厄介なハマキガです。これは鱗粉がとれていて良く分かりません。

イメージ 5

これも良く分かりません。標本が手元にないのではっきりしないのですが、ウスアオハマキかもと思っています。採集をしておけばよかったのですが、写真を撮っているとどうも採集がおろそかになります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事