廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第63弾

雨の朝は虫が多いという定説通り、今朝は強い雨が降っていたにも拘わらず、マンションの廊下は虫であふれていました。今回は蛾を中心に書いてみます。

イメージ 1

撮影した時にはトガリバガの仲間かなと思ったのですが、図鑑で見たらヒメシャクの仲間でした。サツマヒメシャクです。記録を見たら、これまで5月から8月にかけて採集をしていました。

イメージ 2

これも小さな蛾ですが、ぱっと見てアオシャクの仲間だと分かります。アオシャクは本来緑色なのですが、こんな色になる蛾もいます。色素が退色したのでしょうか。名前が分からないので、採集してきたのですが、あまりはっきりしません。おそらく、ウスキヒメアオシャクだろうと思います。

イメージ 6

これは、フタマエホシエダシャクです。ちょっと可愛い感じですね。やはり5月ごろ発生します。

イメージ 7

いかにも蛾らしい蛾ですが、シャクガ科のミスジツマキリエダシャクです。

イメージ 8

この間から出ているツマキエダシャクです。これは典型的な模様ですが、いろいろと変化します。(追記2018/06/28:これはヤマトエダシャク

イメージ 9

このくっきりした模様の蛾はヤガ科のシラクモアツバです。例年、5月から7月にかけて見ています。

イメージ 10

実に細かい模様ですね。これはヤガ科のヨシノクルマコヤガという蛾です。この模様はどういう意味があるのでしょうか。コヤガの仲間は小さくて可愛いのでわりと好きです。(追記:ヨシノツマキリコヤガという名前に変更になっていました)(追記2015/04/27:「日本産蛾類標準図鑑」でヨシノツマキリコヤガとあるのは、ヨシノクルマコヤガの誤記だそうです。再度、訂正します

イメージ 11

似た種類が3種あるので、すぐには分かりませんが、よく調べてみるとツマキリアツバのようです。やはりヤガ科の蛾です。(追記:ヤガ科のツマキリアツバではなく、シャクガ科のツマキリエダシャクです。とんでもない間違いをしていました

イメージ 12

模様がはっきりしないので、ちょっと分かりにくいですが、おそらく、ヤガ科のケンモンキリガだと思います。キリガの仲間ですね。

イメージ 3

蛾を集めていた頃にはしょっちゅう見た蛾なのに、名前が思い出せませんでした。白い点状になった模様が独特で、普通のヨトウガです。

イメージ 4

これは要注意の蛾です。ゴマフリドクガです。黄色い蛾にはご用心!幼虫は毒毛を持っています。成虫のメスは幼虫の毒毛を体につけて、産卵の時に卵にその毛をまぶすという話を聞きます。だから、飛ぶだけで毒毛がばらまかれます。

イメージ 5

小さい蛾ですが、独特の黒い斑点を持っています。似た種が多いので、この写真だけからははっきりしませんが、今までの経験からスガ科のマユミオオスガだと思います。コトバンクによれば、幼虫が共同の巣をつくり群生するので、巣蛾という名前が付いたと書いてありました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事