廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第73弾

今日の廊下のむし探検はちょっと足を伸ばし、マンションの隣にある雑木林の中での話です。この間、名前の分からない虫の写真を出したら、早速、ヤマトシロアリの羽が落ちたものだと教えてもらいました。

午前10時過ぎ、雑木林の中を歩いてると、朽ち木から羽アリが続々と飛び出しているのに気が付きました。朽ち木を見てみると、そこには羽アリがいっぱいです。

イメージ 1

イメージ 2

まさに、この間見た虫に翅の生えたものでした。拡大した写真の右側には黄色い兵隊アリの姿も見えます。羽アリはあちらこちら動き回っているのですが、次々と飛び去っていきます。

近くの松の木からも羽アリが飛び立つ姿が見えました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

こちらも羽アリは始終動き回っています。ちょっと動画で撮ってみたので見て下さい。音声は近くを通るの車の音がうるさいので、消してもらった方がよいと思います。


------------------------------
あの後、どうなったか気になったので、午後2時半ごろ、もう一度見に行きました。朽ち木も松の木ももぬけの殻で、まったく白アリの姿は見えません。羽アリは皆飛んで行ってしまったようです。

マンションに戻ってから廊下を注意深く見てみました。

イメージ 6

おびただしい数の翅が落ちています。高い階も低い階も溝には翅がいっぱいです。良く見ると、この間見た翅のない虫が歩いています。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

どれを見ても、皆、2匹ずつのペアになっています。体には白い粉みたいなのがいっぱいついています。

Wikipediaによれば、羽アリは実はオスとメスの生殖虫で、群飛はパートナーを見つける結婚飛行だそうです。こんな群飛が見られるのは、4-5月の風が弱く蒸し暑い日の10時から正午頃までだそうです。飛び立った羽アリは着陸するとすぐに翅を落とし、メスを探し回ります。メスは尾からフェロモンを出すので、オスはそれに惹かれて、あたかも2両編成の黒褐色の電車が動き回るように歩き回るとのことです。

今日はまさにそのドラマの日だったのですね。それにしても、こんなに多数のヤマトシロアリがやって来て、我がマンションは大丈夫なのでしょうか。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事