廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第78弾

朝のブログの続きで、今回は蛾の巻です。以前は、マンションの廊下にいっぱい蛾が来ていました。しかし、照明を赤っぽい色の蛍光灯に変えてからはぐっと減少し、今は、以前のままの照明の地下駐車場だけが蛾の集合場所になっています。

イメージ 1

複雑な模様ですが、ヤガ科のヨシノクルマコヤガです。コヤガというのは小さな夜の蛾と書くのですが、ちょっと可愛い蛾の仲間たちです。(追記:ヨシノツマキリコヤガに名称変更していました)(追記2015/04/27:「日本産蛾類標準図鑑」でヨシノツマキリコヤガとあるのは、ヨシノクルマコヤガの誤記だそうです。再度、訂正します

イメージ 2

これはアオアツバというヤガ科の蛾です。このマンションでは比較的多く見られます。

イメージ 5

これもヤガ科の蛾で、トビスジアツバといいます。模様が僅かずつ異なる種類が結構います。

イメージ 6

地下駐車場の天井に止まっていたリュウキュウキノカワガです。やはりヤガ科の蛾です。しっぽを曲げて止まる、独特の止まり方をします。

イメージ 7

これはシャチホコガ科のネスジシャチホコです。シャチホコガ科の特徴で、後翅を少しはみ出して止まっています。

イメージ 8

特徴があまりなくて、どこを探したらよいか分からないような蛾です。でも、何となくシャチホコガ科かなと思って探してみました。おそらく、スズキシャチホコだと思います。

イメージ 9

これはよく見る蛾です。スギドクガというドクガ科の蛾です。前脚を前に伸ばした独特の止まり方をします。

イメージ 10

あまり特徴がはっきりしないのですが、ウスアオエダシャクというシャクガ科の蛾だと思います。地下駐車場に置いてあるBMWに止まっていました。

イメージ 11

こちらは国産車に止まっていたヤガ科のヨトウガです。

イメージ 3

これも地下駐車場です。ナミガタエダシャクといいます。これまで、このマンションでは5月にばかり採集していましたが、場所によっては年2化のところもあるそうです。

イメージ 4

緑色をしているので、アオシャクの仲間であることはすぐに分かります。後は、線の走り具合や翅の形をじっくり見て決めます。似た種が多いのですが、おそらくホソバハラアカアオシャクだと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事