廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第108弾

廊下を掃除するおばさんが、「カブトムシがいたよ」と言って、家まで持って来てくれました。私がいつも廊下の虫の写真を撮っているからでしょう。バケツに入った虫を見てみると、間違いなくクワガタです。どうもおばさんにとっては、カブトムシもクワガタムシも一緒みたいです。

イメージ 1

ちょっと小型ですが、立派なミヤマクワガタです。喜んで写真を何枚も撮りましたが、ストロボをたいて写真を撮ると、大顎の影が邪魔になってしまいます。そこで、カメラレンズの先端部分にティッシュペーパを広げて影をなくしてみました。昨日はコクワガタ、今日はミヤマクワガタとクワガタのオンパレードです。

イメージ 2

階段の手すりの柱に止まっていました。ウスバカゲロウの仲間ですが、翅にいろいろな模様が出ています。図鑑で調べてみると、マダラウスバカゲロウと言うそうです。

イメージ 3

マンションの外にある階段の所で死んでいたのですが、色が綺麗なので撮影してみました。アカウシアブというようです。

イメージ 4

地下駐車場の天井に止まっていました。アオスジアオリンガという種類です。以前はヤガ科リンガ亜科だったのですが、新しい図鑑では、コブガ科リンガ亜科になっていました。

イメージ 5

これはヤガ科のキノカワガです。成虫越冬して、6月ごろに新しい成虫が出るので、6月から3月ごろまでいつでも見ることができます。(これもコブガ科に入っていました)

イメージ 6

これはヤガ科のニレキリガです。キリガには、秋キリガ、越冬キリガ、春キリガがあるのですが、これは夏にでるキリガです。分類的にはキリガ亜科には違いないのですが、コスミア亜族という別の亜族として扱われています。

イメージ 7

これも廊下で死んでいたのですが、マドガ科のスギタニマドガです。兵庫県ではレッドデータのCランクに入れられていますが、マンションでは時々見ます。

イメージ 8

これはアカフマダラメイガといいます。マダラメイガの仲間は模様がはっきりしていて分かりやすいです。

イメージ 9

似た種類が多いので、分かりにくい種です。外横線の曲がり具合だとか、翅の細さだとか、色の具合などで見分けるのですが、決め手がなくていつも困ってしまいます。とりあえず、シロテンウスグロノメイガとしておきますが、あまり当てにはなりません。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事