廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第119弾

昨日は蒸し暑かったのですが、廊下を歩いてみると、結構、虫が多い感じでした。地下駐車場の天井に巨大なカミキリが止まっていました。

イメージ 1

写真では大きさが伝わらないのですが、とにかく、大きなカミキリでした。図鑑で調べるとシロスジカミキリというようです。「黄色の筋なのに『シロスジ』とは?」と疑問に思ったのですが、図鑑の説明に、「生時は美しいクリーム色の微毛斑だが、死ぬと白くなる」とありました。生きているカミキリを見て、名前を付けてもらいたかったですね。

イメージ 2

すぐ横に、別の中型のカミキリもいました。図鑑を見てもぴったりと来るものがありません。ゴマフカミキリに似ているなと思って、今度はネットで画像検索してみると、カタシロゴマフカミキリというのが似ています。改めて図鑑と見比べてみると、似ているような似ていなような。図鑑よりは、生態写真の方が絵合わせには良いのかもしれません。

イメージ 3

カミキリでは、この間も出てきたアカアシオオアオカミキリが廊下の壁に止まっていました。

イメージ 4

廊下には、この間もいたナガフトヒゲナガゾウムシもいました。何度見ても奇妙な感じがします。ひげが太くて短いからでしょうか。

イメージ 5

この甲虫の触角も独特です。それを手がかりに図鑑を調べてみると、ナガニジゴミムシダマシか、その近傍の甲虫に似ていることが分かりました。触角の節が途中から逆三角形になっています。ネットの写真では、虹色に綺麗に写っている個体が多かったのですがが、ストロボをたいたせいか、お尻の方がわずかに虹色に写っているだけでした。もう少し、いろいろな写真を撮れば良かったと後悔しています。

イメージ 6

これはスジコガネでしょうか。やはりストロボのせいか黒っぽく写ってしまいました。甲虫の場合、照明を少し考えないといけないですね。

イメージ 10

コメツキは名前調べを諦めてしまっているのですが、一応、記録のために載せておきます。

イメージ 7

廊下の隅にエンマコオロギがいました。コオロギというと秋を連想するのですが、今頃でもいるのでしょうか。

イメージ 8

このクサカゲロウは、顔の模様を拡大して見ると、カオマダラクサカゲロウであることが分かりました。

イメージ 9

地下駐車場の天井にトビケラも止まっていました。トビケラについては幼虫の図鑑は多いのですが、成虫が載っているの図鑑はほとんどなくて、種名までは分かりません。川の傍にあるマンションだからか、トビケラが良く来ます。一度、名前を調べてみたいですね。(追記2018/02/02:これはホソバトビケラ科のホソバトビケラかその辺りの種だと思われます

蛾については次の機会に載せます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事