廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第125弾

マンションの廊下で毎日のように「むし」の写真を撮っていますが、今日は虫がたくさんいました。特に、床や天井に大きな甲虫がいてびっくりしました。

イメージ 1

初めは、この間から出てきているミヤマクワガタです。今日のは特に立派でした。子供のときだったら、喜んで捕まえていたでしょうが、この日は写真だけです。

イメージ 2

これも大きなカミキリで、床にいるところを見てびっくりしました。見るからに古風な感じがするカミキリで、また、触角が異様に太いので驚きます。床の模様から推定した体長は54mmでした。図鑑を調べてみると、ウスバカミキリというのに似ています。Wikipediaによれば、気性の荒いカミキリで、昔はカミキリの幼虫を「てっぽうむし」と呼んで食べていたが、本種もその中に入っていたと書いてありました。

イメージ 3

これもカミキリで、天井の隅にへばりつくように止まっていました。前胸の丸い形から、オオクロカミキリかなと思っています。

イメージ 4

小さいカミキリで、遠くから見たときは何が止まっているのか分かりませんでした。触角が短いのと、翅の白い模様などを手がかりに探していきました。図鑑とネットの写真を手がかりに、ワモンサビカミキリあたりかなというところまでたどり着きました。

イメージ 5

廊下にある溝にへばりつくようにして、じっとしています。写真を撮ることは撮ったのですが、何だかはっきりとは分かりません。この間見た、ドウガネブイブイかなと思っています。

イメージ 6

内蔵フラッシュで撮影したら、例によって、黒っぽく写ってしまいました。緑が綺麗な甲虫だったのですが・・・。脚が黒いことを手がかりに探すと、どうやら普通のコガネムシのようです。少し小型のような気がしたのですが、大きさを測らなかったので、よく分かりません。コガネムシ類をフラッシュをたいて撮影する場合は、何か考えないといけないですねと、この間も書いたのですが、つい面倒くさくて、こんな写真になってしまいました。

蛾は数が多かったので、また、次の機会にします。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事