廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第185弾

昨日も午前中、何かいるかなと思って、マンションの廊下を歩いてみました。歩くとそれなりに虫はいるものです。もっとも常連さんが多かったですが・・・。

イメージ 2

今日の最初はこの蛾です。私の家の玄関に止まっていました。ヤガ科キリガ亜科のハンノキリガです。成虫越冬する越冬キリガです。30分後にもう一度見てみると、掃除のおばさんに片付けられてしまっていました。今年は全体にキリガが少ない感じがします。

イメージ 3

イメージ 4

フユシャクのクロスジフユエダシャクも2匹来ていました。

イメージ 5

フユシャクに似たナカオビアキナミシャクも2匹いました。

イメージ 6

それにトガリバガ科のニッコウトガリバです。

イメージ 8

イメージ 7

チャタテムシがまたいました。一度見ると次々と見るものです。これはこの間見た種と同じです。今度こそ、名前を調べようと思って、いろいろとネットを探してみました。台湾のサイトにも似た種が載っていました。Sigmatoneura kolbeiというのがそれで、和名がクロミャクチャタテです。この種はこの間から候補に挙がっていたので、これでよいのかもしれません。

イメージ 9

前日もいたハチですが、この日はうまく撮れました。相変わらず名前の方は分かりません。

イメージ 10

これはBibio属のB. omaniかその近縁種ではないかと思います。Bibio属の文献(Hardy and Takahashi, Pacific Insects 2, 383 (1960))もちょっと覗いてみたのですが、B. omaniのメスはB. simulansと区別がつかないという記述があり、また、発生時期が共に4-5月とあるのも気になります。結局、よく分かりません。(追記:2014/04/29付のブログでケバエ科の検索を行い、上記写真と似た種はBibio aneuretus(キスネアシボソケバエ)だろうという結果になりました。この種は、「原色昆虫大図鑑III」と「札幌の昆虫」に出ています

後はいつものカメムシです。

イメージ 1

イメージ 11

ヘラクヌギカメムシがいたので、またまた撮影してしまいました。どうもこのカメムシに弱いですね。

イメージ 12

ついでにアオモンツノカメムシです。

イメージ 13

クサカゲロウも今頃よく見かけます。顔の模様からスズキクサカゲロウかなと思います。

イメージ 14

最後にクモです。雰囲気からコモリグモかなと思って図鑑を探してみると、似た種が多いのでだいぶ迷いました。これも雰囲気からハラクロコモリグモかなと思いますが、よく分かりません。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事