廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第202弾

1月になると、私の住むマンションでも、「むし」はほとんどいなくなります。それでも、よく探してみると少しだけ蛾を見ることができました。

イメージ 1

マンションの玄関の横に、クシヒゲシャチホコが止まっていました。この蛾はいつも12月に見ていて、卵越冬のはずなのですが、1月も中旬になって見るのは初めてです。

イメージ 2

同じく卵越冬組のはずのアオバハガタヨトウもいました。皆、遅くまで頑張っていますね。

イメージ 3

これはチャバネフユエダシャクです。以前、フユシャク♂については、8年間、マンションに発生する個体数を毎日数えたことがありました。それによると、チャバネフユエダシャクは12月上旬から1月上旬まで見られ、12月下旬がもっとも多く見られました。そのときは1月中旬という記録はありませんでした。

イメージ 4

イメージ 5

シロオビフユシャクウスモンフユシャクです。この2種はいずれも、12月下旬から1月中下旬にかけて発生しています。

これから2月にかけてはますます虫が少なくなります。「廊下のむし探検」もちょっと一休みですね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事