廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第223弾

3月も中旬になり、早春の蛾が続々登場してきました。そんな中、まだフユシャクを何種類か見ることができました。

イメージ 1

イメージ 2

私のマンションではもっとも遅く発生するフユシャクで、シロトゲエダシャクといいます。昔、調べた時には、3月中旬から4月上旬にかけて、シーズン平均4匹程度見ていました。この日は2匹見ることができました。こんなに暖かくなってフユシャクというのも何か違和感がありますね。

イメージ 3

イメージ 4

その他にも、クロテンフユシャクが2匹、ホソウスバフユシャクとシロフフユエダシャクが各1匹いました。シロフフユエダシャクは一時期の大量発生と比較するとずいぶん数が減ってきました。

イメージ 5

イメージ 6

その他の早春の蛾です。ヒロバトガリエダシャク〈上)とホソバトガリエダシャク(下)です。

イメージ 7

ギフウスキナミシャクもこの日は2匹見ました。

イメージ 8

私の苦手なカバナミシャクもいました。よく似た模様の蛾にウスカバナミシャク、ナカオビカバナミシャク、モンウスカバナミシャクなどがあるのですが、正直言って区別が分かりません。ウスカバやモンウスカバではないような気がして、いつも、ナカオビカバナミシャクかなぁと思ってしまうのですが・・・。

イメージ 9

地下駐車場にはオカモトトゲエダシャクがいました。車が止まっているので、後ろからしか写せなかったのですが、後ろから写すと何が何だか分かりませんね。

イメージ 10

キリガの仲間ではマツキリガがいました。大変派手な蛾です。マツという名前が付いているので、おそらく松の害虫だろうと思って検索してみたのですが、確かに害虫ではあるもののそれほど注目されてはいないようです。

イメージ 11

これはホソバキリガかなと思って写したのですが、ブナキリガの方かな。

その他の昆虫です。

イメージ 12

複眼が大きくて、翅が濁っているので、マダラカゲロウの仲間の♂の亜成虫のようです。名前までは分かりません。今度、カゲロウの検索もやってみたいですね。

イメージ 13

これはオナシカワゲラの仲間です。名前を調べてみようと思って採集してきたのですが、検索表に書いてある用語の意味が分からなくて、なかなか思うようには進みません。まだまだ修行が足りないようです。河川環境データベースにある生物種目録によれば、オナシカワゲラ科には64種も登録されていました。なかなか大変な作業になりそうです。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

相変わらず羨ましいほどいろいろ見られますねえ。

カワゲラはオナシカワゲラの1種で、春に多く見られる種でしょうが…カワゲラは本当に分からないのでスルーしちゃいますね(^_^;)
かなりの大型種でも分からないので困ります。 削除

2014/3/13(木) 午後 2:51 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

カワゲラ、難しいですねぇ。朝から文献を漁っていたのですが、一向に分かってきません。まぁ、こうやって調べている時が一番楽しいのですが・・・。暖かくなってきて、虫がたくさん出てきました。名前調べも大変になってきました。

2014/3/13(木) 午後 5:37 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事