廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第228弾

4月が近づいてきて急に虫の数が増えてきました。冬の間は、見つけた虫はすべて撮影していたのですが、とても追いつかなくなりました。今日見た蛾は全部で51匹。これからは今年初見の虫を中心に載せることにします。

まずは、蛾以外の虫から。

イメージ 1

クサカゲロウは緑色だと思っていたら、こんな色のクサカゲロウもいました。珍しいので、いつものチャック付きビニール袋に入れておいたら、潰れてしまっていました。でも、顔の模様は見ることができて、千葉大のページの写真と比較するとヤマトクサカゲロウみたいです。ネットで調べると、こんな色になるのは越冬型だそうです。そういえば、ホソミオツネントンボも越冬型は薄茶色でしたね。

イメージ 2

カワゲラもいました。先日、1匹採集してきて同定してみたのですが、アミメカワゲラ科までは辿り着いたのですが、「日本産水生昆虫」にはぴったりと来るものがなくて、種の同定までは至りませんでした。今回は採集はしなかったのですが、先日の個体と比べると翅脈が少し異なるようです。触角を真っ直ぐ前に伸ばして、面白い格好で止まりますね。

イメージ 3

大きそうに見えますが、実は、体長は数ミリの小さなカメムシです。Y字型の模様が目立ちますが、ムラサキナガカメムシです。「日本原色カメムシ図鑑第1巻」ではナガカメムシ科と名前がつくのは、ナガカメムシ科とメダカナガカメムシ科の2科だけだったのすが、第3巻ではえらいことになっていて9科もあります。しかも、ナガカメムシ上科には11科。このムラサキナガカメムシはマダラナガカメムシ科に入れられていました。

イメージ 4

白い点が小さいからシラホシカメムシだといつも思っていたのですが、「日本原色カメムシ図鑑第3巻」には検索表が載っていました。それによると、「革質部の先端は、小楯板の先端を明らかに超える」という点でムラサキシラホシカメムシ、マルシラホシカメムシと見分けるようです。革質部は両側にある翅の固い部分、小楯板は中央の三角形の部分を指します。この写真では翅の革質部の方がやや長いので、おそらくシラホシカメムシで合っているでしょう。

次は蛾です。

イメージ 5

イメージ 6

「廊下のむし探検」初登場です。でも、実はよく見る蛾で、シロヘリキリガといいます。いかにもシロヘリと名前を付けたくなるような模様をしています。この日は全部で3匹いました。

イメージ 7

プライヤキリバです。「大図鑑」や「標準図鑑」に書かれているこの蛾の記述は大変面白いので、いつも引用させていただいています。でも、自分自身では見たことがありません。図鑑によると、プライヤキリバは6月頃羽化し、まもなく石灰洞、廃坑洞、トンネルなどで越夏休眠して、そのまま同じ洞窟で秋冬も過ごし、翌春洞外に出るとのことです。洞窟では時には集団で越夏休眠するようです。分布の制限には食草よりも、温度湿度環境が整った洞窟の有無が優先されるという変わった蛾です。

イメージ 8

イメージ 9

アカモンナミシャクです。翅の縁に赤い紋があるのでこんな名前が付いたのでしょう。緑色の蛾は綺麗なので、好きです。昨年は3月20日が初見でした。

以上が今年初の蛾です。その他気のついた蛾は・・・

イメージ 10

亜外縁線が滑らかに外縁に沿っているので、おそらくブナキリガだと思うのですが、腎状紋や環状紋が小さく、全体にピンク色の鱗粉で覆われているので、ちょっと変わった感じがしました。この日は同じような蛾が2匹いました。

イメージ 11

この間登場したカバキリガがまたいました。

イメージ 12

模様が綺麗なので、つい写してしまいます。ウスベニスジナミシャクです。この日は3匹もいました。

イメージ 13

そして、最後はマユミトガリバです。早春の蛾で、先日が初見です。

この他にもいろいろといました。多いものでは、ハスオビエダシャク、ホソバキリガが5匹、ブナキリガ、モンキキナミシャク、アトジロエダシャクが3匹などでした。カバナミシャクも全部で8匹いました。これからがいよいよ大変ですね。


この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

越冬色のヤマトクサカゲロウはこれから段々と緑色に変わっていくんで、薄緑のものも見られると思いますよ。

ナガカメが細分化してましたか(>_<)
ただでさえややこしいのに、種以前の分類にも付いて行けなくなりそうです(笑)

それにしても蛾が豊富ですね。
しかも、多いと言われているものしかこちらでは見たことがありません。 削除

2014/3/20(木) 午後 11:49 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

色が変化していくクサカゲロウは楽しみですね。注意して見てみます。ナガカメ、何となく大変です。一度、科の検索をしてみないといけないですね。蛾はとにかく多いですね。山に近いマンションなので、灯火採集みたいに明かりに集まってくるのでしょう。住民にとっては、あまり好ましい状態ではないようですが・・・。

2014/3/21(金) 午前 6:36 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事