廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第232弾

マンションの廊下も毎日歩いていると、出てくるメンバーも固定してきます。そうすると、何か変わった虫はいないかなぁと必死に探すのですが、やはり何かはいるものです。昨日はこんな虫がいました。

イメージ 1

ウンカの仲間です。ウンカも種類が多いので、おそらく名前までは分からないだろうなと思っていたのですが、ためしに、「学研生物図鑑 昆虫III」を調べてみると、何となくナワコガシラウンカに似ています。山地に産するとのことですが、ネットで調べると結構引っかかりました。また、近縁種がいて交尾器をということになるかもしれませんが・・・。

イメージ 2

イメージ 3

オナシカワゲラもいました。下の写真の個体は脚が黒いので、捕まえてきて顕微鏡で見てみるとびっくり。

イメージ 4

頭の下の裏側に手のような形をした鰓(えら)の痕跡が左右2つずつ付いていました。おそらく、フサオナシカワゲラだと思うのですが、フサオナシの「フサ」というのは、こういうものなのかと初めて知りました。

イメージ 5

こんなクモもいました。おそらくズグロオニグモではないかと思います。まだ小さいのですが、大きくなると気味悪くなるでしょうね。

イメージ 6

この間もいたササグモです。

イメージ 7

まだ小さいのですが、ザトウムシの仲間もいました。ザトウムシはクモ綱ザトウムシ目に属する「むし」です。

イメージ 8

オオトビサシガメも時々見るようになりました。

イメージ 9

そして、アメバチの仲間もいました。翅に途切れたような脈があるので、おそらくOphion属ですね。ちょうど標本で種の同定をしていたところだったので、ちょうどよいと思い、網を持って採集に行きました。強い風が吹いていたので、網が膨らむ方向にと思って前面から網を近づけていったら、触角に触れるか触れないかというときに、あっという間に横方向に逃げていきました。思ったよりずいぶん素早かったです。もう、残念で残念で!!

後は蛾の仲間です。

イメージ 10

キリガの仲間ではブナキリガがやたら多かったのですが、これはクロミミキリガではないかと思います。今シーズン初めてです。

イメージ 11

これはモクメクチバ

イメージ 12

そして、プライヤキリバ

イメージ 13

シャクガの仲間では、モンキキナミシャクがこの日は30匹ほどいました。ギフウスキナミシャクも数匹くらい。それに、カバナミシャクはうじゃうじゃ。その中にすっきりしたカバナミシャクも混じっていました。ヒメカバナミシャクです。カバナミシャクの中では好きな方です。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

活動中の飛ぶものには使えませんが、捕獲用に百均で買ったピルケースを持ち歩いてます。
大きさもいろいろあって、大型のアメバチやアオシャクでもOKなものもあるので重宝してます。 削除

2014/3/29(土) 午前 1:14 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

昨日からカメラ2台のほか、捕虫網と毒ビンを持って廊下を歩き始めました。ハマキガを捕まえようと思って。小昆虫用にはチャック付きのポリ袋をいつも10袋ほどカメラバッグに入れています。でも、以前クサカゲロウとチャタテムシを入れたときには潰れてしまったので、今度、ピルケースも探してみます。「廊下のむし探検」がだんだん重武装になってきました。

2014/3/29(土) 午前 6:17 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事