廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第235弾

4月になって、マンションの廊下に出てくる虫も変化してきた感じがします。蛾は少なくなり、甲虫やカメムシが増えてきました。

昨日は、カメムシがとにかく多い感じがしました。

イメージ 1

これはシロヘリカメムシです。マンションではあまり見かけない種です。

イメージ 2

昨年は2度ほど見かけました。変わった形をした虫ですが、これもカメムシです。ノコギリヒラタカメムシといいます。

イメージ 3

似た種類が多いのですが、「日本原色カメムシ図鑑第3巻」には検索表も出ていました。それによると、アムールシロヘリナガカメムシでないかと思います。(追記:「日本原色カメムシ図鑑第3巻」によると、シロヘリナガカメムシ類3種の見分け方は、①革質部の先端近くに明瞭な白色紋がなければシロヘリナガカメムシ、②革質部の先端近くに白色紋があり、触角第4節基部近くに白色環状紋があり、爪状部(小盾板の両脇にある狭い部分)の基部に大きい黒色紋があり、小盾板の先端のみ黄白色であればモンシロナガカメムシ、③革質部の先端近くに白色紋があり、触角第4節が一様に黒色、爪状部の基部に大きい黒色紋がなく、小盾板に1対の黄白色短条があればアムールシロヘリナガカメムシとのことです。この写真、よく見ると触角が3節しかないように見えますが・・・

イメージ 4

マルカメムシも結構いました。マルカメムシというと茶色のイメージですが、こんな緑色の個体もいるのですね。

イメージ 5

この間からいるムラサキナガカメムシです。後ろから撮ると、透明な翅に穴なのか模様なのか2つの黒い点があることが分かります。(追記:ムラサキナガカメムシと同じようなY字型の模様を持っていても、イシハラナガカメムシやヤスマツナガカメムシという似た種がいるので要注意ですね

イメージ 6

カスミカメの仲間です。翅の革質部が折れ曲がったところの楔状部が明るい茶色、触角の第2節が長くて黄色、後脚が黒く、前胸背板後縁部が黒いなどの特徴で探したのですが、カメムシ図鑑第2巻に該当するのが見つかりませんでした。もう少し探してみます。(追記:採集してきたので、正面からの写真も載せておきます。体長は4.8mmくらい

イメージ 21

甲虫もたくさんいました。

イメージ 7

イメージ 8

翅の色がだいぶ違いますが、点刻の様子は似ていて、おそらく、ヒメスギカミキリの色違いだと思います。(追記:通りすがりさんから、触角の長い上の写真が♂、短い下の写真が♀と教えていただきました。「原色日本甲虫図鑑IV」の説明をあらためて見てみると、♂は上翅が紺青色、♀では赤褐色と書かれていました

イメージ 9

イメージ 10

マルガタゴミムシの仲間と思われる個体も廊下のあちこちに見られました。ちょっと前まではまったく見なかったのですが・・・。絵合わせで、昨年はチビマルガタゴミムシかなと思ったのですが、今年はもう少し詳しく調べてみたいと思って、1匹捕まえてきました。(追記:採集してきた個体は体長約8mm。琵琶湖博物館の「里山のゴミムシ」の標本写真と絵合わせで比較して見ると、今年は、マルガタゴミムシ亜科マルガタゴミムシにたどり着きました

イメージ 11

昨年もそうでしたが、コメツキはどうも名前を調べる気にはなれません。(追記:通りすがりさんから、アカハラクロコメツキっぽいとのコメントを頂きました。「原色日本甲虫図鑑III」を見ると、確かによく似ている感じです。実際、図鑑の説明通り、体は黒色の毛で覆われていて、腹部は通常赤褐色、上翅条溝は深く明瞭でした。前胸背板がオパール光沢とも書かれているのですが、これははどういう感じなのでしょう

イメージ 12

こんな虫もいました。おそらくハネカクシの仲間でしょうね。

イメージ 13

これは翅脈からタマバチの仲間かなと思います。タマバチは虫こぶを作る虫として知られています。

イメージ 14

変わった翅脈をしています。いろいろと調べてみると、ハバチの仲間でフタホシハバチか、それに近い種のようです。以前、西日本ハチ研究会の「大阪府のハバチ・キバチ類」という本を購入していたのですが、見てみるとフタホシハバチには近似種がいるようです。本を買った時はこんな本が役に立つのかなと思っていたのですが、やはり買っておくべきものですね。初めてじっくり読んでみました。

イメージ 15

ハエはまだ修行中でよく分かりません。(追記2018/02/14:このハエはヤチバエ科ヤドリヤチバエ亜科ではないかと思われます。詳しくはこちらを見てください

イメージ 16

イメージ 17

マダラガガンボの♂がいました。以前紹介した鳥居氏の講演要旨をみると、交尾器の形状がマダラガガンボの近縁種に近いような感じですが、断定はできませんでした。

イメージ 18

アメンボがまたいました。今回もコセアカアメンボのようです。

イメージ 22

変わった形の虫ですが、「学研生物図鑑昆虫III」に載っているミドリヒメカゲロウとそっくりです。初めて見ました。

イメージ 19

蛾ではユミモンシャシホコがいました。

イメージ 20

これはトビモンアツバです。蛾も今までのフユシャク、キリガが少なくなり、様変わりしてきた感じです。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ヒメスギカミキリ、触角の長さから1枚目がオスで2枚目がメスですね。

コメツキはアカハラクロコメツキっぽいですね。是非確認を(笑)


越冬明けで活動を開始したものと、春の蛾が一新して更に賑やかになってますね。 削除

2014/4/3(木) 午後 11:26 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさんは甲虫に強いですね。私は絵合わせでしか、たどり着かないので、コメツキやゴミムシにはかなりのバリアがあります。でも、頑張ってみます。

ヒメスギカミキリ、確かに図鑑の説明を読むと、オスは紺青色、メスは赤褐色と書かれていますね。触角の長さで分かるのですかぁ。勉強になりました。

これまで見過ごしてきたマンションの廊下も、よく見るといろいろな虫がいるものですね。野外を歩いてもこんなにたくさん見ることはないのに。

2014/4/4(金) 午前 6:00 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

ナガカメの触角は奥が2節目と3節目が繋がって見えているのと、手前は1節目が頭部の黒に紛れているだけで4節ですね。

コメツキは色に変化がないと調べる気にもならなくてスルーしますよね(笑)
クシコメツキの仲間やシモフリコメツキの仲間なんかは、いくら調べても分からないので諦めてます。
アカハラクロコメツキは確かに独特の光沢があるので、大きさと体形から近付く前から目星が付く様になりました。 削除

2014/4/4(金) 午後 1:57 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

あぁ、そうですか(笑)。やはり、4節でしょうね。ひょっとすると、触角の節数は個体で変化するのかもと思ったので・・・。

コメツキは外見が皆似ているので、どうも取っ掛かりがつかめないです。まず、どれか1匹捕まえてきて、検索表通りに亜科、族、属の検索をしてみるのが良いかもしれません。観察するポイントが少しは分かるかもしれないので・・・。

2014/4/4(金) 午後 5:37 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事