廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第237弾

4月になったのに、冬並みの寒さがやってきました。廊下を歩いていても、真冬のような強い風が吹き、みぞれでも降りそうな天気でした。さすがに虫は少なかったです。

イメージ 1

イメージ 2

虫がいないと、どうしてもハエ目の昆虫に目がいくようになります。廊下にはこんな虫がいました。上が♂、下が♀のようです。♀の脚には黒い毛のようなものがいっぱい生えています。この♀の方を捕まえてきて、検索表で調べてみました。オドリバエ科Empis属らしいところまでは辿り着きました。詳細はまた次の機会に!

イメージ 3

マダラガガンボの♂が止まっていました。今日は至近距離だったので、近寄って腹部先端を写してみました。

イメージ 4

鳥居氏の講演要旨と比べてみると、マダラガガンボではなく、その近縁種のような気がするのですが、どうでしょう。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

ガガンボもたくさんいたのですが、オドリバエの検索でくたびれてしまったので、今日はパスです。

イメージ 15

廊下にこの小さなハチがいっぱいいました。飛ぶわけでもなし、歩くわけでもなく、じっとしています。

イメージ 8

地下駐車場の天井にはチョウも止まっていました。翅の模様からアカタテハのようです。

イメージ 9

シャチホコガの仲間は夏に多いのですが、今頃出てくるのはノヒラトビモンシャチホコです。廊下の蛍光灯に止まっていました。

イメージ 10

このごろ毎回のように見ているシタコバネナミシャクです。

イメージ 11

イメージ 12

いつか翅の模様から名前が分かる日がくることを期待して、綺麗に撮れたときのカバナミシャクを載せておきます。

イメージ 13

イメージ 14

最後に小さなクモです。コカニグモだと思います。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

鱗翅目以外は科しか分からないものだらけです(笑)

マダラガガンボ?もこうして見ても意外と判断に困る感じですね。 削除

2014/4/8(火) 午前 11:08 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

私はハチやハエはどれを見ても科までは分からないので、最近は、検索で科さえ分かれば御の字という気がしてきました。

マダラガガンボ、結構、微妙です。背面からも撮影をしたらよかったとちょっと後悔しています。

2014/4/8(火) 午後 2:01 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事