廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

昨日、ハエ目の昆虫♂と♀がマンションの廊下にいたことを報告しました。このとき、♀の脚には黒い毛のようなものがいっぱい生えていました。ちょっと変わっていたので、その♀を捕まえてきて調べてみました。実は、検索をするには♂の方が都合がよかったということを後から気が付きました。というのは、普通、検索表は属、亜属、種に近づくにつれ、♂の形態で行うことが多いからです。

でも、ともかくこんな虫です。

イメージ 1

脚に鳥の羽のような黒い毛がたくさんついています。不思議な昆虫です。これが何の仲間なのかを調べるために、ハエ目の科の検索をしてみました。なにぶん、素人がやっていることなので、そのつもりで見て下さい。なお、写真は実体顕微鏡を用いて撮影し、深度合成という方法で合成したものです。これは焦点位置を変えながら何枚も撮影し、後でソフト(この場合はcombineZP)を用いて合成する方法です。

今回、検索表には以前紹介した「絵解きで調べる昆虫」という本を用いました。「原色昆虫大図鑑」の検索表に比べると、扱う科の数が少なく、その分検索表は簡単になっています。例えば、今回のハエは調べてみると、オドリバエ科にたどり着いたのですが、その時に用いた項目数はわずか5つです。「原色昆虫大図鑑」の9項目に比べるとかなり楽になっています。その項目が次の5つです。

イメージ 2

「絵解きで調べる昆虫」では、項目の番号がなかったり、絵だけで説明のない部分があったので適当に補ったのですが、間違っているかもしれません(特に、㉚、㊳)。まず、これは短角亜目という、触角の可動部分である鞭節のうち第1鞭節が発達した種類(いわゆるハエの仲間)についての検索です。これに対して、鞭節が4節以上にあるのはカの仲間で、糸角亜目といいます。

イメージ 3
そこで、まず触角を見てみましょう。この写真で第1鞭節と書いた部分が可動部で、この部分が大きく、先端には短い節が付いているようです。通常、第1鞭節には刺のような刺毛があるのですが、この個体にはありません。複眼と複眼の間隔が離れていて♀であることが分かります。その間に3つの単眼が見えています。

次に、項目に従って特徴を見ていきます。

イメージ 4
まず、項目㉚は脚の先端部分についてですが、鋭い爪が2本見えていますが、この下にある2つの白い部分を褥板(じょくばん)というようです。この2つの褥板の間にもう1つ爪間板があるかないかという項目ですが、写真のようにありません。この部分が刺毛状になっているかどうかはこの写真ではちょっと分かりません。

イメージ 12

イメージ 5
項目㊳は翅脈に関するものです(なお、翅脈の名称はいろいろな文献を見ながら、若干の想像を加えて私が勝手につけたものなので、間違っているものもあると思います)。Fig.3のように第2基室と第3基室という部分がありますが、この第3基室が大きくなって翅の縁近くまで伸びていないかどうかという内容です。項目㊺は通常のハエのような額線や半月板があるのかどうかという項目ですが、Fig.4のように口は部分は普通のハエとは異なっています。項目㊻は翅脈で中室があるかどうかという点ですが、Fig.3のように中室はあります。最後は、Rs脈の分岐位置が肩横脈hより離れているかどうかという点ですが、Fig.3のように離れているので、オドリバエ科ということになります。(追記:Fig. 3でRs脈の位置が間違っていたので訂正しました

オドリバエ科の属、亜属の検索には、三枝豊平氏の「日本産双翅目の図解検索システム(Family Empididae)」が使えます。この検索表を使わせていただき調べてみると、最終的にはEmpis属にたどり着きました。その時に用いた項目は次の通りです。⑥c以降は♂でないと分からないので、検索はここで止まってしまっています。

イメージ 6

まず、①は前脚の形態に関してです。②は翅の翅脈で中室を持つかどうかです。③についてはFig.3にあるように、M1、M2、M3+4という3本の脈が翅の縁まで伸びています。④と⑥1)は、R4脈があって、それがR5脈から大きな角度で離反していることを示しています。ついでに、⑥2)はSc脈についですが、写真では分かりにくいのですが、先端は消失しています。⑤は口吻に関してですが、Fig.4に示すように下に向いた長い口吻があります。

イメージ 7
⑥3)の平均棍はFig.5に示すような形をしたものですが、後翅が退化したものです。この平均棍の前の部分〈図の矢印の部分)に毛の生えた部分が確かにあります。これで、このハエはEmpis属だということが推測されます。

次に亜属についてですが、⑥aの項目は口吻の唇弁が太くて短いということですが、ここが一番迷いました。Fig.4の下の写真は口吻の先端部分を拡大したものですが、固そうな部分が上唇、その下に長い下唇があります。この下唇が唇弁だと思い、この項目はNOだすると、NOの項目は「唇弁の先が2つに分かれる」となっていて行き詰まります。

一寸のハエにも五分の大和魂・改」という双翅目の専門的な掲示板があるのですが、そこを探し回ると、似たような種がいくつも見られ、それはほとんどPolyblepharis亜属に属しているとされています。その亜属に行くためには、どうしてもこの項目がYESでなければなりません。そこで、更に、その掲示板を探していると、死後、唇弁が伸びるというような記述が見つかりました。はっきりしないのですが、ひょっとするとYESなのかもしれません。いずれにしても、ここからは♂の形態の項目になるので、最後まで行き着かなかったのですが、おそらく掲示板に載っているハエなどと同じで、Polyblepharis亜属に属しているものと推測されます。種まで行くにはさらに♂交尾器を調べる必要があると思われ、これでとりあえず検索は終わりました。

ついでに、以前、ミラーレス一眼を生物顕微鏡に取り付けたというをしましたが、10倍の対物鏡を用いて、このハエの各部を撮影し、深度合成を用いて表現してみました。いずれも、20−50枚ほど、焦点位置を変えて撮影した写真を合成したものです。照明にはリング照明の一部を接近させて用いました。その写真が次の4枚です。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

一番上は頭を上から見たところで単眼が見えています。次は脚の先端部分。その次の2枚は後脚の脛節で黒い毛が生えている部分です。黒い毛は木の葉みたいな形をしていて、脈が長さ方向に平行に入っています。全体に「ほこり」みたいなものがいっぱいついているように見えるのは、深度合成のソフトで取りきれなかった「島」の部分だと思われ、もう少し撮影上の工夫をするか、ソフトを用いる場合の何らかの工夫が必要だと思われます。でも、全体に鮮明に撮れたので満足しています。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

随分と面白い毛が生えてるんですね。

オドリバエは何種か見付けてるけど、いつも科か亜科までです。 削除

2014/4/8(火) 午前 11:01 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

実際、面白い毛ですね。つい、毛に釣られて♀を採集したら、検索には♂が必要だったのですね。属か亜属までは行きそうですが、こうした検索が合っているのやらどうやら・・・。

2014/4/8(火) 午後 1:22 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事