廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

この間からシラホシゾウムシ類がマンションの廊下に出てくるのですが、いつも名前が分からなくて困っていました。そこで、先日、1匹を捕まえてきて、「原色日本甲虫図鑑IV」に出ている検索表を使って調べてみました。この検索表には、シラホシゾウムシ属(Shirahoshizo)が6種が出ています。これは、日本産ゾウムシデータベースに出ているShirahoshizo属7種のうち、ヤマトシラホシゾウムシを除く全種になります。

この間から見ているゾウムシというはこんなゾウムシです。

イメージ 1

翅に白い点が2箇所ずつ付いていて、よく見かけるゾウムシなのですが、名前調べにいつも困っていました。これに関係する検索表を、「原色日本甲虫図鑑IV」から抜粋引用すると次のようになります。

イメージ 2

結論からいうと、この種だと断言できなくて、赤字で書いた部分が可能性のある種になり、さらに、この中ではニセマツノシラホシゾウムシが一番可能性が高いかなと思っています。

上の検索表に関連する部分の写真を載せます。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

Fig.1は全体像を示しています。体長は5.5mmでした。頭の後ろで前脚が付いている部分が前胸、左右の上翅の付け根にある部分が小盾板です。まず、①は第1-5間室に小突起があるかないかという点ですが、間室はFig.1に示すように、点刻列と点刻列の間の部分を指します。内側から順に番号が付けられています。Fig.2は中央の拡大図ですが、特に小突起は見えません。そこで、②にいきます。

②は腹部第3,4節にある点刻列が何列かということですが、Fig3に示すように、はっきりしたものが腹部の各節に1列、崩れたようになってつながっているのが1列の計2列(黄色の矢印)になります。それで、③に進みます。ここからが微妙になります。

③の初めの項目は小盾板に光沢ある中央隆起条があるかという点ですが、Fig.2の黄色の矢印で示すようにあるといえばあります。また、次の項目は前胸の後半は両側平行ということですが、Fig.1に示すように平行と言えば平行です。最後の後脚の腿節についてはFig.4に載せてありますが、後でまとめて論じることにします。

従って、この結果からニセマツノシラホシゾウムシで良さそうですが、中央隆起条についても、前胸の後半が平行かいう点についてもあやふやな感じです。仮に、これがNOということになると、④に進みます。④に書いてあるような多数の小灰色紋はないので、⑤に進みます。ここからは、後腿節の形状の比較により、マツノシラホシゾウムシかコマツノシラホシゾウムシのいずれかを決めるということになります(交尾器についての記述は除いています)。

従って、交尾器によらなければ、結局、後腿節の形状により3種を区別しなければならないことになります。後腿節の形状は図鑑に描かれていました。これをトレースし、3種を重ねあわせました。さらに、Fig.4の写真から後腿節の部分の輪郭を抽出して、重ねると次のような図になりました。

イメージ 7

赤、青、白の線はそれぞれニセマツノ、コマツノ、マツノの腿節の形を、黄色の矢印の部分2箇所が合うように重ねたものです。これに、Fig.4の後腿節の輪郭を重ねてみました。黄色の点線がそれです。どれともピタリと合っているわけではないのですが、検索表にあるように、突起〈下の部分)から基部(右側)へ行く部分の形状が重要であるとすれば、ニセマツノがもっともよく合うような気がします。

ということで、小盾板の隆起条、前胸の形状、および、後腿節の形状から、非常にあやふやなのですが、今回の個体はニセマツノシラホシゾウムシではないかと推定されました。♂の交尾器はもう少し形の変化が明確なので、もっとはっきりと分かるかもしれませんが・・・。

ゾウムシの検索をしてみた感想としては、あいまいな表現が多くて、調べたい個体だけを調べたのでは判断がつかないことが多い気がしました。違う種類の標本を用意して、それと比較して初めて分かるかなという感じです。従って、今回ももやもや感がなくなりません。


この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

お疲れ様です。

比較の話になると、どうしてもこうなりますね。
形にしても見る角度によっても変わりますし、差異があまり無いとかよく分からないから検索表なのに…って思ってしまいますが、双翅よりはマシだと思って諦めます(笑)

最近、初めて見た(かも知れない)ゾウムシは上翅の鱗片の形で見分けるそうで、ゾウムシも捕獲前提になりそうで見ないふりが増えそうです… 削除

2014/4/25(金) 午前 1:08 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

いろいろとやった挙句が曖昧な結果でちょっと残念です。双翅目も先日ケバエの検索をしましたが、似たり寄ったりです。

名前調べはどれも大変ですね。実は、甲虫がこれほど大変だとは思ってもみませんでした。甲虫をやっておられる方は多いと思ったので。まぁ、修行の一部だと思って、もう少し頑張ってみます。

2014/4/25(金) 午前 6:44 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事