廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第253弾

廊下のむしが増えてきて、名前調べがちょっと滞ってきました。今日は一昨日、昨日、今日の3日分の蛾の名前調べをしました。全体として蛾は少ないのですが、その中ではシャクガの仲間が多いようです。

イメージ 1

今日は、この芸術的な模様の蛾からです。これは、セスジナミシャクという蛾ですが、蜘蛛の巣の模様でしょうか、ともかく、複雑な模様が左右の翅全体を使って描かれています。どうしてこんな模様になったのか、不思議ですね。

イメージ 2

これも複雑な模様の蛾ですが、鱗粉が少し剥がれてしまっています。オオハガタナミシャクです。

イメージ 3

イメージ 4

似た種があっていつも迷うのですが、ツマキリエダシャクかなと思います。ツツジツマキリエダシャクとの違いはよく分かりません。今日は2匹いました。

イメージ 5

これはウスオエダシャク

イメージ 6

それと、ウスネズミエダシャク

イメージ 7

マエキトビエダシャク

イメージ 8

それに、ツマキエダシャクです。定番のシャクガが次々と現れてきているようです。

イメージ 9

いつもいるので、おそらく、ヤガ科のマダラウスズミケンモンだと思うのですが、実際のところ、似た種のウスズミケンモンと区別がつきません。後翅の色が違うので、展翅をするとすぐに分かるのですが。

イメージ 10

これは、マメチャイロキヨトウです。よく見る蛾です。

イメージ 11

それに、アオアツバです。ヤガ科もそこそこいますね。

イメージ 12

この格好のいい蛾はヤマトカギバです。これもよく見ます。前翅と後翅、それに、左右の翅の模様が実にうまくつながっていますね。

イメージ 13

これはナノメイガ

イメージ 14

それに、フタスジシマメイガ

イメージ 15

これはキシタホソバあたりかな。

イメージ 16

最後は、ウスキヒゲナガです。

甲虫の数に比べると、蛾は少ない気がしたのですが、3日分をまとめると結構な数になりました。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ツマキリエダシャク、ツツジツマキリエダシャク、モミジツマキリエダシャクは前翅裏の外横線で見分けられますが、ツツジツマキリエダシャクのホストはヤマツツジで、稀だそうです。 削除

2014/4/28(月) 午後 1:49 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、コメント有難うございます。ツマキリエダシャク類も写真を撮るといつも名前調べに迷ってしまいます。モミジツマキリは比較的によく分かるので、残りはだいたいツマキリだと思って良さそうですね。

2014/4/28(月) 午後 5:40 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事